寝る と 胸 が 苦しい。 けやき坂クリニック

うつ伏せで寝ると胸が潰れるってホント!?寝ながら美乳を叶える方法とは

寝る と 胸 が 苦しい

よくある症状には、咳がでる・めまいがする・ 頭が痛い・頭が重くなる・ぼーっとする。 というようなものが挙げられます。 また、ノドに何かが詰まったような辛さを感じることもあります。 「息が苦しい」という状況も、その病気の違いや重さによって、異なった症状をもたらすのです。 呼吸が速く浅くなって空気を吸い込みすぎてしまうため、 血液中の酸素の増加と二酸化炭素の減少がおこって、身体に障害をもたらすものです。 過呼吸症候群がおこると、頭痛やめまい、手の指先や口のまわりのしびれ、 呼吸困難、失神など、さまざまな症状を起こします。 実際は呼吸をしているにもかかわらず、空気が吸い込めないと錯覚して、 「死んでしまうのでは…」といった不安にかられます。 決して死ぬことや後遺症を残す事はありません。 発作は、放置すると数10分以上続くことがありますけど、どんなに強い発作でも、 時間とともに必ず軽快していきます。 対処法はいたって単純で素人でも治せます。 「呼吸を抑えること」だけでいいのですから。 やり方はなんでもいいのですが、一般的なのは紙袋を用いる方法。 紙袋を鼻と口に当てて静かに吸って吐いてを繰り返します。 落ち着いて、自分の息を取り入れるような気持ちで呼吸するのがコツです。 呼吸には2つあります。 「肺でする呼吸」と「細胞レベルでの呼吸」ですが、うつ病や自律神経失調症の多くの人は、 どちらか一つ、または両方の呼吸ができていないのです。 ・肺でする呼吸ができない うつ病などで、息苦しい症状に陥ってる人は、肺がうまく膨らみません。 肺を膨らます機能に、問題をかかえているのです。 最も重要なのは横隔膜なのですが、 横隔膜の動きが硬くなっているのです。 直接の原因は、 迷走神経の機能低下・筋肉の緊張・胃と肝臓の状態。 対策としては、息を吸うことではなく吐くことに意識を集中すること。 それと、体の筋肉をほぐすことも大切です。 体内に入った異物を排除するのが免疫機能。 それが、過剰に反応してしたり、 自分自身を攻撃してしまい、粘膜や皮膚に炎症を起こすのです。 免疫力を高めると同時に、アレルゲンを遠ざけることが、一番の方法ですが、 病気にかかることで免疫が大きく低下することもあるので難しいのが現実です。 それでも、食事や行動で、地道な体質改善をするしかありません。 ・免疫機能に良い食事 1 グルコマンナン(コンニャク) 2 DHA・EPA(魚の脂) 3 ビタミンE (ピーナッツ アーモンド かぼちゃ うなぎ ひまわり油) ほかにも、腸内の環境を良くする食べ物として、 バナナヨーグルトや大根とキャベツのぬか漬けがオススメできます。 ・免役向上によい生活 多くの場合、ダニの死骸がアレルギーを引き起こします。 排除することで、免疫機能によい、生活環境そ手にすることができます。 皮膚にかゆみを感じたとき。 その日は、お風呂の入り方を工夫します。 肌への刺激を和らげるのですが、お湯にみかんやレモンの皮など、ビタミンCを含むものを入れて、 よくかき混ぜてから入るのがオススメです。 ビタミンCが、水道水の塩素を消してくれるわけです。 風呂から上ったら、浴室の中で保湿クリームを塗るとよいでしょう。 それが睡眠時無呼吸症候群です。 よく知られている通り、眠っている間に呼吸が止まる病気です。 英語名の頭文字をとって「SAS(サス)」とも言われます。 医学的な無呼吸とは、10秒以上の呼吸が止まること。 一晩(7時間の睡眠中)に30回以上か、1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と言われる症状です。 深刻になる理由は、寝ている間の無呼吸が、起きているとき活動に様々な影響を及ぼすところにあります。 集中力の低下や判断ミスを起すリスクが高くなるのです。 とくに問題なのが運転中の居眠り。 睡眠時無呼吸症候群の患者は、居眠りする危険が普通の人の5倍もあるのです。 呼吸が止まった無呼吸状態になっているなんて、睡眠中のご本人が気付くことは難しいですね。 検査も治療も受けていない潜在患者はかなりの数に昇ると考えられています。 太っている男性がなりやすいというイメージがあります。 でも、痩せていても、女性でも可能性はあるのです。 太りすぎないことが重要なんです。 睡眠時無呼吸症候群は、喉や首まわりの脂肪沈着が、発症に大きく関与します。 また、発症してない人でも、顎の大きさや形状によっては、ほんの少しの体重増加が、 病気を招く可能性もあります。 今夜からでもできる対策としては、アルコールを飲みすぎないこと、 横向けに眠ることなどがあります。 要は、舌がノドに詰まらないようにするのがポイントです。 ぐっすり眠れるよう、工夫することが大切です。 病院の治療には、レーザーでカンタンに終えられ日帰りさえ可能な手術もあります。 料金も安くなってきていること、入院する面倒さを天秤にかければ、一考の価値があるかとも思います。 「息」だけに、呼吸方法は切っても切り離せません。 息が苦しい原因は胸で息を吸う「胸式呼吸」 のみに頼っているせいかもしれません。 胸式呼吸は、胸郭に関わる筋肉を使う呼吸です。 強制的に胸郭を広げているので、非常に効率の悪い呼吸といえます。 面倒な吸い方をしているので、息苦しさだけでなく、肩凝りや首凝りの原因にもなります。 「斜角筋」という首の横の筋肉は、肋骨を引き上げる働きをしています。 そのため、胸式呼吸ばかりしていると緊張状態が続くのでコチコチに固くなって、頭痛や首の周囲の痛みも引き起こします。 肺も元気で気管支などの病気がない。 それでも息苦しい場合は胸式呼吸が原因ということがあります。 血行を良くする効果があるので、 適度な量であれば、身体にほどよい効果をもたらすのです。 ところが、量が多すぎたり、 そもそもアルコールを分解できない体質の人がおり、酷い二日酔いをもたらすのです。 このうちのアセトアルデヒドは、高い毒性をもつ物質。 この物質を分解するのが、アセトアルデヒド脱水素酵素。 酒に強人はこの酵素がよく働きます。 そのいっぽうで、酒に弱い「下戸」と呼ばれる人がいます。 それは、アセトアルデヒド脱水素酵素があまり働かないからのが原因です。 お酒に弱いのは、アルコールを分解できない体質だからです。 アセトアルデヒドは、二日酔いの原因になって、身体にさまざまな異常を引き起こします。 ・顔、全身が真っ赤になり斑模様になる ・ポツポツと痒みを感じる湿疹ができる ・手のむくみが酷くなる ・動悸、息が苦しくなる ・頭痛、全身の関節が痛くなる また、分解酵素の強さとは別に、「お酒特有の息苦しさ」を起す人もいます。 ・アルコールによる喘息 アセトアルデヒドそのものも、呼吸に影響しているのですが、悪いことに「ヒスタミン」 という物質を増やすことがあります。 「ヒスタミン」は、アレルギーや喘息を引き起こす物質であり、 その結果おこるのが「アルコール誘発喘息」という病気です。 お酒を飲むと呼吸がゼイゼイしてくるなら、「アルコール誘発喘息」かもしれません。 お酒の前にアレルギーを抑える薬(抗ヒスタミン剤など)を飲むと喘息は起こらなくなりますが、 抗ヒスタミン剤とアルコールを一緒に飲むと尋常ではないほどの眠気がでます。 記憶が飛ぶ可能性もありますので、注意してください。 アルコールハラスメント(アルハラ)という言葉もあります。 無理なお付き合い、無理に付き合わせること、どちらも禁物です。 そうした息切れや息苦しさは、 心臓病、肺の病気、過呼吸症候群、神経の病気、肥満、貧血 などといった、な原因で生じます。 特に重大ななのが、心不全と肺塞栓症。 どちらも命を落とす危険性があります。 たとえば次のようなことが増えてませんか? ・坂道や階段の昇り降りで息切れしやすくなった ・息切れと一緒に胸の圧迫感も ・手足の冷えやむくみを伴う ・飛行機やバスを降りてから急に息苦しくなる ・仰向けが息苦しく、座る方が楽 ・動く時に呼吸が速くて苦しそうだと言われる ・呼吸が、ヒューヒュー、ゼイゼイといっている ・心不全 心不全とは、心臓のポンプの働きが低下した状態のこと。 心臓にかかわる病気が進行すると、やがては心不全に陥いるのです。 心不全にならないためには、現在の病気をしっかり治すと共に、貧血や肥満への対策を行うことです。 治療中の人は、薬の飲み忘れ、かぜや過労、食事の影響などで悪化することがよくあります。 細やかな生活管理を行うことが、なによりも必要です。 ・肺塞栓症 肺動脈が詰まって起こる病気です。 足の静脈など、血液中にできでしまった血栓が、 血液の流れにのって肺までたどりついた結果、肺動脈が詰まって肺塞栓症となるのです。 血栓は、足(下肢)を動かさないでいる時に出来やすいです。 長時間の旅行や手術の後など、 いわゆる「エコノミー症候群」がこれですね。 突然、息苦しくなることが多いのですが、息苦しさが徐々に増強していく場合もあります。 寿命を縮める怖い喫煙 タバコを吸い続けている人は、肺や心臓などの器官を、長い年月をかけて悪化させています。 その代表的な病気が、慢性閉塞性肺疾患 COPD や狭心症・心筋梗塞などです。 これらの主な症状は息切れです。 さらに、肺がんなどの悪性疾患にも注意が必要です。

次の

《医師直筆》胸が苦しい!心不全の初期の症状と予防について

寝る と 胸 が 苦しい

近ごろ疲れすぎて息をするのも苦しい……。 そう感じる人は、夜寝る前の呼吸法がお薦め。 深い呼吸ができるようになると、気持ちがラクになるだけでなく、基礎代謝も上がり、冷えやむくみも解消し、やせやすい体質になります。 東京・渋谷で呼吸法を指導するウタール ヨーガ・ヒーリングスクール代表の椎名慶子さんは「上手に呼吸ができないと駆け込んでくる女性が多い」と話す。 こうした人は、緊張しやすく、呼吸に関わる胸まわり(胸郭・きょうかく)の筋肉が凝っているという。 「例えば窮屈なブラウスを着ると息が苦しいのと同じ。 肺を取り囲む胸郭を構成する肋骨を動かす筋肉が凝っていると、肺も横隔膜も十分に動けず、呼吸が浅くなる。 眠りも浅くなりやすく、疲れも取れにくい」(椎名さん)。 胸郭が動きにくい人は、姿勢も悪く、下腹がポッコリと出た体形にもなりやすいという。 そんな人にお薦めなのが、ヨガ式の「完全呼吸法」だ。 胸とお腹を大きく動かして呼吸することで、凝りがちな胸まわりの筋肉が満遍なくほぐれる。 行うタイミングは、寝る前がお薦め。 呼吸が深くなり、全身がほぐれ、血流も改善する。 「睡眠の質も良くなり、疲れにくくなったという生徒さんが多い。 凝り固まった筋肉を刺激する簡単な準備運動をした後で行うと、より効果がアップします」(椎名さん)。 胸まわりがほぐれることで姿勢が整い、下腹ポッコリの体形も改善する。 呼吸法の前にやりたい、さすり&伸ばしメソッド 1カ所各20回・胸まわりをほぐす【デコルテ&脇さすり】 まずはデコルテや脇の筋肉をゆるめよう。 胸まわりが大きく動きやすくなる。 (1) 息を吐きながら脇を伸ばし、3呼吸 足を軽く組んで座る。 左手は床に置く。 右腕は上に伸ばし、息を吐きながらそのまま左に倒れる。 脇が伸びた状態で息を吸い、一瞬止めた後、吐く。 3呼吸。 (2) さらに脇を伸ばしてゆっくり3呼吸 (1)の状態から、前かがみにならず、痛みを感じない程度にさらに脇を伸ばした状態で、ゆっくりと3呼吸繰り返す。 反対側も同様に行う。 6呼吸・寝る前5分で毎日やろう【完全呼吸法】 「現代女性は常にストレスにさらされ、交感神経が優位な状態が続き、上半身に余計な力が入っている。 最初は上手に呼吸ができなくても、胸とお腹を動かそうと意識するだけで、体は変化します」(椎名さん)。 寝る前に胸式呼吸と腹式呼吸を合体させたヨガ式の「完全呼吸法」でゆっくり呼吸すると、副交感神経が優位になる。 また、横隔膜など筋肉を使うため、基礎代謝が上がり、続けることで、「お腹まわりの筋肉が引き締まる効果も感じるはず」(椎名さん)。

次の

寝る前5分 胸まわりの凝りをほぐす「完全呼吸法」【日経ヘルス17年9月号】:日経doors

寝る と 胸 が 苦しい

自律神経失調症 ストレスにより胸の苦しさを感じるものというとまず、自律神経失調症が考えられます。 これは交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで色々な症状が出ます。 自律神経というのは、自分の意思とは無関係に周囲からの刺激に反応して体の機能をコントロールする神経のことです。 交感神経と 副交感神経という正反対の働きをする2つの神経があり、そのバランスを保つことで健康を維持しています。 交感神経が、興奮・緊張などの活動型神経であるのに対し、副交感神経は睡眠時などに働く休息型神経です。 強いストレスを感じた場合は、交感神経が優位に立つようになっています。 強いストレスを感じると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。 そのため、症状の1つとして胸の苦しさというものが現れるのです。 ではどのように対処していけば良いでしょうか。 交感神経が優位に立っているわけですから、副交感神経をもっと優位にしたいですね。 つまり、リラックスするよう心がけると良いのです。 胸の苦しさを感じて内科を受診しても、内科的な疾患がないとわかったら、それは自律神経失調症かもしれません。 できればストレスをなくすようにしたいのですが、難しいですよね。 少しでもリラックスする時間を作ることで、改善されるかもしれません。 わずかな時間でも、大きく深呼吸してみたり、温かいものをゆっくり飲んでみたりするだけでもリラックスできます。 こういう時間を少しでも増やして行くようにしましょう。 そして、一人で抱え込まず、誰か信頼できる人に相談するようにしましょう。 それでも改善しない場合は医療機関で相談しましょう。 自律神経失調症の治療は、その原因や症状により違います。 薬物治療・一般心理療法・整体療法・自律訓練法など様々です。 自分に合った治療法を相談してみましょう。 うつ病 次に考えられる病気は、うつ病です。 うつ病の症状として胸が苦しいというのは、数ある症状の中の一つです。 他にもうつ病による症状が出ていないか確認しましょう。 うつ病によく見られる他の症状、食欲の低下・睡眠障害・動作が遅い・気力の減退・集中力の低下などはありませんか? 自分では気づいていないけど、体重が減っているということはありませんか? 寝つきが悪かったり、就寝中に目覚めて眠れなくなることが増えていませんか?やる気が失われて、何事にも集中力を欠いていると言われませんか? これらはうつ病に多く見られる症状です。 うつ病は早期治療を行うことが大切です。 胸の苦しさの他にもうつ病のような症状がある場合はすぐに医療機関で相談しましょう。 うつ病の治療の第一歩は休養です。 大きなストレスを抱え、心も体も疲労しています。 まずは休養し、抗うつ薬で薬物治療を行います。 抗うつ薬は副作用があるものもありますので、自分に合ったものを探しましょう。 さらに精神療法も行います。 パニック障害 ある時急に胸が苦しくなる、というのはパニック障害の発作かもしれません。 パニック障害では、突然の動機・呼吸困難などに陥るパニック発作を起こします。 この発作は20~30分ほどでおさまるものの、また起こるのではないかという、予期不安という症状が出ます。 さらに人前で発作を起こすことを恐れる、 広場恐怖という症状も現れます。 パニック発作・予期不安・広場恐怖という3つの症状がパニック障害の主な症状です。 さらにうつ病を併発することもよくあります。 胸の苦しみはすぐおさまるからと放置せず、心療内科などの医療機関で相談しましょう。 パニック障害の治療はまず、パニック発作を起こさない治療を行います。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)とベンゾジアゼピン系抗不安薬という薬物治療からスタートします。 SSRIという薬物はうつ病治療にも効果があります。 副作用もある薬物ですので、医師とよく相談しながら服用していきましょう。 パニック発作が起こらなくなったら、予期不安・広場恐怖という症状の改善に移りますが薬物治療は続けます。 パニック発作・予期不安・広場恐怖という症状が改善してきたら、パニック障害により低下した体力回復をめざします。 十分な体力が戻ったところで薬物の量を減らして行き、治療を終えます。 治療には1年ほどかかることもありますが、自己判断で途中でやめてしまうと再発します。 最後まで医師と相談しながら治療をしましょう。 その他 胸が苦しくなる病気は非常にたくさんあります。 ストレスが原因ではないとしたら、どのような原因で胸が苦しくなるでしょうか。 狭心症・心筋梗塞などの心臓疾患、肺炎・胸膜炎などの呼吸器疾患、肺血栓塞栓症・大動脈瘤破裂などの血管の病気、逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化器系の病気など、非常にたくさんあるのです。 しかし、これらの病気は健康診断や内科的診察で何らかの異常が見られるものです。 まず、内科を受診し、体の異常が見られない場合は、自律神経失調症・うつ病・パニック障害など、ストレスが原因で起こることもある病気を疑います。 また、涙がよくでるような症状はありませんか?こちらについては以下で詳しくお伝えしていますので、参考にしてみてください。 心臓疾患・呼吸器疾患・血管の病気・消化器の病気などが原因の場合は内科的診察でわかることが多いので、まずは内科で相談しましょう。 内科的診察で異常は見つからなかった場合は、ストレスが原因である自律神経失調症・うつ病・パニック障害の可能性が高いです。 心療内科や精神科で相談してみましょう。 いずれもストレスが原因であれば、そのストレスをなくすことが一番の近道ですが、簡単になくすことができないものです。 少しでも心にゆとりを持てる時間を作るように心がけ、一人で抱え込まず、周囲の人や医療機関で相談するようにしましょう。

次の