ヘッド レス コマース。 2020年eコマースの傾向と、Shopifyが注目される理由(2020年6月13日追記)|Osamu Iwasaki|note

「ヘッドレス」を牽引する新鋭Shogun、 1000万ドルを調達

ヘッド レス コマース

次の質問の正解は何でしょうか。 ヘッドレスCMSとは? ヘッドレスCMSの実際の意味とは? ヘッドレスアーキテクチャがデジタルエクスペリエンスの将来に重要な理由は? ヘッドレスアーキテクチャが誕生したのは、Webコンテンツの発展も一部起因しています。 長い間、WebコンテンツはWebページとしてブラウザ経由で配信されていました。 しかし、最新のリンク型デバイスは常にリリースされています。 現在、オーディエンスは新しいインターフェースを通して様々なフォームファクター(スマートフォン、ウェアラブル、AI対応音声アシスタント、VRヘッドセット)でコンテンツを消費しています。 ヘッドレスCMSアーキテクチャは新しいコンテンツの課題に対応するための基盤です。 つまり、より多くのコンテンツを作成・管理して、より多くの場所へと配信できるのです。 技術的な詳細に入る前に、基本から説明していきます。 シームレスなセットアップのため、ブログのようなシンプルなコンテンツを公開する技術的な知識が豊富ではないユーザーにとっては最適です。 しかし、デジタルエクスペリエンスが発展するにつれて、デベロッパーはカスタマイズされた回避策の作成に長時間を費やしてしまい、洗練されたコンテンツを広範なデバイスに演出することができないでいます。 デカップルドCMSはバックエンドとフロントエンドのタスクを分離します。 デベロッパーはバックエンド技術に制約されず、ご希望の言語でフロントエンドエクスペリエンスをすばやくコードおよびデザインできます。 また、デベロッパーはAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を使用して、コンテンツの格納や管理のようなバックエンド機能をフロントエンドの配信環境とリンクすることも可能です。 1つ目は、デジタルコンテンツはますます洗練されているため、ユーザーの期待もそれに伴い高まっていることです。 他社よりも秀でるには、美しく応答性の高い対話型のコンテンツを構築し、迅速に提供できなくてはなりません。 2つ目は、新しいチャンネルやユーザーデバイスが常にリリースされていることです。 美しいコンテンツをただ提供するだけではなく、場所を問わずできる限り効率的に提供する必要があります。 ヘッドレスCMSにより、現代のマーケティング担当者とデベロッパーは優れたコンテンツを構築できるようになりました。 さらに重要なのは、将来を見据えたコンテンツ運営を行い、競争力のあるコンテンツを継続的にどこからでも提供し続けることができるという点です。 1つ目の短所は、融通性が高まると、アクセシビリティが損なわれる点です。 プレゼンテーションはJavaScriptを書き込むことが可能なデベロッパーに託されるため、技術的な知識のないマーケティング担当者はWYSIWYG(ウィジウィグ:What You See Is What You Get)オーサリングや編集を使用できません。 2つ目の短所は大きな障害となります。 CMSのヘッドを切断すると、サーバーがフロントエンドとバックエンド間のデータをリアルタイムで送信できなくなります。 つまり、エクスペリエンスのパーソナライズや、コンテンツ分析アクティビティの実行ができません。 パーソナライズは「あれば役立つもの」から義務的な要件になってしまいました。 顧客はアマゾン、Netflix、Spotifyのような業界リーダーのパーソナライズがどれほど優れているか身を持って実感しています。 Vue. js、React. js、Angular. jsのようなJavaScriptライブラリとフレームワークを使用して、あらゆるデバイスやブラウザでコンテンツ表示アプリを構築するフロントエンドのデベロッパーをサポートします。 また、Sitecoreのコンテクストコンテンツ配信サーバーとリンクされているAPIも搭載されています。 プロフィール情報や過去のやり取りなどに基づいて様々なコンテンツがユーザーに表示されます。

次の

ヘッドレス(頭なし)EC: キャッシュレスを支え、ライブコマース、オムニチャネル、D2C に向けたエンジンになる IoT 時代の武器|m.tonton.com.my 森正弥|note

ヘッド レス コマース

次の質問の正解は何でしょうか。 ヘッドレスCMSとは? ヘッドレスCMSの実際の意味とは? ヘッドレスアーキテクチャがデジタルエクスペリエンスの将来に重要な理由は? ヘッドレスアーキテクチャが誕生したのは、Webコンテンツの発展も一部起因しています。 長い間、WebコンテンツはWebページとしてブラウザ経由で配信されていました。 しかし、最新のリンク型デバイスは常にリリースされています。 現在、オーディエンスは新しいインターフェースを通して様々なフォームファクター(スマートフォン、ウェアラブル、AI対応音声アシスタント、VRヘッドセット)でコンテンツを消費しています。 ヘッドレスCMSアーキテクチャは新しいコンテンツの課題に対応するための基盤です。 つまり、より多くのコンテンツを作成・管理して、より多くの場所へと配信できるのです。 技術的な詳細に入る前に、基本から説明していきます。 シームレスなセットアップのため、ブログのようなシンプルなコンテンツを公開する技術的な知識が豊富ではないユーザーにとっては最適です。 しかし、デジタルエクスペリエンスが発展するにつれて、デベロッパーはカスタマイズされた回避策の作成に長時間を費やしてしまい、洗練されたコンテンツを広範なデバイスに演出することができないでいます。 デカップルドCMSはバックエンドとフロントエンドのタスクを分離します。 デベロッパーはバックエンド技術に制約されず、ご希望の言語でフロントエンドエクスペリエンスをすばやくコードおよびデザインできます。 また、デベロッパーはAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を使用して、コンテンツの格納や管理のようなバックエンド機能をフロントエンドの配信環境とリンクすることも可能です。 1つ目は、デジタルコンテンツはますます洗練されているため、ユーザーの期待もそれに伴い高まっていることです。 他社よりも秀でるには、美しく応答性の高い対話型のコンテンツを構築し、迅速に提供できなくてはなりません。 2つ目は、新しいチャンネルやユーザーデバイスが常にリリースされていることです。 美しいコンテンツをただ提供するだけではなく、場所を問わずできる限り効率的に提供する必要があります。 ヘッドレスCMSにより、現代のマーケティング担当者とデベロッパーは優れたコンテンツを構築できるようになりました。 さらに重要なのは、将来を見据えたコンテンツ運営を行い、競争力のあるコンテンツを継続的にどこからでも提供し続けることができるという点です。 1つ目の短所は、融通性が高まると、アクセシビリティが損なわれる点です。 プレゼンテーションはJavaScriptを書き込むことが可能なデベロッパーに託されるため、技術的な知識のないマーケティング担当者はWYSIWYG(ウィジウィグ:What You See Is What You Get)オーサリングや編集を使用できません。 2つ目の短所は大きな障害となります。 CMSのヘッドを切断すると、サーバーがフロントエンドとバックエンド間のデータをリアルタイムで送信できなくなります。 つまり、エクスペリエンスのパーソナライズや、コンテンツ分析アクティビティの実行ができません。 パーソナライズは「あれば役立つもの」から義務的な要件になってしまいました。 顧客はアマゾン、Netflix、Spotifyのような業界リーダーのパーソナライズがどれほど優れているか身を持って実感しています。 Vue. js、React. js、Angular. jsのようなJavaScriptライブラリとフレームワークを使用して、あらゆるデバイスやブラウザでコンテンツ表示アプリを構築するフロントエンドのデベロッパーをサポートします。 また、Sitecoreのコンテクストコンテンツ配信サーバーとリンクされているAPIも搭載されています。 プロフィール情報や過去のやり取りなどに基づいて様々なコンテンツがユーザーに表示されます。

次の

ヘッドレス(頭なし)EC: キャッシュレスを支え、ライブコマース、オムニチャネル、D2C に向けたエンジンになる IoT 時代の武器|m.tonton.com.my 森正弥|note

ヘッド レス コマース

顧客環境の変化に対応し、利便性を高めることが必須 実店舗でもECサイトでも、ユーザーが買い物をしたいと思ったときの、顧客環境が変化しています。 たとえば街にいるときに買い物をしたければ店舗に足を運び、仕事中や家にいるときはパソコンで買い物をしたり、SNSを見ているときにスマホで買い物をするソーシャルコマースと様々です。 様々なユーザーの状況に応じて、情報発信や購入チャネルを用意するのがオムニチャネルと言われていますが、とはいえどんどん顧客接点は多様化しています。 そんな中、海外の先進的な企業やデジタルに先進的な企業が注目しているのが、 この「ヘッドレスコマース」です。 その 「ヘッドレスコマース」とはどんなECの形なのか?そんなことを詳しくご紹介します。 従来のECとの違いやメリット・デメリット フロントエンドとバックエンドの機能を分割しているECのことがヘッドレスコマースの構成です。 あらためて従来のECの構成とどう違うのか?ということを解説すると、 従来のECサイト構成は・・・• フロントエンドとバックエンドが一体化• バックエンドをアップデートするとフロント側も必要になる• コンテンツアップロードに時間がかかることもある ヘッドレスコマース構成は・・・• フロントとバックエンドが分割している• フロントをカスタマイズしても、バックエンドに影響はない• コンテンツアップロードが早く、パフォーマンスがあがる というEC構成になります。 そのためヘッドレスコマースのメリットとしては、 開発チームもフロントエンド部門とバックエンド部門にわけることができますね! つまり、 「新しい販売チャネルや新しいユーザーニーズに対応できるECの実現」が可能になります。 実現するには「API」が必須 ヘッドレスコマースを実現させるには 、フロントエンドとバックエンドの「API」連携が必須です。 フロントエンド(UI側)といえば、• 実店舗• ECサイト(デスクトップやモバイル)• モバイルアプリ• SNS• ウェアラブルデバイス バックエンドといえば、「」で紹介しているような、• 在庫管理機能• 商品管理機能• 顧客管理機能• 決済機能• CMS機能• インフラやセキュリティ このような フロントエンドとバックエンドをつなぐ「API連携」を実現できるのか?ということがヘッドレスコマース実現のポイントです。 自社でそんな人達を抱えるのも難しいですし、国内のSIerでも行えるのは多くはないかと・・・。 ヘッドレスコマースまとめ ここまでご覧いただきありがとうございます。 近年「ヘッドレスコマース」といわれるような、ECサイトが誕生しています。 顧客との接点がさらに多様化し、スムーズな購買スキームを作ることが必要になってきています。 それを実現するのがこの「ヘッドレスコマース」です。 ヘッドレスとはその名の通り「Headless=頭がない」という意味で、Webサイトでいうと、フロントエンド側(UI)が切り離されたシステムのことです。 分割しているので、フロントエンドとバックエンドが分かれるため、両者独自の開発が可能になり、 「新しい販売チャネルや新しいユーザーニーズに対応できるECの実現」が可能になり、実現させるには フロントエンドとバックエンドの「API」連携が必須です。 といってもヘッドレスコマースを実現するには、複雑なAPI連携をはじめとした技術力が必要ですし、それに伴う開発工数も増加します。 とはいえ実現している企業は多くはないですが「」で紹介しているトップランカー企業はそのうち実現してくるはずです。 まずは近いうちにヘッドレスコマースの時代が来る!ということだけでもご理解いただき、ヘッドレスシステムを実現していくのか?まずは様子を見てみるのか?を考えていきましょう。

次の