デュエル リンクス 超重 武者。 遊戯王カードWiki

【おい待て強いぞ!!】超重武者デッキがクソ強いことが判明しましたww【遊戯王デュエルリンクス 実況No.822】【Yu

デュエル リンクス 超重 武者

【F・ホラ】新テーマ超重武者をザックリ解説! まず 超重武者の特徴的な所が なんかメチャクチャモンスターが多いテーマということです笑 そして 関連する魔法罠が0枚なのも特徴的です!というのも 超重武者はフルモンテーマなんです! 超重武者・超重武者装留・超重武者Sの3パーツで構成 超重武者は ザックリ言うと一般的な 超重武者モンスターと 超重武者に装備することの出来る 超重武者装留モンスターそしてシンクロ体の 超重武者Sの3つのパーツで構成されています。 超重武者を 装留の効果でサポートしていきながらシンクロ召喚に繋げていく感じでしょうか? それぞれに特殊な共通効果がある 上で上げた 3つのパーツそれぞれに特有の共通効果があり、役割が完璧に分かれているのも特徴的ですね。 1つずつ理解していけばそんなに難しくありません。 超重武者Sモンスターをザックリ解説! まず最初にシンクロモンスターを ザックリと解説していきたいと思います。 下級の 超重武者や 超重武者装留を使って最終的に目指すところなのでとりあえずここから理解したほうが分かりやすいかなと思います。 2つの共通効果を持つ守りの硬いSモンスター 超重武者Sモンスターは、 という2つの共通効果と ムサ-C以外は 自分の墓地に魔法・罠が存在しない時に発動できる効果をもっています。 攻撃力が低い代わりに 守備力が高めで非常に守りの硬いモンスター達になっています。 そして 守備表示のまま攻撃できます! 憎きあのモンスターみたいですね笑 今回のBOXでは4枚の 超重武者Sモンスターが実装されました。 超重武者Sモンスター 超重魔獣キュウ-B メチャクチャ硬いマン笑 戦闘で破壊されることはよっぽどなことがない限りなさそうです。 ですが他に効果も無いので除去に弱いですね。 超重武者の場合何度はシンクロを経由しないと出せなそうなので使うかは悩むところですね。 後述する シノビ-A・Cで十分な気もします。 超重忍者シノビ-A・C 元々の守備力を半分にしてダイレクトアタッカーになれる効果と 効果破壊された次のスタンバイフェイズに蘇生できるという2つの効果を持ち合わせています。 非常に硬くてしぶとそう笑 注目したいのはシンクロ素材が機械族しか指定がないため クリストロンや カラクリなどでも採用できるということです。 超重武者ではメインアタッカーになれそうな性能をもっていますね。 超重神鬼シュテンドウ-G 相手の魔法・罠を全ブッパ以上 レベル6なんで簡単にだせる上にそこそこ高い守備力を誇ります。 シノビA・Cに繋げるのにレベル1を採用しないといけないのですこし面倒なところがありますね。 超重剣聖ムサ-C 特に特出した効果はありませんが ホラガ-EでS召喚することでそのまま ホラガ-EをサルベージしてSSすることによって簡単に シノビA・Cに繋げられます。 性能はいまいちですが経由先としてだけはは シュテンドウ-Gより優れてるかなと思います。 超重武者カードをザックリ解説! 墓地に魔法・罠がない時に発動する効果を持つ 超重武者は 墓地に魔法・罠カードが存在しない時にしか発動できない効果を持つモンスターが多数存在します。 そのため 関連カードに魔法・罠がなくフルモンでの構築が望ましいテーマと言えます。 全9種類の 超重武者が実装されました。 何故かこの共通効果を持たないモンスターもいるのでややこしくなっています笑 墓地の魔法・罠が存在しない時に発動する効果を持つモンスター 超重武者ダイ-8 自身の効果だけで 超重武者装留をサーチしてこれる唯一のモンスターです。 後述しますが 超重武者装留は装備カードとして扱えるのでそのままダイ-8に装備して次の展開へとつなぐことが出来ます。 超重武者のエンジンになりそうなモンスターなので3枚必須でしょうか? 超重武者ホラガ-E ガバガバな特殊召喚条件を持つ多分メインとなるチューナー。 超重武者ビッグワラ-G ガバガバな特殊召喚条件を持つリリース要員。 大きなわらじ笑 リリース要員ですがメインはチューナーと組ませてのシンクロ素材ではないでしょうか? 2体リリースして出したい機械族モンスターっていたっけな・・・ 超重武者コブ-C 超重武者Sモンスターがいれば墓地から特殊召喚できる効果を持つチューナー。 超重武者Sモンスターさえいれば何度でも蘇生できるのは便利そうだけど毎回レベルがズレてしまうのが 使ってみてどうなのかで評価が変わりそうですね。 固有の効果も追撃に使える反面、場にこのカードを残したままバトルを行うってあるのかな?って感じがします。 リンクスにはメイン2がないので微妙ですかね・・・ 超重武者グロウ-V デッキトップ操作ができる効果が 超重武者とあまり関係がないきが・・・ 壁以外あまり使い道が思いつきませんね・・・ ただ 超重武者しか入ってない構築でワンドローしながら守れるのは強いかもしれません。 超重武者ココロガマA 手札誘発で特殊召喚できるモンスターですが 超重武者は恐らく 守備表示で場に残ることが多いので、戦闘ダメージを受けたときというのがあまり相性がよくない気がします。 共通効果を持たないカード 超重武者カゲボウ-C 自身をリリースで手札からなんでも 超重武者を特殊召喚できます。 超重武者カブ-10 超重武者を強化する効果を持ちますが特殊召喚できる効果などは無いので中々に使いにくそうです。 優先度は低そうなカードです。 超重武者ツヅ-3 武者とは・・・笑 3だけどレベル1のチューナーです。 ただのツヅミですが破壊された時になんでも 超重武者を蘇生できます。 チューナーとしては使いにくそうではありますがレベル調整に1のチューナーが欲しい場面って割と良くあるので構築次第では1枚くらい入れておいてもいいかも知れません。 後半にひけば蘇生札だと思えば割と入れやすいかも知れませんね。 超重武者装留をザックリ解説! 最後に 超重武者装留をザックリ解説していきます。 超重武者に装備できる共通効果と様々なサポート効果を持つ 超重武者装留は装備魔法のように 超重武者に装備する事が出来ます。 それぞれが装備している時に発動する効果ともう一つ固有の効果を持っています。 今回リンクスには5種類の 超重武者装留が実装されました。 超重武者装留カード 超重武者装留イワトオシ 墓地に送られた時にイワトオシ以外の 超重武者をサーチすることができます。 ダイ8に続く第2のエンジンといったところでしょうか。 サーチするには墓地へ送る必要がありますがターン1制限がないので墓地へ送れれば何度でもサーチが可能です。 後述する チュウサイと合わせることでサーチ・リクルートが自在にできます。 3枚必須かはわかりませんが多いにこしたことはなさそうです。 超重武者装留チュウサイ イワトオシと同じく第2のエンジンカード。 装備したモンスターをリリースすることで発動なので イワトオシより使いやすそう。 イワトオシにつけてリリースすることでサーチとリクルートが同時に行えて後続を用意することができます。 こちらはターン1で制限されていますが、それでも非常に使い勝手がよさそうですね。 何かしらの 超重武者に装備させることで ダイ-8をリクルートでき初動カードとなれるのでこちらは3枚必須かなと思います。 超重武者装留グレート・ウォール 上述した2枚でサーチ・リクルートして最終的に 超重武者Sモンスターに装備したいカードです。 超重武者Sモンスターは守備力が大事なモンスターなので1200アップは非常に強力です。 ですが、今の環境だと除去手段はいくらでもありそうなので過信は禁物ですね。 最終的に気づけばデッキから抜けてそうな1枚ではあります。 超重武者装留ダブル・ホーン 自身の効果で他の 超重武者に付け替えが可能なモンスター。 より強力な 超重武者Sモンスターに付け替えられる他、レベル1なのでシンクロのレベル調整にも適してますね。 2回攻撃付与効果もライフ4000のリンクスだと意外と強そうな気がします。 超重武者装留マカルガエシ ターン1の効果破壊耐性も便利ではありますが 除外やバウンスには無力なのであまり使われることはないと思います。 ステータス的にも サーチ手段が豊富なのでもしかしら何かしらのデッキに入ることがあるかもしれません笑 主な動き方をザックリ解説 初動札は多め!シンクロまでが超簡単!! まず初動札と呼べる札が1枚で機能する ダイ-8、装備できるモンスターがいれば ダイ-8をリクルートできる チュウサイ、レベル3以上のモンスターが手札にいればシンクロ可能な ホラガ-E、墓地に送れれば足りないモンスターをサーチできる イワトオシと非常に多く揃っています! 初動で困ることはほぼなさそうです。 特に決まった動きが無くても簡単にシンクロできそうですね! 連続シンクロでシノビA・Cを目指す 恐らく現在のカードプールでは シノビA・Cがエースモンスターになると思います。 ダイ-8と ホラガ-Eではレベル6にしかならないのであとレベル1分調整する必要がありますがスキルや ダブル・ホーンでなんとかするのがいいのではないでしょうか?スキルを使えば一気に キュウ-Bまで狙えそうです。 下級超重モンスターを墓地へ送っておいて相手ターンに備える 超重武者は魔法・罠が入れにくいので カゲボウ-Cや グロウーVで守っていく必要がありそうです。 グロウ-Vの効果が発動できれば相手のフィールドに攻撃力0のモンスターが棒立ちしてるので自ターンに シノビA・Cや キュウ・Bでワンキルをとりにいくというのも一つの勝ち筋になりそうですね! シノビA・Cに グレート・ウォール装備でちょうど4000になるのでリンクスだとワンキル成功です。 環境で戦えるか考察 続いて環境で戦えるのかどうか考察していきたいと思います。 あのカードが流行っている限り厳しい戦いになると思われる・・・ 正直純粋な構築だと 環境デッキと戦うのはまず無理じゃないかなと思います笑 というのも今の環境には コズミック・サイクロンが蔓延しております笑 そう易々と 超重武者装留の効果を発動させてはくれないでしょう・・・ さらに モーレフ、 カナディアは カゲボウ-Cで対処できますが 底なし落とし穴にもめっぽう弱いです。 とどめにフルモン構築だと 堕天使になにもさせてもらえず完封される未来しか見えません・・・ 可能性としては機械テーマへの出張? シノビA・Cなど一部の 超重武者は クリストロンなど他のテーマへの出張パーツとして考えることが出来ますが、これも 作ってみなければわからないところが多くて今の段階では何とも言えませんね笑 とりあえずは様子見で他のテーマに期待! ここまで 超重武者のザックリ解説を書いてきました。 今のところの印象だと ガチデッキというよりはエンジョイ寄りのテーマなのではと思っています。 ですが世の中には天才構築を見つける人が必ずいるのでまだまだ化ける可能性は多いにあります笑 とはいえ 超重武者を組もうか悩んでいる人は とりあえず様子見が無難 だと思います。 優先度は低めで他のテーマを集めに行きましょう!笑 個人的にはサイバードラゴンがメチャクチャ強そうです!.

次の

新テーマ超重武者の戦い方・回し方を解説!【デュエルリンクス】

デュエル リンクス 超重 武者

スポンサードリンク MVPはピン差しのカイクウくん。 こいつを出すだけで面倒な不知火や超重武者を完封できるのは脅威的。 そしてこのデッキの強みはそれらのパーツはそのままワンキルに転用できる点。 具体的にはカイクウ含め魔導陣により相手のメインフェイズを制圧、 仮にカイクウが突破されてもメインフェイズは終わっているため相手は再展開することができず、 エンド狡猾エンドコズサイにより場を空けて、 マジシャンズナビゲートによりワンキル打点を揃えて自分ターン突入、というのが理想の動き。 仮にコズサイにより相手の魔法罠を潰しきれなくても、マジシャンズナビゲートの墓地効果により封殺が可能なので問題ありません ではより細かく動きを見ていきます。 このデッキの切り札、カイクウ。 仮想敵は墓地効果を多用するデッキ、不知火やブラマジなど。 このモンスター単体でボードアドを取ろうとするのではなく、相手のテンポアドバンテージ 展開速度 を狂わせ こちらのワンキルに持っていくために採用しています。 例えば不知火の場合、こいつを置いておくだけでメインフェイズ中のカイクウ突破手段はかなり限定されます。 加えて魔導陣か狡猾があれば、まず次のターンまで相手はまともな展開が出来なくなるでしょう。 変わったところでは相手の召喚魔術にチェーンして「マジシャンズナビゲート」でこのモンスターを出すことで、 墓地のカードを素材にできずわ手札や盤面のモンスターを素材に使わせることを強要できます。 相手の消耗具合によっては融合することさえできなくなるでしょう。 とまあこいつの役割は、基本的に「少なくとも相手バトルフェイズまで棒立ちしててもらうこと」に尽きます。 相手ターンの動きばかりを記載してきましたが、当然自分ターン中もその制圧力は強力そのもの。 ラヴァル罠カードにより発生する不知火の除外時効果や、カイトロイド等の効果の一切を封じることができます。 とまあとにかく環境に刺さっており、こいつを入れておくだけで勝ち筋が増えるのは大きなポイント。 マジシャンズナビゲートのお供となる闇属性魔法使い族モンスターの採用候補としては現状こいつがダントツだと思います。 例の墓地除外できるチューナーも面白いですが、遅い上に弱いので スポンサードリンク 続いてはこちら。 まあこれに関しては私が触れるまでもなくみなさん複数採用されていると思いますが、ちょくちょく採用すらしていない方も見かけたので一応。 ブラマジミラーにおける強烈な勝ち筋は「ティマイオス」により召喚される「ブラックキャバラリー」です。 こいつが出ればほぼ勝ち確と言っていいレベル …ですが、こいつに関しては毎試合そう都合よくは出せませんし出させません。 もちろん相手側もそうでしょう。 そこで次なる勝ち筋となるのが「魔導陣による継続除去」。 これは厄介です。 一度型に嵌められればこちらがヒィヒィ言っても除外をやめてくれません。 ティマイオスよりも容易にコンボを決めることができ、リターンも大きいです。 したがって魔導陣に対する汎用性の高い対策を仕込む必要が出てきます。 それこそがコズサイというわけです。 ブラマジミラー以外でも基本的に腐ることはない 超重武者相手にすら装備化したモンスターを飛ばすという役割を担えます ですが、 唯一刺さらない相手が不知火。 環境2大トップのうち、ブラマジにはぶっ刺さるコズサイが不知火には全く刺さらない、というのも面白いですが、 不知火に刺さらないからと言って抜けるカードでも無いため、引き続きフル採用。

次の

【はじめしゃちょー】超重武者デッキのレシピ紹介【遊戯王】

デュエル リンクス 超重 武者

青眼はメインデッキに上級モンスターが入る以上どうしても事故が多発します。 なのでできるだけ事故を抑える組み方を意識してみてください。 その一つとして必ずデッキは20枚に収めましょう。 次に超重武者への対策です。 ・カゲボウC、ホラガE、ダイ8が出たら罠カードで即潰します ・イワトオシが出たら次にチュウサイを装備させてくると思うのでそこに罠で邪魔します。 イワトオシが出たら即サンブレ・切断ではなく、チュウサイにチェーンする形で打つと対象がなくなってしまったチュウサイは何もせず墓地に行くので相手に無駄な浪費をさせられます ・できる限り精霊龍を立てて維持することを意識します。 超重武者は墓地で発動するカードばかりなのでよいストッパーになりますから、多少無理でも立てられると安心です。 2体出せればもはや完封 ・一伏せエンドされた場合、伏せカードはグロウVかイワトオシである可能性が高いので迂闊に破壊したり攻撃してはいけません。 精霊龍や次のターンを十分に凌ぐ罠カードがあるか確認してから処理しにいきましょう ・グロウVが墓地にいる場合も一歩止まって考える必要があります。 このターンに仕留められる算段がなければ攻撃してはいけません ・グロウもそうですが、カゲボウCとシノビA・Cの墓地効果もうっかり忘れないようにしてください ・クリボールかカイトロイドが入っていたりします。 今の時期はクリボールの方が多いはずです。 手札の数には気を配りましょう ・溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムも入っていることが稀にあります。 一応頭に入れておくといいです 教えてくださいと言われましても、まずは普通に強いデッキを作ってくださいっていう状況です。 よく出回っている青眼デッキならここで質問するほど悩まないと思います。 画像のデッキを見る限りまだカードが足りていないようなので、どれだけカードを持っているのかによって変わってきますが、ぱっと思いつくのは「イタクァの暴風」とかですかね。 1枚しか手に入らず罠なのでちょっと遅いですが、相手の表側表示モンスター全ての表示形式を変更出来ます。 それとガチャRのリミット2ですが、「星遺物を巡る戦い」なら相手の守備力を下げれます。 使うなら相手の攻撃のダメージステップに入ってからです。 星遺物を巡る戦いもそうですが、対象を取る効果は「超重武者カゲボウ-C」に無効にされる可能性があるので、できれば「イタクァの暴風」などの対象を取らない効果の方がいいですね。 それと、「超重武者装留ダブル・ホーン」と「超重忍者シノビ-A・C」のコンボがうざいので、「コズミック・サイクロン」や「ツイスター」があるといいかな?あとピンポイント過ぎますが「酸の嵐」とかもメタカードですね。 もし、もしも可能であればバスター・ブレイダー系と「DNA改造手術」をそのデッキに組み込んでみてもいいです。 バスブレは無理でもDNA改造手術を出しておけばシノビ-A・Cとシュテンドウ-Gは出せなくなります 既に場に出てたら知らない。 結局の所、どんなカードを持ってるか、どれだけガチャを引けるかによるんですが、私の話がワケワカンナイというのであればもう「滅びの爆裂疾風弾」でも放ってください。 何か質問があれば返信よろしくお願いします。

次の