子供 の 名前 占い。 名前占いの結 赤ちゃんの名付け、人生の運気・運勢を姓名判断で診る

名前の字画数で運勢を占う!無料姓名判断サイト「いい名前ねっと」

子供 の 名前 占い

子供の名前を占いで!?(長文です) 質問というか愚痴です。 聞いて下さい T皿T 臨月の初マタ妊婦です。 妊娠2ヶ月ぐらいの時に義両親から『突然なんだけど、子供の名前ってもう決めてる?』と聞かれました。 まだ安定期でもないし、性別すら分からないし、と突っ込み所は満載だったのですが、『いいえ・・・まだ』と答えたら『だったら私たちの知り合いの易者に姓名判断してもらって名前をつけて貰いたい』と言われました。 話を聞くと、候補をいくつか夫婦で考えて易者の人に見せてその中から選ぶという事でした。 内心『易者って・・・ただの占い師じゃん』と思いつつもまあ、こっちが候補に出した名前の中から選ぶなら字画とか調べるの面倒臭いし、良いか。 としぶしぶではありましたが納得しました。 しかし、いざ候補を出すと下手な鉄砲でも当るだろうと20個近く考えた名前は全て字画や読みが悪いと却下(ちなみに全て普通の名前でいわゆるDQNネームではないです) 易者が考えた名前を数個言われ、この中から選んだ方が良いかも~と言われ・・・話が違うじゃん! 先ほどお義母さんから連絡があったので主人には仕事中で連絡とれてないですが『どうしよう・・・』と途方に暮れてます。 私の家は父が子供の名前を全てつけたと幼い頃から聞いていたので、子供の名前は親が考える物だとずっと思ってました。 主人の家は高名なお坊さんに聞いて、その中から選んだそうです。 しかし、主人やご兄弟は客観的に見ても波乱万丈な人生を送ってきたので義両親も『あの坊主は駄目だった』とか言い出す始末(オイオイ) そもそも、義両親本人が名付けに口出してくるならいざ知らず、何で赤の他人の占い師なんかに横から口出しされなきゃならないの!?と疑問で・・・ 安易に受けてしまった私も悪いですが、ここまで口出しされるとは正直思いませんでした。 それを知ったとき、小学生でしたが愕然としました。 ショックでしたよ。 私の名前って、お父さんとお母さん、どっちがつけたの?と聞いたら、苦手な叔母さんが考えた名前だって言うんですから。 具体的には、叔母が例えば「久美子」という名前を提案し、うちの両親が「子」だけとって私の名前を久美にした、という感じに少しだけアレンジした名前です。 だから、叔母がつけたとは言っても、お父さんお母さんが選んだ名前なのよとは言われましたが、どう考えても私の中ではオバサンがつけた名前です。 今、その叔母とうちの両親は、相続やら介護やらの面で大モメで、数年前から目すらあわさず口も聞きません。 そんな人が名付け親です。 当時、両親は色んな人から「こんな名前はどう?」とアドバイスをもらい、その中から気に入ったものを選んだ。 その名前を考えたのが叔母だっただけ、という感じだそうです。 だから、叔母が名づけ親という意識はないようですね。 でも私は叔母が名付け親だと感じてますし、叔母も実際に私に向かって「あなたの名前を考えたのは私」と言ってました。 私はまだ、仲が悪いとはいえ、血のつながりのある親戚ですからしぶしぶ納得できます。 でも、見ず知らずの他人、しかも言っちゃ悪いですが、当たるも八卦当たらぬも八卦のいい加減な易者の言うことで、大事な子供の将来をきめられてはたまりませんよね。 カドが立たないように最初は「将来、自分たちが一生懸命考えて名前をつけたのよと子供には言いたいので、候補にあげた名前から選んでいただきたいのですが。 それが無理であれば、お世話になっておいて申し訳ありませんが、こちらで選ぶことにいたします」でいいのではないでしょうか。 それでもごり押ししてきたら、カドがたっても断っていいと思います。 私の経験から、少なくともお子さんの名前は親か、せめて祖父母がつけるくらいが限度だと思います。 大丈夫ですよ、旦那さんがうまく断ってくれると思います。 大事なお子さんのことですもの。 義両親を通してだけなのですか? 一番いいのはあなたとご主人がその易者さんと 渡した20個の名前が悪い理由は何なのか? 一文字変えた場合はどうなのか? 同じ読みだが違う漢字の場合はどうか? 徹底的に話し合い、最適な名前を探ることです。 その際、絶対に譲れない部分をご主人とよく話し合いされてから 望むほうが良いと思います。 この話し合いで決着がつかなかったら、 セカンドオピニオン、 他の占い師さんにご相談されてみては? この際、義両親も納得できるような先生だと尚可。 人名診断もいろいろ流派があって、 一方では大吉でも、一方では大凶なんて話もよく聞きます。 あとはよくご主人と話し合ってください。 ご主人が名前なんてどれでもいいよって態度ならちょっと困りますが、 最終的には俺たちが決めようって態度なら頼りになります。 お子様の名付はどんな難関があろうが、 ご夫婦で決めてください。 でないと絶対後悔します。 よい名前が決まるといいですね。 占い好きの一家なんですかね。 かつてのバイト先のオーナーも姓名判断にはまって、 自分の名前、家族の名前、店の名前まで変えました。 で、バイトのわたしにも名前を変えろといってきました。 飲食店だったので、源氏名的に仕事で使うならいいかなーと相談しに行ったら、 ありえないほどダサい名前が用意されていて・・・、断ったらバイトくびになりました(笑) (名前の漢字を変えるくらいかと思ったら、フルネーム違う名前になってたのです。 それはそれはもうびっくりしました) でも、その後、店はつぶれ、一家の人生もかなりの波乱万丈・・・。 (オーナーはホストと付き合っておかしくなり、スポーツ選手の息子は怪我で引退。 嫁とも離婚、みたいな感じです。 もっとあった気がしますが忘れました) 当たってないだけならいいけど、むしろ悪くなったんじゃ? という感じでしたよ。 という感じのことを話してみるのはどうですか? 「わたしの友達の話なんですが」と言って。 (しかしこれは実話です).

次の

無料姓名判断

子供 の 名前 占い

あなたのお名前 必須 あなたの性別 女性 男性 六星占術運勢2015年 2015年の運勢が知りたいあなたに!最新運勢占いの紹介です。 一ヶ月もの夏休みなどもなく、毎日嫌でも仕事に行かなければならなくなります。 「今日は出社したくない」と思った時に、何かその気持ちをふっきれるきっかけが欲しいですよね。 そんな時には「姓名判断」を利用してみましょう。 簡単に試せる 姓名判断は、難しい内容は必要としません。 占いを行いたいカテゴリを決めて、あとは自分や相手の名前が分かれば占うことができます。 簡単に試せる上に無料ですので、会社に行く前にすぐ試せるところがメリットです。 もしも良い結果が出ればそれで気持ちが楽になるでしょう。 良くない結果の場合でも、アドバイスに従えば大丈夫、という安心感を持てます。 真剣に悩みたくない場合 料金がかかる本格的な占いは、結果を忠実に守らないと何か悪いことが起こるような気持になります。 しかし無料占いマリーの姓名判断はその人の運だめしのような役割となります。 占いの結果が細かいと「これはどういう意味なのか」と真剣に悩んでしまいそうですが、無料占いならば自分に都合の良く活用することができますね。 ストーリー性のある無料占い 無料占いだからおみくじのようにひとことで終わってしまうのではないか、と思っている人もいるでしょう。 しかし無料占いマリーの姓名判断は楽しく読めるようにストーリー性を重視したものが多くなっています。 気軽に楽しく結果を見ることができるので、楽しい気分になることができれば一日の過ごし方も変わってきます。 「当たった」「良かった」と思うことで前向きに過ごせ、小さな悩みなどは感じなくなるという効果もあるのです。 無料占いマリーの姓名判断は誰でも利用できます。 その気になれば今すぐにでもできますので、今日の運試しに占ってみましょう。 今のあなたの気持ちに一番近い結果が出てくることで、誰かに理解して貰ったような嬉しい気持ちになれますよ。

次の

名前の字画数で運勢を占う!無料姓名判断サイト「いい名前ねっと」

子供 の 名前 占い

姓名判断で大凶!子供の名前が占いで悪いと分かった時、信じる?どう対処すれば? Q:先生の本で名前を決めた娘も2歳になりました。 しかし最近インターネットの姓名判断で娘の名前を入力してみたところ、先生の著書とは全く異なり、「凶や大凶」といった結果が出てきてしまい、とてもショックを受けています。 今後どのように字画を数えて信じていけば良いのでしょうか?改名したほうがいいのでしょうか? 字画の数え方は占いの流派によってまちまち A: 字画の数え方は占いの流派によってまちまちで、はじめから字画の良い氏名、悪い氏名というのが世の中にあるわけではありません。 名前の専門家は、字画占いに従いたいという方には、ある一つの方法で字画の合う名前のリストは提供しておりますが、占いそのものを信じて従って下さいとは絶対に申し上げません。 占いを信じるかどうか、またどの流派を信じるかは個人のご自由です。 ただ、わざわざ悪い判断になる流派を信じても気分が悪くなるだけです。 自分が信じる流派以外の名付けに惑わされないというスタンスで臨むとよいのではないでしょうか? 姓名判断の流派を渡り歩かないこと 一般に占いというのは多くの方法がありますが、とくに姓名判断がたくさんの流派に枝分かれしやすいのは、いくつか理由があります。 まず同じ漢字でも書き方(書体)が国により、時代により変わってしまうことです。 その上、筆記用具もさまざまに変わり、それによって画数も違ってしまいます。 つまり漢字自体に古今東西一貫して決まった画数など無いのです。 また占いにたずさわる人たちも、既成のやり方に納得せず、「こうした方がよく当たる」などと思って別の方法を作り出すことが非常に多いということです。 また姓名判断は、ある流派とまったく同じやり方を本や雑誌で発表しますと、無断で使用して商売に利用したということでクレームをつけられる心配もあります。 そのため本を出版する時などは、他のいかなる流派とも違う方法を作り出して「新発見」「新しい姓名判断」などとうたって出すという事情もあります。 それがかえって斬新なイメージでとらえられることもあるのです。 しかしながら、本を読む側の人たちにすれば、そのように多くの流派、方法が生まれることは、「なぜ違うのか」「どれを信じればいいのか」と混乱してしまうも事実。 しかし占いは学問ではありませんので、誰がどんな方法、流派を作ろうが自由ですから、そこは割り切るしかありません。 もし占いに従って名づけをしたいということであれば、どの流派に従うのかをご自分で決めなければなりません。 流派を決めないうちは、名前を作る作業にかかれないのです。 もちろん一つの流派を決めて名前を作ってみても、その名前は他の流派では大凶、災難運になるということは当然起きます。 しかし占いに従う以上は、いくつもの流派で合格する名前など無いと割り切って、一度つけた名前を他の流派でまた占ってみるなどということは決してしないほうがいいでしょう。 【関連記事】•

次の