アイゴー 意味。 韓国人ぶって「アイゴ(아이고)」を使ってみる!|ハングルノート

韓国語の「ボヤ」ってどういう意味なの??ウェとの違いは何?

アイゴー 意味

喜びを表す時(あら、まあ)• 呆れた時(まあ、やれやれ)• 驚きを表す時(ひゃあ、わあ)• 不満・不快に思った時(ひゃあ、いや〜)• 不憫に思った時(ああ、まあ)• 痛かったり、疲れた時(ああ、ふう)• 椅子に座る時(よっこいしょ)• 葬式とかで泣く時(うぅ) このように様々な状況に応じて使われますが、全て何か起こった物事に対して言葉が漏れるイメージです。 また、「 아이고 アイゴ」と発音が似ている 「 아이구 アイグ」という言葉もあります。 使い方も「 아이고 アイゴ」に似ていますが、 「 아이구 アイグ」は基本的にネガティブな物事に対して使うことが多いです。 それでは、次に「 아이고 アイゴ」を使った例文を見ていくことにしましょう。 韓国語の「アイゴ」を使った例文 先ほどご紹介した「 아이고 アイゴ」の様々な使い方に基づいて、例文をご紹介します。 아이고,너 오랜만이야. アイゴ ノ オレンマニヤ やあ、君久しぶりだね 아이고,또 잊었어요 アイゴ ト イヂョッソヨ? やれやれ、また忘れたのですか? 아이고,깜짝이야 アイゴ カムチャギヤ. わあ、びっくりした。 아이고,또 실수했군요 アイゴ ト シルスヘックニョ. ひゃあ、またしくじったんですね。 아이고,불쌍해 アイゴ ブルサンヘ. まあ、かわいそうに。 아이고,너무 피곤했어 アイゴ ノム ピゴネッソ. ああ、すごく疲れたよ。 ドラマやバラエティ番組で「 아이고 アイゴ」が出てきた時には、どのような意味がしっくりくるのか文脈から考えてみてくださいね。 「アイゴ」と似た意味の韓国語「オモ」 「 아이고 アイゴ」と同じように「まあ」という感嘆を表す韓国語が 「 어머 オモ」。 「 어머 オモ」は驚いた時に使われる言葉で、「 어머나 オモナ」とか「 어머어머 オモオモ」という言い方をすることもあります。 感嘆をあらわす「 아이고 アイゴ」と「 어머 オモ」は何が違うのでしょうか? それは以下の3点です。 「 어머 オモ」は驚いた時のみ使うが、「 아이고 アイゴ」は様々な状況に応じて使う。 「 어머 オモ」は女性だけが使う言葉だが「 아이고 アイゴ」は男女ともに使う。 「 어머 オモ」は年齢に関係なく使うが、「 아이고 アイゴ」は年を重ねた人が使う。 「 어머 オモ」は若い女性だけでなく、若者から老人まで女性なら使う言葉ですが、 若い女性が使う場合は「キュートな表現」として使われることも多いです。 例えば、男性から告白された時などにちょっと可愛らしく「あらまあ」と驚くイメージですね。 一方 「 아이고 アイゴ」はおじさんやおばさんが使っているイメージが強いです。 若い人が使ってはいけないわけですが、年寄りっぽく見られてしまう可能性があるので、それが嫌な人はすすんで使わない方がいいかもしれません 笑。 韓国語「アイゴー」のまとめ 今回は韓国語の「 아이고 アイゴ」の意味と使い方についてお伝えしました。 ポイントをまとめると以下のようになります。

次の

韓国語の「ボヤ」ってどういう意味なの??ウェとの違いは何?

アイゴー 意味

喜びを表す時(あら、まあ)• 呆れた時(まあ、やれやれ)• 驚きを表す時(ひゃあ、わあ)• 不満・不快に思った時(ひゃあ、いや〜)• 不憫に思った時(ああ、まあ)• 痛かったり、疲れた時(ああ、ふう)• 椅子に座る時(よっこいしょ)• 葬式とかで泣く時(うぅ) このように様々な状況に応じて使われますが、全て何か起こった物事に対して言葉が漏れるイメージです。 また、「 아이고 アイゴ」と発音が似ている 「 아이구 アイグ」という言葉もあります。 使い方も「 아이고 アイゴ」に似ていますが、 「 아이구 アイグ」は基本的にネガティブな物事に対して使うことが多いです。 それでは、次に「 아이고 アイゴ」を使った例文を見ていくことにしましょう。 韓国語の「アイゴ」を使った例文 先ほどご紹介した「 아이고 アイゴ」の様々な使い方に基づいて、例文をご紹介します。 아이고,너 오랜만이야. アイゴ ノ オレンマニヤ やあ、君久しぶりだね 아이고,또 잊었어요 アイゴ ト イヂョッソヨ? やれやれ、また忘れたのですか? 아이고,깜짝이야 アイゴ カムチャギヤ. わあ、びっくりした。 아이고,또 실수했군요 アイゴ ト シルスヘックニョ. ひゃあ、またしくじったんですね。 아이고,불쌍해 アイゴ ブルサンヘ. まあ、かわいそうに。 아이고,너무 피곤했어 アイゴ ノム ピゴネッソ. ああ、すごく疲れたよ。 ドラマやバラエティ番組で「 아이고 アイゴ」が出てきた時には、どのような意味がしっくりくるのか文脈から考えてみてくださいね。 「アイゴ」と似た意味の韓国語「オモ」 「 아이고 アイゴ」と同じように「まあ」という感嘆を表す韓国語が 「 어머 オモ」。 「 어머 オモ」は驚いた時に使われる言葉で、「 어머나 オモナ」とか「 어머어머 オモオモ」という言い方をすることもあります。 感嘆をあらわす「 아이고 アイゴ」と「 어머 オモ」は何が違うのでしょうか? それは以下の3点です。 「 어머 オモ」は驚いた時のみ使うが、「 아이고 アイゴ」は様々な状況に応じて使う。 「 어머 オモ」は女性だけが使う言葉だが「 아이고 アイゴ」は男女ともに使う。 「 어머 オモ」は年齢に関係なく使うが、「 아이고 アイゴ」は年を重ねた人が使う。 「 어머 オモ」は若い女性だけでなく、若者から老人まで女性なら使う言葉ですが、 若い女性が使う場合は「キュートな表現」として使われることも多いです。 例えば、男性から告白された時などにちょっと可愛らしく「あらまあ」と驚くイメージですね。 一方 「 아이고 アイゴ」はおじさんやおばさんが使っているイメージが強いです。 若い人が使ってはいけないわけですが、年寄りっぽく見られてしまう可能性があるので、それが嫌な人はすすんで使わない方がいいかもしれません 笑。 韓国語「アイゴー」のまとめ 今回は韓国語の「 아이고 アイゴ」の意味と使い方についてお伝えしました。 ポイントをまとめると以下のようになります。

次の

韓国人ぶって「アイゴ(아이고)」を使ってみる!|ハングルノート

アイゴー 意味

韓国ドラマでよく耳にする韓国語 韓国ドラマを見ていると、はっきりと聞き取れる言葉が何度も出て来て、どういう意味なのかが気になることがありませんか?私はたくさんありました。 そういうところから韓国語を覚えていけば、その言葉はきっともう忘れません。 今日はそういう言葉をいくつかご紹介しようと思います。 アイゴー 아이고 感嘆詞です。 うれしいとき、驚いたとき、あきれたとき、悲しいとき、痛いとき、疲れたときなど、いろいろな場面で使われます。 アラッソ 알았어、アラッソヨ 알았어요 「アラッソ」はぞんざいな言い方の「分かった」という意味です。 丁寧な言い方は「アラッソヨ」になります。 「アラッソ、アラッタゴ!」というと、イラついた感じで「分かったよ、分かったってば」のようになります。 アネ 안 해 もともとの文字は「アンヘ」ですが「アネ」のように聞こえるもの、これは「しない、やらない」と言い切るぞんざいな言い方です。 何かを拒否するときに言います。 もとからの「アネ」は「妻」という意味です。 アヤ! 아야! ケガなどして痛いときにとっさに出る言葉です。 「痛!」という意味です。 アンデ 안 돼 「ダメ」という意味です。 より正確な発音は「アンドゥェ」です。 最後に「ヨ」をつけて「アンデヨ」とすると丁寧になります。 イゴ 이것 「これ」です。 韓国語の「これ、それ、あれ」は「イゴ、クゴ、チョゴ」です。 イロッケ 이렇게 「このように」とか、「こんなに」という意味です。 イロナ 일어나 「起きろ」という意味のぞんざいな言い方です。 丁寧な言い方(尊敬語)はイロナセヨです。 ウェ 왜 「どうして」「なぜ」という意味です。 ウェクレ 왜 그래 「どうしたの?」「何があったの?」といった意味です。 状況説明を求めるときに使います。 ウッキジマ 웃기지 마 「笑わせるな」という意味です。 ウリ 우리 ぞんざいな一人称複数の代名詞です。 「私たち、ぼくたち、俺たち」などに当たります。 我が国はウリナラ、我が家はウリチプ、となります。 ウリアドゥル 우리 아들 「私(たち)の息子」という意味です。 より正確な発音は「ウリアドゥl」です。 ウリッタル 우리 딸 「私(たち)の娘」という意味です。 より正確な発音は「ウリッタl」です。 オッパ 오빠 「お兄さん」の意味ですが、女性が年上の男性を呼ぶいい方です。 本当のお兄さんも先輩も彼氏も「オッパ」と呼びます。 家族・親戚の呼称については オットッケ 어떻게, 어떡해 もともと어떻게(オットッケ)は「どのように」という意味ですが、「どうする、どのようにする」という意味の어떻게 해(オットッケヘ)が省略されてできた同じ発音の어떡해(オットッケ)をこれだけで使うと狼狽した時によく発する「どうしよう~?!」といったような意味になります。 「オットッケ、オットッケ」と何度も言うこともあります。 「どうしよう、どうしよう」という意味です。 オンニ 언니 「お姉さん」の意味ですが、女性が年上の女性を呼ぶいい方です。 本当のお姉さんも先輩も年上の友人も「オンニ」と呼びます。 家族・親戚の呼称については カゲ 가게 「店」という意味です。 カジマ 가지마 「行くな」「行かないで」といった意味です。 目下か友達に使います。 カジャ가자 「行こう」という意味です。 目下か友達に使います。 クニャン 그냥 「ただ(なんとなく)」という意味です。 取り立てて理由はないけど、といいたいときに使います。 日本語の「別に」と同じような感じで使います。 クレ 그래 「そうか」という意味です。 「わかったわかった」とか、「そうか、そうか」、のように「クレクレ」と2回言うこともあります。 クレソ 그래서 普通に使えば「それで」という順接の接続詞です。 でもこれに「クレソ ムォ! 그래서 뭐」などと付くと、「だから何?」とけんか腰になってきます。 クロッケ 그렇게 「そのように」とか、「そんなに」という意味です。 クロニカ 그러니까 「だから」という意味です。 理由を説明するときなどに使います。 クロム 그럼 「じゃあ」「では」「それなら」といった意味です。 クンデ 근데 「クロンデ 그런데」の縮まった省略形です。 逆接の接続詞で、「だけど」、「でも」という意味です。 ケンチャナ 괜찮아 「大丈夫」という意味です。 丁寧な言い方は「ケンチャナヨ」です。 より正確な発音は「クェンチャナ」です。 語尾が上がると疑問文になります。 コマウォ 고마워 「ありがとう」という意味です。 同等かそれ以下の相手に使います。 丁寧な言い方は「コマウォヨ」、さらに丁寧な言い方は「カムサヘヨ」や「カムサハムニダ」になります。 サジャンニム 사장님 「社長」という意味の呼称です。 「サジャン」だけでも「社長」ですが、韓国では「様」を意味する敬称「ニム」をつけて呼ぶのが普通です。 サシル 사실 「事実」、「実は」という意味の漢字語です。 漢字で書くと、「事実」です。 サムシル 사무실 「事務室」という意味の漢字語です。 サランヘ 사랑해 「愛してる」のぞんざいな言い方です。 丁寧な言い方は「サランヘヨ」です。 これらはもう有名ですね。 タンシン 당신 2人称単数代名詞ですが、主に夫婦の間で使います。 「あなた」に相当します。 けんか相手に使うこともあります。 タンヨナジ 당연하지 「当然」「もちろん」「当たり前」といった意味です。 「タンヨン」が漢字語「とうぜん」で、「ハジ(だろう、じゃん)」がついて音がつながり「タンヨナジ」と聞こえます。 チグム 지금 「今」という意味です。 チェゴ 최고 「最高」という意味で、漢字表記も日本語と同じです。 チュインニン 주인님 「ご主人様」という意味で、使用人が使います。 より正確な発音は「チュインニm」です。 チュッケッタ 죽겠다、チュッケッソ 죽겠어 「死にそうだ」といったような意味で、何かを強調するときにくっつけて使います。 例えば、「パッパ チュッケッソ」なら、「忙しくて死にそう」という意味、「チュウォ チュッケッソ」なら、「寒くて死にそう」という意味です。 チョア 좋아 「いいよ」というときのぞんざいな言い方です。 「好き」という意味にもなります。 チョアへ 좋아해 「好きだ」というときのぞんざいな言い方です。 丁寧な言い方はチョアヘヨです。 チョッケッタ 좋겠다、チョッケッソ 좋겠어 「いいなぁ」「いいだろうね」「うらやましい」といったような意味になります。 チョヌン 저는 「私は」という意味の丁寧な言い方です。 目上に対して使います。 「チョ」が「私」、「ヌン」は「は」に当たります。 チョヨ 저요 直訳は「私です。 」という意味の丁寧な言い方ですが、学校などで挙手して指名してほしいときにも「チョヨ」といいます。 チョロッケ 저렇게 「あのように」とか「あんなに」という意味です。 チンチャ 진짜 「本当」という意味です。 ほかに「チョンマル」も同じ意味です。 テピョニム 대표님 「代表」という意味の呼称です。 「テピョ」だけでも「代表」ですが、韓国では「様」を意味する敬称「ニム」をつけて呼ぶのが普通です。 ナ 나 対等かそれ以下の相手に使うぞんざいな一人称単数代名詞です。 「私、俺、ぼく」などに相当します。 男女の区別なく使います。 ナヌン 나는 「私は」という意味のぞんざいな言い方です。 目下や友達に対して使います。 「ナ」が「私」、「ヌン」は「は」に当たります。 ヌグ 누구 「誰」という意味です。 「どなたですか?」は「ヌグセヨ?」、「誰だ!」は「ヌグヤ!」となります。 ヌナ 누나 「お姉さん」の意味ですが、男性が年上の女性を呼ぶいい方です。 本当のお姉さんも先輩も「ヌナ」と呼びます。 家族・親戚の呼称については ネイル 내일 「明日」という意味です。 ノ 너 対等かそれ以下の相手に使うぞんざいな2人称単数代名詞です。 「お前」「きみ」「あんた」「貴様」などに該当します。 友達同士でも使いますし、敵に対しても使います。 ノム 너무 もともとは「あまりにも」という意味ですが、「とても」「めちゃくちゃ」のように強調するときにもよく使われます。 ノムヘ 너무해 「ひどい、あんまりだ」という意味のぞんざいな言葉です。 丁寧な言い方はヨをつけて「ノムヘヨ」です。 パボ 바보 「バカ」という意味です。 「イ パボヤ」というと、「この馬鹿が」といったようなちょっとあきれたというニュアンスになります。 パリパリ(パルリパルリ) 빨리빨리 「早く早く」という意味です。 人をせかす時よく使います。 正確な発音は「ッパlリ ッパlリ」のようになります。 ハルハル 하루하루 「一日一日」という意味です。 ハルと一回だけだと、「いちにち」という意味です。 ヒョン 형 「お兄さん」の意味ですが、男性が年上の男性を呼ぶいい方です。 本当のお兄さんも先輩も年上の友人も「ヒョン」と呼びます。 家族・親戚の呼称については ヘバ 해 봐 「してみろよ、してみなさいよ」という意味のぞんざいな言い方です。 ヘンボッケ 행복해 「幸せだ」という意味です。 「幸福」という漢字語「ヘンボk」に、「ハダ(する)」の活用した「ヘ」が付いた形です。 ポギハジマ 포기하지 마 「あきらめるな」「あきらめないで」という意味です。 「ポギ」は「放棄」という漢字語です。 ポゴシッポ 보고 싶어 「見たい」「会いたい」という意味です。 ポッポ 뽀뽀 「キス」をかわいく言う言い方です。 日本語だと「チュー」でしょうか??もっと軽くてかわいい感じだと思いますが…。 子どもにほっぺに「キスして」というときなどに「ポッポヘジョ」などとよく言っています。 ポラゴ 보라고 「見ろって」といった意味です。 「ポラ」だけだと、「見ろ」。 それでも見ない相手には「ポラゴ」、つまり「見ろって言ってるだろ?」といったニュアンスです。 マウム 마음 「心」という意味です。 マシソヨ(マシッソヨ) 맛있어요 「おいしいです」という意味です。 ぞんざいな言い方は「マシッソ」です。 マンネ 막내 これだけでも「末っ子」という意味になりますが、「マンネアドゥル」というと「末息子」、「マンネッタル」というと「末娘」という意味になります。 ミアネ 미안해 「ごめんね」という意味です。 ミウォ 미워 「憎い」という意味です。 モラゴ? 뭐라고? 「なんだと?」という意味です。 より正確な発音は「ムォラゴ?」です。 モルラ 몰라 「わからない」「知らない」という意味のぞんざいな言い方です。 ちょっとやけくそになったときにも「なるようになれ、知らん!」という感じで言ったりします。 「こら」とか「オイ」とかいう意味です。 ヨギ 여기 「ここ」という意味です。 ヨボ 여보 夫婦間で呼びかけるときに使う呼称です。 「あなた」に当たります。 ヨロブン 여러분 「皆さん」という意味です。 いかがでしたか?また何か思いついたら追加します。 質問にもお答えできる範囲でお答えします。。 韓国ドラマを見るとき気をつけて聞いてみてくださいね!きっと何か聞こえるはずです。 (AD) 【おすすめの記事】.

次の