お 体 に 気 を つけ て お過ごし ください。 体調を気遣う言葉20選|メール・ビジネスシーンでの文章や体調不良の返信も

暑中見舞い・残暑見舞い

お 体 に 気 を つけ て お過ごし ください

気になる項目をクリック• 1.「お体に気をつけて」の意味と使い方 「お体に気をつけて」は「健康に注意して、健やかにお過ごしください」という意味を込めて、相手の体や健康を気遣うための言葉です。 日本語として正しい表現ですが、念のため「お体に気をつけて」を分解してみますと、 接頭語「お」+名詞「体」+助詞「に」+動詞「気をつける」+助詞の「て」 という構造になっています。 「気をつける」の意味は、注意する、する、用心する、などが挙げられます。 直訳すると「お体に注意して」「お体に用心して」となってしまうため、 日本語として違和感を感じてしまう人もいるようですが、正しい日本語ですのでご安心ください。 1-1.「お体に気をつけて」の使い方 口頭であれば別れ際や送別会などの挨拶として、文章(メール、手紙、年賀状、お見舞い状など)であれば文末の結びの挨拶として使われています。 家族や友人との別れ際に「元気でね」という言葉をかけられる方は多いと思います。 そのビジネス版が、「お体に気をつけて」だと考えていただけるといいでしょう。• 1-2.「お体」と「お身体」どちらを使う? 結論から言いまして、どちらを使っても間違いではありません。 ただし、心身ともに健康でいてほしいという思いから、文章で書くときには「お身体」を使う人が多いようです。 理由は、「体」は頭から足の先までの体のことを表し、「身体」は体に加えて心を表すとされているからです。 特に、改まった場であるビジネスシーンでは「お身体」が使われることが多いです。 1-3. 「お体に気をつけて」と「ご体調に気をつけて」の使い分け 「ご体調に気をつけて」と「お体に気をつけて」は、同じ意味で使うことができます。 「体調」とは、体の調子やコンディションという意味ですので、「お体」と「体調」という言葉に大きな違いはありません。 ただし、「体調」を丁寧に言う場合、「ご体調」となり、「ご体調に気をつけて」は発音しにくいことから、耳にすることは少ないかもしれません。• どの言葉も相手の健康を気遣う言葉です。 ただし、 使う場面によっては言い換え表現の方がより適していることもありますので、覚えておくと良いでしょう。 4-1.「ご自愛ください」 「あなたご自身のこと(心・体・体調すべて)を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 「自愛」は、自分を大切にするという意味です。 「ご自愛くださいませ」と 最後に「〜ませ」をつけるとより丁寧な印象になります。 また、手紙やメールなどの最後、結びの言葉としてよく使われます。 あわせて使いこなせるようになりますととても便利です。 4-2.「お体を大切になさってください」 文字の通り、「あなたの体を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 4-3.「お大事になさってください」 「病気や怪我が早く治るように、あなたの体を大切してください」「病気や怪我が早く治るように、回復をお祈りしています」という2つの意味を持ち、体調を崩している相手の健康を気遣う敬語表現です。 上記の類似表現と似ていますが、 使う相手が「病気もしくは怪我をされている方」に限られますので注意が必要です。 4-4.「お体に気をつけて」と言われた時の答え方 「ありがとうございます」と答えるのが一般的です。 「お体に気をつけて」は、相手の健康を気遣うための言葉です。 そのため、もし声が出ないなど「なさってください」と言われるような状況であれば会釈だけでも良いとされています。 大切なのは気遣ってくれた相手に対する感謝の気持ちを示すことです。 まとめ 日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。 しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます。 特に、相手を気遣う言葉がとっさに出てくるということは、一流のビジネスパーソンであればのスキルです。 学びは実践してこそ力になります。 お身体に気をつけて、今日も元気に頑張りましょう!•

次の

「くれぐれも」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方|ご自愛

お 体 に 気 を つけ て お過ごし ください

「お体に気をつけて」의 의미와 사용 방법 상대의 건강, 컨디션의 표현 일상 생활에 있어서 더운 여름이나 추운 겨울에 인사로「体に気をつけてね」라는 마음을 담아서「お体に気をつけて<付けて>」라고 표현을 사용한다. 업무 중에도 상태의 몸이나 컨디션의 의미를 담아서 인사말로 사용한다. 의미로는 글자 그대로「体に気をつけて欲しい 몸 조심하세요 」「健康でいて欲しい 건강하세요 」라는 상대를 생각하며 건강하길 바라는 마음을 나타내는 의미가 된다. 「お体に気をつけて」의 사용 방법 실제로 사용 방법으로는 연하장이나 메일, 편지 등의 문장 끝에「まだまだ寒い日が続きます、お体に気をつけてお過ごしください 아직도 추운 날이 이어지고 있습니다. 건강 조심하시고 평안하세요」로 사용되고 퇴직이나 전직하는 사람과 헤어질 때는「これからもお体に気をつけて、益々元気にご活躍ください 앞으로도 건강하시고 더 활기차게 지내세요」라고 말하듯이「お体に気をつけて<付けて>」의 전후에「왜」몸 조심을 해야할까, 그렇게 해서「어떻게 하나」등의 말을 덧붙혀서 상대의 건강이나 컨디션을 문장으로서 사용한다. 「体」와「身体」의 차이 「体」는 육체를 가르키는 표현이고「身体」는 마음을 포함한 몸 전체의 가르킨다. 사전에서는「体」는「머리부터 발까지의 전체. 신체」로 되어있고「身体」는「몸」이라고 적혀있으므로 의미로는 같다. 그렇기 때문에 어느 쪽을 사용해도 문제되지 않지만 일반적으로는 상용 한자의「体」를 사용한다. 「体調に気をつけて」와 차이 「体」와「体調」의 차이는「体」는 육체를 가르키고「体調」는 몸의 상태를 가르킨다. 일반적으로 연하장이나 메일, 인사말 등으로 순수하게「体に気をつけて欲しい 몸 조심하세요 」라는 의미로「体」를 사용한다. 한 편, 컨디션이 안 좋은 사람에게 위로 메일이나 편지, 인사말 등으로「体調」를 사용해서 컨디션을 걱정한다는 마음을 표현하는 경우도 있다. 「お体に気をつけて」를 사용하는 상황 연하장이나 메일, 편지 등 「お体に気をつけて<付けて>」를 사용하는 상황으로는 연하장에서 쓸 때는「お体に気をつけて、良い年をお過ごしください 건강하게 한 해를 마무리하세요 」라는 것처럼 문장의 끝에 인사로서 사용한다. 메일이나 편지에서도 그와 같이 사용된다. 하지만 추운 곳으로 보내는 편지 등의 경우에는「まだまだ寒い日が続きます、どうぞお体気に気をつけてお過ごしください 아직 추운 날이 계속되고 있습니다. 부디 건강에 주의하세요 」라는 표현을 한다. 이와 같이 기후에 따라 달라지는 인사말은 연중 내내 사용하기 적당한 문구로 기억해두면 편리하다. 퇴직이나 전직하는 사람에게 인사말 퇴직이나 전직 등으로 다른 장소로 가는 사람에게 인사할 때「これからもお体に気をつけてお過ごしください 앞으로도 건강하시고 평안하세요 」와 같이 상대에게 응원을 보내는 의미로 사용한다. 「お体に気をつけて」의 경어 표현 「お体に気をつけて」는 경어로 사용해도 좋을까 「お体に気をつけて<付けて>」는「体に気をつけてね」라는 상대를 생각하는 마음을 나타낸 표현「お体」이라고 표현하므로 경어 표현이다. 그렇기 때문에 윗사람에게 사용해도 실례되지 않는다. 윗사람에게 사용할 때 실제로 윗사람에게 사용하는 경우에는「どうぞ」나「くれぐれも」등을 붙혀서 보다 마음을 구체적으로 전달하도록 하자. 「どうぞお体に気をつけてお過ごしください 부디 건강하고 평안하게 지내세요 」「くれぐれもお体にお気をつけください 아무쪼록 몸 건강하세요 」와 같은 표현으로 사용한다. 연하장이나 메일, 편지 등으로 사용할 때 연하장에는 문장의 끝에 인사말로 사용한다. 「今年もお体に気をつけて、お仕事に邁進されてください 올해도 건강하게 일에 매진하세요 」나「今年もお体に気をつけて、健やかにお過ごしください 올해도 몸 조심하시고 건강하게 보내세요 」와 같이 올 한 해 건강하게 보내라는 기원을 문장으로 사용한다. 메일나 편지 등에서도 문장 끝에 인사말로 사용할 수 있다. 「それではお体に気をつけてお過ごしくださいませ 그럼 건강하시고 평안하게 보내세요 」나「くれぐれもお体に気をつけて、健康にお過ごしください 아무쪼록 몸 조심하시고 건강하게 보내세요 」와 같이 전후에 덧붙혀서 명확하게 의미를 전달할 때 사용한다. ・今年もどうかお体に気をつけて、良い一年をお過ごしください 올해도 부디 건강 조심하시고 좋은 한 해 보내세요. ・くれぐれもお体に気をつけて元気にお過ごしください 아무쪼록 몸 조심하시고 건강하게 보내세요. ・充分にお体に気をつけて、健康にお過ごしください 충분히 몸 조심하시고 건강하게 보내세요. ・どうぞ皆様お体に気をつけて、健やかな毎日をお過ごしください 부디 모두 몸 조심하시고 매일 건강하게 지내세요. ・何卒お体にお気をつけください 부디 몸 조심하세요. 서두로 사용되는 예문 말투에 주의하고 열의를 담아서 직설적으로 표현하면 윗사람에게도 사용할 수 있는 문장이다. 단, 가볍게 말을 걸 수 없는 윗사람이나 중요한 거래처 상대에게는 인사말로 적당하지 않으므로 주의하자. 정리 상대의 건강이나 컨디션「お体に気をつけて<付けて>」의 의미와 사용 방법, 유의어나 예문을 살펴보았다. 상대를 염려하는 의미로 전후에 덧붙히는 표현에 유의해서 사용하면 윗사람에게도 사용할 수 있는 표현이다. 연하장이나 메일, 편지 뿐만 아니라 서두에 사용하는 경우에도 다양하게 표현할 수 있다. 업무 중에 거래처의 연하장이나 삼복 더위의 문안 인사, 메일이나 서면에 많이 사용되는 표현이다. 또, 퇴직이나 전직하는 사람과 헤어질 때 인사말로 사용하는 경우도 많다. 비지니스맨으로서 사람으로서도 상대를 염려하는 표현 방법을 많이 알고 있는 것보다 좋은 일은 없다. 상대의 건강이나 컨디션에 대한 염려 등의 마음을 담아서「お体に気をつけて<付けて>」라는 표현이 자연스럽게 마음 속에서 넘쳐나오는 사람이 될 수 있도록 하자. 원문 TRANS. Biz.

次の

お過ごしください /文例・敬語の使い方・意味

お 体 に 気 を つけ て お過ごし ください

お過ごしください / 別の言い回し 「ご自愛ください」など• しばらくは養生専一にお過ごしください。 末長くお幸せにお過ごしください。 これからもお元気で、末永くお幸せにお過ごしください• くれぐれもご無理をなさらぬように、お体を大切にお過ごしください。 どうぞお体を大切に、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいませ。 時節がら、ご多忙と存じますが、くれぐれもお大事にお過ごしください。 年末ご多忙の折、どうぞお大事にお過ごしください。 余寒厳しき折、どうぞお体お大事にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。 年末ご多忙の毎日、どうぞお体お大事にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。 暑さ厳しき折から、お体を大切にお過ごしください。

次の