世界 最小 の 国 バチカン 市 国 が ある の は どこ の 都市 の 中。 世界最小の国はバチカン市国。ローマの中にあります

バチカン

世界 最小 の 国 バチカン 市 国 が ある の は どこ の 都市 の 中

概要 [ ] バチカンはによって統治されるとの中心地、いわば「総本山」である。 バチカンのはである。 ローマ教皇庁の責任者は(Cardinal Secretary of State, 通常は)、実際の統治はバチカン市国行政庁長官兼バチカン市国委員会委員長(Governor of Vatican City and President of the Pontifical Commission for Vatican City State 通常は枢機卿)が務めている。 教皇は2013年3月13日に選出された出身のが務めている。 国務長官はイタリア人の (、、)枢機卿、行政庁長官兼市国委員長は出身の (、、)枢機卿が務めている。 宗教国家であることから、国籍は聖職に就いている間にかぎり与えられる(「」節で後述)。 バチカンという名称は、この地の元々の名前であった「ウァティカヌスの丘」 Mons Vaticanus からとられている。 ここに教会が建てられ、やがてカトリック教会の中心地となった元々の理由は、この場所で聖が殉教したという伝承があったためである。 はであり公式文書に用いられる。 ただし、通常の業務においてはが話されている。 また、外交用語としてが用いられている。 警護に当たるの共通語はである。 この他、日常業務では・・も常用されている。 歴史 [ ] バチカンの地は古代以来の郊外にあって人の住む地域ではなかったが、キリスト教以前から一種の聖なる地だったと考えられている。 約3000年前には「」 古代の死者の街 として埋葬地として使用され、その後もローマ人の共同墓地として使用されていた。 にによって聖の墓所とされたこの地に最初の教会堂が建てられた。 教皇領 [ ] 詳細は「」を参照 やがてこの地に住んだローマ司教が教皇として全カトリック教会に対して強い影響力をおよぼすようになると、バチカンはカトリック教会の本拠地として発展し、から19世紀まで存在した教皇領の拡大にともなって栄えるようになった。 教皇は当初はバチカンではなく、ローマ市内にあるに4世紀から1000年にわたって居住していたものの、からの時代にラテラノ宮殿が2度の火災によって荒廃したため、ローマに帰還した教皇はに一時居住した後、現在のバチカン内に教皇宮殿を建設しここに移り、以後バチカンが教皇の座所となった。 には2代目である現が着工し、に竣工した。 教皇は19世紀中盤までイタリア半島中部に広大な教皇領を保持していたものの、の活発化に伴いにが成立すると教皇領の大部分を占める北部地域の教皇領が接収されたため、ローマ教皇庁とイタリア王国政府が関係を断絶した。 この時点では教皇領南部のローマ市およびラティウム地方は教皇の手に残っていた。 バチカンの囚人 [ ] 詳細は「」および「」を参照 にの勃発によって教皇領の守備に当たっていたが撤退すると、イタリア軍が残存教皇領もすべて接収し、バチカンはイタリア領となった。 翌には、イタリア政府は教皇にバチカンおよびラテラノ宮殿の領有を認めたものの、教皇はこれを拒否し、「」( - )と称してバチカンに引きこもった。 この教皇庁とイタリア政府の対立はと呼ばれ、以後50年以上にわたって両者間の断絶を引き起こした。 バチカン市国 [ ] このような不健全な関係を修復すべくイタリア政府とバチカンの間で折衝が続けられたが、になってようやく教皇の全権代理ガスパッリ枢機卿ととの間で合意が成立し、3つのが締結された。 条約は教皇庁が教皇領の権利を放棄するかわりに、バチカンを独立国家とし、イタリアにおけるカトリック教会の特別な地位を保証するものであった。 この措置はイタリア国民にも広く支持され、「教皇との和解」を実現したムッソリーニの独裁体制はより強固なものとなった。 法的にはバチカンの政体はであるとみなされる。 首長である教皇の権威はバチカン市国のみならず全体におよぶものである。 教皇は80歳未満のたちの()によって選ばれる。 において教皇に必要な資格は、の信徒であるということだけであるが、実質上は80歳未満の枢機卿たちの互選になっている。 「バチカン市国」と「ローマ教皇庁」は同義のようだが微妙に同義でない。 国務長官 Cardinal Secretary of State はバチカン市国の外交部門の最高責任者でもある。 立法権は教皇の任命による Pontifical Commission for Vatican City State が持っている。 委員会のメンバーの任期は5年となっている。 しかし使徒座空位が発生するとカメルレンゴと首席枢機卿以外の省庁の長官や評議会の議長は自動的に(一旦)解職される。 新しい教皇がコンクラーヴェで選ばれるまでの間はカメルレンゴを長とした枢機卿団がバチカンを管理する。 そして新しい教皇が選ばれると、新教皇は使徒座空位前に務めていた各長官・議長に対して当面の間職務を続けるよう命じ、業務が再開されることとなる。 もちろん新教皇が長官・議長だった場合は就いていたポストに後任が割り当てられることとなる。 直近の例は2005年のベネディクト16世の選出時で、彼が教理省長官に就いていたため、後任がほどなく選ばれている。 軍事・警察 [ ] スイス人衛兵 バチカン市国は、一切の軍事力は保持していない。 もであるからのである「市国警備員()」が担当している。 イタリアとの入出国は自由。 線もガードレール風の柵があるだけで、の類いは一切無く、よって体制もない。 国内は、公開の区域に限り入場は自由で、イメージとしては街中にある教会堂とその敷地に近い。 そのため、各国からやが参列したの教皇の葬儀では、国境の外側を取り囲むイタリア側が警備を行ったことで、事実上国内警備につながった。 教皇の衛兵として、スイス人衛兵が常駐している(2007年現在110人)。 に教皇により創設され、、ローマがの軍に侵攻された際()、その身を犠牲にしての避難を助けた。 現在はスイス国内でからの推薦を受けたカトリックの男性が選ばれている。 その制服は、一説にはのデザインとも言われるが、に制定されたものである。 その派手なデザインは、伝統的なスイス傭兵というよりも、むしろを彷彿とさせる。 スイス人衛兵たちは一応武器の携行はしているものの、本質的にである。 、が襲撃された事件以来、教皇が公の場に出て行く時、スイス人衛兵たちはを常時携行するようになったという。 かつては、スイス人衛兵だけでなく、やといわれる衛兵隊が存在していたが、形式的なものになっていたためによってに廃止された。 サン・ピエトロ広場と大聖堂。 撮影者はイタリアを背にして国境線の真上に立ち、バチカンの方を向いている 日本語での名称について [ ] 日本のは、ローマ教皇を国家元首とする独立国家を バチカン市国と呼び、その聖俗両面の総称を バチカンとしている。 日本のカトリック教会の中央団体であるは、のの来日時に、それまで混用されてきた「教皇」と「法王」の呼称を統一するため、世俗の君主のイメージの強い「王」という字を含む「法王」でなく「教皇」への統一を定めた。 また「教える」という意味を含む「教皇」がより職務を表していると考えたともいう。 以降、日本のカトリック教会の公式な表記では「法王」でなく「教皇」が用いられている。 このとき、東京にある「ローマ法王庁大使館」においてもこれにあわせて「法王庁」から「教皇庁」への名称変更を行おうとしたが、から「日本における各国公館の名称変更は、などによる国名変更時など、特別な場合以外は認められない」として認められず、「ローマ法王庁大使館」の名称を使用していた。 (や外務省のでも「ローマ法王」の語が用いられているため、これが日本国政府の用いる公式名称であるとみなされていた。 )このような経緯もあって、マスメディア等では長らく「教皇」と「法王」の呼称が混用されていた。 2018年2月9日、でがこの件で質問を行っている。 事前に通告されたのを受けてが当事者である駐日大使館及びバチカン本国へ問い合わせを行ったところ、いずれも名称変更(=「教皇」への訳語統一)を求めていないと回答されたという。 しかし外務大臣は2015年に表記変更を行ったの例を上げつつ、要望があれば対応することを表明した。 2019年11月20日、の来日を目前にして、日本国政府及び外務省は「ローマ教皇」に呼称を変更した。 外務省は変更の理由を、カトリック関係者ほか一般的に「教皇」を使用する場合が多いこと、また日本政府がバチカン市国側に呼称の変更が問題ないことが確認できたため、と説明した。 政府の変更に合わせ、NHK 、産経新聞 ほか多数メディア も呼称を変更した。 国際関係 [ ] 2015年、アメリカ合衆国議会で演説する教皇フランシスコ。 バチカン市国が成立した以降、国際法上の主権国家となったことにあわせてバチカンの外交使節が各国に派遣され、同時に各国の外交使節を受け入れるようになった。 2011年現在、バチカンは174カ国とおよびのを受け入れており、179の国と地域に大使あるいは外交使節を派遣している。 日本がバチカンと正式な外交関係を樹立したのはで、このとき相互に公使館を設置したが、戦後一旦引き上げてに再設置した。 日本はにバチカン市国日本公使館を大使館に格上げし(バチカンが東京のローマ法王庁公使館を大使館に格上げしたのは) 現在に至っている。 日本国大使館(正式名称:在バチカン日本国大使館)は狭いバチカン市国内では土地が取れないため、隣国イタリア・ローマにおかれている(バチカンと外交関係を有する国のうち約100カ国は兼轄であり、「常駐」大使を派遣しているのは日本を含めて80カ国弱である)。 なお、東京にあるバチカン大使館の正式名称は「ローマ法王庁大使館(: Nunzio apostolico in Giappone)」である。 (も参照) とは、の離婚問題、によってが設立されてからローマ教皇がイギリス王を破門するかたちで断絶が続いていた。 以来、イギリス国王とローマ教皇は没交渉であったが1914年に交渉が回復した。 バチカン市国が建国され、主権国家として外交関係が樹立されたのは1982年のヨハネ・パウロ2世のイギリス司牧の旅以降である。 2010年にはベネディクト16世が国賓としてイギリスを訪問。 その答礼として2014年にエリザベス2世、エジンバラ公フィリップがバチカンを訪問した。 しかしベネディクト16世の頃は、彼の超保守的な思想やカトリック聖職者の性的虐待問題でイギリス国民が、次のフランシスコのときは彼が出身であること、でを抱えるイギリス政府が、態度を硬化させている。 とは、以降外交関係を持っていなかったが、の、外交関係再設定への動きが進み、2009年12月3日に大統領が、バチカン市国を訪問して教皇と会談を行い、国交が樹立された。 翌年の2010年には正式に大使が交換されている。 は大統領・首相として通算4度バチカンを訪れ、時の教皇と会談している。 は1935年に国交を樹立してから、後も国交断絶しなかった唯一の社会主義国である。 とは、より外交関係を有している。 中華民国がを実効支配していた時代には、に大使館を置いていたが、の敗退で大陸側に実効支配地域が無くなったため、にこれを撤退させざるを得なくなり、のに大使館を移転した。 2019年時点で、ヨーロッパで中華民国と外交関係のある唯一の国家である。 2011年時点で、バチカンと外交関係が樹立されていない国は16カ国である。 主な国家としては、の(中国)、(北朝鮮)、、と、の・・・・・などがある(ただし同じイスラム国家でもや、王制のなどとは外交関係がある)。 国として、の存在を否定する とは、がなく 、 、キリスト教関係者を逮捕、追放するなど を理由に、10月1日の中華人民共和国の建国以来、国交を持っていない。 国交はないものの、バチカンと中華人民共和国は「司教の任命権」の問題など多くの困難な問題を抱えながらも、外交関係の再設定を目指して水面下での協議を続けてきた。 例えばには、派遣の外交官レベルを臨時代理大使に格下げし、中華人民共和国との関係改善への意欲を見せている。 のは、の後もの直轄である。 9月28日には、教皇フランシスコ自らが中国政府との接触を認めており 、バチカンの国務長官 (、、)は中国との国交樹立の意向を明言している。 2018年9月22日、バチカンと中国は、長年対立していた司教の任命権を巡る協議について、中国はローマ教皇の国内における地位を認める代わりに、バチカンは中国が独自に任命した司教を認めるという内容で、暫定的な合意に達したと発表した。 これに関して、バチカンと中華民国は、両国の外交関係には何ら影響を与えるものではないとそれぞれコメントしている。 2020年2月14日には、ドイツのミュンヘンで初の外相会談が行われた。 をとするの諸国も、以外は神と認めない(神は形がないとする教えの為に、その代理物を作って礼拝する、いわゆるも許さない)ために、バチカンとの国交はない [ ]。 バチカン(すなわちローマ教皇庁)が「かつてを承認し、国交を保ち続けていた」という記述が時折見られるが誤りである [ ]。 ある時期、バチカンからの「」 Apostolic delegate が満州国に派遣されていたのは事実だが(このとき、日本のマスコミが「バチカンが満州国を承認」と喧伝した )、「教皇使節」は現地のカトリック信徒のために派遣されるもので、外交的な意味を持たない。 その証拠に教皇使節の派遣を管轄するのはバチカンにおいて宗教業務を担当するであって、外交を司る総理省ではない。 2019年現在でもベトナムなどのように、バチカンと外交関係を樹立していないにも関わらず、教皇使節が派遣されている国々がある。 には、長らく「恒久的」という形式で代表を派遣していたが、7月に、以外の全ての権利を持った代表となった。 を行使しないのは、を維持するためであり、当時の国連バチカン代表であった (、)大司教も「投票権を持たないことは、私たち自身の選択です」と語っている。 地理 [ ] バチカンの詳細地図 バチカン市国はローマの北西部に位置するバチカンの丘の上、の右岸にある。 その国境はすべてイタリアと接しており、かつて教皇を外部の攻撃から守るために築かれたバチカンの城壁に沿ってしかれている。 面積は約0. 44と、国際的な承認を受けるとしては世界最小で、 約0. 52km 2 よりも小さく、中国北京の(約0. 40km 2)と同じくらいであり、(約1. 15km 2)のおよそ8分の3。 その狭い領土の中に、、、などが肩を並べている。 またの取り決めに従って、国外のいくつかの区域(イタリア・ローマ南東約20kmにあるの教皇別荘である、、などの大バジリカ、事務所など)でもバチカンの主権が認められている (も参照)。 これらの中にはの建物も含まれているが、のは国外のイタリア・ローマ郊外にあり、その敷地内にはバチカンのが認められている。 外国人観光客が入れる場所は、サン・ピエトロ広場、、バチカン博物館周辺のみで、その他の場所は外国一般人区域となっている。 サン・ピエトロ大聖堂の展望台からバチカン庭園の全景を望む。 気候 [ ] バチカン市国の気候はローマの気候と同じで、の区域に属している。 5月から9月はにあたって少雨高温であり、10月から5月はで冬は冷え込む。 以下、ローマの気候図を示す。 8 53. 2 13. 0 55. 4 15. 2 59. 4 18. 1 64. 6 22. 9 73. 2 27. 0 80. 6 30. 4 86. 7 30. 3 86. 5 26. 8 80. 2 21. 8 71. 2 16. 3 61. 3 12. 6 54. 7 20. 52 68. 7 36. 9 3. 5 38. 3 5. 0 41 7. 5 45. 5 11. 1 52 14. 7 58. 5 17. 4 63. 3 17. 5 63. 5 14. 8 58. 6 10. 8 51. 4 6. 8 44. 2 3. 9 39 9. 64 49. 35 mm inch 102. 6 4. 039 98. 5 3. 878 67. 5 2. 657 65. 4 2. 575 48. 2 1. 898 34. 4 1. 354 22. 9 0. 902 32. 8 1. 291 68. 1 2. 681 93. 7 3. 689 129. 6 5. 102 111. 0 4. 37 874. 7 34. 3 出典: 2009-05-29 経済 [ ] 国家予算 [ ] バチカンの「」はのデータでが約277億円で歳出290億円となっている。 主な産業として出版業、製作などがある。 バチカンは国家というにはあまりに特殊な存在であり、(下記にある「宗教活動協会」の投資運用は除き)利益追求の産業活動は行っていないため、歳入は「聖ペトロの献金」 Peter's Pence として知られる世界中のカトリック信徒からの、の販売、の入場料収入、出版物の販売などによるものである。 上記の「国家予算」には、「宗教事業協会」の投資運用による利益は入っていない。 前半までは、宗教事業協会の投資運用と資金調達を行う主力行としての業務はの子会社のが行っていたが、に、同協会のと、「の銀行家」と呼ばれていた、アンブロシアーノ銀行の頭取のもとで起こった、や極右であるが絡んだ、多額の使途不明金とに関わったの影響を受け、同行がし、カルヴィ頭取などの複数の関係者がされて以降は、銀行となどが行っている。 また、この事件は、「」でも取り扱われている。 不正行為の疑い [ ] 宗教事業協会は度々などの違法な取引にかかわったと指摘されており、近年も11月と9月の2度に渡り、宗教事業協会とエットーレ・ゴティテデスキ総裁がマネーロンダリングに関係したとの報告を受けたイタリアの司法当局が捜査を行い、捜査の過程で2300万ユーロの資産が押収されている。 2013年5月22日、独立機関の聖座財務情報監視局は、2012年の金融取引において6件のマネーロンダリングの疑いがあると発表した。 2013年6月28日には、現金4千万ユーロ(約52億円)を無申告でスイスからイタリアに運ぼうとしたとして、スカラーノ司祭がイタリア警察に逮捕された。 2013年7月1日には、幹部2人が辞任に追い込まれた。 その他 [ ] バチカン職員の給与水準は、イタリア・ローマの平均給与よりもやや良いといわれている。 独自通貨をつくらないため、以前はが用いられていたが、イタリアがに通貨を変更した以降、バチカンでもユーロが流通するようになった。 なお、バチカン発行のユーロ通貨は、ならどこでも使用することが可能であるが、切手は国内専用で、バチカン国内で他国の切手は使えない。 交通・通信手段 [ ] 「」も参照 かつては、バチカンを取り囲むように古い住宅がごみごみと立ち並んでいたが、にイタリアの実権を握ったは、によるとの和解をにアピールしようと、正面の家屋を大胆に撤去し、広い街路を敷いた。 これが「和解の道 Via della Conciliazione 」といわれる、バチカン市国前のメインストリートである。 はないが、中型ヘリコプターが発着可能なが一つある。 は、イタリアのから分岐してへ向かう863メートル(うち国内は227メートル)の鉄道路線がある。 現在は定期旅客列車は走っておらず、たまにが入線するのみで、は行っていない。 この鉄道路線はイタリア国内分も含めてバチカン国有のものであるが、列車の運行はが代行している。 とが一つある。 イタリア・ローマ市民たちは、を出す場合、地元の郵便ポストからイタリア郵便を通すより、少し歩いてでもを越境して、バチカン市国のに投函するほうが、格段に早く確実に郵便物がに到着することを知っている。 この場合当然に、イタリア発行の切手は通用せず、バチカン市国発行のを貼付する必要がある。 が所有する自動車は「 SCV」というナンバーがつく。 国民と国籍 [ ] バチカンの人口は832人(2011年7月推定値) であり、彼らはバチカンの城壁内で生活している。 バチカン市民のほとんどはカトリックの修道者であり、・などのと、されていないがいる。 教皇庁で働く、修道者以外の一般職員は3000人にものぼるが、彼らのほとんどは市国外(すなわちイタリア)に居住し、そこから通勤している。 またもバチカン市民である。 衛兵の宿舎は市国内にあるが、市国外に住居を持って通勤している衛兵もいる。 聖座の外交官や各省庁の官職にある者は、教皇庁の公用の必要がある場合に、バチカン市国のパスポートを取得することができる。 いわゆる外交に相当するものは、青色の表紙をしている。 なお、一般のバチカン市国住民には市国パスポートは発給されない。 イタリアとの間の移動、イタリアなど国間の移動にはパスポートは不要であるため、内は自由に移動できる。 末の時点で、バチカンの「居住権」(いわゆる「」あるいは「」)を保持する者は552名に及ぶ。 そのうち61人が、346名が、などの聖職者である。 101名がスイス人衛兵、44人が一般の職員である。 全ての者がバチカンの居住権と併せて、従来の国籍も保持している()。 バチカン居住権はも含め、基本的にバチカンで職務についている期間に限って与えられる。 教皇庁の職員の多数を占めるイタリア人職員たちには外交業務などにおいて特に必要がないかぎり、居住権は与えられない。 また、バチカンのは上記のように職務に対応する特殊な地位であるため、たとえバチカン市国内で出生してもによる国籍の取得はできない。 バチカン市庁における女性職員は600人程度で、信徒であることが必須であるが初の女性職員は1934年に採用されたドイツ・フランクフルト出身の異教徒ヘルミーネ・シュパイアー()であった。 2020年1月には教皇庁外務局次官にフランチェスカ・ディジョバンニが起用され、教皇庁において副大臣級初の女性起用となった。 文化 [ ] バチカン市国は、自体がの宝庫である。 やなど、、、といった美術史上の巨匠たちが存分に腕をふるった作品で満ちあふれている。 またとバチカン文書資料館には歴史上の貴重なコレクションが大量に納められている。 バチカンは1984年にに登録された(を参照のこと)。 バチカンに定住している人々は、の聖職者国家という性格上男性がほとんどである。 わずかな女性たちが職員として教皇庁で働くために二つのが支部を置いている。 バチカンで働く聖職者たちは枢機卿などの高位聖職者を除けばほとんどがである。 バチカンは聖地であるため、服装規定がある。 特に女性は、観光客であっても、聖堂内に入るときなどに服装に気をつかうこと(の服なら上からなにかを羽織る、半ズボン禁止など)が求められる。 バチカンは巡礼者のみならず全世界から訪れる観光客でいつもにぎわっている。 教皇は世界から訪れる信徒のために毎週日曜日には彼らの前でを執り行い、平日にも信徒と共に行う信心業や謁見(通常は毎週水曜)を行っている。 などの特別な祝日にはサン・ピエトロ広場に姿を見せて世界に挨拶を送るのがならわしとなっている。 祝祭日 [ ] 日付 日本語表記 現地語表記 備考 元日(神の母聖マリアの祭日) 主の公現(祭日) 締結記念日 聖ヨセフ(祭日) 3月-4月 移動祝日 労働者聖(記念日) 5月 移動祝日 6月 (祭日) 移動祝日 聖・聖(祭日) (祭日) (祭日) - バチカンが舞台になった作品 [ ] 「」を参照 メディア [ ] として「」紙がある。 これはの公式紙であり、版が日刊で、版、版、版、版、版が週刊で、版が月刊で発行されている。 さらに公式ウェブサイト、ラジオ局、衛星テレビ局がある。 ツイッター [ ] バチカンのニュースサービスが、それぞれ専用アカウントを保持している。 2012年12月4日、が自身のアカウント「 Pontifex」を開設したが、2013年2月28日の教皇の退位と同時に閉鎖されることになった。 しかし実態としてはツイート全削除(別途アーカイブは残される)の上でユーザー情報の書き換えが行われたのみでアカウント自体は存置され、を表わす「傘と天国の鍵の紋章」と「Sede Vacante」の表示のある状態となり、3月13日にコンクラーヴェでが新教皇に就任すると、「三重冠と天国の鍵の紋章」に戻り「我ら(フランシスコ)を得たり」 "Habemus Papam Franciscum" とののツイートがなされ 、その後フランシスコが使用することとしたためリニューアルされた。 すなわち、「 Pontifex」のアカウントは「教皇専用」であるのみで、代が変わっても同一アカウントをそのまま用い続けることが示された。 「 Pontifex」を使うかどうかは、時の教皇の意向次第となるという。 脚注 [ ] []• 徳安茂『なぜローマ法王は世界を動かせるのか』PHP研究所、第1版第1刷、2017年3月1日。 28-29頁。。 毎日新聞 2019年11月20日. 2019年11月20日時点のよりアーカイブ。 2019年11月23日閲覧。 kokkai. ndl. 2018年7月11日閲覧。 2019年11月20日. 2019年11月21日時点のよりアーカイブ。 2019年11月23日閲覧。 2019年11月22日. 2019年11月23日時点のよりアーカイブ。 2019年11月23日閲覧。 2019年11月22日. 2019年11月22日時点のよりアーカイブ。 2019年11月23日閲覧。 J-CASTニュース 2019年11月22日. 2019年11月23日時点のよりアーカイブ。 2019年11月23日閲覧。 2014年12月24日. 2014年12月25日閲覧。 47ニュース. 共同通信 共同通信社. 2007年11月15日. の2013年12月24日時点におけるアーカイブ。 2013年12月23日閲覧。 2009年10月17日. の2009年10月25日時点におけるアーカイブ。 AFPBB News クリエイティヴ・リンク. 2006年5月3日. 2006年5月17日• AFPBB News クリエイティヴ・リンク. 2006年3月26日. 2015年10月18日. 2016年9月22日閲覧。 2016年8月27日. 2016年9月22日閲覧。 時事新報1934年4月22日付など• 『バチカンの聖と俗』、かまくら春秋社、2011、pp91-92• 「ビジュアルシリーズ 世界再発見1 フランス・南ヨーロッパ」p114 ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷• 2010年9月22日. の2010年9月25日時点におけるアーカイブ。 2011年1月10日閲覧。 2013年5月26日. の2013年5月25日時点におけるアーカイブ。 2013年5月26日閲覧。 2013年7月2日. の2013年7月5日時点におけるアーカイブ。 2013年8月21日閲覧。 デノーラ砂和子 2008年10月31日. all about. 2017年10月23日閲覧。 バチカンの郵便ポストに手紙を投函するときは、うっかりイタリアの切手を貼らないように注意しましょう。 辻田希世子 2002年4月1日. Cafeglobe. com. カフェグローブ・ドット・コム. 2002年6月12日時点のよりアーカイブ。 2011年1月10日閲覧。 2013年3月14日. 2017年6月19日閲覧。 CNN 2013年3月14日. 2017年6月19日閲覧。 参考文献 [ ]• 上野景文、『バチカンの聖と俗 日本大使の1400日』、かまくら春秋社、2011年 関連項目 [ ]• (とは友好関係にある)• 外部リンク [ ] で 「 バチカン」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの 公式• (イタリア語) (英語)• (イタリア語) (英語)• pontifex - 日本政府• その他• (日本語)•

次の

シーランド公国

世界 最小 の 国 バチカン 市 国 が ある の は どこ の 都市 の 中

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 全及びよりも面積が小さいため、の国家を自称する。 ただし、創設以降、シーランド公国のを明示的に行った国は存在しない。 シーランド公国 イギリスは中、沿岸防衛の拠点として4つの海上と多数の海上を建設した。 これらは ()(Maunsell Fort)と呼ばれる。 イギリス沖10kmの北海洋上、ラフ・サンズ(Rough Sands)と呼ばれる砂堆の上に、大きな柱が二本ある巨大な構造物()を沈め、海上に突き出した柱の上に居住区や対空砲台などが作られていた。 戦時中は150から300人もの兵員が常時駐留していたが、大戦終了後に要塞は放棄された。 に元少佐での運営者だったは、イギリス放送法違反で訴えられた。 彼は当時イギリスの外に存在したこの要塞に目をつけ、不法占拠した上で「」を発表、要塞を「シーランド」と名付け、自ら 「シーランドの公、ロイ公殿下」(H. Prince Roy, The Prince of Sealand)と名乗った。 イギリスは強制的に立ち退かせようと裁判に訴えたが、に出された判決では、シーランドがイギリスの領海外に存在し、またイギリスを含めて周辺諸国が領有を主張していなかったことから、イギリスの管轄外とされた。 には憲法・国旗・国歌を制定した。 クーデターの勃発 [ ] に、ロイ・ベーツ公はの運営を計画し、のアレクサンダー・アッヘンバッハ(Alexander G. Achenbach)をに任命した。 ところが、アッヘンバッハらはを画策し、やでシーランドをして当時のマイケル・ベーツ公子(現在の公)を人質に取ると、ロイ・ベーツ公を国外へと追放した。 英国へと渡ったロイ・ベーツ公は、20名程の同志を募ってヘリコプターを使用しての奪還作戦を行い、これを成功させた。 これをきっかけにシーランドが創設された。 アッヘンバッハは公国のをもつ同「国」の「国民」であることから、シーランド公国により反逆罪でされ、7万5千マルクのを命じられた。 西ドイツ政府はイギリス政府に自国民であるアッヘンバッハらの解放を依頼したが、イギリス政府は海上要塞は自国の司法の管轄外にあるとする1968年の判決を理由に断り、やむなく西ドイツはシーランド公国へ駐のを派遣して解放交渉を行うこととなった。 一国から正式に外交官が派遣されるという事態に、ベーツは自国が事実上西ドイツにより承認されたものと喜び、罰金の問題は立ち消えることになった。 西ドイツへと戻ったアッヘンバッハらは、アッヘンバッハを議長(Chairman of the Privy Council)として擁立し、の樹立を宣言、シーランドの正統な権利を主張した。 にアッヘンバッハ枢密院議長が健康上の理由から引退すると、ヨハネス・ザイガー(Johannes Seiger)が首相兼枢密院議長(Prime Minister and Chairman of the Privy Council)として後を継いだ。 には、シーランド公国亡命政府としての独自硬貨の発行も行っている。 近年における問題 [ ] 火災発生以後のシーランド(2006年9月) 、老朽化したから火災が発生し公国が半焼。 ロイ・ベーツはこのとき国外に住んでいたため無事であったが、「国土」は壊滅状態に陥った。 同にはベーツ夫妻が国土に戻り、私財を投じて国土の再整備を行い、末には発電機や焼失した配線系統の復旧が完了し、公国が存続することができた。 国土の再整備には、売りに出した爵位などの売上金が再建の助けになったとも言われている。 シーランド公国は、希望があればパスポートを発行するサービスも行っていたが、大量の偽造パスポートが出回ったため発行を一時中止して、1997年以前に発行されたパスポートはすべて無効にする事態となっている。 付のイギリス紙で、6500万で国全体が売りに出されていることが報じられた。 なお、あくまでも国家のは「売り物」ではないため、シーランド公国側では売却(Sale)ではなく、譲渡(Transfer)という言葉が用いられた。 これを受けて、にてのを扱うウェブサイト「」が買収に名乗りを上げたが、シーランド公国側に拒絶され断念する。 ロイ・ベーツの薨去 [ ] マイケル・ベーツ(2015年) ロイ・ベーツは、(英国時間)に91歳で薨去した。 同日、「」を務めていたマイケル・ベーツ公世子が父の後を継ぎ、2代目シーランド公国公に即位した。 マイケル公は、シーランド騎士団の公募を開始した。 シーランド側は以下の点を強調している。 「ロイ・ベーツの『ラフス・タワー』占拠は国際法上のの獲得の要件を満たしている」「『シーランドはイギリスの法の対象外であり、法的主体ではない』という発言などでイギリス当局は暗黙のうちにシーランド公国の存在を受け入れた。 シーランド公国を「」として承認する国・政府が現れることはなかったため、国際的には国家として扱われていない。 上のには争いがあり(参照)、に立てば成立の余地もあるが、では成立の余地はない。 ただし、現在ではおおむね宣言的効果説が通説とされている。 上では国家成立の大きな要件のひとつとしてをあげており、この領土とは島または大陸の全部または一部であると解されている。 そして、 海の憲法と呼ばれるでは「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう」としている。 自然に形成された陸地ではないシーランドは「島」ではなく、大陸の一部でもないため、シーランド公国は国際法上でいう領土を持たず、国家成立の大きな要件を欠いているため認められないことになっている。 行政区分 [ ] 領土全体が首都である。 首都は公が直接統治していると推測される。 政治 [ ] 政体は立憲君主制である。 国家元首は公( The Prince of Sealand)。 国家機関には首相、枢密院があるが、枢密院は亡命政府側が称している。 地理 [ ] イギリスから12海里の範囲 シーランド公国は上に建設された海上施設を「領土」とする自称「国家」である。 海底に設置した部分、2本の円柱、という3つの部分から構成されている。 円柱部分はAからGの7階層のデッキとなっている。 発電機の置かれたAデッキとその直下のBデッキが海面上に、CからGデッキが海面下に位置する。 BデッキからEデッキは戦時中、食糧貯蔵庫および要員の居室、Fデッキは弾薬庫、Gデッキは資材置き場となっていた。 360度のオーシャンビューが売りだが、Aデッキの発電機の振動がすさまじく、住環境はあまりよくないといわれる。 国土面積は207とされている。 国土が極端に狭く、より小さい。 右の地図では、両国の位置とそれぞれのとの関係を示すためにシーランド公国から3(青点線)と12海里(青実線)、イギリスから3海里(黒点線)と12海里(黒実線)の範囲を示した。 イギリスは、領海を従来の3海里(約5. 5km)から12海里(約22km)へと拡大する旨を宣言した。 これによりシーランド公国はイギリス領海に含まれるはずだった。 しかしその前日のにシーランド公国も自国の領海を12海里へ拡大すると宣言し、シーランドがイギリス領海に取り囲まれ公海と途絶する事態は回避された。 また、公式ショップサイトで土地の販売も行われている。 軍事と警察と騎士団 [ ] 通常、1名の兵士が1丁のでシーランド領内を巡回している。 しかし、有事の際にはロイ・ベーツ公が英陸軍時代の人脈を背景に独自に集めた戦力が加わった事例があるため、必ずしもこの治安力が全てとはいえない。 また、シーランドも存在する。 ただし、インターネットで加入権を販売しているのみで実態はなく、国際法上の騎士号ではない。 経済 [ ] シーランドの硬貨 シーランド公国のウェブサイト上で、・称号のほか、や()、国土の一部、カップや卓上旗等のグッズを販売している。 には社が設置されとなるサービスを提供したが、に決裂している。 ちなみに爵位等を購入すると、切手やもSealandの物で送られてくる。 また寄付の受付も行っている。 マイケル公自身は、で漁業を営んでいる。 貴族制度 [ ] シーランドの貴族制度は金銭で販売されており、爵位は(Baron、Baroness)、(Count、Countessの他仏伊西語版)、(Duke、Duchess)の三種類から選べる。 爵位・称号には有効期限はないので、更新手続きなどは不要である。 これらの取得者には、申込時に登録した通りの名称(ニックネーム可)と称号・爵位が書かれた認定証・爵記やシーランドに関する記念品などが同時に送られる。 爵位の合法性 [ ] は正統なの叙爵にはとしての叙任権 羅: jus honorum が必要であると定めており、シーランドの「公」は国際法上これを有しない。 従ってこれらの称号は全て民間称号である。 英国では「詐称を目的としない限り、個人は自らを自由に名乗ることが出来る」と法律で定められているために 、これら民間称号の販売は合法であるとされる。 (即ち全ての個人は、民間称号を購入しなくとも、個人的な目的に限れば自ら好きに貴族号を名乗ることが可能である。 一方、イタリアやドイツなど一部の国家に於いては、正統な貴族でない者が貴族号を名乗ることは刑法で禁じられている。 のように貴族称号自体が禁止されている国もある。 またアメリカでも実在しない貴族の称号を名乗っていた者が起訴された例が存在する。 爵位を得た著名人 [ ]• - 11月22日放送の『』の番組内でロードの称号を購入し、・西川卿となった。 - Lordの称号を取得、シーランド公国の貴族、如月卿となった。 - アニメ「」で、シーランド公式キャラクターにもなっている「シーランド君」の声を担当し、レディの称号を持っている• - 5月7日放送の『』の番組内で男爵を購入。 エイジ() - 4月29日公開のプレゼント交換の動画内で購入• - 2019年11月9日公開の動画内で言及。 - ライトノベル作家・シナリオライター。 男爵位を所持。 - 漫画家。 2020年6月16日の投稿で言及。 交通 [ ] 港かヘリポートから海外へ渡航可能。 国内の公共交通機関はなく、自家用の乗り物、または徒歩で移動する。 文化 [ ] 放送 [ ] 元々はである、事実上のシーランド国営放送局がある。 映画 [ ] シーランド公国は、にロイ・ベーツ公とその家族らを中心に据えた「Sealand」の制作決定をWebサイトで公表した。 複数の映画情報Webサイトでも取り上げられている。 スポーツ [ ] というものが存在する。 監督は。 ただしやに加盟していないので、公式戦は行えない。 主に非承認国家が参加する国際団体には準会員として参加している。 公式キャラクター [ ] 日本の漫画に登場するシーランド君をシーランド公国政府及びシーランド大公ベーツ家として公式キャラクターとしており、上記の爵位を購入した際の付属の紙面にて紹介している。 脚注 [ ] []• 、IT Media News、2007年1月16日• Principality of Sealand 1952年. 2019年5月3日閲覧。 西口博之「未承認国家の当事者能力--最近の光華寮事件最高裁判決並びに北朝鮮映画事件知財高裁判決」『平安女学院大学研究年報』第10巻、平安女学院大学、2009年、 60-67頁、 2019年5月3日閲覧。 2016 ICOC Register. International Commission for Orders of Chivalry• Noel Cox 2009. Journal of the Heraldry Society of Southern Africa 5: 317-329. 2018年8月28日閲覧。 2015年8月1日閲覧。 149条• United Court of Bari 1952年. 2019年5月3日閲覧。 2008年7月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年7月24日閲覧。 ISBN9784905054、「政治と宗教のしくみがよくわかる本」(林雄介著、マガジンランド)、P152に男爵購入の記載あり。 www. youtube. com. 2020年6月16日閲覧。 日本語 , 2020年6月7日閲覧。 Twitter. 2020年6月16日閲覧。 、Webサイト• 、Hollywood. comWebサイト 参考文献 [ ]• Frank R. Turner, The Manusell Sea Forts, Part one: The World War Two Naval Sea Forts of the Thames Estuary. 雑誌『Title』 2001年3月号 pp. 36 - 41 「インターネット国家 シーランド公国の野望」 文・写真 雪竹祥子• 雑誌『COURRiER Japon』2007年1月4日・18日合併号(Vol. 27)、p. 82、「イギリス東部、幽霊島の知られざる"独立国家"」• 武田知弘『教科書には載っていない!ワケありな国境』、2008年5月15日、73-76頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (シーランド公国の公式サイト:英語)• (シーランド公国紹介サイト:英語)• - (2005年12月16日アーカイブ分)• 、WIRED. jp、2000年6月6日• 、WIRED. jp、2000年6月7日• (Rough Towerの解説:英語)• — The Kingdom of Playland 'independent and sovereign country'.

次の

世界最小の国はバチカン市国。ローマの中にあります

世界 最小 の 国 バチカン 市 国 が ある の は どこ の 都市 の 中

まずはここから!バチカン市国の基本情報 バチカン市国はイタリア・ローマ市の西に位置するカトリックの総本山。 全世界に12億人もいると言われているカトリック信者ですが、その最高指導者であるローマ法王が住む都市国家です。 日本やアメリカのよう大統領や首相が統治しているのではなく、ローマ法王が国を統治しています。 歴史や地理の授業でも習った方も多いかと思いますが、バチカン市国は「世界最小の国」。 面積は0. 44平方キロメートルほどしかありません。 なんと、東京ディズニーランドや渋谷の代々木公園よりも小さいのです! その国土の3分の2を美しい庭園が占めており、一般観光客に公開されている場所は限られています。 人口も800人ほどしかいません。 バチカン市国には、大聖堂や博物館などの壮大な建築物、さらにミケランジェロやラファエロをはじめとする美術史に残る巨匠の貴重な作品が所蔵されています。 1984年には、国全体がユネスコの世界遺産に登録されました。 バチカン市国へのアクセス方法 気になるアクセス方法ですが、実は「国境を超える」という感覚がないほどにシンプルです。 ローマから出国手続きや入国審査などは不要で、パスポートの提示も必要ありません。 バチカンへのおすすめのアクセスは電車。 地下鉄A線「オッタヴィアーノ(Ottaviano)駅」から向かうのが一般的です。 テルミニ駅から20分ほどで駅に着き、そこからサン・ピエトロ広場まで徒歩約10分ほどで到着します。 もしサン・ピエトロ広場ではなく、バチカン博物館から観光したいのであれば、地下鉄A線「チプロ駅(Cipro)駅」からがベターです。 こちらも徒歩10分ほどで到着することができます。 また、市内バスを利用するのもおすすめ。 49番バスに乗ると、バチカン博物館前すぐに停車するため便利です。 押さえておこう!バチカン観光の注意点 日本人にとって、あまり馴染みがない宗教。 カトリック信者以外は入場できない曜日や時間帯、服装など注意しなければいけないことがあるのか... ?と不安な方も多いのではないでしょうか。 まずはバチカンに行く前に知るべき注意事項を押さえておきましょう。 カトリック信者でなくても大丈夫? カトリック信者でなくても、バチカン市国内の一般公開されているエリアは全て入場することができます。 毎週水曜日にはローマ法王の一般謁見、毎週日曜日にはミサが行われています。 こちらもカトリック信者でなくても参加することができ、ローマ法王を拝むことができる貴重な機会です。 ただし、水曜日と日曜日は多くのカトリック信者が集まり大変混雑します。 そのため、あえて曜日を避けてスムーズに見て回ることもいいかもしれません。 マナーや服装には注意しよう カトリック信者にとって、バチカン市国は"観光スポット"ではなく"神聖な場"です。 特にサンピエトロ大聖堂は聖ペテロの墓を祀る教会、つまり"神様の家"ということを覚えておきましょう。 写真撮影は不可の場所もあるので注意が必要です。 また、公式的に禁止はされていませんが、セルフィー用の棒も使用は控えた方が良いでしょう。 特に大聖堂や美術館ではたくさんの人が行き来しており、ぶつかる恐れもあり危険です。 また、入場前には服装チェックがあるので覚えておきましょう。 ミニスカートやショートパンツ、肩やひざがでている服装だと入場を拒否される可能性があります。 冬の時期は基本的に問題ないかと思いますが、肌の露出が増える夏場は要注意。 近くの売店で大判スカーフも販売されています。 うっかり肌が露出した服を着てしまった場合は、そこで買い足すのもいいかもしれません。 営業時間は必ず事前チェック 最後に注意していただきたいのが営業時間です。 サン・ピエトロ大聖堂とバチカン美術館は、それぞれ定休日や営業時間が異なります。 事前のチェックを怠ると、定休日なしのサン・ピエトロ広場しか観光できなかった... というようなことも。 また、気を付けたいのが所要時間です。 世界最小の国といいつつ、そのボリュームは計り知れません。 サン・ピエトロ大聖堂とバチカン美術館だけでも、じっくり見ようとすると1日以上かかってしまいます。 混雑する水曜日や日曜日を避けるのがよいでしょう。 サン・ピエトロ大聖堂は朝7時から営業しているため、早朝から行動するのがおすすめです。 旅行の前に!バチカンを舞台に繰り広げられる壮絶なミステリー映画『天使と悪魔』を見てみよう バチカン市国へ旅行する前に是非見ていただきたいのが、トム・ハンクス主演の映画『天使と悪魔』です。 映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編であり、イタリアのローマとバチカンを舞台に繰り広げられるミステリースリラー映画。 ローマにある名所や教会、そしてバチカンが多く登場するため、より一層バチカン市国が楽しくなることでしょう。 映画の舞台は、教皇が逝去したヴァチカン。 新しく教皇を選ぶため、枢機卿による教皇選挙であるコンクラーベが開かれようとしていました。 そんな中、科学者の秘密結社「イルミナティ」が次期ローマ法王候補者達を次々と殺害。 彼らの陰謀を阻止するため、ハーバート大学の宗教象徴学者である主人公のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が奔走するストーリーです。 芸術作品に隠された意味や歴史、コンクラーベなどの厳格なバチカンの文化について理解するには一苦労... という方も多いのではないでしょうか。 そんな方は、是非こちらの映画をチェックしてみてください。 <バチカン市国の見どころを紹介> 1. サン・ピエトロ大聖堂 サン・ピエトロ大聖堂は、イエス・キリストの愛弟子である初代ローマ教皇の聖ペトロ(イタリア語でサン・ピエトロ)を祀った神聖な教会。 6万人を収容できる世界最大級のキリスト教の建築物です。 世界中から多くの信者が参拝に訪れ、バチカンでまず絶対に外せない場所と言えます。 また、記事前半の注意事項でもご紹介したように、サン・ピエトロ大聖堂では入場時に服装チェックがあります。 肌が露出した服装は必ず避けましょう。 サン・ピエトロ大聖堂の歴史 そもそも、サン・ピエトロ大聖堂は帝政ローマ時代の紀元64年、聖ペテロが皇帝ネロの迫害にあって、逆さ十字架にかけられた殉教の地。 4世紀、キリスト教を後任したコンスタンティヌス大帝によって建設され、16世紀初めに大幅な改築が行われました。 設計はブラマンテ、ラファエロ、そしてミケランジェロへ引き継がれて17世紀初めにようやく完成しました。 豪華絢爛な大聖堂内に感動 バロック様式で煌びやかで豪華な聖堂内は、まさに世界最大級の大聖堂! 聖堂に入った瞬間、息をのむほどの壮大な光景が広がります。 天井・壁・床、至る所すべてに細かい装飾が施されており、どこを見渡しても目を奪われてしまうほど美しいです。 大聖堂の中心にあるのが、巨匠ベルニーニ作のブロンズの天蓋。 高さは約29メートルもあり誰もが思わず立ち止まってしまうような美しさです。 この下に、大聖堂を作るきっかけとなったキリスト教の使徒ペトロの墓があります。 ミケランジェロの「ピエタ」は必見 誰もが知る、ルネサンスの巨匠・ミケランジェロ。 「ピエタ」は十字架にかけられたイエス・キリストを抱く聖母マリアを描いた彫刻作品。 ミケランジェロが唯一署名をした作品でもあります。 サン・ピエトロ大聖堂では、彼が23歳の若さで完成させた彫刻作品「ピエタ」を肉眼で見ることができます。 聖堂を入って、回廊を少し進んだ右側に展示されています。 穴場スポット!バチカンの絶景を一望できるクーポラへ ミケランジェロが設計したドーム型の天井・クーポラは、実は意外と知られていない穴場スポット。 有料ではありますが、ローマやバチカンの絶景を一望できるのでおすすめです。 クーポラの入口は大聖堂の右横にあり、階段で上ることができます。 ただし、徒歩だと551段もの階数を上る必要があるため、体力的にキツイという方はエレベーターが利用できるチケットを購入すると良いでしょう。 サン・ピエトロ広場 サン・ピエトロ大聖堂の正面にある、40万人を収容できる楕円形の壮麗な広場。 教皇アレクサンデル7世の命により、ベルニーニの設計で、10年という年月をかけて1667年に建設されました。 全世界のカトリックの総本山として、ベルニーニが両腕で信者たちを包み込むような列柱廊のデザインにしたと言われています。 その壮大な広場を囲むように、4列に並べられた石柱は合計372本。 さらに柱の上には140体の聖人像が並んでいます。 広場の真ん中には、古代エジプト時代に作られた高さ約25mのオベリスクが建っています。 オベリスクの右にはベルニーニが設計した噴水があり、近くを歩くと水しぶきがかかるくらいの勢いがあります。 サン・ピエトロ広場は日中はもちろん、夜もおすすめです。 綺麗にライトアップされたバチカン市国を見ることができますよ。 サン・ピエトロ広場の観光情報 英名 : Piazza San Pietro 住所 : Piazza San Pietro, Roma アクセス : 地下鉄A線「オッタヴィアーノ Ottaviano 」駅から徒歩15分 定休日 : なし 営業時間 : なし 料金 : 無料 注意点 : 階段などでの飲食は禁止 3. バチカンを守るスイス傭兵を見つけよう バチカン市国への旅で注目していただきたいのが、カラフルで独特な軍服を纏ったスイス傭兵。 バチカン市国とローマ教皇を警護する衛兵で、バチカンの城門で見ることができます。 黄・青・赤のカラフルなルネッサンス風の制服は、500年以上前からの伝統を引き継いだ正装です。 当初の制服はミケランジェロがデザインしたとも伝えられています。 衛兵団には、現在は約110人の男性が所属すると言われています。 入隊するには、30歳未満のスイス国籍、前科なし、独身、ローマ・カトリック教信者でスイス軍の兵役を受けたことなどが条件とされています。 スイス傭兵との写真はOKですので、一緒に撮ってみてはいかがでしょうか。 バチカン美術館 バチカン美術館は、歴代ローマ教皇の膨大な収集品を展示する世界最大級の美術館。 サン・ピエトロ大聖堂と同様に、絶対に外せないバチカンの必見スポットです。 毎年、1800万人以上もの来場者が訪れる人気観光地の1つです。 まず、入場時に荷物検査と服装チェックがあり、それを抜けるとチケット購入できる受付が見えてきます。 事前にチケットを購入していない方はこちらで購入することができますが、時間帯によっては2~3時間待ちということも。 そのため、事前オンライン予約がおすすめです。 美術館の公式サイトでは60日前から事前予約ができます。 バチカン市国への旅行が決まったら、出来るだけ早めに予約しておきましょう。 バチカン美術館は様々な年代やテーマに分かれた美術館・博物館の総称。 全長は7kmもあり、簡単に一通りまわったとしても4時間はかかってしまいます。 ここでは最低限おさえておきたい作品をピックアップしてご紹介します。 「最後の審判」システィーナ礼拝堂 礼拝堂内部は全面撮影が禁止されているため、残念ながら文章だけで見どころをご紹介します。 是非、実際に足を運んでご自身の目で感動を体験してみてください。 まず絶対に行くべきスポットが、システィーナ礼拝堂です。 ここはローマ教皇を選出する会議の場・コンクラーヴェ(Conclave)としても利用されており、非常に重要な礼拝堂です。 システィーナ礼拝堂には、ミケランジェロの最高傑作「最後の審判」が展示されています。 「最後の審判」には、中央にいるキリストが死者を天国と地獄に分ける裁きを行っている姿が描かれています。 左側が天国、右側が地獄で、なんと400名以上もの人物が描かれてる超大作なのです。 バチカン美術館に行ったら絶対にみておきたい必見の作品です。 また、合わせて注目していただきたいのが天井です。 天井一面には、ミケランジェロによって描かれた巨大なフレスコ画があります。 旧約聖書創世記の9つのエピソードが描かれており、その中でも有名なのが「アダムの創造」です。 「アダムの創造」はスティーブン・スピルバーグの代表作『E・T』の元ネタになっていることでも知られています。 劇中の主人公の少年と異星人が指同士を触れ合うあの有名なシーンは「アダムの創造」を見て取り入れたと言われています。 煌びやかに輝く「地図のギャラリー」 16世紀に作られたイタリア各地の地図が展示されているギャラリー。 まず、注目していただきたいのは天井です。 豪華な絵画と彫刻で天井全面が埋め尽くされており、煌びやかな空間に圧巻すること間違いなし。 1つ1つが繊細に作られており、きちんと見ようとすると中々進めません... 両脇の壁には、イタリアを中心とした中世の地図がズラリと展示されています。 イタリアの地図はもちろん、中世の時代に描かれた色々な国の地図も見ることができます。 航空写真もない時代に描かれたにも関わらず、地図の正確さに驚く方も多いのではないでしょうか。 ラファエロ「アテネの学堂」 ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ビンチと並んでルネサンスの三大巨匠と呼ばれるラファエロ。 そんなラファエロの代表作である「アテネの学堂」をバチカン美術館で拝むことができます。 実は、美術館の入場チケットのデザインにもなっています。 ラファエロの間と呼ばれる部屋は全部で4つあり、その中の1つである「署名の間」に「アテネの学堂」があります。 ラファエロ「キリストの変容」 「アテネの学堂」と並んでラファエロの代表作が「キリストの変容」です。 これは、イエス・キリストが弟子たちの前で神へと変容する姿を描いた作品。 サン・ピエトロ大聖堂にも同じ作品が展示されてありますが、そちらはレプリカ。 本物はバチカン美術館に展示されている方ですので、お間違いのないように。 美しい螺旋階段であるブラマンテ階段 バチカン美術館は芸術作品だけではなく、建築物自体も魅力の1つです。 その中でもチェックしていただきたいのが、500年前に作られたエレガントで美しいブラマンテ螺旋(らせん)階段です。 バチカン美術館から出口に向かう際に通る階段で、よく見ると上りと下りがすれ違わないように二重になっています。 上から見下げても、下から見上げても美しく、多くの観光客が記念撮影をしています。 公式サイト(英語) : バチカン美術館公式サイト 「世界最小の国」ではありますが、とにかく見どころが多いバチカン市国。 事前にリサーチをして、気になる作品に目星を付けておいた方がスムーズに観光できますよ。

次の