自粛 しない 人 の 神経。 コロナ重症から生還した男性の告白「自粛していない人に腹が立つ」

虫歯になっても、神経は絶対に抜いてはいけない(週刊現代)

自粛 しない 人 の 神経

コロナ騒動へのいら立ちからか人々の言動が過激化してきている(撮影:尾形 文繁) 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない。 社会全体が「コロナ不安症」とでも評すべき症状に覆われているかのようだ。 デマや流言の氾濫、買い占めや窃盗の勃発、外国人や医療従事者、感染者への差別などはもはや珍しい現象ではなくなった。 今や「安心」と引き換えに「自由」を犠牲にする政策が日本を含む世界各国で積極的に採用されている。 大規模な集会の禁止や公的施設の閉鎖、移動制限、学校の休校がそれだ。 世界保健機関(WHO)が実施を強く求めている「社会距離戦略」(人と人の接触を極力減らすこと)はまさにその象徴といえる。 だが、この「安心」と「自由」のジレンマこそが新たな問題の温床になりつつある。 日本では、それが休校により屋外で遊ぶ子どもたちに対するクレームという「いびつな形」で噴出した。 3月12日の毎日新聞は、児童らが公園などで遊ぶのは「休校の趣旨に反するのでは」という住民の声が各地の学校や教育委員会に寄せられていると報じた。 千葉県松戸市の教育委員会には「子どもが昼間から公園に集まってうるさい」との苦情もあったという。 「社会の目が、相当厳しくなっている」 3月17日の北海道新聞でも、道内の自治体や学校には2月下旬の休校以降、「温水プールに子どもが集まっていた」「商業施設に生徒がたむろしている」「なんで自粛させないんだ」などの意見が地域住民から寄せられているとし、教諭の「社会の目が相当、厳しくなっているのを感じる」とのコメントを紹介した。 3月9日には文部科学省が「適度な運動や散歩を妨げるものではない」とする見解を示す事態になった。 これは一端にすぎない。 恐らく誰もが多かれ少なかれ政府の要請から派生した「自粛ムード」というあいまいなものを基準に他人の行動を評価し始めているのではないだろうか。 政府が国民に不要不急の外出を控えることを求めると同時に、「人が集まる風通しが悪い場所を避けること」を呼びかけたことがきっかけになっているが、「中高生が街中を出歩いているのはけしからん」「この時期にレジャーに行くのは神経を疑う」などといった、自粛ムードを金科玉条のごとく内面化した人々による「不謹慎狩り」の様相を呈してきている。

次の

あなたは自分で調べない人?検索すれば3秒で分かるのに調べない人の神経

自粛 しない 人 の 神経

「何とか歯を残したい」。 そんな気持ちで「削る治療」を選ぶ人は多い。 しかし、一度歯を削ると、口のなかどころか、全身が蝕まれることをご存じか。 削るとより悪化する 「これまで虫歯の治療と言えば歯を削ることでした。 しかし、その考え方はもう古い。 安易に虫歯を削ってしまうと、むしろ症状が悪化し、歯を抜かざるを得ない状況につながることが明らかになってきているのです」 こう語るのは、小峰歯科医院理事長の小峰一雄氏。 埼玉県で開業して35年以上。 歯科医療のプロフェッショナルだ。 虫歯になったら患部を削り、詰め物をしてもらう。 小さな虫歯であっても見つければ即座に削る。 それがいままでの「常識」だった。 しかし近年、歯を削ることが、むしろ口腔内に悪影響を与えるという考え方が有力になっている。 さらに、後述する通り、小峰氏によれば、虫歯は削らなくても、自然治癒によって症状を改善することができるというのだから驚きだ。 まずは、歯を削ったことで虫歯が悪化したと考えられる事例をご紹介しよう。 天野歯科医院院長の天野聖志氏が語る。 「歯を削ったことによって、より状態が悪化し、私たちの病院に相談に来る患者さんはたくさんいらっしゃいます。 ある40代の女性は、以前通っていた病院で歯を削られてしまったことで余計に虫歯が進行し、神経を抜いていました。 相談にきたときには、詰め物が取れ、歯には黒い空洞が空いている状態で、前の病院では『抜歯してインプラントにするしかない』と言われていた。 私たちは、歯茎に処置をする『クラウンレングスニング』という手法で何とか歯を残しましたが、最初の段階で、歯を削っていなければ、あそこまでひどい状態にはならなかったと思います。 それだけ、歯を削るということはリスクが大きい治療法なのです」 歯を失うと、人は一気に老いる。 口元は緩み、顎は痩せていく。 80代を対象にした福岡県での調査によれば、歯がまったく残っていない人は、20本以上残っている人に比べて約2倍も死亡リスクが高いことがわかっている。 しかし、だからといって少しの違和感で病院に行き、すぐに歯を削らせてはならない。 一度歯を削ってしまうと二度と元には戻らない。 しかも削った部分では虫歯が何度も再発する可能性が飛躍的に高まるからだ。 前出の小峰氏が解説する。 「虫歯になった部分を高速タービンなどの歯科機器で削ってしまうと、歯の表面を覆う『エナメル質』の部分に『マイクロクラック』という小さなヒビが無数に入ります。 このヒビから、エナメル質とその下にある『象牙質』の間に菌が入り込み、そこに溜まりやすくなる。 それにより、歯の外側からではなく内側から虫歯になってしまうことがあるのです。 こうなると、その虫歯をさらに削って詰め物を入れても、歯の内部に菌が残ってしまい、詰め物の下で虫歯菌が繁殖してしまうことになります」 小峰氏によれば、現在の歯科医院での治療体制も、「削る治療」が、虫歯をさらに悪化させるひとつの要因となっているという。 「虫歯を削った後、患部をむき出しの状態でうがいをさせる歯科医がいます。 しかし、歯科ユニットから水が出てくるチューブには、比較的綺麗とされるフッ素コートのものでも10万以上の細菌がいると言われている。 削った歯を、そのまま菌だらけの水でうがいさせるというのは、ケガをした体でドブ川を泳がせるようなものです。 私が診たなかに、かつてこんな経験をした60代の男性の患者さんがいました。 子供の頃から虫歯になったことがなかったけれど、あるとき歯垢を取ってもらおうと普段とは別の歯科医院に行った。 すると、『虫歯がある。 削ったほうがいい』と言われ、そのまま歯を削られたのです。 しかしその後、同じ場所に何度も虫歯ができるようになり、さらにはそこから虫歯が広がっていってしまった。 歯を削ったことを後悔していました」(小峰氏) 神田中央通りいけむら歯科院長の池村和歌子氏もこう語る。 「虫歯を削った跡は、銀などを詰めたうえで隙間をセメントで埋めることになります。 しかし、熱いスープを飲んだり、冷たいビールを飲んだりすると、熱膨張で銀の体積は変わり、セメントが流れたり、崩れたりします。 その隙間から虫歯菌が入り再発するケースが少なくありません。 歯を削るということは、その後、虫歯再発のリスクを抱え続けるのだということ、一度歯を削れば一生その十字架を背負うのだということをよく認識しなければなりません」 さらに、前出の小峰氏によれば、歯を削ったことでできたマイクロクラックによって、歯が割れたり、折れたりするリスクも高まる。

次の

コロナ、外出自粛。美容院は、オーケー?美容院行きますか?大阪府在住...

自粛 しない 人 の 神経

しかし、 基礎疾患がない方や免疫力が一般的にある方であれば、快方に向かう方が多いです。 逆に、 高齢の方や基礎疾患がある方は重症化するリスクが高いです。 重症化した場合の症状 肺炎は、肺の肺胞と呼ばれる部分にウイルスが感染して炎症を起こしている状態です。 肺炎の症状は、風邪に比べ、 息苦しさを感じる咳・粘度の高い痰・高熱などが続きます。 インフルエンザとの見分け方は? 新型コロナウイルスには特異的な特徴や症状がありません。 長く続く咳と発熱、倦怠感が多い症状です。 インフルエンザと 区別するには、抗原検査を行って除外診断を行います。 または、 検体検査で新型コロナウイルスが検出されれば確定となります。 新型コロナウイルスの感染経路 一般的な風邪症状を引き起こすコロナウイルス(上気道へのウイルス感染)と同様に新型コロナウイルス(2019-nCoV)は、 人から人へ感染することがわかっています。 飛沫感染・・・感染者のくしゃみや咳、唾などと一緒にウイルスが飛び散り、非感染者が吸い込むことで感染する• 接触感染・・・非感染者が、感染者や感染者が触れた場所に触れ、ウイルスの付着した手で、口や鼻に触れると感染する 現在は、 1人の感染者から2~3人に感染すると言われています。 感染力はインフルエンザと同じくらい、またはそれよりは弱いと推測されていますが、まだ確かなことは分かっていません。 新型コロナウイルスの潜伏期間 WHO(世界保健機関)の発表によると潜伏期間は現時点で、 多くは5~6日(1~28日程度の幅がある)とされています。 また、 潜伏期間中に人にうつしてしまうリスクもあると考えられます。 これから情報が増えれば正確なものが分かってくると思います。

次の