水田あゆみ 現在。 バチェラー3・友永真也と岩間恵の現在は?破局の噂は本当か?

誰からも愛される私になる方法|水田あゆみ本【選ばれる理由】ブックレビュー|Juriの夫婦講座

水田あゆみ 現在

スポンサーリンク 『選ばれる理由』が人気のワケ 水田さんが書いた『選ばれる理由』は、Amazonの上位にランクインしている、とても人気の高い書籍です。 水田あゆみさんは、大阪の歓楽街である北新地で10年にわたり、ホステスをされていました。 その間に学んだであろう数々の恋愛的なテクニックを、この本の中でぞんぶんに披露しています。 ところで、『バチェラー・ジャパン』という番組をご存知でしょうか? 2017年〜2019年にかけてAmazonプライム・ビデオが配信した婚活サバイバル番組です。 バチェラーとは「独身男性」のことで、この番組では複数の未婚女性の中からバチェラーが結婚相手にふさわしいと思われる女性を選び抜きます。 水田さんはバチェラー・ジャパンのシーズン3に参加しており、見事に「ファイナルローズ」を勝ち取りました。 スポンサーリンク テクニック1:同性から憧れられる女性になる 引用:インスタグラム 一般的に男性にモテる女性というのは、同性の嫉妬の対象となりがちです。 男性からモテるために、他の女性からは嫌われる存在でいいのでしょうか? それは違います! 水田さんは、 男性から真にモテる女性は、女性からも憧れる女性だといいます。 水田さんにはホステスをしていた経験から、水商売は女性に囲まれた環境なので同性と仲良く付き合っていくのが特に重要だったそうです。 男性と会話する以上に、同僚の女性達とのコミュニケーション能力もホステス時代に鍛えられたと言います。 人間だから当然、合う人もいれば合わない人もいますよね。 彼女は、たとえ「この人とは合わないな…」と思ったとしても、その人の尊敬できるところを見つけて努力してきたそうです。 努力することでしだいに関係性が良くなり、苦手意識が薄れていきます。 同性から憧れられる女性になることで、男性からの見られ方も変化するということを意識をしていくことが重要ですね! テクニック2:男心をつかむ「気遣い」 引用:インスタグラム 男性に気にいられようと努力しすぎると、親切の押し売りとなってしまいます。 ともするとその気遣いが「おせっかい」になりかねないため、男性がどうしてほしいのかを考える「想像力」が必要になります。 この想像力は簡単には身につかず、ある程度修行のようなものが必要になるかもしれません。 水田さんはホステス時代に大勢の男性と接することで、男性の心をつかむ「気遣い」が自然に身についたようです。 だからといって「ホステスになれ!」ということではありませんが、身近な男性と関わる際「気遣い」を忘れずに関わることが重要です。 たとえば父親や男の兄弟、職場の上司や同僚などです。 コンビニやなじみのお店などで顔を合わせる機会の多い男性店員でも、気遣いの練習は可能です! さりげない 気遣いができる人というのは、相手の気持ちに敏感です。 相手に気づかれるか気づかれないぐらいのさりげない親切を繰り返すことで、気遣いは身についていくと水田さんは言います。 疲れていると、つい自分中心な考えになりがちです。 どんなときでも気遣いができる人になりたいですね・・・! テクニック3:自分を大事にする「ポジティブマインド」の整え方 引用:インスタグラム ポジティブマインドとは、自分を大事にする気持ちのあり方のことです。 自分を好きでない人は、他人にも愛されにくい傾向があります。 異性に愛されるには、まず自分を好きになる必要があります。 しかし、愛されようという気持ちが強く出すぎると、かえって避けられるようなことになりかねません。 水田さんによれば、男性に愛されようとするあまり卑屈になってしまうのはいけないといいます。 いつもポジティブでいるというのも難しいものですが、 笑顔や仕草などで楽しさを表現することが大切です。 水田さんは「笑顔でいれば、気持ちはあとからついてくる」と言います。 まずは、自分のことを「いい女」と思いこむことで、いつの間にか周囲からも「いい女」と扱われるようになっていくということでした。

次の

水田あゆみ(バチェラー)の北新地でのホステス経験や場所はどこ?

水田あゆみ 現在

Amazon Prime Video製作の人気リアリティーショー『バチェラー・ジャパン』シーズン3に出演していた元北新地のホステス・水田あゆみ(30)さんが10月31日、自身のインスタグラムを更新し、感謝の思いと現在の心境をつづった。 今回、三代目バチェラーは兵庫・神戸出身の青年実業家・氏(31)が務めた。 エピソード11では、ブドウ農家・岩間恵(25)さんと水田さんが残り、最終的に水田さんが選ばれ、完結したはずだった。 しかし、今月26日に配信されたエピソード12では、『エピローグ〜バチェラーが明かす本当の結末〜』と題して、友永氏から現在の恋人について「今、岩間恵さんとお付き合いしてます」と衝撃の告白。 まさかの大どんでん返しでシーズン3は終幕となった。 水田さんは31日のインスタで「まずは、この結末により、私をずっとずっと応援してくれていた皆様をとても悲しく切ない気持ちにさせてしまったこと、、本当にごめんなさい」と詫び「あの時、配信が始まって、皆様からのメッセージにどれだけ癒されていたことか、心から、感謝の気持ちでいっぱいでした」とつづった。 「そして今も、こんなにも沢山のDMやコメントが、全部温かい言葉で埋め尽くされて…私の気持ちに寄り添い、そしてこれからの幸せを願ってくれて、本当にありがとう」と感謝し「優しく包み込んでくれる家族、友人、そしてたくさんの視聴者の皆様のおかげで、私はとても元気ですっ。 これからも人を愛し、信じて、前進しようと思います」と前を向いた。 それでも「これからはもうちょっと甘えてもいいね。 忘れていたわ。 笑 この旅を通じて、初めて自分を客観的に見て、もっとワガママ言っていいやん! 甘えたらいいやんって思いました」との思いも吐露。 「我慢しすぎだろ水田ジンジャエールあゆみ!と自分で自分を叱っておいた」と記した。 最後は「こうして自分自身をより深く知れたことも、何より一緒に戦い支え合ったガールズたち(友永真也も一応入れとく)、スタッフの皆様、そしてこんなにも優しく心温かい皆様に出会えたことも全部含め、このバチェラーという旅に参加できたことを今は心から良かったと思っています」と振り返り「そんなこんなな私をこれからも宜しくお願い致します。 この先もずっとずっと私のそばにいて欲しい。 そして見守っていただけたら嬉しいです。

次の

岩間恵と友永真也の現在がウザい?批判コメント削除で逆炎上?|トレンド速報

水田あゆみ 現在

スポンサーリンク 『選ばれる理由』が人気のワケ 水田さんが書いた『選ばれる理由』は、Amazonの上位にランクインしている、とても人気の高い書籍です。 水田あゆみさんは、大阪の歓楽街である北新地で10年にわたり、ホステスをされていました。 その間に学んだであろう数々の恋愛的なテクニックを、この本の中でぞんぶんに披露しています。 ところで、『バチェラー・ジャパン』という番組をご存知でしょうか? 2017年〜2019年にかけてAmazonプライム・ビデオが配信した婚活サバイバル番組です。 バチェラーとは「独身男性」のことで、この番組では複数の未婚女性の中からバチェラーが結婚相手にふさわしいと思われる女性を選び抜きます。 水田さんはバチェラー・ジャパンのシーズン3に参加しており、見事に「ファイナルローズ」を勝ち取りました。 スポンサーリンク テクニック1:同性から憧れられる女性になる 引用:インスタグラム 一般的に男性にモテる女性というのは、同性の嫉妬の対象となりがちです。 男性からモテるために、他の女性からは嫌われる存在でいいのでしょうか? それは違います! 水田さんは、 男性から真にモテる女性は、女性からも憧れる女性だといいます。 水田さんにはホステスをしていた経験から、水商売は女性に囲まれた環境なので同性と仲良く付き合っていくのが特に重要だったそうです。 男性と会話する以上に、同僚の女性達とのコミュニケーション能力もホステス時代に鍛えられたと言います。 人間だから当然、合う人もいれば合わない人もいますよね。 彼女は、たとえ「この人とは合わないな…」と思ったとしても、その人の尊敬できるところを見つけて努力してきたそうです。 努力することでしだいに関係性が良くなり、苦手意識が薄れていきます。 同性から憧れられる女性になることで、男性からの見られ方も変化するということを意識をしていくことが重要ですね! テクニック2:男心をつかむ「気遣い」 引用:インスタグラム 男性に気にいられようと努力しすぎると、親切の押し売りとなってしまいます。 ともするとその気遣いが「おせっかい」になりかねないため、男性がどうしてほしいのかを考える「想像力」が必要になります。 この想像力は簡単には身につかず、ある程度修行のようなものが必要になるかもしれません。 水田さんはホステス時代に大勢の男性と接することで、男性の心をつかむ「気遣い」が自然に身についたようです。 だからといって「ホステスになれ!」ということではありませんが、身近な男性と関わる際「気遣い」を忘れずに関わることが重要です。 たとえば父親や男の兄弟、職場の上司や同僚などです。 コンビニやなじみのお店などで顔を合わせる機会の多い男性店員でも、気遣いの練習は可能です! さりげない 気遣いができる人というのは、相手の気持ちに敏感です。 相手に気づかれるか気づかれないぐらいのさりげない親切を繰り返すことで、気遣いは身についていくと水田さんは言います。 疲れていると、つい自分中心な考えになりがちです。 どんなときでも気遣いができる人になりたいですね・・・! テクニック3:自分を大事にする「ポジティブマインド」の整え方 引用:インスタグラム ポジティブマインドとは、自分を大事にする気持ちのあり方のことです。 自分を好きでない人は、他人にも愛されにくい傾向があります。 異性に愛されるには、まず自分を好きになる必要があります。 しかし、愛されようという気持ちが強く出すぎると、かえって避けられるようなことになりかねません。 水田さんによれば、男性に愛されようとするあまり卑屈になってしまうのはいけないといいます。 いつもポジティブでいるというのも難しいものですが、 笑顔や仕草などで楽しさを表現することが大切です。 水田さんは「笑顔でいれば、気持ちはあとからついてくる」と言います。 まずは、自分のことを「いい女」と思いこむことで、いつの間にか周囲からも「いい女」と扱われるようになっていくということでした。

次の