ロボトミーコーポレーション 危険度。 LobotomyCorporation (ろぼとみーこーぽれーしょん)とは【ピクシブ百科事典】

ロボトミーコーポレーション(lobotomycorporation)というsteamの...

ロボトミーコーポレーション 危険度

この投票は 2020年6月10日 10:55 に作成され、これまでに 134人が投票しました。 あなたの投票を送信しています。 お待ちください・・・• 当Wikiは非公式の攻略Wikiであり、掲載されたコンテンツの妥当性や正確性について保証するものではなく、一切の責任を負いかねます。 当Wikiを利用することによって生じるいかなる損害も当サイトでは補償致しません。 ご利用につきましては自己責任となりますのでご注意ください。 当Wikiで使用している画像、情報等の権利は、に帰属します。 をレベルごとにタブ分けすることについてご意見をお聞かせください• メリット:レイアウト的にきれい• による新しいコメント 49秒前 コメント: 今後のルートが全部色ごとに分かれて、最後は蒼白に集うとかみたい、見たくない?• による新しいコメント 2分前 コメント: ピエロってなるとそれ思い浮かびますね・・・• による新しいコメント 5分前 コメント: いいBGMだぁ(レーザーに焼かれながら• による新しいコメント 14分前 コメント: これ、もしかしなくても深紅の試練?• による新しいコメント 37分前 コメント: 今回追加されたエピソードのやつ、めちゃくちゃ強いわけでもなかったけど BGMもあわさってなんか悲しい気持ちになった あとギミックがめんどうだけど面白いなと思った• による新しいコメント 1時間前 コメント: 流石に幕を跨ぐタイミングで殴れないキャラがいた場合でのダメージに関しては正常な効果とは思えないなぁ。 ディスカッション方に不具合なのか正常な動作なのか投稿してみる。 による新しいコメント 2時間前 コメント: だとしたら白夜が弱すぎて泣けてくる さすがにその線はないと思いたい• による新しいコメント 4時間前 コメント: 出血小夜にはにかみ障壁つけて横から銃撃パンパンすると比較的安全かな? やっぱこいつら異様に6以上引くよね• による新しいコメント 4時間前 コメント: LCの時は確か消えなかったし大丈夫だと信じる• による新しいコメント 4時間前 コメント: マジ?

次の

Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のネタバレ解説まとめ

ロボトミーコーポレーション 危険度

このゲームにおけるメイン要素。 このアブノーマリティに作業をすることによって生産されるエネルギーを集めるのが管理人 プレイヤー の使命となる。 彼らは Lobotomyという企業によって確保、収容されて始めて作業を行うことができる。 管理日数を重ねていく毎に収容されるアブノーマリティが多くなっていき、その分管理も忙しく、全体的な難易度も上昇する。 ゲーム内では数多くのアブノーマリティを収容することができるが、それぞれが非常に個性豊かで、会社で働く職員に肉体的、精神的ダメージ与えることはもちろん、そのまま 殺害してしまったり、 パニックに陥らせたり、 脱走したり、 変異させてしまったり、 操ったり、 捕食したりと、様々な手段を用いて企業に損害を与えてくる。 その一方で、エネルギー生産以外にも職員を 癒したり、 強化したり、 脱走したアブノーマリティの鎮圧を手伝ってくれたりと、施設に恩恵をもたらすものも存在する。 アブノーマリティ毎に作業に好みが存在しており、上記の行動や特殊能力は、彼らが嫌いとする作業を実行することが原因、理由となって発動することが多い、• しかし、作業結果が良い(=そのアブノーマリティの好きな作業をする)ことによって特殊能力が発動したり脱走したり、果てには選択した作業や職員のステータスなどの条件によって職員を即死させる奴らもいるため、初見で作業するときはとても疑心暗鬼になりやすい。 まあそういうのがこのゲームなのだが ツール型アブノーマリティ• 普通のアブノーマリティとは違った、ツール型アブノーマリティーという種類がある。 この種類の特徴としては、• 道具として利用できる• クリフォトカウンターが存在しない• 作業命令ができないが、代わりに使用命令ができる• そのためE-Boxもなく、PE-Boxによる情報開示ができない• 観測レベルは総使用回数、総使用時間によって解放される• EGOが存在しない• 一部門につき一つ、部門の中で一番最後に追加される といったものが挙げられる。 危険度が低い階級であっても、即死条件もかなり引っかかりやすい。 というか、ZAYINのくせに滅茶苦茶なやつや、逆にHEくらいなのに凄く使いやすいパターンもある HE• 5段階の中で中間の危険度に位置する階級。 作業におけるダメージ、脱走した際の鎮圧難易度、管理方法の面倒さなど、ZAYINやTETHなどに比べて全体的に強化されている。 職員を即死させるアブノーマリティが少し多いのが初見では厳しいところか。 しかし、HEとは思えないほど管理方法が易しかったり、または絶対に収容したくないくらい面倒な奴らもいたりと、同じ階級でも管理難易度に大きな差があるのも特徴。 Oも実用的なのがちらほら見受けられる。 特にパニック中の職員を楽に鎮圧できるwhite属性武器が中盤では嬉しい。 微妙なものからHEにしては極めて優秀なもの、強力だがデメリットが厳しいものまで様々である。 ちなみに読み方「ヒー」ではなく「へー」。 ALEPH• 五段階の中で最も危険な段階に位置する階級。 にも関わらずひょっこりと現れては猛威を振るい、初心者~中級者管理人をリスタートに追い込む。 しかもなんと弾丸研究、ラビットチーム、セフィラ同期などの研究がままならない10日目~でも普通に抽選対象に入ってくるから恐ろしい。 とんでもない数のE-BOX、高い作業ダメージ、(一部除き)非常に面倒くさい管理方法と、管理難度も他とは頭一つ抜け出ている。 しかも現在実装されているものは全員脱走することができる。 脱走してもうまくエージェントと接触しないよう移動させれば、一応回避はできるが、そもそもそれが通用しない奴もいる。 演出面も非常に派手なものが多く、画面を乗っ取ったり、特殊な操作があったり、最終的には 時間やメニューに対する操作を制限されたりと、画面越しの精神攻撃も非常にキツいものになっている。

次の

Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のアブノーマリティまとめ

ロボトミーコーポレーション 危険度

警報音が今日も鳴り響くゲーム「Lobotomy Corporation」のプレイ日記です。 「ほぼ初見」「無し」の手探りプレイなので非常にグダグダとしています。 ていうかチェックポイントってday11を過ぎたらいつですか。 今回はday11~day15のメモになってます。 前回「day11からどうも良い成績を残せずやり直ししまくってて疲れた、プリパラやってくる」って言って終わったんですが、その後すんなり通れて自分でもびっくりしています。 少し休憩を挟んだりした方が良いんでしょうか。 ゲームは1日1時間? day15の配備画面です。 ここがとりあえず現時点の愉快なメンバーです。 ここに来るまでに1度day13まで到達したのですが、酷い引きをしたのでday11のチェックポイントまで引き戻しました。 その理由を聞いて下さい。 day12に「血の風呂」を収容。 勇気と自制レベルが1の職員が1人引きずり込まれたがそれ以外には問題ない1日でした。 管理人としては、手首を切って自殺したらしい「」と関連であろう「血の風呂」が隣に並ぶなんてなんだか感慨深いなぁ、運命を感じるなぁ、と思って平和にday12を終了。 day13のアブノーマリティ選択画面で選んだのがこちらです。 プロの管理人なら「あ…」と思われることでしょう。 私は耳年増管理人なので、噂しか知らなかったんですが。 >>あかん<< これが噂の。 危険度最高クラスALEPHに属する1人です。 1人なのか1匹なのか、それ以前に足めっちゃ生えてるし1という数字なのかも怪しいですが。 day13でALEPHが出るなんて驚き。 私の初ALEPHは蒼星ということになるんですね。 いや~何だか感慨深いな~。 とか言ってる場合じゃないです。 対処ができるはずがない。 この時点で最も高い危険度はと狂研究者のノートのHE。 5つのクラスの中でHEは3つ目、真ん中です。 ALEPHは5つ目で最も危険。 つまり4つ目のクラスを飛ばして最も危険なクラスを収容したことになります。 最も育成された職員が、収容室に入った瞬間に死にました。 この時点でday11からやり直すことを決意します。 どうせやり直すと決めたんだし、せっかくなので遊べば良かったなぁと今になって思います。 職員が死んだ時点で私がややパニックに陥り、即チェックポイントに引き戻してしまいました。 だって……、足、めっちゃあるし怖いし……。 これ、やっぱこう、ダバダバダバ!ってめっちゃ走るんですかね。 INSIDEみたいに。 金属っぽい足なのが更に不気味というか異様というか……。 じっと眺めてたら気分悪くなってきた。 そういう訳でday11からやり直した結果、上の図のようなメンバーになり無事にday15まで到達する事ができました。 愉快なメンバーの紹介は最後に簡単にやるので、とりあえず安全チームに来たアブノーマリティをメモっておきます。 「宇宙の欠片」です。 さっきの出来事のせいで宇宙とか星とかいうワードが怖い。 グチャグチャと書き殴られたような見た目も苦手。 でも案外扱いやすくて安心しました。 深紅の黎明のせいで脱走しまくりましたが、鎮圧が簡単な印象。 もう1匹のアブノーマリティは「」でした。 スクショを撮っていないのは、 こいつのせいです。 碧の白昼「掃除屋」です。 白昼はなんとか深紅を倒せるようになったばかりで、立ち向かうにはちょっと怖い。 掃除屋とかいう名前も強そうで怖い。 見た目もガスマスクに鉤爪で強そうで怖い。 職員をロストしたくないのでこの日の作業はさっさと切り上げました。 ツール型は「何でも変えてさしあげますよ」を選択。 何でも変えてさしあげましょうだか、変えてあげますよだか、名前がちょっと曖昧なんですが、そんなニュアンスの名前で間違いないと思います。 初めてコーポレーションをやった時のday4で来たアブノーマリティだったので、情報を公開しなくても私の脳内に記憶として留まっています。 使用した職員が肉片になる機械ですね。 あの時のトラウマは忘れられない……。 認知フィルターあって良かった……。 こうして近くで見ると内部にかなりトゲトゲ生えてますね。 初めて見たときは黒いゴルフボールかと思ってたなぁ。 day15の報告書です。 ところでチェックポイントってday15の開始部分なんですかね。 day15クリアしても意味無いのか……?いつゲームを辞めても良いのか分からなくて困ってるんですが、どうせ今後も躓いてday15に戻ってくるでしょうから、あまり深く考えなくてもいいか。 現在我が社の収容状況は以下の通りです、管理人。 ・コンチーム……新人を雇用した場合、大抵はこのチームに送っています。 「たった一つの罪」骸骨:新人に愛着作業をさせています。 「蓋の開いたウェルチアース」海老:新人に本能作業をさせています。 「壊れかけの甲冑」斬首マン:甲冑炎付き1人に本能作業をさせています。 甲冑炎職員はベテランなので試練などに向かう場合も多いです。 「調整の鏡」謎:誰が既に触れたかを覚えられないので基本的に触れません。 クリフォト暴走の際にのみ触らせます。 ・情報チーム……自制と慎重が2以上の職員を配置しています。 職員が交互にアブノーマリティを世話しています。 「空虚な夢」もふもふ:自制2以上ではないとねむねむ死します。 脱走するアブノーマリティですが深紅に開けられた時以外に脱走するのを見たことがありません。 良い子です。 「オールドレディ」孤独ババア:作業中にMPダメージを受けます。 無視しても大丈夫なので結局孤独にさせています。 黒いモヤモヤもそんなに怖くなくなりました。 「マッチガール」爆破少女:作業中にHPダメージを受けます。 序盤はかなり手こずりましたが、最近では大人しくしてくれています。 「狂研究者のノート」怖い:使用時間だとかダメージ量とかが怖いので基本的に触れません。 クリフォト暴走に選ばれないことをいつも祈ってます。 ・安全チーム……ベテランをこちらに移動させました。 1人が甲冑の炎付き、1人が宇宙の欠片用、1人を専属としています。 「」特に言うことなし:洞察作業をさせています。 慎重2以上あってもよくパニックを引き起こすので注意します。 欠片イベントはまだ見てません。 「宇宙の欠片」脱走犯:自制2以下での愛着作業が好きみたいです。 何故か試練にかこつけて良く脱走しますが、何故か周囲に人がいないところに行くことが多いです。 良心か。 「」幼女:専属に愛着作業をさせています。 何故か担当職員がダメージを受けるので、体力には注意しています。 職員が成長したら気にならなくなると思います。 「何でも変えて」肉片化:まだ1回も触っていません。 捨て職員を雇用すべきかもしれないです。 クリフォト暴走の際に選ばれないことを祈ります。 kimibokulalala.

次の