キンミヤ 割り方。 下町の焼酎といえば「キンミヤ」焼酎!定番〜マニアな飲み方まで10選紹介

下町の焼酎といえば「キンミヤ」焼酎!定番〜マニアな飲み方まで10選紹介

キンミヤ 割り方

シャリキンって何だろう? シャリキンは㈱宮崎本店さん 亀宮焼酎 通称「」というお酒を凍らせたものです。 ㈱宮崎本店は三重県にあります。 日本酒、焼酎などを主に製造している酒造メーカーで三重県トップの出荷量を誇るそうです。 キンミヤは三重県ではなく、東京下町で絶大な人気を誇ります。 東京に限らず 関東方面への出荷が約8割を占めるそうです。 東京下町界隈では安価で仕事がえりにふらっと立ち寄れる飲み屋が多く、おじさんたちの憩いの場となっています。 ここで愛されている飲み物「ホッピー」。 このホッピーと一番相性が良いと言われているのがこのキンミヤです。 キンミヤは甲類焼酎です。 焼酎なので糖質はゼロ!糖質ダイエットの味方ですね。 焼酎には甲類と乙類とあります。 蒸留方法の違いで区別されているようですね。 <甲類> 原料を糖化して発酵して醪(もろみ)を作り、蒸発、分縮、還流という複数の作用により高純度のアルコールが取りだします。 何度も繰り返すことでピュアな焼酎を作り出すんですね。 無色透明でクセのない味わいが特徴です。 クセがないため、酎ハイなどで飲まれることが多いです。 <乙類> 蒸留の仕組みがシンプルなのでアルコール以外の香味成分も抽出され、それが原料独特の風味や味わいになります。 原料の風味が生かされるので原料は非常にバラエティに富んでおり、米、麦、さつまいも、そば、黒糖、シソ、ごぼう、栗、様々な食材が使われています。 本格焼酎とも呼ばれており、ロックやお湯割りで焼酎本来の味わいや風味を楽しみます。 数ある甲類ですが、キンミヤは品質も高く、ホッピーの相性は1番と言われています。 スッキリクセもないからホッピーだけでなく、酎ハイの旨味を最大限に引き出す事が人気となり、広く東京の憩いの場で愛されることになったのでしょう。 品質も高く悪酔いしないのが嬉しいです。 (自分の体と相談して、飲み過ぎには注意してください) シャリキンと言えるのはこのキンミヤを使ったものだけなのです。 シャリキンの作り方 商品名に「シャリキンパウチ」という専門商品もあり、冷凍庫での利用を前提に焼酎一杯分が個別包装されています。 これを24時間冷凍庫に入れておくだけ、誰でも手軽に家で楽しめます。 シャリキンの作り方はにある公式ホームページで紹介されていますので是非ご覧ください。 キンミヤは「シャリキンパウチ」の他、瓶、紙パックで販売されています。 度数は20度、25度の2種類です。 「シャリキンパウチ」は家庭でも凍りやすいように、あえて20度にしてあるそうです。 業務用の冷凍庫を使って25度のキンミヤでパンチのあるシャリキンを提供するお店もあります。 ご家庭で楽しむときは、グラスも冷凍庫でキンキンに冷やしておくことをお勧めします。 サーモス タンブラーも便利グッズです。 最後までシャリシャリでパンチの効いたシャリが楽しめます。 家庭ならではの楽しみ方ですね。 シャリキンの楽しみ方 キンミヤ自体はとてもスッキリした味です。 そのままでもとても美味しいのですが、飲みやすいため気がつくとクイクイ飲んですぐに酔っ払ってしまいます(酔い方には個人差があります)。 スッキリしていて、味の邪魔せずなので酎ハイのベースにはぴったりです。 長い楽しい夜を楽しみたければキンミヤだけでなく、酎ハイのベース、シロップを垂らした飲み方を一推しします。 同様に、シャリキンも酎ハイのベースとして楽しむことをお勧めします。 個人的にはシャリキンにすると苦味が強くなると思います。 この苦味との相性がいい割ものがシャリキンが引き立つ割ものと言えるでしょう。 王道として手軽なのは、ホッピー、バイスサワー、ハイサワーハイッピー、ジンジャエールなどの割材で割る。 酎ハイとしてレモンを入れて炭酸で割る等あります。 割る時は強炭酸水でいきましょう。 私の一押しはバヤリースオレンジです。 苦味との相性は抜群。 あの、オレンンジーナ好きだった人は一度試してください。 バヤリースで割るのではありません、甘すぎてしまいます。 シャリキンをコップ一杯に入れて、バヤリースオレンジをかき氷シロップのように垂らしてスプーンでシャクシャク食べてください。 コーラも試してみましたがあまりお勧めしません。 苦味との相性はイマイチでしたね。 まとめ フローズンマルマルガリータは氷とシェイクしてシャリ感出しますが、シャリキンは100%焼酎で出来上がり、氷なし、不純物無しです。 純シャリです。 氷が入らない分、アルコール度数が薄まることが無いので、最後の一滴まで強烈です。 初めてシャリを口にした人は、五感が刺激されて感動します。 そしてその飲み口の良さから通常の酎ハイと同様に飲み続け、「これ、うまいですねー、うまいですねー」と酔ってるから連呼します。 想像できると思いますが、アルコール量は通常の酎ハイの倍近くはあるはずなので、一杯でもかなり酔います。 私の経験ではちょっとづつ酔う感じではなく、ある一定の量を超えたタイミングでストーンと酔いが一気にまわります。 特に、25度のキンミヤ製のシャリキンは危険です。 シャリキンパウチは20度なので比較的穏やかに酔いますが、25度は暴れん坊なのでやばいです。 判断の仕方ですが、シャリキンをちょっと食べて苦味を感じたら25度のシャリキンの可能性高いです。 その時は十二分に気をつけてくださいね。 もつ焼きとの相性が一番のおすすめなので、お店で飲むことをオススメします。 串をハフハフ言いながら食べ、肉と脂の旨みを冷たいシャリで流し込む。 楽しく酔えるので一人でじっくりもよし、仲良しな人とゆっくり飲むといいですね。

次の

ホッピーの飲み方と初めてでも美味しいホッピーの作り方

キンミヤ 割り方

作り方 ほうじ茶を淹れる お湯の温度:90〜100度 抽出時間:30〜60秒 茶葉の量は2人で5g位です。 熱々の熱湯でほうじ茶を淹れます。 苦味を心配される方もいるかも知れませんが、雁が音ほうじはほとんど、苦味は出ません。 ほうじ茶は香りが命なので熱めにしてまずは、高貴な香りを楽しんで下さい。 抽出時間ですが60秒にするのがおすすめです。 お湯割りの場合は、濃いめにした方が味がしっかり出て焼酎と合います。 キンミヤ焼酎と割る 熱々のほうじ茶にキンミヤ焼酎を注ぎます。 割合はほうじ茶8:焼酎2であまりアルコールを濃くしない、香りを立たせる程度にします。 ほうじ茶の香りと甘みがキンミヤ焼酎と相性が良く、香りと甘みが倍増します。 焼酎の割合が少なめなのでがぶがぶ飲めてしまいます。 寒い時期にはおすすめの割り方だと思います。 ぜひ、ご賞味あれ。 コメント:• 関連記事.

次の

イマドキ女子なら知っている!? 冷たくておいしい「シャリキン」がブームの予感!

キンミヤ 割り方

甲類焼酎とは、連続式蒸留器で蒸留を行っている焼酎のこと。 焼酎乙類とは違い、何度も蒸留を繰り返された焼酎は高純度のアルコールとなり、無色透明で癖のない味わいとなります。 すっきりと癖のない味わいで、レモンの味を損なわず引き立ててくれる甲類焼酎は、酎ハイにぴったり。 さらに、甲類焼酎は糖質と脂質が0なので、ダイエット中の晩酌でも安心して飲めちゃうんです! 焼酎の量は? レモンサワーにおいて、焼酎の量はとても重要。 多すぎても濃すぎてスイスイ飲めなくなり、少なすぎても味気ないものになってしまいます。 おいしいレモンサワーは、焼酎1:炭酸3が基本! 炭酸はサイダーではなく炭酸を使うのがおすすめ。 強炭酸を使うと、夏にぴったりのキレのよいものになります。 また、レモンサワー専用の割り材も発売されているので、それを使用するのも手です。 プラスひと手間アレンジ! 普通のレモンサワーに飽きたら、ひと手間加えてアレンジしちゃいましょう! 他にも、ふつうのレモンサワーにスパイスを加えると、手軽においしい変わり種レモンサワーができちゃいます。 唐辛子や生姜を入れるとピリッとした締まった味わいに。 ミントを入れると夏にぴったり、モヒート風に爽やかな味わいになります。 鍋やしゃぶしゃぶと合わせるなら、山椒を加えてもおいしいですよ。 レモンを塩レモンやはちみつレモンに変えるアレンジもおすすめです。 相性の良い焼酎のおすすめ銘柄 居酒屋のよりおいしいかも!?「宝焼酎 レモンサワー用」 原材料にレモン系の香り成分を含むハーブを使用し、レモンによくあう味にしあげたレモンサワー専用の焼酎です。 そのまま呑んでもまったくおいしくありませんが、レモンサワーにすると驚くほど美味しくなります。 レモンの酸味・甘みがはっきりと浮かび上がる、引き立て上手な味わい。 甘味料特有の甘ったるさはまったくなく、キレのある味わいに仕上がります。 ぜひ、レモン果汁ではなく、本物のレモンにこだわって。

次の