香川 名物 グルメ。 こんぴら参りの後は食べ歩き♪おすすめグルメ&買うべきお土産

うどんに瀬戸内海の幸!高松の名物「おすすめグルメランキング」

香川 名物 グルメ

香川県のおすすめご当地情報をご紹介。 香川県には瀬戸大橋、黒川温泉、吉祥寺などの観光スポット、節分祭、丸亀お城まつり、虫送りなどの観光イベント、讃岐うどん、和三盆、かまどなどのご当地グルメがあります。 香川県は瀬戸内海に面する四国の一県で、かつては讃岐国といわれた土地で、小豆島など110余りの島々が含まれます。 香川県は日本で最も面積が小さい県ですが、史跡も多く、歴史舞台にも何度か登場してそのゆかりのものが多くの観光スポットになっています。 香川県は鎌倉時代に流刑地として使用されていましたが、鎌倉幕府が滅亡すると足利氏の一門である細川氏が守護大名として支配をしました。 南北朝時代に細川氏が戦で敗れてからは様々な武将に支配され、江戸時代になってからも生駒氏、水戸徳川家の嫡流・松平頼重など藩主がかわり、3つの藩に分かれるまでになっています。 国の史跡で重要文化財になっている丸亀城は亀山城、蓬莱城ともいわれる平山城です。 丸亀城は天守や大手一の門などが現存しており公園として整備されて天守から瀬戸内海を一望することができる観光スポットです。 香川県は蘭学者であり発明家でもあった平賀源内の出身地のため、平賀源内記念館、平賀源内先生遺品館といった関連施設があり、日本最初の摩擦静電気発生装置のエレキテルなどを見ることができます。 香川県は大小の様々な島が含まれているため、海上輸送が重要な交通手段で、四国フェリーや小豆島急行フェリーなどのジャンボフェリーといった船が運航しており、船旅を楽しめます。 個人などで遊漁船を出しているところもあり、船釣りを楽しむこともできます。 香川県のグルメといえば、なんといっても讃岐うどんが全国的に有名です。 讃岐うどんは香川県特産のうどんであり、地域ブランドでもあるうどんです。 香川県ではうどんが非常に好まれており、うどんを提供する店舗も多く、有名では行列ができる賑わいを見せています。 うどんの消費量も香川県は全国一で、香川県といえばうどんといったイメージから香川県観光協会が「うどん県」といった呼称に改名する運動なども行いました。 讃岐うどんは最近では全国どこでも食べられるようになりましたが、食べ方はその地域に合わせたものも多く、本場の香川県とは異なる場合があります。 香川県を訪れた人の66. 4%がうどんを食べたというデータもあり、香川県を訪れたならぜひとも本場の讃岐うどんを食べてみましょう。

次の

香川県の観光スポットと定番みやげ、名物グルメのおすすめ情報

香川 名物 グルメ

31 785段の階段で有名な「こんぴらさん」こと金刀比羅宮。 長い階段はきっと幸せへ続く道と思えばなんのその。 そして上りきった時に見える絶景は格別です。 金刀比羅宮観光で石段を踏破したら、名物グルメを食べ歩きして、ぜひこんぴら参りの醍醐味を堪能してくださいね。 今回は金刀比羅宮の門前町のグルメスポットやお土産どころをご紹介します。 香川名物手打ちうどんや、老舗和菓子店の名物餅など、全部巡りたくなるグルメばかり。 食べたら運気アップだけじゃなく、パワーチャージもばっちり! 新年に向けての参拝旅で気分もリフレッシュ!いいことありますように! 金刀比羅宮 長い石段の先に待ち受ける「こんぴらさん」と大展望。 海抜251mに佇む御本宮。 ここまでの参道には旧跡や文化財が数多く点在する 石段は無理せずマイペースで上ろう 参道入口から御本宮まで、785段の石段を上って辿り着く高台の古社。 瀬戸内海国立公園内の象頭山に位置し、展望台から讃岐平野を一望できる。 御本宮からさらに583段上った奥社はパワースポットとして有名。 「さぬきのこんぴらさん」の名で親しまれ、江戸時代には「こんぴら参り」のブームに沸いた金刀比羅宮。 参拝は長々と続く石段の参道を踏破してからとなるが、幸せへと続く道のりだと思えば自然と足も動くもの。 宝物館や書院など、道中に点在する文化施設に立ち寄りながら、のんびり御本宮を目指そう。 参拝後は石段を下りながら、お待ちかねのグルメ探訪へ。 参道周辺には個性様々な讃岐うどんの店が揃い、行列も珍しくない。 本場に来たからには、地元独特の「しょうゆうどん」をまず一杯。 疲れを癒やすなら名物甘味を巡るのもいい。 好奇心に任せて店をハシゴするうちに、上りの苦労は記憶の彼方へと消えているはずだ。 創建:不明 平安時代以前 ご祭神:大物主神 おおものぬしのかみ 、崇徳天皇 ご神徳:航海安全、病気平癒、技芸上達 金刀比羅宮 ことひらぐう TEL/0877-75-2121 住所/香川県仲多度郡琴平町892-1 営業時間/御本宮6時~17時 4月~9月は~18時 、博物館8時30分~最終受付16時30分 定休日/なし 料金/参拝無料、書院・高橋由一館・宝物館は拝観料各800円 アクセス/電車:JR琴平駅より徒歩10分 参道登り口付近まで /車:高松道善通寺ICより20分 駐車場/なし 参道入口付近町営有料駐車場あり 1. こんぴらうどん参道店 茹でたて、揚げたてのこだわり。 揚げたてが自慢の天ぷらは、えび天ととり天が人気 足踏み、練り、手打ちと全ての工程を店内で行っている 築120年の登録有形文化財の店舗 こんぴらの水と瀬戸内の塩を使った手打ちうどんを提供。 茹でたてに特製醤油をかけていただく、地元ならではの「しょうゆうどん」をぜひ。

次の

うどんだけじゃない!香川の隠れ名物「骨つき鳥」おすすめ5店

香川 名物 グルメ

香川県のおすすめご当地情報をご紹介。 香川県には瀬戸大橋、黒川温泉、吉祥寺などの観光スポット、節分祭、丸亀お城まつり、虫送りなどの観光イベント、讃岐うどん、和三盆、かまどなどのご当地グルメがあります。 香川県は瀬戸内海に面する四国の一県で、かつては讃岐国といわれた土地で、小豆島など110余りの島々が含まれます。 香川県は日本で最も面積が小さい県ですが、史跡も多く、歴史舞台にも何度か登場してそのゆかりのものが多くの観光スポットになっています。 香川県は鎌倉時代に流刑地として使用されていましたが、鎌倉幕府が滅亡すると足利氏の一門である細川氏が守護大名として支配をしました。 南北朝時代に細川氏が戦で敗れてからは様々な武将に支配され、江戸時代になってからも生駒氏、水戸徳川家の嫡流・松平頼重など藩主がかわり、3つの藩に分かれるまでになっています。 国の史跡で重要文化財になっている丸亀城は亀山城、蓬莱城ともいわれる平山城です。 丸亀城は天守や大手一の門などが現存しており公園として整備されて天守から瀬戸内海を一望することができる観光スポットです。 香川県は蘭学者であり発明家でもあった平賀源内の出身地のため、平賀源内記念館、平賀源内先生遺品館といった関連施設があり、日本最初の摩擦静電気発生装置のエレキテルなどを見ることができます。 香川県は大小の様々な島が含まれているため、海上輸送が重要な交通手段で、四国フェリーや小豆島急行フェリーなどのジャンボフェリーといった船が運航しており、船旅を楽しめます。 個人などで遊漁船を出しているところもあり、船釣りを楽しむこともできます。 香川県のグルメといえば、なんといっても讃岐うどんが全国的に有名です。 讃岐うどんは香川県特産のうどんであり、地域ブランドでもあるうどんです。 香川県ではうどんが非常に好まれており、うどんを提供する店舗も多く、有名では行列ができる賑わいを見せています。 うどんの消費量も香川県は全国一で、香川県といえばうどんといったイメージから香川県観光協会が「うどん県」といった呼称に改名する運動なども行いました。 讃岐うどんは最近では全国どこでも食べられるようになりましたが、食べ方はその地域に合わせたものも多く、本場の香川県とは異なる場合があります。 香川県を訪れた人の66. 4%がうどんを食べたというデータもあり、香川県を訪れたならぜひとも本場の讃岐うどんを食べてみましょう。

次の