小説 すばる 新人 賞。 新人賞の知識、傾向と対策 小説作法

どの小説の新人賞に応募するべきか。その選び方と、公募新人賞の一覧。

小説 すばる 新人 賞

公募小説や、新人賞など小説家への登竜門と位置付けられる「賞」が増えてきました。 でも「どの位のボリュームでストーリーを作ったらよいのか」という点で、文字数・原稿用紙の枚数を気にされる方もみられます。 ここでは、公募される小説に必要な文字数などをまとめました。 これから小説を書いてみたいという方は参考にしてみてください。 小説を応募するのに必要な文字数(原稿用紙枚数)はどれくらい? まずは、応募を考えている「小説新人賞」の応募要項を取り寄せてみましょう。 応募要項を確認することで「最低文字数」や「最大文字数」を知ることができます。 一般論でいうと、小説を書いて応募したいと考えた場合は、400字詰原稿用紙では100枚~250枚程度を目安にするとよいでしょう。 Word(ワープロソフト)ではA4サイズ・10ptの文字の大きさで30枚~70枚が目安です。 新人賞の要項では「~枚以内」「~枚」「~枚程度」というようにそれぞれ枚数に対する表現が異なります。 「以内」「枚」という表現の場合は、必ず枚数に収めることが求められます。 「程度」であれば若干要項枚数をオーバーしてもかまわないと受け取ることができますが、推敲を行い指定された枚数に収めるようにするとよいでしょう。 主要な新人賞の応募に必要な文字数は? 多くの方が応募する新人賞の要項に則った文字数を調べてみました。 下記を参考にしつつ、詳しい最新情報はそれぞれのホームページでも確認してみてください。 すべて400字詰原稿用紙での枚数です。 ・小説すばる新人賞(集英社) 原稿用紙200枚以上500枚以内 ・オール讀物新人賞(文藝春秋)原稿用紙50枚以上100枚以内 ・新潮新人賞(新潮社) 原稿用紙250枚以内 ・群像新人文学賞(講談社) 原稿用紙70枚以上250枚以内 ・文芸賞(河出書房新社) 原稿用紙100枚以上400枚以内 原稿用紙の上限がここでわかりますが、あくまでも枚数の指定であり、文字数の上限を指しているのではありません。 余白や行間等も小説のスパイスとして取り入れていきましょう。 必要な文字数を原稿用紙換算するには? 最近では、学生時代の作文のように原稿用紙に手書きをする方は少なくなっており、ほとんどがパソコンのワープロソフトで文章を作成していることでしょう。 そのため、パソコンを使用していると「ワープロソフトで作った小説が原稿用紙何枚分に相当するかわからない」と感じることもあるようです。 応募の際はあくまでも原稿用紙と同じ体裁で枚数を守る必要があります。 ではどうしたらよいのか。 昨今では、ワープロソフトの書式設定を指示する公募小説も出ています。 要項にて言及されている時は、その書式を取り入れて、それ以外の場合は原稿用紙の書式に設定して、原稿用紙換算をしていくことをおすすめします。 短編・中編・長編小説、それぞれの文字数(原稿用紙枚数)はどれくらい? 公募小説の中には、短編小説を対象としたものが多くあります。 また、構成手法の一つで短編をアンソロジー風に仕立てて1冊の長編小説にしたいと考える方もいると思います。 そこで、短編はどの位のボリューム?原稿用紙100枚で書いた小説は長編といえる?というような疑問も出てくるでしょう。 一般的に原稿用紙の枚数と小説の長さに関しては、以下のようにいわれています。 ・原稿用紙100枚くらい… 短編小説 ・原稿用紙300枚くらい… 中編小説 ・原稿用紙500枚くらい… 長編小説 ・それ以上… 大長編小説 読み応えがあるライトノベルでも原稿用紙500~700枚程度のボリュームです。 小説のボリュームと文字数・原稿用紙換算の枚数の関係についてまとめました。 小説を書き始めたばかりの方は、ストーリーをどのように膨らませていくか、着地点をどこにするかが悩みの種かもしれません。 実際に小説を書きながら、自身が描くストーリーと求められているボリュームを比較し、よりより小説になるよう推敲していきましょう。

次の

【小説家志望者必見】5大文学新人賞について(傾向・おすすめ受賞作も紹介)

小説 すばる 新人 賞

ミステリー系新人賞の〝傾向と対策〞 前回この講座で取り上げた『屍人荘の殺人』を例外として、近年ではミステリー系新人賞の受賞作でベストセラーにランクインする作品が、ほとんどない。 で、特に日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作の売れ行きが芳しくないようだ。 そこで、今回から三カ月連続で、日本ミステリー文学大賞新人賞の受賞作を俎上に載せて論ずる。 まずは第十九回(二〇一六年)の受賞作『星宿る虫』(嶺里俊介作。 この回の応募総数は、百七十二編)である。 嶺里は受賞第一作が二〇一八年に双葉社から出ているだけで、受賞以前には、文芸社から一冊、出ているが、たった三作しか作品がない。 これだけで、どれだけ受賞作が惨憺たる売れ行きだったのかは、想像がつく。 さて、肝心の受賞作の『星宿る虫』に話を進めると、私には、なぜこれが受賞作なのか、理解できなかった。 私が選考委員なら躊躇なく落選にしている。 考えられる受賞の理由は、競合作に全く大した作品がなく、光文社の営業上の理由から「該当作なし」にしたくなかったので、応募作の中では多少はマシな部類だった『星宿る虫』をグランプリに選んだ、といったところだろう。 が、そういう選考姿勢は賞の権威を落とすばかりで、一向に売れ行きには結び付かず、遂には賞自体が、読者から見放される。 そのことは、当講座でも何度も苦言を呈しているのに、光文社の編集部では全く理解していないようだ。 受賞作に選ばれただけに、文章力は、まずまず。 が、それ以外には、良いところが何一つない。 で『星宿る虫』の欠点を列挙していくので、ミステリー系新人賞に応募しようと考えているアマチュアは〝傾向と対策〞の参考にして欲しい。 人間に卵を産み付けて、体内から食い尽くして遂には骨だけにしてしまう虫と、いかにも怪しい宗教団体《楽園の扉》の組み合わせという、ほとんどオリジナリティを感じない設定。 宗教団体のほうは、オウム真理教事件以来、山ほど送られてきたカルト宗教ものと同工異曲だし、人体を食い尽くす異生物は、シガニー・ウィーバー主演で四作まで制作された『エイリアン』や『遊星よりの物体X』『遊星からの物体X』からのパクリ。 人間を食う異生物を光る虫に変えているだけで、唸らされる捻りが何もない。 『屍人荘の殺人』のように、「おいおい、ゾンビを、そういう使い方をするのかよ!」と唸らされる驚きが何一つない。 また、昆虫が人間を襲ってパニックになる、という点では『このミステリーがすごい!』大賞の二〇〇三年(つまり『星宿る虫』の三年前)の受賞作『生存者ゼロ』(安生正)よりも格段に劣る。 後発作品が先行作品よりも劣ったのでは、全く売れないのは、当然。 『星宿る虫』の主人公は法医昆虫学者の御堂玲子と、その甥で、大学でロボットの研究をやっている学生の天崎悟だが、二人のキャラをA〜Fの六段階評価すると、御堂玲子がC、天崎悟がDかE。 よくこれで予選突破できたものだと呆れる。 要するに作者の嶺里は全然キャラの立て方が分かっていない。 光文社から第二作が出ないところを見ると、編集部も見放したのではないか。 このままでは確実に遠からず文壇から消える。 法医昆虫学者という点では江戸川乱歩賞受賞作家の川瀬七緒が『147ヘルツの警鐘』を皮切りに『法医昆虫学捜査官シリーズ』六作を出しているが、『星宿る虫』は格段に劣る。 川瀬作品と読み比べてみれば、どこが悪いのかが、見えてくるだろう。 まあ、悪いところが見えたからといって、それを自分の作品に活かせるかとなると、また別問題だが。 主人公の御堂玲子と天崎悟の他に死体の発見役などで〝使い捨ての視点人物〞が出て来る。 これは、どうしても他の方法を思いつけない場合には、冒頭で一回だけ使うのは許される。 しかし、ストーリーが進行してからも安直に使ったらいけない。 主人公の御堂玲子の登場が遅すぎる。 副主人公の天崎悟が先に登場するのだが、主人公のキャラが駄目な上に、もっと駄目な副主人公を先に出す物語構成は、もう、ミステリー創作の基本がなっていないとしか、言いようがない。 こんなのは担当編集者が直させなければいけないが、よほど腕の悪い新人編集者でも付いたのか。 『星宿る虫』のように複数の視点人物が出る物語では、視点が切り替わったら、一行目で誰が主人公になったのかを明らかにしなければならない。 これはエンターテインメントの小説作法の基本中の基本だが、『星宿る虫』では、かなり読み進まないと、誰が主人公なのかが明確にならない〝出し惜しみ〞手法を採っている。 読者に最も嫌われる書き方で、これも担当編集者が直させなければならないが、ひょっとして編集者も、出し惜しみで情報を小出しにしたほうが読者に受けるとでも勘違いしているのだろうか。 大金を払って駄作を読まされる読者は、たまったものではない。

次の

小説すばる新人賞受賞作!特におすすめの作品6選

小説 すばる 新人 賞

なんと、枚数の上限がありません! 大長編小説も送れます! 文芸社さん自体は自費出版社として有名でしたが、じょじょに知名度が上がってきています。 ジャンル不問で、本編に写真やイラストが入っていてもOK。 注目を集めるならなんでもアリな賞という印象です。 とはいえ、純文学っぽい小説が受賞したこともあります。 1000を超える応募原稿が集まる人気の賞です。 そのわりに、最終選考は3作ほどで狭き門です。 内容はバラエティに富んでいて、現代小説も時代小説も、ファンタジーもなんでもあり。 キャラ立ちは求められますが、ディフォルメされたものよりも、等身大のほうが多い印象です。 「食」をテーマにしていれば、ジャンルは問われません。 第1回受賞作は発売前なんですが、「食」+「恋」? 「恋のお相手は72歳の不良老人!」とのあおりが。 短編なのですぐに書籍デビューとはいきませんが、オールの受賞者は『松本清張賞』を取ったり、『直木賞』を取ったり、候補に挙がったりして名前が売れていくこともあります。 短編、長編ともに書ける方には、オススメかもしれません。 桜木紫乃さん、木下昌輝さん、柚木麻子さんはこの賞のご出身です。 新人賞になってからは、代表格という作家さんはでていない印象があります。 第7回(2017年度)の特別賞は、『「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。 』が受賞し、ピュアフル文庫から発売されました。 ポプラさんはライト文芸にも力をいれておられるので、青春ものやライトミステリーを書かれる方にはいいかもしれません。 塩田武士さんや朝井まかてさんを輩出した賞です。 2006年開始ですが、前身はたいへんに歴史ある小説現代新人賞(短編)です。 短編時代にも、多数の有名作家さんを輩出しています。 応募数は上昇傾向にあり、なんでもありな印象。 だって、2018年の奨励賞は掟破りのシリーズ物なんです。 ぜひぜひ選評を読んでください。 小説誌『野性時代』に合い、それでいて個性的でとがった作品が求められている印象です。 いまのところ、1次の通過率は高いので、実力を試すにはもってこいの賞かもしれません。 11回から『小説野性時代新人賞』と名前が変更するので、今後どうなるか注目ですね。 当時はまだ20歳でした。 ちょっと地味な印象の賞ですが、直木賞作家を多数輩出しています。 時代小説を書かれる方は、ぜひともこの賞を狙っていきたいところです。 R-18とありますが、途中から一般文芸になりました。 大賞だけでなく、読者賞(賞金10万円)や 友近賞(賞金5万円)があります。 短編ですが、ここから大成する女性作家さんはとても多いです。 ぜひ一度チャレンジしたい賞ですね。 ちょっと地味な賞でしたが、第10回の受賞作品『童の神』(今村翔吾さん)は第160回直木賞候補です。 ただこの方はすでにシリーズ作品を出版しておられたので、参考にしていいのか悩むところ。

次の