川崎 希 誹謗 中傷。 川崎希への誹謗中傷、内容は

川崎希 ネット誹謗中傷書き込みの刑事告訴取り下げ 「2人は深く反省、抑止効果あった」/芸能/デイリースポーツ online

川崎 希 誹謗 中傷

着払い呼びかけに放火示唆まで 川崎さんは2019年10月4日と8日にブログを更新し、本人や家族に対するネット上での誹謗中傷やプライバシー権を侵害する書き込みについて、発信者情報の開示請求をしたと報告した。 3年ほど前から嫌がらせに悩まされ、「匿名の掲示板でみんなで自宅に着払いで荷物を送ろうと呼びかけられたり海外にいる間は放火するチャンスと言われたりしてこわい思いもたくさんありました」と当時の心境を吐露。 中でも、書き込みが「凄まじい数」あった匿名掲示板「ママスタジアム」の発信者の情報開示請求をし、東京地方裁判所に認められたという。 川崎さんは「開示請求したら複数を1人で書いてる人もいて嫌がらせを書き込むことが日課になっているんだなと驚きました」と明かし、「いまはネットでだれでも簡単に書くことが出来るから匿名と思うと過激な内容を書く人もいるかもしれませんが書かれた方はネットだからしょうがないとは思わず人だから必ず嫌な思いはするし傷付きます」「ネットでの書き込みなどに悩む人がいなくなるようなモラルのあるネットの使い方が浸透していくようになりますように」とつづる。 今後は、民事・刑事双方で責任を問う構えだ。 芸能人の「アンチスレ」乱立 川崎さんが問題視したママスタジアムは、アフィリエイト(成功報酬型)広告大手の「インタースペース」(東京都新宿区)が運営する。 "日本最大級のママ向け情報サイト"を掲げ、月間利用者数は800万人を超えるという。 掲示板は、「ニュース全般」「TV・エンタメ」「旦那・家族」などのカテゴリがある。 「芸能人・有名人」枠では、芸能人の名前を冠したスレッドが並ぶが、J-CASTニュース編集部で確認すると、「アンチスレ」が多く見つかる。 例えば、人気女性タレントAさんのアンチスレは計430万の投稿があり、罵詈雑言が飛び交う。 サイトの利用規約では、「他人の名誉、信用、プライバシー権その他人格的な権利を侵害し又は侵害するおそれのある行為」「中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為」を禁止しているが、遵守されていない印象だ。 インタースペースは10日、J-CASTニュースの取材に、川崎さんの事案について「今回情報開示請求をいただいたものは真摯に受け止め、適宜対応をおこなってまいりました」とコメントする。 同社では、適切な利用のための啓蒙に加え、悪質な利用者には投稿制限をしているという。 また、「外部の企業と連携し監視を行っている他、専任スタッフによるトピックスの監視を行っています。 殺人や幼児虐待などの投稿を検知した場合には警察当局との連携及び削除等の対応を行っています」(担当者) 川崎希さんの事案を受け、再発防止策を講じる予定はあるかとの問いには「今後においては、改めて上記のような悪質な書き込みを行わないよう、引き続き利用者への啓蒙を行うとともに再発防止策を検討して参ります」と答えた。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の

「言葉の凶器でメッタ刺し」――ネットの誹謗中傷、経験者の憤り (1/4)

川崎 希 誹謗 中傷

写真 誹謗中傷を書く人へ、その分を「家族と過ごす時間などに使って欲しい」と川崎希 実業家でタレントの川崎希が4日のブログで、ネット上での家族に対する悪質な書き込みに対して法的措置を検討し、「東京地方裁判所で発信者情報開示請求の申し立てが認められた」と報告した。 8日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、この川崎の家族に対する誹謗中傷の具体的な内容や、発信者情報開示請求にかかる費用などが説明された。 によると、誹謗中傷の書き込みや嫌がらせ行為が目立ち始めたのは約3年前だといい、初めての妊娠が明らかになった頃からだろうか。 3年以上にわたって不妊治療に取り組みやっと妊娠した彼女のもとには祝福の声ばかりではなく、「本当は妊娠していないくせに嘘をつくな」、「流産しろ」といった目を覆いたくなるようなメッセージが毎日届いていたという。 さらに出産後には、「子供を虐待している」と子供を巻き込んだ掲示板への書き込みが目立つようになった。 その他にも「自宅で待ち伏せをしよう」、「着払いで荷物を送りつけよう」、海外に渡航している時には「放火のチャンス」などと掲示板で呼びかける書き込みもあったようだ。 また実際に自分たちが利用しているレストランや店に身に覚えのないクレームを入れられたり、「無銭飲食をしている」、「店のものを盗んでいる」など嫌がらせの書き込みは膨大な数だったという。 先月末に東京地方裁判所で発信者情報開示請求の申し立てが認められた川崎側は今後、所属事務所や顧問弁護士と相談の上、書き込みの内容によって民事、刑事で訴えを起こす予定だと述べている。 そして今回、自分たちが起こした行動で「安易に誹謗中傷の書き込みをする人が減ることを望んでいます」、「誹謗中傷に費やす負のエネルギーやその時間を、家族と過ごす時間などに使って欲しい」と川崎は書面を通じて今の心境を明かした。 調査費用は少なくとも50万円以上、特定する人数や通信会社の数でさらに多くの費用が必要になるそうだ。 (TechinsightJapan編集部 みやび).

次の

川崎希を誹謗中傷した女2人は誰?名前や画像特定!内容やばい!|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

川崎 希 誹謗 中傷

着払い呼びかけに放火示唆まで 川崎さんは2019年10月4日と8日にブログを更新し、本人や家族に対するネット上での誹謗中傷やプライバシー権を侵害する書き込みについて、発信者情報の開示請求をしたと報告した。 3年ほど前から嫌がらせに悩まされ、「匿名の掲示板でみんなで自宅に着払いで荷物を送ろうと呼びかけられたり海外にいる間は放火するチャンスと言われたりしてこわい思いもたくさんありました」と当時の心境を吐露。 中でも、書き込みが「凄まじい数」あった匿名掲示板「ママスタジアム」の発信者の情報開示請求をし、東京地方裁判所に認められたという。 川崎さんは「開示請求したら複数を1人で書いてる人もいて嫌がらせを書き込むことが日課になっているんだなと驚きました」と明かし、「いまはネットでだれでも簡単に書くことが出来るから匿名と思うと過激な内容を書く人もいるかもしれませんが書かれた方はネットだからしょうがないとは思わず人だから必ず嫌な思いはするし傷付きます」「ネットでの書き込みなどに悩む人がいなくなるようなモラルのあるネットの使い方が浸透していくようになりますように」とつづる。 今後は、民事・刑事双方で責任を問う構えだ。 芸能人の「アンチスレ」乱立 川崎さんが問題視したママスタジアムは、アフィリエイト(成功報酬型)広告大手の「インタースペース」(東京都新宿区)が運営する。 "日本最大級のママ向け情報サイト"を掲げ、月間利用者数は800万人を超えるという。 掲示板は、「ニュース全般」「TV・エンタメ」「旦那・家族」などのカテゴリがある。 「芸能人・有名人」枠では、芸能人の名前を冠したスレッドが並ぶが、J-CASTニュース編集部で確認すると、「アンチスレ」が多く見つかる。 例えば、人気女性タレントAさんのアンチスレは計430万の投稿があり、罵詈雑言が飛び交う。 サイトの利用規約では、「他人の名誉、信用、プライバシー権その他人格的な権利を侵害し又は侵害するおそれのある行為」「中傷、脅迫、いやがらせ、その他経済的もしくは精神的損害または不利益を与える行為」を禁止しているが、遵守されていない印象だ。 インタースペースは10日、J-CASTニュースの取材に、川崎さんの事案について「今回情報開示請求をいただいたものは真摯に受け止め、適宜対応をおこなってまいりました」とコメントする。 同社では、適切な利用のための啓蒙に加え、悪質な利用者には投稿制限をしているという。 また、「外部の企業と連携し監視を行っている他、専任スタッフによるトピックスの監視を行っています。 殺人や幼児虐待などの投稿を検知した場合には警察当局との連携及び削除等の対応を行っています」(担当者) 川崎希さんの事案を受け、再発防止策を講じる予定はあるかとの問いには「今後においては、改めて上記のような悪質な書き込みを行わないよう、引き続き利用者への啓蒙を行うとともに再発防止策を検討して参ります」と答えた。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の