仕事 行き たく ない 甘え。 【毎日思う】仕事に行きたくないのは甘えじゃない【逃げてもOKです】

会社行きたくない…仕事行きたくない。吐き気がする理由。甘えじゃない辞めるべき

仕事 行き たく ない 甘え

上司と意見が合わない• 先輩がウザい• 仕事量が多い• 残業が多い• 定時に帰れない• 飲み会が多い• 給料が少ない• 将来が不安• 能力を活かせれない• 労働条件が合わない 一通り上げましたけど、細かく見れば仕事に行きたくない理由はまだ出ると思います。 「上司と意見が合わない」「先輩がウザい」は人間関係の問題です。 他の項目は主に環境面や福利厚生の事が大きいです。 共通するものとして全部が「仕事に行きたくない」に関係してきます。 人間関係含めた職場環境に不満があれば誰でも仕事には行きたくありません。 仕事に行きたくない人は、多いです 多くの社会人が共通して持ってる意識だと思います。 月曜日の朝なんかは仕事行きたくないですよね。 この、「行きたくない」意識に対して甘えと言ってるくる方もいます。 これは、間違いですよね。 全然甘えじゃありません。 仕事に行きたくないことを悩みすぎると病気になります。 (うつ病) 実際、自分の思い通りになる職場って少ないと思います。 その為、仕事量だったり職場環境が悪いとストレスを溜めやすくなって「仕事に行きたくない」と感情が無意識に出てきます。 「行きたくない」が積み重なって鬱病発症に繋がりかねません。 それだけ、仕事に対する感情で悩んでる方って多いんですよ。 だから、仕事に行きたくないという感情は決して自分だけではないです。 仕事に行きたくな時の対処法 行きたくないってことは、モチベーションが落ちてるんですよ。 いかに仕事に対してのモチベーションを上げてメンタル面の調整を行なっていくかなんです。 一番簡単な方法は休む事が手っ取り早いんですが、なかなか会社を休みにくいですよね。 でも、休むことを踏まえて紹介していきます。 休む 休むことによるリフレッシュ効果にて仕事に対してのメンタル調整を行います。 自分の体を大事にしましょうということです。 鬱になってしまえば様々なことに弊害が出てしまいますので、鬱になる前の段階で心と身体に休憩を入れてリフレッシュして下さい。 家でゆっくり休むなり、外出して気分転換を行なってみましょう。 楽しみを作る 仕事後とか週末に、ご飯食べに行ったり、仲の良い友達と飲み行ったりする楽しみを作りましょう。 週末に買い物や映画見に行ったり、自分の好きな様に過ごしてリフレッシュしてみましょう。 旅行なんかも良いですよね。 週末に友達と旅行の計画を立てればワクワク感もアップして仕事に対してのモチベーションも上がります。 仕事後、週末の楽しみ方• ジョギング• 外で朝食• カフェでコーヒー 転職してみる これも一つの手ではないでしょうか。 やはり仕事環境の変化は難しいです。 仕事量や人間関係が改善するのはよっぽどの事ではないと難しいです。 自分の状況を上司に言っても直ぐには環境の改善は見込めませんので、手っ取り早く自分自身が行動を取って転職してみましょう。 現在の職場でストレス溜めて働くよりも、違う環境に身を置いて挑戦した方が仕事をしていて楽しいとです。 転職して新しいことに挑戦した方がモチベーションにも繋がってきて、仕事においてのパフォーマンスの向上が出来ます。 マーボーのまとめ 仕事に行きたくないということで、感情を考えました。 「何で行きたくないのか」.

次の

会社行きたくない…仕事行きたくない。吐き気がする理由。甘えじゃない辞めるべき

仕事 行き たく ない 甘え

朝から下痢が止まらず、電車にも乗れる状態じゃない• 頭痛がひどくベッドから起き上がれる状態じゃない• 昨日の夜から吐き気がある、仕事中に嘔吐するかもしれない 【根本的な問題を解決する方法】 身体が疲れている状態を根本的に解決する方法は2つあります。 方法1. 睡眠時間を確保する 疲れている原因として、 「睡眠不足」が挙げられます。 ついつい忙しいと寝る時間が遅くなりがちですが、やはりしっかり睡眠をとらないと人間は疲れてしまいます。 なので睡眠時間を確保することを目標に掲げて、 最低でも7時間は寝るようにしましょう。 方法2. 疲れの取れるリラックス法を考える リラックスすることは、疲れを取る上で重要なことです。 例えば以下の方法は、日常生活でできる何気ないことですが、リラックス効果を生み出して疲労の蓄積が緩和されます。 自分の強みを探すために仕事をする• 自分の仕事に自信・やりがいを持てない理由を整理する 【今日1日を乗り切る方法】 自分の仕事に自信がない人が、今日1日を乗り切る方法は2つあります。 方法1. 自分の強みを探すために仕事をする 仕事に自信が持てなくても、必ず業務上の強みはあるはずです。 そのため、 「今日は自分の強みや、仕事に活かせる長所を見つける日!」と割り切って1日を過ごしてみると、気持ちが楽になります。 方法2. 仕事を早く片付けることを意識する 仕事を早く片付けるやりがいを持つために、 普段はなかなかできない予定を入れてみるのも解決方法です。 例えば「好きなブランドの洋服を買いに行く」「お洒落なレストランで外食する」など、仕事を早く終わらせないと達成できない予定を作ります。 少しだけでも 一人になる時間を作ると、気分が変わるかもしれません。 例えば、都会で暮らし毎日満員電車で会社に通っているなら、遠くまで行き、人の少ない田舎で過ごしてみることをおすすめします。 少しの間で構わないので、いつもの騒がしい社会から抜け出し、孤独な世界を感じてみると、 家族や友人そして会社の同僚のありがたみを感じるものです。 対策2|長期休暇を取りリフレッシュする 仕事ばっかりして、 全然遊ばないと、気分が憂鬱になっていきます。 もちろん個人の性格にもよりますが、長期休暇を取りリフレッシュすれば、気分も変わり、仕事に全力を尽くせるかもしれません。 会社によっては、長期間休みない事情などもあると思いますが、休暇の交渉をして少し羽を伸ばしてみましょう。 気分が沈んでいる(抑うつ)• 何をしても楽しくない(興味または喜びの喪失)• 食欲の低下や増加、体重の増減• 寝付けない、夜中に何度も目が覚める(睡眠障害)• イライラが止まらず、落ち着きがない(精神運動機能の障害)• すぐに疲れる、気分がわかない(易疲労症、気力の減退)• 自分に価値がない、申し訳ないと感じる(強い罪悪感)• 仕事に集中したり、決断することが出来ない(思考力・集中力の低下)• この世から消えてしまいたいと考えてしまう(自殺念慮) 身体や心が拒絶反応を起こすことは、本当に危険な状態であり、普通では考えられない異常なことです。 自律神経失調症やうつ病など、発症してしまうと取り返しのつかないことになる可能性もあります… そんな状態で無理をして働く必要なんて一つもありません。 どうしても仕事辞めると言えない時に使える「退職代行サービス」 仕事を辞めたいけど、自分で辞めると言い出せない人には 「退職代行サービス」がおすすめです。 退職代行サービスとは、 企業と退職者の間に入って退職手続きを代行してくれるサービスです。 退職する旨の連絡から、その後の退職に関する連絡の中継まで、全て行ってくれます。 会社に行って上司に辞めたい意思を伝える必要もなく、ストレスを抱えることなく退職できる画期的なサービスですが、「本当に仕事に行きたくない」「もう上司の顔は見たくない」などの場合に限って利用しましょう。 基本的には、自分でしっかりと上司に退職の意思を伝えて、円満退社をすることが第一です。 おすすめのサービス|退職代行Jobs(ジョブズ) 『退職代行Jobs』は、 顧問弁護士でありカウンセラーの資格も保有する西前啓子さんの指導のもと提供している退職代行サービスです。 サービスは24時間365日対応しており、事前相談料は無料です。 さらに、退職できない場合は全額返金をする保証がついています。

次の

仕事に行きたくないのが甘えではない理由【対処法もセットで解説】|強く生きる教科書

仕事 行き たく ない 甘え

スポンサーリンク ブロガーのあんちゃです。 社会人のみなさん、 「仕事行きたくない」って感じたことはありますか? きっと多くの人が一度は感じたことありますよね。 例に漏れずわたしも会社員時代ずっとこう思っていました。 一見すると、この「仕事行きたくない」って気持ちは 「でもこんなの甘えだよなぁ」って思っちゃうかもしれないんですけど、その気持ちは絶対放置しないでほしいのです。 心のSOSだ 多くの人は「仕事に行きたくないなぁ」って感じても、毎日がんばって仕事に行ってますよね。 だからみんな「仕事行きたくないって思っても、 これは甘えだから休んじゃだめだ」って思っちゃうんです。 「みんな行きたくなくてもがんばって仕事に行ってるんだから、自分もがんばって行かなきゃだめだ」って決めつけてしまうんです。 でも、 それは別に甘えでもなんでもないんです。 「仕事行きたくない」という気持ちには、 そう思うようになった原因が必ずあります。 その原因と向き合って解消できなければ、ずっとその嫌な気持ちはなくなりません。 そしてその気持ちをひきずったまま、原因も解消できない状態で仕事を続けた結果、身体を壊したりメンタルにダメージを負ってしまうんです。 スポンサーリンク 朝、涙が止まらなくなった社会人2年目の私 実はわたしも、「仕事行きたくない」という気持ちを放置した結果、どんどん苦しい状況になったことがあります。 2〜3年ほど前、当時社会人2年目になった頃。 会社での仕事もだいぶ慣れてきたころだったんですが、ちょうどその頃から自分の今後のキャリアにすごく悩むようになりました。 このままずっとその会社で働いてていいのかわからなくなったわたしは、会社の仕事に熱量をもって取り組めなくなってしまいました。 熱が入らなくなると、当然仕事が追いつかなくなります。 自分では頑張ってやっているはずなのに、どこかミスをしてしまう。 そうすると先輩や上司から注意されます。 「またここ間違ってるよ」と。 幸いわたしの職場は人に恵まれていたので怒鳴りつける人などはいなかったのですが、当時は周囲へ迷惑をかけてしまう不甲斐なさと、自分がうまく立ち回れない無力感でプレッシャーに押しつぶされそうでした。 毎週金曜日が終われば泥のように眠って土日をぼーっと過ごし、月曜の朝がたまらなく不安になる。 仕事に行きたくない。 「あいつは仕事できない奴だ」というまわりの視線が怖い。 また仕事を失敗してしまうのが怖い。 なにもできない自分と向き合うのが怖い。 ただ会社の椅子に座っているだけで、不安で、怖くて仕方がない状態でした。 そんな生活を数ヶ月続けたとき、ある朝目が覚めたときに「今日も仕事かぁ、行きたくないなぁ」と思った途端、 急に涙が止まらなくなりました。 悲しいわけではないのになぜか涙が出てくる。 会社に行ったあとも、仕事中突然涙がでてきて、トイレに駆け込んで泣いたこともありました。 ・・・なんかあのときのことを思い出すだけで泣きそうなんですが、 今思うと、きっとあれが限界だったのだと思います。 わたしはあのとき「もうだめだ」と思って、数日間仕事を有給をとりました。 休んで、「もうどうでもいいや」と思うようになって、そこから1年経って、仕事をやめました。 (この辺の詳しいことは以下の記事に書いています) 合わせて読みたい 他人に甘えだと言われても、逃げていい。 わたしはいま独立して仕事をするようになりましたが、 あのとき「仕事を休む」という選択ができて本当に良かったと思います。 「迷惑かけてるのに仕事休むなんてできない」なんて考えてたら、今頃どうなっていただろう。。。 わたしのまわりにも会社をやめた人が結構多いのですが、• ベッドから起き上がれない• 急に涙が出る• 足が動かない• 吐き気がする こんな状態になったひとも少なくありません。 これ、甘えなんかじゃなく、SOSなんですよ。 身体が拒否してるんだもん。 仕事に行きたくない理由が必ずあるはずです。 上司の嫌味• 仕事内容がきつい• 通勤が苦しい etc… そしてその原因が、 「自分の努力で解消されるものか?」どうかを考えてみてください。 自分の努力で変えられるものなら解消できるかもしれませんが、上司の嫌味や通勤の問題などは、個人ではどうしようもありません。 職場を変えたり、仕事自体を変える必要もでてくるかもしれません。 どうか、その気持ちをそのまま放置しないでほしいです。 最後に、こういう悩みを親や友人に打ち明けたりすると、 「そんなの甘えじゃないか」とか「おれなんかもっと厳しい仕事だよ」って言ってくる人がいます。 でも、 それぞれできること、できないことの差は絶対にあります。 走るのが得意な人と苦手な人がいるように、たくさん働ける人と自分の体調と向き合いながら働く人がいるのも当たり前です。 だから他人の「甘えだよ」という言葉には惑わされないでください。 それは、他人のアドバイスで決めるものじゃなく、あなたの心で決めてください。 合わせて読みたい.

次の