コロナ 足立 区。 新型コロナウイルス感染症関連の区の対策・対応(5月掲載分)|足立区

区内での新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について|足立区

コロナ 足立 区

都内のほとんどの小中学校では、水泳の授業が毎年6月から9月にかけて行われ、それに先立って医師による健康診断で、心臓や目、耳に病気がないかなど児童・生徒の持病や体調が確認されます。 しかし、ことしは新型コロナウイルスの影響で休校が続き、健康診断が実施されていないうえ、文部科学省も今年度は年度末までに実施すればよいとしています。 こうした中、東京23区のうち、台東区、品川区、足立区、それに葛飾区の4つの教育委員会が、すでに今年度、小中学校での水泳の授業の中止を決めたことがNHKの取材でわかりました。 また杉並区と荒川区も中止を検討しているということです。 これらの区は中止の理由について、学校再開の見通しが立っておらず、水泳の授業を始めるまでに健康診断を終えるのが難しいとみられるうえ、健康診断が実施できないままでは児童や生徒の安全が確保できないこと、それに更衣室などでいわゆる「3密」のリスクを避けるのが難しいためなどとしています。 水泳の授業をめぐっては、すでに大分市教育委員会が今年度、小中学校では行わないことを認める方針を決めていて、中止を決めた小学校も出ています。 このうち足立区は、区立の小中学校で例年、児童や生徒の健康診断を4月から6月にかけて行ったうえで、水泳の授業を6月から9月の間、行っています。 ことしは都内で学校の再開時期のめどがたたない中、地元の医師会と協議した結果、健康診断が早くても9月までかかることになり、水泳の授業の前に子どもたちの健康状態を把握することが難しくなったということです。 また、水泳は複数の学年やクラスが合同で行う場合も多く、更衣室などで密集を避けられないおそれもあるということです。 このため、足立区教育委員会は区立の小中学校合わせて104校の今年度の水泳の授業の中止を先月下旬に決め、各学校に通知しました。 このうち千寿桜小学校では来月22日から水泳の授業の予定を組んでいましたが、教育委員会の通知を受けて、中止を各家庭に学校便りやメールなどで伝えたということです。 千寿桜小学校の田村正弘校長は「水泳の授業は水に対する安全教育などの意義もあり、大切な活動ではあるが、健康診断なしで行うのは子どもの安全を確保できない。 また、更衣室やプールサイドで子どもたちどうしの距離を確保しようと思っても、施設の広さや授業時間との関係があって難しい」と話していました。 水泳の授業が中止になったことについて千寿桜小学校の1年生の男子児童は「水泳の授業で水に潜る練習をしたいと思っていたので、中止になったのは嫌です」と話していました。 別の小学校に通う5年生の男子児童は「水泳の授業を楽しみにしていたので、中止になったのは残念ですが、しょうがないと思います。 感染が終息するまで我慢します」と話していました。

次の

【東京23区】新型コロナウイルス対策融資支援一覧

コロナ 足立 区

感染者数:34名(2020年4月7日時点) 2020年4月6日(6名) 20代男性・30代男性・40代男性・60代男性(2名)70代女性の感染を確認。 2020年4月4日(6名) 20代男性・30代女性・40代男性(2名)・40代女性・70代女性の感染を確認。 2020年4月3日(2名) 30代男性・40代女性の感染を確認。 2020年4月2日(4名) 50代男性・60代男性・70代男性(2人)の感染を確認。 2020年4月1日(1名) 2020年4月1日での足立区内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者は13名です。 2020年4月1日、ヤマト運輸 中十条支店(東京都足立区)の従業員が感染していたと発表がありました。 ヤマト運輸は、東京都足立区の中十条支店で集配業務に携わる50代の男性社員が、新型コロナウイルスに感染していたと発表しました。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 2020年3月31日(2名) 60代男性・70代女性の感染を確認。 2020年3月29日(3名) 20代男性・30代男性・70男性の感染を確認。 2020年3月30日(1名) 20代女性の感染を確認。 2020年3月28日(1名) 70代男性の感染を確認。 2020年3月25日(1名) 20代男性の感染を確認。 2020年3月23日(1名) 50代女性の感染を確認。 2020年3月6日(1名) 70代男性の感染を確認。 2020年3月5日(3名) 2020年3月5日時点、足立区役所公式Twitterでは「感染者は2名」との記載がありました。 感染したのは小学生(女子)1名・保育園児(男子)1名。 3月5日に、区内の小学校および保育園に通う2名が新型コロナウイルス感染症に感染したとの情報を東京都から得ました。 区は区民に正確な情報と、改めて冷静な対応と感染拡大防止にご協力をお願いするために公表しました。 3人は足立区立小学校の女子児童と同区立の認可保育園に通う弟、30歳代の母親で、3日に感染が判明した50歳代の祖母と同居している。 姉弟は2月25日にせきが出始めた後、28日まで学校や保育園に通っていたという。 引用: 2020年3月3日(1名) 50代女性の感染を確認。 今後の対応情報 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する、足立区内の対策は公式サイトにて掲載されています。 最新情報は以下よりご確認ください。 区立小中学校:5月11日から再開(2020年4月7日時点) 2020年4月7日時点:5月11日から再開 学校再開時期は令和2年5月11日(月曜日) 小学校・中学校共通とする。 参考: 2020年3月29日時点:通常通り 2020年3月27日時点では、通常通り春休み明けに入学式を行います。 ・日程:小学校 4月6日(月曜)午後、中学校 4月7日(火曜)午前 ・会場:校庭 ・参加可能:新入生・保護者(1名)・教職員(・在校生) ・学校再開:4月6日(月曜) ほか行事(健康診断・修学旅行・自然教室・運動会・保護者会)は夏休み以降へ延期を検討しています。 保育園・幼稚園 保育園・幼稚園利用者には補助金が出ます。 3月10日〜31日までで、何日間子どもを預けたかによって保育料が変わります。 手続きは準備中なので、決まり次第追記します。 ・開催する会議:重要な内容のみ(法定で義務付けられている住民説明会など) ・開催規模:最大50人 ・会場:体育館など広い場所 ・注意点:密閉空間・密集・近距離では行わない、参加者名簿に住所・氏名・電話番号を記載し保管 マスク配布 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、マスクを付けることが求められています。 区内のドラッグストア・コンビニやネット上でも入手困難のため、以下の施設には区が配布予定を立てています。 ・保育園・幼稚園ほか保育施設 ・障害福祉サービス事業所・障害児通所支援事業所 足立区内の公式発表 足立区による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報を公開しているサイトなどを紹介します。 足立区役所Twitter 最新情報を端的に伝えています。 足立区公式サイト イベントの中止や小中学校の対応についての詳細が確認できます。 足立区役所Facebook 他住民の生の声・反応が分かります。 足立区医師会 医療機関に受診するべきか否かの目安など、症状が出た時にはこちらを確認してください。 東京都の公式発表 東京都サイト 本日の で報告いたしました コロナ対策の選用サイトを開設しました。 新型コロナウイルス感染症対策に関する最新情報をできるだけリアルタイムでお伝えします。 どうぞご覧ください。 厚生労働省Twitter サイトの更新情報を知らせてくれます。 WHO(世界保健機関)サイト 視覚的に世界の感染者数を確認したいときにおすすめです。 東京都福祉保健局(相談窓口) 国内感染者数マップ 厚生労働省 ジャッグジャパン株式会社 NHK 引用: まとめ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報をまとめました。 随時更新していきます。 噂・デマではなく正しい情報を把握し、十分な対策を取りましょう。 こちらの記事もおすすめです。

次の

【コロナ】足立区内の情報まとめ(Twitter・公式サイト・感染者マップ)

コロナ 足立 区

東京23区の公立の小中学校は「緊急事態宣言」の期限となっている今月末までの休校が決まっています。 授業に遅れが出ていることから東京23区のうち、目黒区、北区、足立区、江戸川区の4つの区は、すでに夏休みを短縮することを決め、保護者などに伝えています。 夏休みの期間を目黒区では8月1日から24日、北区では8月1日から23日、足立区では8月8日から23日、江戸川区は8月8日から24日とし、例年より10日間から3週間程度、短くします。 このほか14の区が短縮する方向で具体的な日程を検討していて、残りの5つの区は短縮するかどうかを含め検討しているとしています。 一方で、夏休みを短縮することでの課題もあります。 各区の教育委員会によりますと教室へのエアコンの設置は進んでいるものの、登下校中や休み時間の熱中症対策、学習塾の夏期講習やスポーツチームの活動と授業が重なってしまう子どもが出ること、それに当初の予定になかった給食を用意できるかといったことが課題となるということです。 また、夏休みの短縮だけでは授業の遅れが解消できないとして目黒区や江戸川区では土曜日の授業を増やしたり、行事を中止して空いた時間を授業に充てることを検討しているということです。 夏休みを短縮して授業時間を確保する動きは全国に広がっています。 兵庫県小野市は夏休みを8月8日から16日までの9日間にするほか、宮城県名取市は8月8日から19日までの12日間に、福岡市は8月7日から19日までの13日間に短縮し、授業時間を確保するとしています。 また、沖縄県内では夏休みを10日間にする自治体があるほか、名古屋市も夏休みをおよそ2週間短縮したうえで、冬休みも4日間短くする方針を決めています。 文部科学省は新型コロナウイルスの影響で、国が示す授業時間を下回っても法令違反にはならないとしたうえで、地域の感染状況のほか、児童生徒や教職員の負担を踏まえながら、学校の指導を充実させることが必要だとする通知を出していて、具体的な方法として夏休みの短縮や土曜日の活用、時間割り編成の工夫などを挙げています。

次の