出会い系 電話。 出会い系サイトの女性と会う前には電話をしよう!電話をする理由とコツもご紹介

出会い系サイトの回収業者は危ない!(ライン・メルアド・電話番号)

出会い系 電話

出会い系でマッチングをした後は、うまいことメッセージを続けてLINEをゲットするのが一般的な流れですよね。 もちろん、この流れが必ずしも上手くいくわけではないので大変なんですけど、LINEの交換までこぎつけられたなら、実際に女の子と会うまでもう少しですよ。 LINEを交換できたということは、女性側からしてあなたは 最低限に信頼されて、この人なら大丈夫そうと思われたってことですから自信を持ってくださいね。 さて、LINEでメッセージをやり取りしていくうえで、私が使っている最も効果的な仲良くなる方法があります。 それは電話をすることです。 電話は二人の声と声がつながる瞬間で、メッセージでは伝えきれないものをたくさんやり取りできます。 声や呼吸、話し方、間の取り方など非常に様々です。 今回は電話をするかどうかについて紹介していきます。 もくじ• 会う前に電話する? 会う前に電話をするのはけっこう迷いますよね。 そもそも、どうしたら電話をしてもらえるかもわからないし、電話しましょうよ!と言って断られたらショックですよね。 そう考えると、やっぱり電話をするのはやめておいた方がいいのかなと思ってしまいますね。 私も最初はそうだったんです。 私が電話を初めてしたとき 私が初めてペアーズで知り合った女性と電話をしたのは、使い始めて半年くらいが経過した時でした。 それまではペアーズで知り合った人と電話することなく、当日までLINEでメッセージを続け、実際に会っていました。 もちろん、それでも当日の頑張り次第で楽しく時間を過ごすことができていました。 しかし、一度ある女性と電話をしてからは、「断然電話したほうがいい」と感じるようになりました。 私が初めて電話をした女性は26歳のOLさん。 きっかけは、私が間違えて電話をかけてしまったからだったんです。 LINEのプロフィール画面を見ていて、指が「電話をかける」のボタンに触れてしまったんです。 最初はめちゃくちゃ焦りました。 私、電話は緊張してしまうのでメッセージがいいです こんな感じで、女性の方も申し訳なさそうに断ってくることが多いです。 ちゃんとした理由をつけて断りを入れてくれるのであれば、あまり傷つかないで済みますね。 つまり、 直接的に誘っても全く問題ないということが分かったと思います。 私たちが勝手に無意味な心配をしているだけだったんです。 もちろんこの境地に達するのはちょっと時間がかかるかもしれませんが、とにかくチャレンジを積み重ねることで克服することができると思います。 相手にワンギリで電話をかけて、それに対する返信からうまいこと電話に繋げます。 返信の後からのメッセージのやり取りが重要になりますね。 お酒の話から入って「酔ってる状態で解散したらさびしくなる」というキーワードを起点にして、電話の話に転換しているのが分かると思います。 これで、電話の話に変わり、電話をしてもいいかどうかを自然に聞けるようになっていますよね。 私は話の流れから電話を申し出る作戦を使うことがけっこうあり、しかも成功率も高いんです。 ここまで3つの作戦を提示しました。 それぞれの作戦がみなさんに合うかは分かりませんが、ぜひとも試してみてほしいと思います。 電話した時のメリット さて、どうやって電話をするかを紹介してきましたが、ここからは電話をすることによって得られるメリットを紹介しますね。 やっぱり、自分の行動に対して、どんなメリットがあるのかを理解しておくと、モチベーションにつながると思います。 相手の声を聞けて安心感を与えられる 一つ目のメリットは、何と言っても相手の声を聞けることだと思います。 電話をする前までは、メッセージを続けていると思いますのである程度仲良くなれているはずです。 しかし、メッセージで仲良くなれるレベルというのは一定の限度がありますよね。 メッセージだけでは相手の声まではわかりません。 電話をすることによって相手の声を聞くことができれば、なんとなくですが安心しませんか? 忘れてはいけないのは、相手の女性とは「出会い系」で出会っているということです。 出会い系の評判はまだまだ悪いのが現状です。 電話して相手がどんな声かを聴きたい• 電話したら安心する• 性格が合うか判断したい• いきなり会うのは怖い• 会う前に電話したら緊張しないですむ• 話てみたい• 相手がよくしゃべるのか、しゃべらない方なのかを知りたい• つっこみキャラなのか、ボケキャラなのか気になる 電話をしてどんな性格なのかを知りたい、安心したい、と言った声がけっこうあるんです。 ここから考えても、 お互いが安心感を得るために、電話する方がいいでしょう。 また、メッセージだけではわからない部分を電話を通して知りたいという声もありますね。 メッセージは確かに仲良くなれますが、分からないことも多いですよね。 電話したくない派の意見 続いては電話したくない人の意見をまとめました。 そういった場合には無理に電話をする必要はなく、メッセージを続けてもいいと思います。 いやいや電話してもあまり効果がないと思うので。 さて、ここで 「何をしゃべったらいいか分からない」という意見に注目しみてください。 話題選択はけっこう迷いますよね。 続いての項目でどんな話題を振れば良いかを紹介していきます。 話題はどうしたらいい? 初めて話す人とはどんなことを話しますか? 例えば、パーティーに行ったり、合コンに行った時にはどんな話題を使っているかを考えればいいと思います。 初めて会う人と、いきなり込み入った話はしないと思います。 最初は当たり障りのない話が多いです。 そこで、僕がよく話す話題を下に書いていきます。 休日の過ごし方 これは定番です。 休日はどんなことしてるんですかー? って感じで軽く聞いてみましょう。 この話題のメリットは、 話題が発展していく可能性がかなりあります。 相手の返答次第で色んな話題を話せますので、けっこう便利ですよ。 どこにあるか• 授業はどれくらいあるのか• サークルは何入ってるのか など、話題は尽きませんね。 自分も大学生ならさらに盛り上がるでしょう。 私が大学生の女性とマッチングして電話をするときには、必ず大学の話をしてますね。 さて、メッセージをある程度しているときには、話題がかぶることもあるかもしれません。 その時には、 以前、聞いたことに加えてより深く聞いてみてもいいと思います。 話題がかぶっても特に問題はないです。 私もけっこう話題がかぶってしまうことがありますが、 聞き方を変えたり、自分のことを話して会話を広げています。 電話をする中で共通の話題が見つかったら、かなりアドバンテージになります。 好きな音楽が同じ、好きな映画が一緒、同じスポーツをやっている、このへんが見つかってくるとかなり仲良くなれます。 ある女性とは、聞いてる音楽がラッドウィンプスで、どちらもサッカーサークルに入っていて、パイレーツオブカリビアンが共通の映画でした。 まさにドンピシャの女性。 こんな女性とはほんとに仲良くなれます。 あの曲いいよね、今日はサッカーしてきた、映画新作出たよね!って感じで話題が尽きません。 ここまで共通点を見つけられるのはなかなか大変ですが、何個かあればいいと思いますよ。 電話番号を教えるのは危険? さて、ここまではLINEで電話をすることが前提でした。 電話するのはLINE電話以外に、 普通の携帯電話がありますよね。 これを使って電話するのはどうでしょうか。 結論から言うと、 さすがに危険だと思います。 LINE電話の場合はLINEをブロックしてしまえば済みますが、 普通の電話だと電話番号が知らないところで流出してしまう可能性があり、いちいち着信拒否をするのが面倒だと思います。 また、知らない人に電話番号を渡すのは気持ち的にも嫌でしょう。 男性からしてこのように思うのなら、女性側も嫌なはずです。 LINE電話で電話ができるのに、わざわざスマートフォンの電話番号を教えるのは危険を感じます。 どうしてもLINE電話じゃ嫌だ、という場合には提案してもいいとは思いますが、ほとんどの場合で断られるでしょう。 私はやったことがないので経験的なことは言えません。 さて、ここまで電話をするまでの流れや、メリット、話題選択などについて紹介してきましたね。 この記事を参考にして、出会い系で知り合った女性とさらに仲良くなって、実際に会うまでに発展したら嬉しいです。 より深い関係になって、さらに充実した生活を送れたらいいですね。

次の

中高年 出会える出会い系電話 百合の会

出会い系 電話

出会い系でマッチングをした後は、うまいことメッセージを続けてLINEをゲットするのが一般的な流れですよね。 もちろん、この流れが必ずしも上手くいくわけではないので大変なんですけど、LINEの交換までこぎつけられたなら、実際に女の子と会うまでもう少しですよ。 LINEを交換できたということは、女性側からしてあなたは 最低限に信頼されて、この人なら大丈夫そうと思われたってことですから自信を持ってくださいね。 さて、LINEでメッセージをやり取りしていくうえで、私が使っている最も効果的な仲良くなる方法があります。 それは電話をすることです。 電話は二人の声と声がつながる瞬間で、メッセージでは伝えきれないものをたくさんやり取りできます。 声や呼吸、話し方、間の取り方など非常に様々です。 今回は電話をするかどうかについて紹介していきます。 もくじ• 会う前に電話する? 会う前に電話をするのはけっこう迷いますよね。 そもそも、どうしたら電話をしてもらえるかもわからないし、電話しましょうよ!と言って断られたらショックですよね。 そう考えると、やっぱり電話をするのはやめておいた方がいいのかなと思ってしまいますね。 私も最初はそうだったんです。 私が電話を初めてしたとき 私が初めてペアーズで知り合った女性と電話をしたのは、使い始めて半年くらいが経過した時でした。 それまではペアーズで知り合った人と電話することなく、当日までLINEでメッセージを続け、実際に会っていました。 もちろん、それでも当日の頑張り次第で楽しく時間を過ごすことができていました。 しかし、一度ある女性と電話をしてからは、「断然電話したほうがいい」と感じるようになりました。 私が初めて電話をした女性は26歳のOLさん。 きっかけは、私が間違えて電話をかけてしまったからだったんです。 LINEのプロフィール画面を見ていて、指が「電話をかける」のボタンに触れてしまったんです。 最初はめちゃくちゃ焦りました。 私、電話は緊張してしまうのでメッセージがいいです こんな感じで、女性の方も申し訳なさそうに断ってくることが多いです。 ちゃんとした理由をつけて断りを入れてくれるのであれば、あまり傷つかないで済みますね。 つまり、 直接的に誘っても全く問題ないということが分かったと思います。 私たちが勝手に無意味な心配をしているだけだったんです。 もちろんこの境地に達するのはちょっと時間がかかるかもしれませんが、とにかくチャレンジを積み重ねることで克服することができると思います。 相手にワンギリで電話をかけて、それに対する返信からうまいこと電話に繋げます。 返信の後からのメッセージのやり取りが重要になりますね。 お酒の話から入って「酔ってる状態で解散したらさびしくなる」というキーワードを起点にして、電話の話に転換しているのが分かると思います。 これで、電話の話に変わり、電話をしてもいいかどうかを自然に聞けるようになっていますよね。 私は話の流れから電話を申し出る作戦を使うことがけっこうあり、しかも成功率も高いんです。 ここまで3つの作戦を提示しました。 それぞれの作戦がみなさんに合うかは分かりませんが、ぜひとも試してみてほしいと思います。 電話した時のメリット さて、どうやって電話をするかを紹介してきましたが、ここからは電話をすることによって得られるメリットを紹介しますね。 やっぱり、自分の行動に対して、どんなメリットがあるのかを理解しておくと、モチベーションにつながると思います。 相手の声を聞けて安心感を与えられる 一つ目のメリットは、何と言っても相手の声を聞けることだと思います。 電話をする前までは、メッセージを続けていると思いますのである程度仲良くなれているはずです。 しかし、メッセージで仲良くなれるレベルというのは一定の限度がありますよね。 メッセージだけでは相手の声まではわかりません。 電話をすることによって相手の声を聞くことができれば、なんとなくですが安心しませんか? 忘れてはいけないのは、相手の女性とは「出会い系」で出会っているということです。 出会い系の評判はまだまだ悪いのが現状です。 電話して相手がどんな声かを聴きたい• 電話したら安心する• 性格が合うか判断したい• いきなり会うのは怖い• 会う前に電話したら緊張しないですむ• 話てみたい• 相手がよくしゃべるのか、しゃべらない方なのかを知りたい• つっこみキャラなのか、ボケキャラなのか気になる 電話をしてどんな性格なのかを知りたい、安心したい、と言った声がけっこうあるんです。 ここから考えても、 お互いが安心感を得るために、電話する方がいいでしょう。 また、メッセージだけではわからない部分を電話を通して知りたいという声もありますね。 メッセージは確かに仲良くなれますが、分からないことも多いですよね。 電話したくない派の意見 続いては電話したくない人の意見をまとめました。 そういった場合には無理に電話をする必要はなく、メッセージを続けてもいいと思います。 いやいや電話してもあまり効果がないと思うので。 さて、ここで 「何をしゃべったらいいか分からない」という意見に注目しみてください。 話題選択はけっこう迷いますよね。 続いての項目でどんな話題を振れば良いかを紹介していきます。 話題はどうしたらいい? 初めて話す人とはどんなことを話しますか? 例えば、パーティーに行ったり、合コンに行った時にはどんな話題を使っているかを考えればいいと思います。 初めて会う人と、いきなり込み入った話はしないと思います。 最初は当たり障りのない話が多いです。 そこで、僕がよく話す話題を下に書いていきます。 休日の過ごし方 これは定番です。 休日はどんなことしてるんですかー? って感じで軽く聞いてみましょう。 この話題のメリットは、 話題が発展していく可能性がかなりあります。 相手の返答次第で色んな話題を話せますので、けっこう便利ですよ。 どこにあるか• 授業はどれくらいあるのか• サークルは何入ってるのか など、話題は尽きませんね。 自分も大学生ならさらに盛り上がるでしょう。 私が大学生の女性とマッチングして電話をするときには、必ず大学の話をしてますね。 さて、メッセージをある程度しているときには、話題がかぶることもあるかもしれません。 その時には、 以前、聞いたことに加えてより深く聞いてみてもいいと思います。 話題がかぶっても特に問題はないです。 私もけっこう話題がかぶってしまうことがありますが、 聞き方を変えたり、自分のことを話して会話を広げています。 電話をする中で共通の話題が見つかったら、かなりアドバンテージになります。 好きな音楽が同じ、好きな映画が一緒、同じスポーツをやっている、このへんが見つかってくるとかなり仲良くなれます。 ある女性とは、聞いてる音楽がラッドウィンプスで、どちらもサッカーサークルに入っていて、パイレーツオブカリビアンが共通の映画でした。 まさにドンピシャの女性。 こんな女性とはほんとに仲良くなれます。 あの曲いいよね、今日はサッカーしてきた、映画新作出たよね!って感じで話題が尽きません。 ここまで共通点を見つけられるのはなかなか大変ですが、何個かあればいいと思いますよ。 電話番号を教えるのは危険? さて、ここまではLINEで電話をすることが前提でした。 電話するのはLINE電話以外に、 普通の携帯電話がありますよね。 これを使って電話するのはどうでしょうか。 結論から言うと、 さすがに危険だと思います。 LINE電話の場合はLINEをブロックしてしまえば済みますが、 普通の電話だと電話番号が知らないところで流出してしまう可能性があり、いちいち着信拒否をするのが面倒だと思います。 また、知らない人に電話番号を渡すのは気持ち的にも嫌でしょう。 男性からしてこのように思うのなら、女性側も嫌なはずです。 LINE電話で電話ができるのに、わざわざスマートフォンの電話番号を教えるのは危険を感じます。 どうしてもLINE電話じゃ嫌だ、という場合には提案してもいいとは思いますが、ほとんどの場合で断られるでしょう。 私はやったことがないので経験的なことは言えません。 さて、ここまで電話をするまでの流れや、メリット、話題選択などについて紹介してきましたね。 この記事を参考にして、出会い系で知り合った女性とさらに仲良くなって、実際に会うまでに発展したら嬉しいです。 より深い関係になって、さらに充実した生活を送れたらいいですね。

次の

出会い系で会う前に電話をするメリットと誘い方!話題作りのコツもあり

出会い系 電話

もくじ• 電話が苦手な私でも大丈夫? 大丈夫です。 私も苦手でした。 電話が本当に苦手で苦手で.. 笑 仕事でも出会い系サイトでも、できれば電話を極力しないでメールだけでやりとりをしてから会いたいタイプでした。 上手く話せなかったらどうしようとか、なんか緊張するなーとか。 こんな私でも出会い系サイトで電話する方が楽しいし、よく出会えることがわかりました。 よほどイケイケな相手でない限り、みんな相手と初めて電話をするときは緊張しています。 電話が苦手な人も、最初に話す内容を考えておいたりや心構えさえ持っていれば、電話するとき意外にすらすら話せます。 慣れてくると、緊張してるなりに準備をしなくても普通に話せるようにもなりますので安心してください! 電話がうまくいかなくて大丈夫、気楽に! 最初から構えるともっと緊張してしまいますので、 「出会い系サイトには私 俺 を待ってるひとはたくさんいる!」 くらいの気持ちで電話をかけてみてください。 初めての電話で失敗しても問題ありません。 私もそうでした。 でも、ある時突然電話をしてみたいという気持ちになったのです。 その時の初電話は緊張していてなにを話していたか覚えていませんが、初デートすることもできました。 実は、自分もすごく緊張してて、でもドキドキしたし幸せな気分だったよ」 と言ってもらえました。 緊張している自分も、相手に良いところとしてみてもらえたというか、 相手も緊張していたので親近感が湧いたのでしょうね。 よかったら、一度試してみてください。 最初の電話は自己紹介の場ではない 最初の電話の段階では、ある程度プロフィールを見たり、相手とのメールのやりとりをしているので趣味のことや好きなことなどは話していますよね。 ある程度は相手のことを知れているので、電話では自己紹介をする必要はありません。 これは結構大切で、出会い系サイトでメッセージのやりとりを数通くらいしかしていない段階で電話をすると、メッセージのやりとりで済むような自己紹介も電話でわざわざしなくてはなりません。 これを 毎回電話で自己紹介するのは結構めんどくさいですし、相手との関係も深まりにくいです。 せっかく相手も時間をとって電話をしてくれているのに、時間が足りなくなって自己紹介だけで終わってしまうこともしばしば。 ですから、メッセージのやりとりのなかである程度自己紹介をしておいて、たわいもない日常のことや学校や仕事 アルバイト のことを話すくらいで大丈夫です。 大切なのは、 最初の電話は自己紹介の場ではなく、お互いの関係をさらに深める場だと思っていてください。 具体的にどんな話をすればいいのかな? 「そうかそうか、よし、なんだか頑張れそう!でもどんな話をしたらよいかわからないなー」 だれでも相手とまだデートしたこともない訳だし、最初はどっちも緊張しているし、女性は特に男性に対してちょっと慎重になっています。 (相手が男性であんまりイケイケな人は、出会い慣れしすぎている可能性が高いため、女性だったらその人は回避した方がいいかもしれません。 ) ですので、まずは挨拶をして必要であれば「自分が緊張している」ことをまずは相手に伝えてあげましょう。 話をするまえに、相手の声に慣れる時間が1分くらい必要です。 そりゃあ初めての相手ですからね、ここは電話をする際のウォーミングアップみたいなものです。 実際に電話でやりとりした時の例 笑 は大抵、照れ笑いです。 男性「こんにちは〜、はじめまして」 女性「こんにちは〜、わーなんか 緊張するぅー…笑」 男性「 緊張しますね、 こういうの初めてなんです。 ここでポイントがあります。 最初の段階で、電話をかけたら、 自分は「緊張してる」ということを教えてあげます。 そうすると、大抵は相手も緊張していますので、 相手も緊張していることを教えてくれます。 すると、お互いに緊張しているという事が、 逆に親近感や安心感を相手に与えてくれます。 さらに、出会い系サイトを初めて間もないことや、電話をかけるのも初めてだということを伝えておくと、私のために頑張って 勇気を持って 電話をかけてくれたんだ、と思ってもらえることが多いです。 緊張はマイナスのことではなく、好感度アップにつながります。 」 女性「ほんとー?だったら嬉しいなー。 ていうか、私声低いでしょ? 笑 」 男性「そう?そうは感じなかったよ?それより声聞けて安心したよー。 しかも優しそうな人でよかった! 電話してくれてありがとうね」 女性「えー嬉しいー・・ 笑 私も声聞けてよかったー。 ありがとう!今時間は大丈夫なの?仕事平気?」 このくらいやりとりをしていると、 相手の声にも慣れてくる頃です。 少しずつ緊張感がとけて、今度は相手と電話をできていることに対して嬉しさの方が勝ってきます。 そんな頃に、 会話のどこかで電話をしてくれた相手に対してお礼を言うと良いです。 礼儀正しい人にも思ってもらえますし、お互いの距離感も縮まります。 仕事や学校、アルバイト、用事など、なにか理由をつけて、初電話が30分くらいしかできない旨を伝えてください。 話がすごく盛り上がってしまい、電話を続けたいと思っても、長くて1時間くらいで抑えるのが良いです。 これには狙いがあります。 出会い系サイトでのひとまずの目標は、初デートの約束をすることです。 今回の初電話は、相手との距離感を縮めたり、相手が持っている警戒感を解いてあげることにあります。 この相手に対する警戒感が溶けてくるのが、15分から30分くらいです。 緊張している時にあんまり話をしていると、緊張から自分が思ってもいないようなこと ボロ を言ってしまうこともあるかもしれませんし、相手が話をしてそれだけで満足してしまうかもしれません。 たまにあります どういうことかというと、相手がまだ会おうかどうか悩んでいるとします。 そんなときに、長電話をすると、緊張感や警戒感が解けたのはいいけど、電話で相手のことをほぼ知ることができた! 実際にはそんな短期間で相手のことをしることは無理ですが と思われると、興味が薄れてしまう人がいます。 出会い系サイトで相手の人が色々な人とメッセージのやりとりをしてくれていたとしても、この後自分に集中してくれやすいです。 大切なのは、あなたに会いたいと思ってもらうことです。 ここからの話題は男性から話しかける ある程度電話で話をする空気を作ったら、今度はもっと仲良くなるための話をしていきます。 テクニックとかはいりません。 挨拶が終わったら、男性から自然な流れで普段はどんなことしているの?とか、仕事はどう?忙しくない?といった感じに少しずつ、少しずつ相手や自分の日常的なことを話をしていきます。 これで、だんだん関係が深まってきます。 女性から話しかけてくれることもありますが、基本的には男性がそっと話題を導いてあげてください。 女性に対して男性から自然な流れで話題を提供していくと、相手も安心して答えてくれますし、気を楽にして電話をすることができるので居心地が良くなります。 お互いに相手まかせで会話が途切れてしまったりすると、「デートしたときも会話が続かないと余計緊張しちゃうなー」と思われたりして、そこで切り上げられてしまいます。 ですので、必ず話をするどちらかが相手を導いてあげる意識が必要です。 女性も気を楽にしてくれるので、ちゃんと答えてくれるし、話も和みます。 今どんな環境に住んでいる、料理の話、休みの日になにをしている.. などなど、ささいな話をしていきます。 内容はどんなものでもいいですが、男性からのお願い 女性の手料理を食べさせてほしいなど)に対して女性が了承 うん、いいよ!など してくれた時は、お互いの距離感が縮まってきている証拠ですよ。 こんな感じに話題を振ると、デートのきっかけがつくれることもよくありますので、積極的に話題を振ってみてくださいね。 たまには、昔話や、自分が大切にしている事などを話してもいいと思います。 知り合ってから電話をするタイミングは、遅すぎず、早すぎず 出会い系サイトで相手とメールアドレスを交換してメールのやりとりができたら、適度なタイミングで電話をするのがおすすめです。 出会い系サイト内でのメッセージのやりとりの段階で電話することを持ちかけるのはNGです。 早すぎます。 がつがつしている人と思われてしまい最悪です。 メールアドレスやラインを交換したばかりのタイミングでも、まだちょっとはやいです。 お互いにメッセージのやりとりをして、趣味や興味のあることなど、自己紹介がお互いに一通りできたかな、というタイミングで電話を提案してみてください。 相手の人が「電話がどうしても苦手!」という場合は無理する必要はありません。 電話でする話をメッセージでしてください。 電話は30分程度でコンパクトに ・ 相手を気遣ってあげながら電話をすると喜ばれる!距離も縮まる! 男性だったら女性が話しやすいようにしてあげたり、女性だったら男性が気持ち良く話をできるように優しくしてあげてくださいね。 そうすることで、どんどん二人の距離が縮まります。 次回はこれ!さらに話を掘り下げていきます。

次の