マイクロソフト 株。 【Microsoft】マイクロソフト(MSFT)の今後の株価推移を予想!業績堅調かつ配当金14期連続増配中のGAFAM急先鋒に迫る。

マイクロソフト(MSFT)の株価・見通し・決算情報|米国株なら投資パンダ!

マイクロソフト 株

ネット社会は第3ステージへ ネット社会第1ステージはWindows 95を契機としたパソコンとネットの融合、ここでの勝ち組はマイクロソフトでした。 特にインターネット元年とも言われるWindows95を契機に、業界標準を握り、マイクロソフトの株価は90年は0. 6ドルから上昇し続け2000年には58ドルと10年で約100倍になりました。 ネット社会第2ステージは「iPhone」をはじめモバイル機器とインターネットがつながることによるモバイルネット革命。 モバイル機器がネットにつながることで生活スタイルは大きく変化、ここでの勝ち組はアップルでした。 「iPod」(携帯音楽プレーヤー)、「iPhone」(携帯電話)、「iPad」(携帯PC)を相次いで投入。 ゲーム・音楽・動画・書籍などをいつでもどこでも楽しめる生活スタイルをアップルが先駆的にもたらしていきました。 2003年、7ドル台だった株価は直近では320ドル以上で推移、何と7年で40倍以上の上昇になりました。 ネット社会第3ステージは、携帯電話やパソコンばかりでなくテレビやゲーム機、などあらゆる家電製品がどんどんネットでつながる時代と位置づけられそうです。 第2ステージではアップルが負け組から一気に勝ち組となりました。 第3ステージはまだ始まったばかり・・・.

次の

マイクロソフト 株価&チャート — TradingView

マイクロソフト 株

7 の水準に上昇することが期待される。 その後、2010年代に入りやや低下したものの2019年の決算では40%の回復が確認されています。 企業業績の上振れにはナデラ氏による取り組みが大きく影響されています。 背景には小売を中心とした大手ブランドがマイクロソフトのクラウドソフトウェア「 Azure」の利用契約を相次いで結んだり、 一部顧客はクラウドベースのセキュリティソフトウェアの利用にも参加したことが挙げられます。 これらの契約はAZUREの価格優位性を利用してアマゾンから顧客を奪取したものです。 パートナーシップを加えて展開していくという顧客獲得を図るナデラ氏の取組が奏功しています。 更に長年の顧客企業によるクラウドへの移行も追い風になっています。 もはや成長は当たり前じゃ!重要なのは期待を上回る上昇をしたのかということじゃ。 投資家予想は、売上高が336億6000万ドル(約3兆6000億円)、1株あたり純利益は1. 26ドル(約135円)だった。 決算発表直後、マイクロソフトの株価は約1. 5%上昇した。 テクノロジー株が強い日だったこともあり、 取引時間中では4. 5%まで上昇した。 同社の決算発表のその他の主なニュースは、 Azure(AWSのライバル)の売上高が前年同期比59%増加、Office 365の売上高が25%増加、LinkedInのトップライン(売上高)が同21%増加、 Xbox、検索、Surface事業は横ばいとなっている。 参照: しっかりと予想を上回る決算を叩き出し素直に株価も上昇しました。 【収益への影響】• 全ての事業において殆どない 【クラウド・ビジネスプロセス】• リモートワークで需要が増加している• 家にいる期間が長引きゲームの需要が増加している• ただ、不況で企業が使用する広告費が減少しLinkedINの収益が減少している 【クラウド・ビジネスプロセス】• リモートワークで需要が増加している• ただ、不況で企業が使用する広告費が減少しLinkedINの収益が減少している 【パーソナルコンピューティング】• リモートワークで需要増加• 家にいる期間が長引きゲームの需要が増加している• 広告費の減少で検索収入が減少している 不況により広告費は削減されるものの、リモートワークの増加や自宅待機により需要全体は増加し影響はないとしています。 長期投資でキャピタルゲインとインカムゲインの両獲りを目指すことができる銘柄となっておるということじゃな! このように増配と、継続的な自社株買いで企業として株の価値をあげてくれる銘柄はそんなに多くありません。 ちなみに過去の配当落ち月は2、5、8、11月で配当支払月は落ち月の翌月になります。 安定したPER水準 マイクロソフトは業績が堅調に推移した一方株価も右肩上がりに上昇していきました。 以下は過去5年のPERの推移ですが平均して27. 55倍で推移しています。 61 19. 74 20. 95 25. 08 39. 24 30. 73 現状は過去平均よりは少し高いですが、期待の高さの現れともいえるでしょう。 以上、【Microsoft】マイクロソフト(MSFT)の今後の株価推移を予想!業績堅調で配当金は14期連続増配中の世界最大の企業に迫る。 …でした。

次の

マイクロソフトの株価は史上最高値を更新中。クラウドビジネスがけん引

マイクロソフト 株

先日のマイクロソフトの決算は市場の予想を上回るものでした。 今回の決算では、ほぼ全ての部門が成長していました。 ・「Microsoft Azure」の売上高は、前年同期比62%増となった。 ・「Windows OEM」の売上高は18%増。 商用Windows製品がけん引した。 ・「Surface」製品の売上高は6%増だった。 ・「LinkedIn」の売上高は24%増だった。 特にクラウドサービスの Azure の成長が予想以上だったことが購入の決定打になりました。 クラウドサービス自体の市場規模が大きくなっていますが、その中でも Azure の存在感は一段と増しているようです。 AWSが横ばいになっている一方で、マイクロソフトのAzureが猛烈な勢いでシェアを伸ばしているのが見て取れます。 僕は好決算を見てから飛びつくことはあまり好きではありません。 しかし、この銘柄は長期的にも素晴らしい成長を遂げてくれる可能性が高いと判断し、決算を見てすぐ買い注文を行いました。

次の