デパス。 高齢者にデパス(エチゾラム)は危険!~徘徊・暴言・暴力・妄想の原因になることも~

デパスの効果・効能【医師が教える抗不安薬の全て】

デパス

デパスの副作用やリスクを正しく知り、安心して服薬するコツを解説! デパスは、不安や緊張だけでなく、不眠や頭痛など心身の様々な症状に対して使用する薬で、精神科だけでなく内科や整形外科でも処方され、同じ系統の薬の中では最も使われていると推測される薬です。 不安を取り除く薬は何種類かありますが、その中でも比較的作用が強いとされている分、副作用や依存症などの服薬上のリスクにも注意が必要な薬です。 厚生労働省が2016年10月からデパスを普通の薬から向精神薬に規制区分を変更したところからも注意すべき点が多いことが考えられます。 この記事では、症状改善のためデパスの服薬を継続していく中で、起こりやすい副作用、ほとんど起こらないが注意が必要な副作用など考慮すべきリスクを詳細に紹介します。 不安を取り除く(抗不安)作用• 筋肉をほぐす(筋弛緩)作用• 気持ちを落ち着かせ、眠気をもよおす(鎮静催眠)作用• けいれんを抑える(抗けいれん)作用 ベンソジアゼピン系には多くの薬があり、上記4つの効果の強弱によって主に使われる用途が異なります。 ある薬は抗不安薬であったり、ある薬は睡眠導入剤であったりと様々です。 デパスは、抗不安作用、筋弛緩作用、鎮静催眠作用が強いため、抗不安薬や筋肉の緊張から起こる身体症状(頭痛や体の痛み等)、睡眠導入剤として主に使われます。 冒頭にも紹介しましたが、デパスは2016年9月までは劇薬でも向精神薬でも何でもない普通の薬の扱いだったのですが、2016年10月より向精神薬に指定されたため、さまざまな規制を受ける薬になりました。 向精神薬取締法を整備する際にアメリカの法律を参考にしたのですが、アメリカではデパスは発売されていなかったため、デパスは向精神薬に指定されなかった経緯があります。 ところがデパスは、普通薬であったことから気軽に使われてきた薬ですが、使用されてきた経験から考慮すると元々注意を払いながら使用するべき薬だったのです。 2.デパスの副作用 2-1. 起こる可能性がある副作用 デパスは抗不安作用や筋弛緩作用の他に催眠作用も強い作用がありますから、効果がある反面、 次の 3 つの副作用が良く起こりやすく注意が必要です。 物忘れ• 倦怠感やふらつき 眠気と物忘れは催眠作用からくるものです。 記憶がなくなるほど脳の機能が低下するのですから、車の運転など危険な行動はしないようにしなければいけません。 物忘れは他の睡眠薬にもある副作用です。 例えば次のようなエピソードが身近でありました。 私の同期は、アメリカ出張の際に時差ボケ用にデパスではありませんが睡眠導入剤の処方を受け、現地で服薬して寝たところ、朝部屋に見覚えのないコンビニの袋が部屋にあり、レシートが残っていたので見てみると夜中にコンビニに行ったことが分かりました。 幸いに何もなかったから良かったものの事件などにも巻き込まれていた可能性があったことがありました。 これほどの物忘れはほとんどないとは思いますが注意が必要です。 また、 強い筋弛緩作用では、倦怠感やふらつきに注意が必要です。 特に高年齢者ではふらつきによる転倒のリスクが上がり、これをきっかけに寝たきりになるリスクもあり得ます。 2-2. ほとんど起こらないが注意すべき副作用 まれに起こる副作用として、脳の呼吸を司る部位へ作用してしまうことによる「呼吸抑制」と高熱、筋肉の硬直、意識障害などが起こる「悪性症候群」があります。 いずれも命に関わる可能性があり、 起こる頻度は低いですが注意すべき副作用です。 2-3. 精神系の薬で起こりやすい副作用 他の精神系の薬では次の副作用の発生をよく聞きます。 吐き気• 口が渇く• 太る 吐き気、頭痛、便秘は全ての薬(薬全般)で起こる可能性がありますので、デパスでも注意が必要です。 また、自律神経の1つである副交感神経を刺激する作用を持つ神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑えてしまうために、唾液分泌が低下して口が渇く副作用が起こる可能性が高いです。 ただ、1週間くらい使い続けると体が慣れて副作用が治まってくることもありますので、ひどくなければ様子をみるのも手です。 一方で、一部の抗うつ薬でよくある副作用の「太る」は、デパスの場合は、デパスの服薬により不安がなくなり食欲が増して太ってしまうと考えられており、デパスの直接的な副作用として起こることは少ないと言われています。 3.デパスの長期間の服薬によって起こるリスク 3-1. 依存症(デパス無しでは生活できない) デパスが無いと落ち着かなくなってしまい、常にデパスを求めてしまう「依存」が起こり得ます。 抗不安作用が強いため、効果に大満足できるケースが多く、つい頼ってしまうことで長期間使い続けてしまい手放せなくなることがあります。 どのくらい使うと依存になりやすいかはその時の状況によりますが、1 か月以上使う場合は注意が必要です。 また、 医師の指示を無視して自己判断で服薬すると依存になりやすく注意が必要です。 デパスより作用の弱い抗不安薬がありますので、 もし不安症状がそれほど強くない場合はデパスからの切り替えを医師と相談してみるといいでしょう。 3-2. 耐性(デパスが効かない) デパスを長期間にわたって使いすぎるとデパスが効かくなり、量を多くしないと満足する効果が得られなくなることがあります。 この場合は 効かないからといって自己判断で薬を増量してしまいがちです。 そうすると依存にもなりやすく危険なため、医師の指示を守ることが大切です。 薬の効果に満足いかない場合は必ず医師に確認するようにしてください。 3-3. 離脱症状 デパスを使い続けて、ある時にパタッとやめるとイライラや頭痛などいてもたってもいられなくなる離脱症状が起こることがあります。 症状が強ければデパスでコントロールすることが必要ですが、良くなってきた時に自己判断で服薬を中止してしまってはいけません。 医師と一緒に徐々に薬を減らしていくことが重要です。 薬が減っていることに体が気づかないくらいゆっくりと減らしていくのがベストです。 4.デパスを飲んではいけない病気 緑内障の方はデパスの服薬には注意が必要です。 一部の緑内障では、デパスによって眼圧が上がってしまうため、デパスを服薬することができません。 眼圧が高い方や緑内障の診断を受けている方は、必ず医師に申し出てください。 ちなみに緑内障の方は、風邪薬や腹痛の薬など多くの薬を服薬できないことがありますので、医療機関を受診する時、ドラッグストアなどで薬を購入する時は、医師や薬剤師に必ず申し出るようにしてください。 5.他の薬との飲み合わせ 絶対に一緒に飲んではいけない薬はありませんが、 一部の精神系の薬とパーキンソン病の薬で飲み合わせがよくありません。 他の医療機関を受診している場合は、必ず医師に申し出てください。 また、アルコールとも相性がよくありませんので、デパス服薬中はアルコールを飲まないようにしましょう。 アルコールとの飲み合わせや副作用は心配しなければいけないことですが、不安症状を優先して治療しなければいけない状況でしたら、デパスを服用するべきでしょう。 「今日はアルコールを飲むから」「太るのが心配だから」等の理由でデパスの服用を自己判断でやめるのは、治療する上で適切だとは言えません。 6.まとめ ・デパスは、抗不安作用、筋弛緩作用、鎮静催眠作用が強いベンゾジアゼピン系の向精神薬で、不安や緊張からくる心身症(ストレス性の胃炎や高血圧など)や不安や緊張を主症状とする神経症や不眠の治療に使われる。 ・よくある副作用は、眠気・ふらつき・物忘れ。 ・依存、耐性、離脱症状を起こさないためには、必ず医師の指示どおり服用し、自己判断で服薬・増量・中断してはいけない。 ・一部の緑内障、一部の精神系の薬やパーキンソン病の薬とデパスは相性がよくない。 ・デパス服用中は飲酒しないようにする。 また、適応症に睡眠障害があり、実際、臨床上睡眠導入剤として使用されているので、抗不安作用や筋弛緩作用と同じ程度に「強い」と記載しています。 デパスの鎮静催眠作用を「中程度」と表記している資料、「強い」と表記している資料の両方があり、どちらも間違いではありませんが、この記事では「強い」という表記を使用しています。

次の

デパスとリーゼの違い

デパス

エチゾラム:デパス スポンサード リンク 成分(一般名) : エチゾラム 製品例 : デパス錠0. 不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくします。 作用 【働き】 このお薬は、おだやかな作用の心の安定薬です。 不安や緊張感をやわらげ、気持ちを落ち着かせます。 神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような体の不調が前面にでる病気にも使われます。 心身症は、精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす心と体の病気です。 たとえば、ストレスで血圧が上がったり、胃腸の調子が悪くなったり、心臓がドキドキしたり、また、女性では生理不順を起こしたりします。 実際の処方例としては、上記のような心身症や不安神経症、パニック障害など各種の不安障害を中心に、自律神経失調症、更年期障害、うつ病や不眠症、統合失調症や躁病の急性期などに処方されています。 さらに、筋肉をほぐす作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こり、けいれん性の病気などに応用されることも多いです。 このように、この系統の薬は副作用が少なく安全性が高いこともあり、各診療科でいろいろな病気に幅広く使われています。 【薬理】 脳のリラックス系の神経受容体「BZD受容体」に結合することで、リラックス系の神経を活性化させます。 抗不安作用のほか、次のような作用をあわせもちます。 抗不安作用..おだやかな作用で不安や緊張感をやわらげます。• 鎮静・催眠作用..興奮状態やイライラをしずめたり、寝つきをよくします。 同系の薬で、とくに催眠作用の強いものは睡眠薬として用いられています。• 筋緊張緩和作用..筋肉のこわばりや、つっぱりをほぐす作用があります。 そのため、がんこな肩こり、腰痛、緊張型頭痛などにも応用されます。• 抗けいれん作用..けいれんを予防したり抑えます。 チエノジアゼピン系の抗不安薬(緩和精神安定薬)です。 作用的には、ベンゾジアゼピン系とだいたい同じです。 比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くありません。• 筋肉をゆるめる作用もかなりあります。• 抗うつ作用をあわせもつので、うつ症状を伴うときに向きます。 また、整形外科領域では、筋緊張緩和作用を期待して、頸椎症や腰痛症に処方されることがあります。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。• 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 【注意する人】 急性の閉塞隅角緑内障を起こしている人や重症筋無力のある人は使用できません。 それらの症状を悪化させるおそれがあるためです。 高齢の人は副作用がでやすいので、少量ではじめます。 適さないケース..急性閉塞隅角緑内障、重症筋無力症。• 注意が必要なケース..呼吸器系に病気のある人、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳に病気のある人、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 別の安定剤や抗うつ剤などメンタル系の薬と併用すると、強く効きすぎたり、副作用がでやすくなります。 服用中の薬があるときは、必ず医師に伝えておきましょう。• 飲酒は控えてください。 副作用が強まるおそれがあります。 【使用にあたり】• 医師から指示された用法用量を守りましょう。 毎日定期服用するほか、症状の思わしくないときに頓服するよう指示されることがあります。• ふつうの生活で感じるイライラや軽いストレスの解消だけを目的に、安易に飲むべきでありません。 心身症の治療を目的にするなど、医師のきちんとした診断のうえで使用する必要があります。• 長期連用時、自分の判断だけで急に中止してはいけません。 急に飲むのをやめると、反動でイライラしたり、強い不安感、震えを生じることがあります。 【妊娠授乳】• 妊娠中の服用はできるだけ避けることが望ましいです。 医師とよく相談されてください。• 授乳中もできるだけ控えるようにします。 医師の判断しだいですが、服用する場合は授乳(母乳)を中止するのが基本です。 【食生活】• 眠気やめまいを起こしたり、注意力が低下することがあります。 車の運転をふくめ、危険をともなう機械の操作や作業は避けてください。• 薬にだけ頼るのではなく、休養やリフレッシュ、生活や職場の環境調整をあわせておこなうことが大切です。 【備考】• 治療方針もなく、ただ漫然と続けることは好ましくありません。 生活や職場環境などが安定し、症状がよくなってきたなら、医師と相談のうえ計画的に徐々に減量したり頓服のような飲み方に変えることも考慮しましょう。• 医師の判断で薬を減量したり中止できるのであれば理想的です。 ただ、急ぐことはありません。 副作用の少ないお薬ですから、無理をせずゆっくり治療なさってください。 薬以外の心理療法や自律神経訓練法も効果的です。 神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害• うつ病における不安・緊張・睡眠障害• 心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害• 統合失調症における睡眠障害• 次の疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張//頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛 用法• 神経症、うつ病の場合..通常、成人はエチゾラムとして1日3mgを3回に分けて経口服用する。• 心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合..通常、成人はエチゾラムとして1日1. 5mgを3回に分けて経口服用する。• 睡眠障害に用いる場合..通常、成人はエチゾラムとして1日1〜3mgを就寝前に1回経口服用する。• なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1. 5mgまでとする。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 この系統の優れた特徴として「安全性が高い」ということがあげられます。 重い副作用はほとんどありません。 比較的多いのは、眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感などです。 これらは、それほど心配いりませんが、車の運転や危険な作業は控えたほうがよいでしょう。 また、とくに高齢の人では、転倒につながったり、昼間からボーッとしてしまうことがあります。 このような場合は、服用量を適切にコントロールする必要があります。 安全性が高いといっても、むやみに量を増やしますと、薬に頼りがちになり やめにくくなってしまいます。 決められた範囲内で服用するようにしましょう。 また、定期服用中に急にやめると反発的な症状がでることがあります。 イライラ、不安感、ふるえ、かえって眠れない・・といった症状です。 自分だけの判断で止めないで、医師の指示のもと徐々に減量すれば大丈夫です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。 このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。• 刺激興奮..興奮、もうろう状態、取り乱す、かえって眠れない。 (もともと精神障害がある場合などに、まれに出現)• 呼吸抑制..息切れ、息苦しい、起床時の頭痛・頭重感。 (もともと呼吸器系の弱っている人で、まれに出現) 【その他】• 眠気、ボーッとする、注意力・集中力低下、頭が重い感じ• ふらつき、めまい、けん怠感、脱力、まぶたが下がる• 生理不順、乳汁分泌• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

医療用医薬品 : デパス

デパス

デパス(エチゾラム)を飲み続けると 依存、そしていざ減薬や断薬をしようとすると 禁断症状が現れてしまう事があるのですが、私はこの症状に耐えられず減薬を何度も失敗してしまった経験があります。 今ではデパスときっぱり手を切る事が出来たのですが、不快な症状や 辛い離脱作用に苦しみ何度も薬に頼ってしまいました。 もしあなたが今薬に頼り切っているなら、私のような辛い思いをしないためにも早めに薬を変えたり辞められるなら辞める・・・ そんな方法を真剣に考えてみてください。 エチゾラムは効き目を感じやすいから依存しやすく辞めにくい 本当に効きますよね、エチゾラムって。 最初に処方された時は• 悪魔の薬• 禁断の薬• 魔女の薬 そんな感覚を感じたほど、服用してその即効性に驚きました。 うつ病が酷く精神不安定で何をする事も出来ず寝てばかりの毎日を過ごしていたのですが、 少しでも普通の生活が出来ればと病院に行き処方されたのが最初です。 今までどうやっても起き上がれなかったのに、0. 5mgをたった1錠飲むだけで30分後には昔の自分を取り戻せたと感じられた程だったのです。 しかし今度は依存してしまい 飲まなければ不安を感じるようになり、薬に対する耐性もついてきたからか1日1錠が2錠、3錠と増えていきました。 そんな時に起こったパニック障害と過換気症候群の発作。 益々薬なしでは生きていけなくなっていったのです。 禁断症状が出るとは知らずにデパスを飲み続け後悔した経験 生活環境が変わりストレスが軽減された事で薬の量が少しずつ減り始め、1日1錠〜2錠になった頃、今度は 長年薬を飲み続ける事に不安を感じるようになったのです。 例え楽になったとしても心のどこかでは 「 肝臓は大丈夫なのかな?」 決して喜んで飲んでいる訳ではなく、仕方なく服用していただけなのですから 色々な事に対して不安を感じるようになりました。 そこで思い切って断薬に挑戦したのですが、長年ずっと飲み続けているのにそんなに簡単に辞める事など出来ません。 しかしまさか自分が一種の薬物依存に陥っているなどと考えた事もなかったのですが、そのまさかが現実に起こっていたのでした。 エチゾラム依存はアルコール依存やニコチン依存などと同じような状態• 辞めたくても辞められない• つい飲んで(吸って)しまう• 気付いたら手にしている イメージとしてしか知らなかった出来事が自分の身に降りかかると、どうしても辞めなければならない、それも少しでも早くという気持ちが強まったのですが、だからと言って気持ちだけでどうこう出来る問題ではありません。 なので 減薬からゆっくりと自分のペースで減らし、最終的に辞める事が出来るようになりました。 このブログにたどり着いたという事は、あなたも私と同じように薬に対して依存しても辞めたいと思っているからなのではないでしょうか。 デパス(エチゾラム)依存で禁断症状が出ていても、辞める意思と自分にあった方法さえ見つかれば最後には辞められるようになるので、一進一退かもしれませんが大丈夫。 来年の今頃には辞められるよう長期スパンで捉えてみてくださいね。 スポンサードリンク 当サイトおすすめ! 関連ページ デパス(エチゾラム)を減薬し離脱症状が苦しく失敗した経験がある人は多いのではないでしょうか。 20年間デパスを飲み続けてきた私も皆さんと同じように軽い気持ちで減薬、あわよくば断薬をしようと試みたのですが失敗に終わった経験があります。 辛い離脱症状をどう抜けるか!が重要なのです。 デパス エチゾラム)減薬したのに突然の吐き気。 それ、もしかするとデパスの離脱症状かもしれません。 私が断薬を始めた時にも起こった症状だったのですが、突然気持ち悪くなる日が数日続いた事がありました。 断薬や減薬と吐き気は離脱症状なのでしょうか。 デパス エチゾラム)減薬、断薬し始めるとめまいがする事があります。 このめまい、歩いていてもフラフラした感覚で、脳がおかしいんじゃ?と悩んだ事がありました。 が、これが薬の離脱症状の一つなのです。 沢山ある離脱症状の眩暈について書いてみたいと思います。 デパス エチゾラム)減薬、断薬し始めるとなかなか眠れず不眠で悩まされていた時期がありました。 デパスを飲めばすぐに楽になるのは分かってても、必死で我慢。 ついつい1錠を飲んでしまう事もありましたが、この不眠、本当に寝られずとても辛いんですよね。 デパス エチゾラム)を減薬断薬しようと辞めたものの、離脱症状で動悸が激しく結局またデパスを飲んでしまう。 この離脱症状って本当に辛くて、きっと経験者しか分からないんだと思います。 上手く乗り切ればもう少しで辞められるはずなのに、このあと少しが長いんですよね。 デパス エチゾラム)を減薬、断薬するには効果が出るまでの時間や持続性を考える必要があります。 デパスは比較的早く効果が現れ、持続性が短いから依存性が高いと言われているのですが、このタイミングを知っていると辛い症状が離脱症状だと分かるのです。 デパス エチゾラム)減薬、断薬すると手足が痺れる事があるのですが、これ、デパスを辞める離脱症状の一つなんです。 私も左手が痺れたと思ったら翌日には右手がゾワゾワするという症状に悩まされ脳を疑ったのですが、実はこれもデパスを辞める時の離脱症状なのです。 デパス エチゾラム)減薬、断薬すると過呼吸が起こる事があります。 これもデパスの離脱症状の一つと言われているのですが、どうしても依存しているとこの離脱症状が辛いのです。 この辛さに耐え切れず減薬断薬を辞めてしまう事も多く、不安との戦いなのです。 デパス エチゾラム)を減薬や断薬しようと少しずつ減らすと息苦しくなるという離脱症状は非常に辛いものです。 焦って辞めるのではなく、その日の体調に合わせてデパスを減らすと離脱症状もそれ程苦しくありませんでした。 デパス(エチゾラム)はベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 そしてこのベンゾジアゼピン系の薬は離脱症状が起こる可能性があるのですが、これがかなり辛い!離脱症状が辛くて減薬や断薬に失敗してきた私ですが、ここを乗り越えるとデパスを辞める事が出来ました。 デパス エチゾラム)で減薬や断薬をしようと考えているなら自分のペースでゆっくりと確実に辞めていく方法を考えるのが得策です。 断薬に失敗した私はまずは減薬から始めたのですが、これが功を奏し最終的にデパスを辞める事が出来ました。 デパス エチゾラム)は1日3mgまでと書かれているのですが、決められた分量を飲んでいても減薬や断薬をしようとすると離脱症状が出てしまいます。 少し体調が良い時やメンタルが安定しているなら、分量を調節しながら少しずつ薬を減らしていく事が大切です。 デパス エチゾラム)は毎日飲んでも問題はないのですが、断薬や減薬しようとすると離脱作用があります。 デパスは長期間服用するのではなく、頓服のように辛い症状が出た時に飲む薬。 毎日飲むなら異なって抗不安薬に代えてもらう方が良いかもしれません。 デパス エチゾラム)や抗うつ剤などを離脱症状なしで辞めたいと思うのは当然ですよね?しかし飲んでいる期間や量で離脱作用の出方も異なってきます。 どうすれば離脱症状に苦しまず薬を辞められるか?筆者の体験談をもとにアドバイスを書いてみたいと思います。

次の