スナップえんどう 茹で方。 スナップエンドウの茹で時間、筋の取り方などをやさしく説明

きりっと色が冴える! スナップエンドウの茹で方

スナップえんどう 茹で方

スナップエンドウのおいしい茹で方は? 野菜は茹でてから冷水にさらす方法とさらさない方法とに分かれていますが、 調べてみると豆類も同じように2通りの方法があるようですね。 我が家で両方試したところ、茹でた後に水にさらさず自然に冷めるのを待つ方がおいしかったです。 というのも、水にさらすのを推奨する理由としては、野菜の色落ちを防ぐ目的だそうですが、 我が家では水にさらさなくてもあまり気にならなかったですし、 自然に冷めるのをまったほうが余熱で柔らかくなるし甘みも増すような気がするからです。 (我が家は柔らかめが好きな一家です。 ) 「食べる人の好みや調理方法によって使い分ければいい」というのが我が家での結論です。 【水にさらすほうが良いケース】 ・シャキシャキする食感が好みの場合(茹で時間も短かめに。 ) ・茹でた後に加熱調理する場合 スナップエンドウ我が家のおいしい茹で方 我が家のおいしい茹で方は、短時間で作りたいこともあり水を少なめで茹でます。 【材料】 スナップエンドウ1袋 水 1カップ 塩 ひとつまみ 【作り方】 1 スナップエンドウの筋を取ります。 2 鍋に水を入れて沸騰させ、塩を入れます。 3 スナップエンドウを入れて蓋をして強火で2分茹でます。 (キッチンタイマーで正確に計ること!) 4 蓋をちょっとずらしてお湯を捨て、皿にスナップエンドウを盛り付けます。 自然に冷めるのを待ってもおいしいですが、熱々を食べても甘くておいしいですよ。 スナップエンドウの筋取りのコツは? スナップエンドウの筋取りのコツは、順序と方向を間違いないことです。 【手順】 1 おしり(ヘタがついていない方)からヘタに向かって凹んでいる側の筋を取ります。 2 ヘタを折って、そのまま続けて膨らんでいる側の筋を取ります。 ちなみに、スナップエンドウの筋は結構太いのですが、普通のさやえんどうなどは筋を取り損ねても気にならないかもしれません。 昔のさやえんどうは筋が強くて取らないと食べられなかったのですが、現在のさやえんどうは柔らかくなっているからあまり気にならないのだとか。 スポンサーリンク また、全てのエンドウ豆に共通しますが、収穫の時期がベストタイミングかつ収穫してすぐに調理する場合は 筋が柔らかいので筋を取らなくても大丈夫なようです。 (筋は収穫してから時間が経ては経つほど硬くなりますし、また、育ちすぎても硬くなります。 ) どちらかというと、凹んでいる側の筋のほうが硬い性質があるので、 筋を取るのが面倒だと感じても凹んでいる側だけは取ったほうが良いでしょう。 スナップエンドウの冷凍保存と解凍方法は? スナップエンドウは時間が経つと筋が硬くなるし味覚も落ちるので、 すぐに食べない場合は茹でて冷凍保存するのがおすすめです。 【冷凍方法】 冷凍する場合のポイントは次の3つです。 1 硬めに塩茹でする 2 よく水気を切る 3 重ならないように広げて冷凍する 凍った後にジップロックなどに入れて冷凍庫保存します。 こうすることで、凍ってもバラけているので使う時に必要量を取り出しやすいです。 【解凍方法】 ・袋に入れたまま流水にさらす ・袋に入れたまま熱湯にくぐらせる ・レンジ解凍 凍ったまま炒め物、煮物に使っても問題ありませんが、 他の材料と一緒に使う場合は解凍せずに使うと全体温度が下がってしまうため おいしく調理するには上の方法で解凍してから使うことをおすすめします。

次の

きりっと色が冴える! スナップエンドウの茹で方

スナップえんどう 茹で方

スナップエンドウ(スナックエンドウ)とは? 茹でるとカリカリとした食感がおいしいスナップエンドウ(スナックエンドウ)とは、アメリカを通して導入されたエンドウの品種のことを指し、ほのかな甘さが相まってスナック菓子のように食べられています。 スナップとスナックどちらが正しい? 普段料理をする方は良く耳にしたことがあると思いますが、スナップエンドウは時にスナックエンドウとも呼ばれています。 日本に流通し出したのは1970年代以降であり、他の野菜と比較すると新しいタイプの野菜ということになります。 そんなスナップエンドウの 正しい呼び方はスナップエンドウです。 スナックエンドウでも通じますが、1983年に農林水産省がスナップエンドウと呼ぶことを推奨したため、スナップエンドウと覚えておいた方が良いかもしれません。 さやが固くならない スナップエンドウ(スナックエンドウ)は中の豆が成長を見せてもさやが固くならない性質をしているため、さやから中身を出さずともそのまま茹でてしまえばサクサクと食べることができるお手軽野菜です。 歯ごたえはスナック菓子のようなパリパリ、サクサクとした食感の良い野菜であり、野菜嫌いな子どもでもパクパクと食べられる野菜の一つと言えるでしょう。 そんなスナック菓子のように食べられる野菜のため、スナックエンドウと呼ばれていますが、一般的な種類のスナップエンドウは筋があるため、上から筋の端を持ち、下に引いて筋を取ってから調理の過程に移ります。 グリーンピースやさやえんどうとの違い 日本で流通している豆の種類は目がくらむほどたくさんの種類がありすぎてもはや何が何だかわかりませんよね。 当然、食卓に姿を見せる頻度の高いグリーンピースやさやえんどうなどもスナップエンドウと同様に違いが分かりません。 ではこの3つの種類は何が違うのでしょうか。 栄養と併せて見ていきましょう。 グリーンピース、さやえんどう、スナップエンドウの違い グリーンピースやさやえんどう、そしてスナップエンドウの3つの豆は、グリーンピースとさやえんどうが最も仲間として近い位置にいます。 原料となっているものは、エンドウというものであり、その品種の中にグリーンピースやさやえんどうが位置付けられます。 原料が同じであるグリーンピースとさやえんどうは、収穫される際の状態に違いがあり、最も若い豆として収穫される豆がさやえんどうで、未成熟の軟らかい豆の段階がグリーンピースです。 一方でスナップエンドウは原料となっているエンドウは同じですが、そもそも品種改良をされているため、グリーンピースとさやえんどうが近いに位置にあっても、スナップエンドウは新しい品種のカテゴリーなため、違いは明白です。 ちなみに豆苗もエンドウの仲間です。 エンドウの種(グリーンピース)を発芽させたものが豆苗になります。 また、カロリーも低めであるため、一般的なスナック菓子を口にするなら断然スナップエンドウを口にした方が健康や美容のためにも良いと言えます。 出典:「日本食品標準表2015年版(七訂)」 スナップエンドウの茹で時間や食べ方 スナップエンドウは調理する前の工程として茹でる過程を挟みます。 茹でた後に様々な料理でお好みに食べられますが、どういった食べ方をすればおいしく食べることができるのでしょうか。 今まで茹でたそのまま食べていた方や、茹で時間の目安が分からない方にもスナップエンドウの実用性ある使い方をご紹介します。 スナップエンドウの茹で時間は1分前後 スナップエンドウの茹で時間の目安は1分30秒程度です。 しかし、スナップエンドウを突然茹で始めるのではなく、まずは下準備として 筋を除去してから水を入れた鍋に小さじ2杯程度の塩を投入して沸騰したらスナップエンドウを入れていきます。 この時の茹で時間は触れた通り、1分30秒程度を目安に茹で、時間が経ったら冷水に移して10秒程度浸けたら調理の工程に移っていきます。 スナップエンドウの食べ方 スナップエンドウの食べ方はサラダとして素材の食感や味を生かす食べ方もあれば、肉と一緒に炒めたり、少し濃いくらいの味付けをすればお酒のおつまみとしてもおいしく食べられるでしょう。 また、塩こしょうだけで頂いても低カロリーですので、食事前に少し口にしておくとその後の食べる量を減らすことができます。 また、オリーブオイルやごま油などのオイル系にも相性抜群ですから、毎日ちょっとだけレシピを変えればバリエーション豊富なスナップエンドウ料理が楽しめるでしょう。 スナップエンドウはお好みの固さで 普通に茹でる工程だけのスナップエンドウはサラダとしてドレッシングなどをかけながらバリバリ食べるのも良いですし、炒め物に加えて少ししんなりさせて食べてみてもおいしく食べることができます。 安価で調理もしやすい野菜ですから、毎日の食卓に鮮やかなスナップエンドウを使ってみてはいかがでしょうか。

次の

スナップエンドウの旬と美味しい茹で方。サクッと食感を壊さないコツはコレ!

スナップえんどう 茹で方

スナップエンドウのおいしい茹で方は? 野菜は茹でてから冷水にさらす方法とさらさない方法とに分かれていますが、 調べてみると豆類も同じように2通りの方法があるようですね。 我が家で両方試したところ、茹でた後に水にさらさず自然に冷めるのを待つ方がおいしかったです。 というのも、水にさらすのを推奨する理由としては、野菜の色落ちを防ぐ目的だそうですが、 我が家では水にさらさなくてもあまり気にならなかったですし、 自然に冷めるのをまったほうが余熱で柔らかくなるし甘みも増すような気がするからです。 (我が家は柔らかめが好きな一家です。 ) 「食べる人の好みや調理方法によって使い分ければいい」というのが我が家での結論です。 【水にさらすほうが良いケース】 ・シャキシャキする食感が好みの場合(茹で時間も短かめに。 ) ・茹でた後に加熱調理する場合 スナップエンドウ我が家のおいしい茹で方 我が家のおいしい茹で方は、短時間で作りたいこともあり水を少なめで茹でます。 【材料】 スナップエンドウ1袋 水 1カップ 塩 ひとつまみ 【作り方】 1 スナップエンドウの筋を取ります。 2 鍋に水を入れて沸騰させ、塩を入れます。 3 スナップエンドウを入れて蓋をして強火で2分茹でます。 (キッチンタイマーで正確に計ること!) 4 蓋をちょっとずらしてお湯を捨て、皿にスナップエンドウを盛り付けます。 自然に冷めるのを待ってもおいしいですが、熱々を食べても甘くておいしいですよ。 スナップエンドウの筋取りのコツは? スナップエンドウの筋取りのコツは、順序と方向を間違いないことです。 【手順】 1 おしり(ヘタがついていない方)からヘタに向かって凹んでいる側の筋を取ります。 2 ヘタを折って、そのまま続けて膨らんでいる側の筋を取ります。 ちなみに、スナップエンドウの筋は結構太いのですが、普通のさやえんどうなどは筋を取り損ねても気にならないかもしれません。 昔のさやえんどうは筋が強くて取らないと食べられなかったのですが、現在のさやえんどうは柔らかくなっているからあまり気にならないのだとか。 スポンサーリンク また、全てのエンドウ豆に共通しますが、収穫の時期がベストタイミングかつ収穫してすぐに調理する場合は 筋が柔らかいので筋を取らなくても大丈夫なようです。 (筋は収穫してから時間が経ては経つほど硬くなりますし、また、育ちすぎても硬くなります。 ) どちらかというと、凹んでいる側の筋のほうが硬い性質があるので、 筋を取るのが面倒だと感じても凹んでいる側だけは取ったほうが良いでしょう。 スナップエンドウの冷凍保存と解凍方法は? スナップエンドウは時間が経つと筋が硬くなるし味覚も落ちるので、 すぐに食べない場合は茹でて冷凍保存するのがおすすめです。 【冷凍方法】 冷凍する場合のポイントは次の3つです。 1 硬めに塩茹でする 2 よく水気を切る 3 重ならないように広げて冷凍する 凍った後にジップロックなどに入れて冷凍庫保存します。 こうすることで、凍ってもバラけているので使う時に必要量を取り出しやすいです。 【解凍方法】 ・袋に入れたまま流水にさらす ・袋に入れたまま熱湯にくぐらせる ・レンジ解凍 凍ったまま炒め物、煮物に使っても問題ありませんが、 他の材料と一緒に使う場合は解凍せずに使うと全体温度が下がってしまうため おいしく調理するには上の方法で解凍してから使うことをおすすめします。

次の