小説 エロシーン。 戦闘シーンの描写 小説作法

エロ小説一覧

小説 エロシーン

小牧まり、源氏名はまりん。 歳は28歳で源氏名の時は永遠の24歳の風俗嬢が、ストーカーになった客に刺されて死んだ。 死後の世界であったのは、自称性の女神。 次の死後に性の女神の使徒として楽させてくれることを確約し、まりん改めマリリンは決意する。 *** 僕にはずっと憧れていた義姉がいた。 彼女の名前は「今宵」 今宵さんに似ているという理由で指名した風俗嬢は、今宵さんだった。 兄が死んだ後、彼女は人知れず風俗嬢になっていた。 僕は今宵さんが好きだ。 愛している。 兄が死んだ後も今宵さんは悲しみを抱えて生きている。 僕を好きになってもらわなくてもいい。 せめて僕が今宵さんを救うことが出来ればーー。 だけど僕は救えなかった。 昨日も一昨日もその前も。 何度タイムリープをしても、僕は今宵さんを救えない。 今日も僕は「初めて」今宵さんを指名する。 *** 2016年の某官能小説大賞の一次選考通過作品です。 現代の日本を舞台に、鬼畜でド変態な長距離トラックの運転手が各地の美少女達を車内に監禁し、全国を連れ回しながらその若いカラダを手籠めにしていく・・・そんな少々残酷でエロスな物語です。 その為、できるだけこの作品をリアルに表現しようと、地名や人物の名前・卑猥なシーン・セリフ等が生々しく仕上がっておりますので不快に感じられた方、申し訳ありませんがご了承下さい。 「ほら、好きにして良いわよ。 私が欲しいんでしょ? あの女と違ってまだまだ発育途中だけど、そのかわりに初物よ」「いや、俺はだな」「いいからっ! 聞いてたでしょ? オークに掠われた時点で女終わってんのよっ! だったら踏ん切りつくように犯しなさいっ! そっちの方が……色々と諦められるのよ……助けてよ」女はボロボロと涙を流して懇願する。 断片的な前世の記憶を持って生まれたオークの俺は、人間に里を焼き払われた際に3体の仔豚を託されて逃がされた。 せめてこいつらを立派に育ててから、その後のことは考えよう。 だがそんな俺の前に現れた美しい少女によって道は捻じ曲げられていく。 ノクターンノベルズより転載 完結済み。 【閲覧注意!】性的描写多数含みます。 苦手な方はご遠慮ください。 ふと気がつくと見知らぬ場所で倒れていた少年。 記憶の一切が無く、自分の名前すら思い出せない少年の本能は告げていた。 ここは自分の居るべき世界ではない、異世界であると。 まるでゲームのような世界に胸を高める中ひょんなことから出現したステータスウィンドウには驚愕の一言が! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 特殊スキル:異世界転性 種族問わず。 性交の数だけ自身のステータス上昇とスキル取得ができる。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 誰もがうらやむ異世界性活が幕を開ける! 異世界に勇者として転移した主人公は強過ぎるサキュバスや魔女に屈服し、奴隷として支配されてしまう……! 奴隷からの解放と元の世界に戻れる日を願う主人公だったが……!? SMとファンタジーを融合した小説です。 ハードなプレイがあるのでご注意ください(女性がSで男がM)。 pixiv. pixiv. pixiv. pixiv. pixiv. php? pixiv. php? pixiv. php? 倉庫の荷運びや、冒険者として荷馬車の護衛、売り子などなんでもやる。 実家の身分は貴族であるが、その地位は低く領地などもほとんどない。 商売で身を立てているのだ。 学院において底辺に位置する彼にも、分け隔てなく接してくれる生徒たちがいた。 学院一の美しさと評判の令嬢ジュリエと、女だてらに騎士を目指すサンドラ。 貴族の有名芸術家を両親に持つステファの三人である。 夏休みに入り観光の島で、クリスは家業の手伝で物売りに励む。 そして人手が足りないと、客が裸でくつろぐ海辺のリゾート施設に配置されてしまう。 仕事だと割り切って素っ裸で働いていたクリスの前に、客として三令嬢が現われた。 荒ぶる自身は制御不能。 令嬢たちはそんな生理現象をからかいつつ、微笑ましくも指摘するのだ。 クリスと、彼を取り巻く少女と女性たちの、ちょっと(かなり?)エッチな物語。 苦手な方、お逃げください。 18歳未満の方は絶対に読まないでください。 僕には二人兄がいる。 一番上は雅春(まさはる)。 賢くて、聡明で、堅実家。 僕の憧れ。 二番目の兄は昴(すばる)。 スポーツマンで、曲がったことが大嫌い。 正義感も強くて 僕の大好きな人。 そんな二人に囲まれて育った僕は、 結局平凡なただの人。 だったはずなのに……。 その行為を推奨するものでは一切ございません。 ……ので稚拙な文章で表現も上手くありません。 話も辻褄が合わなかったり誤字脱字もあるかもしれません。 苦情などは一切お受けいたしませんのでご了承ください。 苦手な方はご注意ください。 矢島九郎は真面目に生きてきた。 文武の両道に勤め、人の模範となるべく身を慎んで行いを正しくし生きてきた。 友人達と遊んでも節度を保ち、女子に告白されても断った。 そしてある日、気づいてしまう。 人生がぜんっぜん楽しくない! 本当はもっと好きに生きたい。 仲間と遊んではしゃぎ回り、自由気ままに暴力をふるい、かわいい娘がいれば後腐れなくエッチしたい。 エッチしたい! もうネットでエグめの動画を見るだけでは耐えられない。 意を決し、進学を期に大学デビューを決意するも失敗! 新歓でどうはしゃいだらいいかわからない。 女の子とどう話したらいいかわからない。 当たり前だ。 女の子と手をつないだのすら小学校が最後だぞ! そして行き着くところは神頼み。 自分を変える切欠が欲しいと、ものすごく控えめなお願いをしたら、男が存在しないどころか男の概念すらない異世界に飛ばされました。 そんな彼が、欲望の赴くままにハメを外しまくる話。

次の

小説やエロ小説を書いています

小説 エロシーン

プロットとは、 話の流れを大雑把に書いたもののことです。 これに沿って書くと作品を途中で投げ出さず、最後まで書きやすくなります。 いきなり話全部を考えようとしても難しいので、 大雑把に流れを決めて、書きながら細部を埋めていく、というやり方に使います。 ですが、プロット自体もお話づくりには違いないので、 何から書いたらいいかわからない、となる方も多いと思います。 そこでこの記事では、毎月1作投稿を続けている官能小説家の私の、「 最後まで書き上げるためのプロットの書き方」を公開します。 最後には、実際に私がノートに書いた手書きプロットの写真も載せています。 プロットづくりとは プロットづくりとは、 いきなり本文を書き進めず、まずは各シーンの要点を短く書いて矢印で繋げていた図を用意する という作業です。 この図を見ながら本文を書くと、 「次は何を書こうかな」と迷う事が減ります。 最終的にラストシーンに繋がればいいので、内容も考えやすくなります。 プロットは例えるなら「全体の見える地図」をつくる作業です。 本編を書くときは この地図(プロット)を見ながら最終目的地に向かって各島(シーン)を探検していく というわけですね。 しっかり細部まで考えるよりも、 思いつかなかったら飛ばしたり、 行ったり来たりしながら、 大雑把に埋めていく事を重視しましょう。 書き方 オススメは ノートに手書きすることです。 見開き2ページ(または4ページ)に収めると、 作品を書くPC画面の横に置いて「全体を一望できる地図」としての役割を果たします。 デジタルで書く場合は、「右ページに」などを気にせず真似してください。 全体の流れより先に、思いついたアイデアを「なんでも」「順番気にせず」「思いついた順に」左ページに箇条書きにする(書きたいエロシーン、シチュエーション、キャラ設定、参考にする他作品名など) 2. キャラの設定を詳しく右ページに書く。 ある程度思いついたら、左ページの続きに最初のシーンを書く(喫茶店でヒロインと会う、くらいのでいい) 4. エロシーンへの繋げ方を書く 5. ラストシーンを書く。 (思いつかなかったら後でいい。 書いてるうちに変わってもいい) 6. (スペースは広めに取る) 7. 途中で思いついたアイデアは右ページや矢印の間に書く。 各シーンの背景事情、キャラの心情はマンガの吹き出しのように書く 以上です。 解説 私はまず、.

次の

エロ小説のプロットのつくり方。|小夜夏ロニ子(旧:小夜夏ロニエ)|note

小説 エロシーン

苦手な方は逃げてください。 表現が卑猥、かつリアルです。 18歳未満の方は絶対に読まないでください。 ---------------------- オレ、浜崎夏斗 はまさき なつと は夏休みもあと少しで終わるという日の自分の誕生日を親友、谷垣隼人 たにがき はやと の自宅で過ごしていた。 ハヤんちって居心地いいんだよな。 金持ちで、親はほとんど帰ってこないという高級マンションの最上階の部屋。 週に何度かハウスキーパーさんがやってくるだけで好き放題!! かなりの頻度で入り浸っている一人ではあったがオレは平凡な高校生。 この夏休みはバイトや女の子遊びでなかなかあいつとは遊べなかった。 そんな時 「ナツ、明日誕生日だろ? もし一緒に祝う彼女でも居ないなら、俺んち来いよ。 」 ハヤからのメール。 ひと夏の彼女と別れたばかりのオレは夏休み最後の3日間、ハヤんちで過ごすのも悪くないと軽く返事をした。 …ので稚拙な文章で表現も上手くありません。 話も辻褄が合わなかったり誤字脱字もあるかもしれません。 苦情などは一切お受けいたしませんのでご了承ください。 その子はダークエルフの男の子だった。 その子のあまりにも生意気な態度に、盗賊はハードプレイでお仕置きをすることにした。 21 なんか待たせてしまってすいませんでした 土下座! 第三章は本編を絡めながら、ショタのダークエルフに変態的なプレイをする作者の欲望を表現するだけのおはなしです。 22 「大人しくしていれば可愛いな」を投稿します。 一応シリアスめな展開になります。 23 「助けた礼は体で支払ってもらうぞ」を投稿します。 引き続きシリアスな展開。 そしてR18を書きたい。 24 試しに出版申請しました。 まあ昔やって書籍化せんかったから期待はしていませんが……。 「欲望に任せたら子作りしてしまった」を投稿します。 つい鬼畜にR18を書いてしまった。 あと、各章に名称つけました。 ついでに第一章の没シナリオを7話分のボリュームでのっけました。 このシナリオ大不評でした 汗 ディープ層向けな内容です。 25 「束の間の握手だ」を投稿します。 本編が進みます。 26 「妊夫さんですがHしたくなっちゃいました」を投稿します。 久々に第一章のお話書きました。 そして妊婦さんならぬ妊夫さんとのHな話が書きたかったです。 27 「世話の焼けるガキだ」を投稿します。 話書いたのわしですが、酷い設定持たせてすまんなエルトくん。 28 「死んだなこりゃあ」を投稿します。 展開上、まだR18を書けないですが、書きてえ。 やらしいことを! 20. 29 「性欲のまま暴れて犯るか」を投稿します。 R18回です。 この二人はどうも男よりの性格しているのでラブシーンの表現苦戦しますね・・・。 01 「お前と一緒に歩む」を投稿しました。 第三章、良い最終回だった…としたいところですが、もっとR18なお話を書く予定です。 後、第四章あたりで物語を終結させようかと考えています。 05 職場がキツくて鬱になりました。 しばらくは執筆できないかもしれないです。 またいつか再開できたらなと思っています。 注意必要。 SM表現、鬼畜表現有り。 苦手な方は逃げてください。 「なぜか俺は親友に監禁されている~夏休み最後の3日間~」スピンオフ作品 上記作品の中の登場人物、谷垣隼人の父、谷垣弘和とその秘書手島友哉の過去のお話しになります。 ----------------------------------- 時代は1987年 バブルの真っ只中。 僕は手島友哉 てしまともや。 10歳。 大金持ちの家の使用人の息子だ。 住み込みで働く父さんと義母さん。 ある日、お屋敷でのパーティーで皆から注目されている青年を見た。 スラッと足が長く、端正な顔立ちは絵本に出てくる王子様のようだった。 沢山の女性に囲まれて、とても楽しそう。 僕は思わず使用人用の宅舎から抜け出し、中庭の植え込みの茂みに隠れた。 姿が見えなくなった王子様。 植え込みから顔をだした僕は、誰かに羽交い締めにされた。 これが運命の出会いとも知らずに……。 あくまでもスピンオフなので「なぜか俺は親友に監禁されている~夏休み最後の3日間~」の作品の中でとなります。 その行為を推奨するものでは一切ございません。 ……ので稚拙な文章で表現も上手くありません。 話も辻褄が合わなかったり誤字脱字もあるかもしれません。 苦情などは一切お受けいたしませんのでご了承ください。 偶然そのタイミングで、なぜか異世界転生してしまった大学生、サクは伝説の魔導師と勘違いされてしまう!「遂に我が目覚めし刻がやって来たか…。 待ちくたびれたぞ、人間よ。 」ドッキリと勘違いしてノリノリで魔導師を演じるサクだが、そこへ真の伝説の魔導師、イサゴが現れる。 一発で偽物だと見抜いたイサゴは、サクを伝説の魔導師に仕立て上げる代わりに、とある条件を提示する。 「この旅の間、私の性奴隷になれ。 」「はいっ喜んで!……はあ!?性奴隷!?」半ば脅迫のようなその条件に、サクは性奴隷になることを選ぶ。 「俺、サクはイサゴ様の性奴隷になります!」「いい子だ。 」そう宣言すると、サクの左手には淫紋が刻まれてしまった。 人権のない「性人形」として生きる主人公の少年は、「ホーム」と呼ばれる奇妙な施設で成長する。 13歳で施設を出ると、男たちに性的に奉仕する生活が始まり、サディスティックなユーザーに嬲られる。 彼の希望は、同じホームで育った初恋の相手を見つけ出し、「特権」を手に入れることだった。 サクっと読める、約3万字の中編です。 R18、BL、SMなどの痛い描写、ショタ描写あります。 舞台は近未来で、SF要素ありますが、ストーリーは日常系の青春恋愛BL小説です。 バッドエンドではありませんが、完璧なハッピーエンドではなく、読んだ方の想像に委ねるエンディングです。 BLエロ、R18描写がある話は、サブタイトルに注意書きを入れています。 苦手な方は避ける目印にしてくださいね。 感想など反応をいただけると励みになります。 もし好評でしたら、番外編や続編を書きたいな〜と思っています。 リクエストがあれば、お気軽にどうぞ。 周期的に雄体、雌体となる性質をもつ。 ただ、ある条件を満たせば性別は固定化される。 ラトキア人の美しい少年は、奴隷となった。 美しい顔、肢体を持ちながら精神的には雄優位だった。 そして始まるメス調教。 その肉に刻まれるメスのアクメ快感。 犯され、蹂躙され、凌辱される。 肉に刻まれるメスアクメの快感。 それは、肉体が牝に固定化されるということだった。 それは数奇な運命をたどる、少年の物語の始まりだった。 シノプスのみ拝借しております。 もし、作品内に(無いと思いますが)不適切な表現などありましたら、その責は全て中七七三にあります。 タイトルの通り、エロ小説です。 無人島に連れ去られ、少女は魔術師と二人きり、決して誰にも救い出されることのない空間で身体を捧げる生活をするのであった? 少女に性の知識がないのをいい事に主人公が好き勝手弄ぶ鬼畜展開です。 エロは2章から。 意外とほのぼの系の回も多いと思います。 あとタイトルに「黒魔術」とあるように、エロと並んで主人公の魔法研究も主題です。 エロシーンだけ読みたい方にはハズレかも。 年齢制限ご注意ください。 R18指定です。 本番シーンは基本的に中出しですので、そういうのが苦手な方もご注意を!ただ、本番シーンは意外と遅く37話が初です。 世の中にエロ小説はいろいろありますが、なんか自分の趣味に合うのってないので、とことん自分趣味を追求してみたいと前々から思ってました。 で、やっちゃいました。 第1部で一旦完結しましたが、その後また続けたくなって連載を再開してます。 僕に執着する弟は、僕に首輪を嵌めた。 鎖で繋ぎ、僕を支配したのだ。 *不定期更新。 性描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 暴力的な描写が多いですので、苦手な方はお気を付け下さい。 以上のことご理解頂けたらと思います。 反政府ゲリラで盗賊首領であったガイザック・スネイクは、自分の弟子ケイル・ヴェンスを庇って政府に捕らえられた。 15年の歳月が過ぎ、ガイザックを失ったゲリラ達が体制を整え、ケイルを首領としてガイザック奪還へと向かう。 嘗ては王宮騎士団、団長。 謀反にて王を殺害し反政府ゲリラの盗賊と身を落とす。 15年前捕らえられ、呪術処刑される。 体は呪術で歳をとらず、不死。 盗賊団の一員。 現王を知らずに殺害する。 ガイザックの奥義をすべてマスターしている。

次の