スペーシア。 新型スペーシアの不具合とは?

【楽天市場】車種別特集ページ > スズキ車用 > スペーシア:カークレイド

スペーシア

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。 一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。 このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。 もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。 相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。 私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。 こんにちは、次の新車を夢見て、日々、憧れのSUZUKI車を 妻に隠れてコッソリと 夜な夜なアレコレ調べまくっては、妄想の中の来る納車日にニヤニヤが止まらない 少し危ない? ヒロキです。 人気のハイトワゴンにSUV感をプラスした、他には無かった車がSUZUKIから発売されたことを!! 「他には無い」なら「SUZUKIにしかない」わけですよ! TVCMでもお馴染みになってきましたね。 既に発売されている人気のハイトワゴン スペーシアと、SUVをプラスしたという話題沸騰中のスペーシアギアの違いを探るべく、 比較していきたいと思います。 34万円UP 新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか? ちょ、ちょっと待って! それ、損しているかもしれません! 自動車をお得に買い換えたいなら、まずはを試すべきです。 私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、 ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。 34万あれば、 ワンランク上の自動車を購入したり、 ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。 コツは複数の買取業者を争わせることです。 どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。 僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。 そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。 新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。 さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。 ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。 一括査定を利用したほとんどの人が 平均20万以上お得に愛車を手放しています。 そのために使った労力は、 たった5問程度の 30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

次の

見積りシミュレーション スペーシア

スペーシア

出典:スズキ スペーシアギア スペーシアギアの インテリアはというと、こちらもエクステリアと同様に 内装がかっこいいといった評価が多く見られました。 オーナーの口コミ:やっぱりインテリアもかっこいい!• 上質感はそこそこですが、それを気にさせない楽しさがあります。 黒にオレンジの差し色がオシャレ。 (生活していても黒とオレンジの組み合わせに目が行ってしまうこの頃)。 ガンメタデザインでめちゃくちゃかっこいいです。 (スペーシア・スペーシアカスタムとは、全く違うのが素晴らしいです。 良い所はHUD=これは素晴らしい!機能もだがインテリアとしてもOK! その内装はどんな感じかというとこちらです。 ステアリング(ハンドル)の内側の右部分が運転関連のボタンですがクルーズコントロールやパワーボタンがレイアウトされています。 いたるところにオレンジのステッチ(ライン)が入っている点が個性的でおしゃれですよね。 スペーシアシリーズの特徴でスーツケースをモチーフにしたデザインの収納ですね。 ティッシュ箱がきっちりおさまるサイズにアレンジされています。 エアコン周りはこんな感じです。 出典:スズキ スペーシアギア まずはオーナーの口コミから見てみましょう。 オーナーの口コミ:加速感やパワーがすごくいい!• パワー面で心配していましたが、加速は十分でストレスなく走れています。 コーナーでのロールも意外と気になりません。 横風に弱いのはこの形の宿命。 めちゃくちゃターボという感じ一切感じないです。 POWERモードに入れて走りましたが、加速感が凄く良かったです。 アイドリングストップも静かですからね。 ハイブリッドで再スタート静か。 パワースイッチもあって、アシスト時間も長く、ソリオよりいい。 走行性能については高い評価を受けています。 スペーシアギアの特に ターボ車はトルクと出力にだいぶ余裕があるので坂道や追い越しなどで アクセルを少し踏むだけで十分な加速を実感できると思います。 エンジン性能は以下のような感じです。 60[6. NAエンジンは街乗りをメインとしてい使う分には問題ないと思いますが高速などを頻繁に利用する場合には ターボ車がおすすめです。 パワーモードやパドルシフトが高評価のポイント スペーシアギアのHYBRID XZターボに搭載されているのが パドルシフトと パワーボタンです。 出典:スズキ スペーシアギア いかがでしたでしょうか。 今回はスズキの スペーシアギアの評価や評判が良いのかについて解説してきました。 高評価されているポイントはエクステリアのガーニッシュ(装飾)やジムニーに近いフロントマスクだったかと思います。 インテリアについては、オレンジのステッチがおしゃれでかっこいいという評判や収納もスーツケースをイメージした形でスタイリッシュな感じに仕上がっていましたね。 さらに走行性能においては、ターボ車が特に優秀で、パワーモードやパドルシフトもついていることから走りに余裕のある車として評価が高いものがありました。 その反面、 燃費についてはハイブリッド車とは言えない燃費効率になっていました。 燃費については別記事で詳しい詳細を紹介していますのでそちらも合わせてご覧ください。 スペーシアギアの関連情報については以下の記事で解説しています。

次の

見積りシミュレーション スペーシア

スペーシア

概要 [ ] (20年)1月から販売されていた「」に替わる実質的後継車として発表された。 車種名を変えて新型車として発売される背景として、室内、軽量化、などに大きな進歩があったからとされている。 そのため、パレットの特徴であった両側や付はスペーシアにも継承されており、車両型式もパレットの「MK」を引き継いでいる。 メカニズム [ ] パワートレイン [ ] 初代モデルは5代目で初採用された「スズキグリーンテクノロジー」が導入され、「パレット」の一部グレードで既に導入されていたシステムは全車標準装備した上で改良を行い、停車前の減速時にを離した段階からの供給をカットし、を踏んで時速が13km以下になると自動でエンジンを停止することでアイドリングストップ時間を延長。 ブレーキペダルを離す、ステアリングを操作する、「アイドリングストップOFFスイッチ」を押すのいずれかの動作でエンジンの再始動が可能である。 併せて、坂道発進時には後退を抑制するヒルスタートアシストも装備される。 また、元々アイドリングストップシステムに搭載している鉛バッテリーに加えて高効率も搭載され、を高効率・高出力化したことで減速時に発生するエネルギーを発電・充電し、蓄えた電力をオーディオやメーターなどの電装品に供給することで発電に使用するガソリン使用量を最小限に抑える「ENE-CHARGE(エネチャージ)」や空調ユニットに冷房運転時に凍る蓄冷材を搭載することでアイドリングストップ中に送風運転に切り替わっても冷風を送ることが可能で、室温上昇によるエンジン再始動を抑える効果もある蓄冷技術「ECO-COOL(エコクール)」も搭載された。 5 mm 厚)、など徹底した軽量化が行なわれ 、特に「G」の2WD車は全高1,700mm以上の軽トールワゴンでは最軽量となる840kgを実現した。 なお、フロアサイドメンバーの高張力鋼板には新日鐵住金(現・)製が使用されている。 後期型では、これまで搭載していた「エネチャージ」に替わり、5代目・後期型ワゴンRやの一部グレードに装備されている「S-エネチャージ」を新たに搭載された。 同時に、エンジンもから採用されている、11. 5の高、一体型の採用、ケースの簡素化などを行い、ISGの搭載に合わせて補機ベルトシステムを変更した改良型が採用された。 は3代目や5代目ワゴンRと同じ2,425mmのロングが特徴の新プラットフォームが採用されており、インパネの内部構造やレイアウトの工夫により、室内長は2,215mmを実現した。 「G」は13インチタイヤを採用したことで、ロングホイールベースながら最小回転半径4. 2m をとしたことで取り回しの良さも実現している。 安全装備 [ ] (平成25年)8月に、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、の4点が採用され、「レーダーブレーキサポート装着車」として設定された。 2015年(平成27年)5月のマイナーチェンジで、先行車発進お知らせ機能及び軽自動車初採用となるふらつき警報の3点が加わり、セットオプションとして設定された。 2017年(平成29年)12月のフルモデルチェンジでハイビームアシストとリアパーキングセンサーを追加、衝突被害軽減ブレーキと誤発進抑制機能が前方に加えて後方にも追加され、これらの装備全てが標準装備化された(オプションで非装着設定が可能だが、この場合「全方位モニター用カメラパッケージ」の装着が不可となる)。 この衝突被害軽減ブレーキは導入当初、方式の「レーダーブレーキサポート」が用いられていたが、2015年5月のマイナーチェンジで軽自動車で初採用となるステレオ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」に変更。 後方ではセンサー方式の「後退時ブレーキサポート」が用いられている。 なお、先代車種のパレットでは廉価グレードを除く全車にサイドエアバッグが標準装備されていたが、初代モデルでは前述の軽量化の都合に伴い非装備となっていた。 2代目モデルではフロントシートSRSサイドエアバッグが新たに標準装備され、カスタム「HYBRID XSターボ」はSRSカーテンエアバッグも併せて標準装備された。 デザイン [ ] スペーシア [ ] 初代は外観にボディ同色のが採用され、全てのをブラックアウトしている。 2013年(平成25年)8月に追加設定された「レーダーブレーキサポート装着車」ではフロントグリル下部にメッキアクセントが配された。 内装はにおいて上面を低くした上下2段構造とし、上部はブラウン、下部を明るめのベージュの2トーンカラーとした。 後期型では外観のフロントグリル下部のメッキアクセントが新形状に変更して標準化。 内装色はベージュ内装とグレー内装の2種類となり、ボディカラーに応じた設定となった。 「T」はフロントグリルが上部に白色LEDのイルミネーションを内蔵したフルメッキタイプとなった。 2代目はフロントグリルが新デザインとなり、グレードによりカラード又はメッキとなった。 内装色は初代モデルの2016年12月の仕様変更時同様にブラック内装が基本となっているが、新たに赤のアクセントカラーが取り入れられた。 また、「HYBRID X」に設定のベージュ内装はホワイト2トーンルーフに加え、モノトーンカラーでも全色選択が可能となった。 バンパーの形状もスペーシアから変更され、専用デザインアルミホイールを装備した。 内装はブラック基調となり、エアコンルーバーリングやインサイドドアハンドルにシルバー加飾が施された。 後期型ではフロントグリルにメッキを追加。 内装には赤のアクセントが新たに施された。 カスタムZはボンネットフードの位置をカスタムよりも高くし、フロントグリルをブラック基調のメッキに変更の上、大型メッキフロントミドルグリルが追加され、フロントバンパーをエアロ形状に変更してLEDイルミネーションを組み込んだフロントフェイスを採用され、LEDフォグランプが装備された。 ちなみに、カスタムZのは、2代目ワゴンRスティングレーと同じデザインとなっているが、干渉を防ぐ為内部構造が変更されている。 内装はカスタム同様ブラック基調だが、アクセントにチタンシルバー加飾が採用されている。 カスタムの2代目はフロントメッキグリルが大型化され、ヘッドランプをLED化。 内装はブラックを基調に、ピアノブラック・メッキ加飾・シルバー加飾が施された。 ギア [ ] ギアは2代目に設けられたテイストのデザインとしたモデル。 丸型としたLEDヘッドランプをはじめ、メッキフロントグリル、バンパー(フロント・リア)、ガーニッシュ類(サイドアンダー・ヘッドランプ・サイドドア・バックドア)、カラードドアハンドル、カラードドアミラーをガンメタリックで統一。 内装はインパネカラーパネルもガンメタリックとしたほか、撥水加工が施されたファブリックシート表皮のステッチやリング類(メーター・エアコンルーバー)の加飾にオレンジが採用された。 また、インパネアッパーボックスはツールボックスをモチーフとしたデザインが採用された。 装備 [ ] リアドアトリムには引き出し式のロールサンシェードが採用されており、2代目でも継続採用されている。 パワースライドドアには、リアアウタードアハンドル内に、スイッチの1度押しで解錠と自動開閉を行うワンアクションスイッチ備えたワンアクションパワースライドドアを採用。 2代目モデルでは閉動作中にドアロックの予約が可能な「予約ロック機能」や任意の位置でスライドドアの一時停止が可能な「一時停止機能」が追加された。 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,735-1,740mm 2,425mm 車両重量 840-950kg 2015年3月までの累計販売台数 25万4,000台 (2代目) 先代 年表 [ ] 公式発表(同年3月15日より販売開始)。 CM出演者は。 なお、公式発表の場では後述の「スペーシア カスタム」も展示されたが、この段階では詳細が明らかにされていなかった。 グレード体系はNA車の普及グレード「G」、標準グレードの「X」、ターボ車「T」の3グレードを設定。 ボディカラーは「キャンドルオレンジメタリック」や「フォレストアクアメタリック」を含む7色を設定するが、「X」と「T」には同様にホワイト2トーンルーフ仕様車が設定されている(本仕様車では前述の新色を含む4色を設定)。 また、全車オーディオレス仕様が基本だが、対応6. 2インチディスプレイやバックモニターを搭載し、・対応端子搭載によりやなどと接続可能なスマートフォン連携ナビゲーションをメーカーオプションに設定している(本装着車ではハンズフリーマイクと外部端子が追加装備され、ウレタンステアリングホイールはオーディオスイッチ付一部シルバー塗装仕様となる)。 パレットとは異なり、契約の変更により、への供給はされない(およびの項目を参照のこと)。 2013年 へ2代目としてOEM供給を開始。 2013年 スペーシアの公式発表時に展示されていた「パレットSW」後継車のスポーティモデル「 スペーシア カスタム( Spacia Custom)」を公式発表し、同日より販売開始。 CM出演者は、、、。 2014年からが加わる。 CM演出はかつてのテレビドラマ「」をモチーフとしたもの。 グレート体系はNA車の「GS」・「XS」とターボ車の「TS」の3グレードを設定。 ボディカラーは新色の「スチールシルバーメタリック(オプションカラー)」と「クールカーキパールメタリック」を含む7色を設定(「ブルーイッシュブラックパール3」と「パールホワイト(オプションカラー)」を除いてスペーシアと異なるカラーバリエーションとなる)。 なお、スペーシア カスタムの発売に合わせ、スペーシアの「X」と「T」には後席右側(運転席側)ワンアクションパワースライドドアのオプション設定が追加された。 2013年 マツダにフレアワゴンカスタムスタイルとして、スペーシアカスタムのOEM供給を開始。 2013年 「レーダーブレーキサポート装着車」の設定が発表された(9月17日販売開始)。 「G」の「レーダーブレーキサポート装着車」は前述した安全装備やデザイン変更に加え、14インチタイヤにサイズアップし、フロントスタビライザーが追加装備された。 また、販売店アクセサリーの純正には、スズキ初のワイドDINサイズ(幅200mm)のワイドナビ4機種が設定された。 なお、市販のワイドDINサイズカーナビゲーションも、インパネのオーディオガーニッシュを販売店アクセサリーのオーディオ交換ガーニッシュ(ワイドDIN対応)に変えることで装着可能となっている。 2013年 福祉車両「ウィズシリーズ」の新ラインナップとして、「車いす移動車」を発売。 ヘッドレストを付けた状態で折り畳みが可能なリアシートが採用されたことでベース車同様に4名乗車も可能。 スロープは解除ノブを引き上げながらゆっくり手前に引いて接地させる方式のテールゲート一体型が採用され、フリーモード付電動とワイヤレスリモコンを装備。 手すりと車いす乗員用3点式シートベルトも装備され、車いすを固定するための固定ベルトは4点固定とした。 グレード体系は「G」と「X」の2グレードで、「G」にはリアシート無車も設定される。 ボディカラーは「シルキーシルバーメタリック」、「パールホワイト(オプションカラー)」、「X」専用色の「フィズブルーパールメタリック」の3色を設定する。 2013年 「2013-2014」において、最も優れた軽自動車に与えられる「スモールモビリティ部門賞」を受賞した (フレアワゴンも同時受賞)。 5月 仕様変更。 スペーシアカスタムのボディカラー「ルナグレーパールメタリック」、スペーシア「T」のホワイト2トーンルーフ車を廃止。 なお、「ルナグレーパールメタリック」は同時に(スティングレーも含む)からも廃止されている。 2014年 「Xリミテッド」・「カスタム XSリミテッド」を発売。 「Xリミテッド」はスポイラー(フロント・サイド・リアアンダー・ルーフエンド)、14インチアルミホイール、LEDサイドターンランプ付ドアミラーを装備するとともに、フロントグリルは専用デザインに変更し、バックドアガーニッシュと共にメッキ化、バックドアを除くカラードドアハンドルをスチールシルバーメタリック塗装にすることで洗練された外観とし、内装はブラックを基調に、ファブリックシート表皮とドアトリムクロスにグレー、ドアアームレスト・インサイドドアハンドル・オーディオガーニッシュにシルバー、シフトノブボタンにメッキを採用してシックな印象にするとともに、メーターは常時照明式のカスタム仕様に変更した。 さらに、(ロービーム、オートレベリング機構付)、オートライトシステム、助手席バニティミラー(チケットホルダー付)も特別装備した。 ボディカラーは特別設定色の「アーバンブラウンパールメタリック」、カスタム専用色である「クールカーキパールメタリック」と「スチールシルバーメタリック(オプションカラー)」を含む5色を設定した。 「カスタム XSリミテッド」はスケルトンタイプのフロントグリルとヘッドランプにブラックメッキを、ファブリックシートの一部とドアトリムクロスにレザー調をそれぞれ採用し、LEDイルミネーション(フロントバンパー)、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールを装備。 ファブリックシートと本革巻ステアリングホイールにはシルバーステッチを施した。 また、ボディカラーは4色を設定するほか、「ブルーイッシュブラックパール3」を除く3色にはオプションで「ブラック2トーンルーフ」も設定される。 2014年7月1日 仕様変更。 「T」において、メーカーオプション設定だった「レーダーブレーキサポート」が標準装備化された。 2014年 車いす移動車を一部改良。 レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPの4点が標準装備され、既存の「G」と「X」はフロントグリルをメッキ化した。 さらに、「G」からエネチャージ、アイドリングストップシステム、エコクール、フロントメッキグリルを省いたベーシック仕様の廉価グレード「E」を新設するとともに、「G」と「X」は車両本体価格を一律4. 2万円値下げ、リアシートなし車は「G」から新設の「E」の設定に変更となった。 2014年 特別仕様車「カスタム J STYLE」を発売。 「カスタムXS」をベースに、外観はLEDサイドターンランプ付ドアミラーとアウタードアハンドルをゴールドに、バックドアガーニッシュとスケルトンタイプのフロントグリルをゴールドメッキに変更し、左右フロントフェンダーに「J STYLE」エンブレムを装着。 内装はドアアームレスト・ステアリングガーニッシュ・ステアリングステッチ・エアコンルーバーリング・エアコンルーバーガーニッシュにゴールド加飾を施し、ファブリックシート表皮はブラックを基調にをイメージした模様があしなわた。 また、専用(ボンネット・ボディーサイド)、シート表皮と同じデザインとした専用フロアマット、「J STYLE」ロゴ入り黒の専用携帯リモコンカバーを同梱した(販売会社で装着)。 2WD車は4WD車に標準装備されている運転席シートヒーター、リアヒーターダクトも特別装備。 さらに、カタロググレードでは設定されていないバックアイカメラをメーカーオプション設定した(使用の際にはバックアイカメラ対応純正ナビゲーションと電源ボックスが別途必要)。 ボディカラーは4色を設定した。 併せて、販売店アクセサリーの純正カーナビゲーションには、5代目ワゴンR(後期型)に引き続き8インチワイドナビ(製 ブランド )が設定された。 仕様変更。 新たに設けられた「平成32年度燃費基準」を全車で達成。 2015年 マイナーチェンジ(2型)。 前述のとおり、NA車は「エネチャージ」から「S-エネチャージ」に変更。 前期型で設定されていた「レーダーブレーキサポート装着車」は「デュアルカメラブレーキサポート」に変更されてセットオプション設定となった。 スペーシアの場合、カスタムに標準装備されているトップシェード付フロントガラスも同時にセットされる。 さらに、2014年6月に発売された特別仕様車「Xリミテッド」・「カスタムXSリミテッド」に採用されていたCVT温水カットバルブを備えた改良型ヒーターとリアヒーターダクトを標準装備したほか、シートヒーターも2WD車は運転席に、4WD車は運転席と助手席にそれぞれ標準装備。 防音、防振材の追加も施された。 そのほか、スペーシアの「G」はメーカーセットオプションの設定を廃止する代わりに、「レーダーブレーキサポート装着車」設定時のみに適応していた14インチタイヤとフロントスタビライザーを標準装備化。 カスタムは「GS」に後席両側スライドドアクローザー、後席左側(助手席側)ワンアクションパワースライドドア(挟み込み防止機構付) 、チルトステアリング、運転席シートリフター、フロントアームレストボックスを新たに標準装備。 「XS」はこれまでメーカーオプション設定だった後席右側(運転席側)ワンアクションパワースライドドア(挟み込み防止機構付)を標準装備化し、フロントフォグランプは2014年12月に発売された特別仕様車「J STYLE」と同じLED式に変更した。 ボディカラーは白系(オプションカラー)の「パールホワイト」を「クリスタルホワイトパール」に入れ替えたほか、スペーシアは緑系の「フォレストアクアメタリック」を新規色の「フレンチミントパールメタリック」に(「X」に設定のホワイト2トーンルーフも同様に入れ替え)、8代目アルト採用色の「シフォンアイボリーメタリック」を追加して8色に拡大。 スペーシアカスタムは紫系(オプションカラー)の「ミステリアスバイオレットパール」を3代目採用色の「ムーンライトバイオレットパールメタリック」に入れ替え、特別仕様車「Xリミテッド」専用色だった「アーバンブラウンパールメタリック」を追加して7色に拡大した。 2015年6月25日 同年5月のマイナーチェンジ後も現行仕様を継続販売していた車いす移動車をマイナーチェンジ。 カタロググレード同様、「G」と「X」は「エネチャージ」を「S-エネチャージ」に変更し、R06A型エンジンを高圧縮比仕様の改良型に置換され、運転席シートヒーターを装備。 「S-エネチャージ」非搭載の廉価グレード「E」はメッキフロントグリルを新たに装備する代わりにキーレスプッシュスタートシステムを非装備化したことで、車両本体価格を1万円値下げされた。 2015年8月5日 同年5月のマイナーチェンジで新たに導入した「デュアルカメラブレーキサポート」及び全方位モニター装着車において、予防安全性能アセスメントにおいて軽自動車内で最高得点となる46点満点中45. 特に、車線逸脱警報装置(LDWS)と後方視界情報提供装置(バックビューモニタ)の2項目では満点評価となった。 2015年8月18日 同年5月のNA車のマイナーチェンジ時に予告されていたターボ車をマイナーチェンジ。 NA車同様に前期型の「エネチャージ」から「S-エネチャージ」に置換。 さらに、ターボ車専用装備としてシステムと7速マニュアルモード付パドルシフトも装備した。 「T」は外観デザインも大幅に変更され、メッキバックドアガーニッシュ、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、14インチアルミホイールを装備した。 カスタムのターボ車は前期型の「TS」1グレードから「GSターボ」と「XSターボ」の2グレードに細分化した。 2015年12月21日 特別仕様車「Gリミテッド」発売。 「G」をベースに、ベース車ではメーカーオプション設定となっているデュアルカメラブレーキサポートをはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を特別装備し、同時にトップシェード付フロントガラスも特別装備。 さらに、「T」と同一デザインのメッキフロントグリル(LEDイルミネーション ホワイト 内蔵)や「T」に装備されているメッキバックドアガーニッシュを装備し、専用仕様に変更したファブリックシート表皮(撥水加工)とドアトリムクロスにブラックを、ドアアームレストとインサイドドアハンドルにシルバーをそれぞれ採用し、ウレタンステアリングホイールには一部シルバー塗装を施した。 さらに、後席左側ワンアクションパワースライドドア、後席両側スライドドアクローザー、ステアリングオーディオスイッチ、運転席シートリフター、チルトステアリング、フロントアームレストボックスも特別装備されたほか、ベース車では未設定の全方位モニター付メモリーナビゲーションを特別にオプション設定された。 ボディカラーは「キャンドルオレンジメタリック」、「イノセントピンクパールメタリック」、「フィズブルーパールメタリック」、「シルキーシルバーメタリック」が設定されない代わりに、スペーシアカスタム専用色である「ムーンライトバイオレットメタリックパール(オプションカラー)」、「アーバンブラウンパールメタリック」、「スチールシルバーメタリック(オプションカラー)」が特別設定される。 10月17日 メーカーオプションの全方位モニター付メモリーナビゲーションにおいて、の対応化などの機能拡充を行い、既に利用中のユーザー向けにホームページにて配信を開始したことを発表。 以降に生産される分についてはソフトウェア更新済の状態で搭載される。 2016年10月31日 仕様変更。 「キャンドルオレンジメタリック」を廃止(「X」に設定の「キャンドルオレンジメタリック ホワイト2トーンルーフ」も同時に廃止)。 2016年12月5日 スペーシアカスタムの追加モデル「スペーシアカスタムZ」のティザーサイトを公開。 2016年12月22日 メーカーオプションのデュアルカメラブレーキサポート及び全方位モニター装着車が、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて71点満点中66. 2016年12月26日 「スペーシアカスタムZ(以下、カスタムZ)」を発売。 ボディカラーは新色の「ブリスクブルーメタリック」やではブラック2トーンルーフ専用色として設定されている「アクティブイエロー(2017年3月販売開始)」を含む全7色を設定するほか、このうちの3色にはブラック2トーンルーフ仕様も設定される。 防眩式ルームミラーが装備されるほか、ターボ車にはメッキドアハンドルとチタンシルバーガーニッシュ付本革巻ステアリングホイールも装備した。 グレード体系はNA車の「カスタムZ」とターボ車の「カスタムZターボ」の2グレードを設定する。 同時にスペーシア・スペーシアカスタム・車いす仕様車を一部仕様変更。 「XS」と「XSターボ」はバックアイカメラを標準装備した。 ボディカラーはスペーシア専用色の「イノセントピンクパールメタリック」・「フィズブルーパールメタリック」、カスタム専用色の「クールカーキパールメタリック」の3色を廃止。 「フェニックスレッドパール」と「アーバンブラウンパールメタリック」はカスタム専用色からスペーシア専用色に移行。 カスタムZに設定の新色「ブリスクブルーメタリック」を「G」・「X」及び車いす仕様車「X」にも設定した。 また、「X」に設定のホワイト2トーンルーフもボディカラーの廃止を受けて入れ替えを行い、新たに「シフォンアイボリーメタリック」・「フェニックスレッドパール」・「アーバンブラウンパールメタリック」の3色を追加した。 グレード体系も一部整理され、「T」と「カスタムGSターボ」を廃止した。 なお、2015年12月発売の特別仕様車「Gリミテッド」は継続販売される。 4月1日 仕様変更。 2017年5月1日 仕様変更。 2017年6月 仕様変更。 ボディカラーの「フレンチミントパールメタリック」が廃止された(「X」に設定の「フレンチミントパールメタリック ホワイト2トーンルーフ」も同時に廃止、OEM車種のフレアワゴン「XS」も同様)。 2017年9月1日 仕様変更。 カスタムが生産終了、在庫限りの販売となる。 併せて、「X」・カスタムZ及び特別仕様車「Gリミテッド」に設定されていたメーカーオプション「全方位モニター付メモリーナビゲーション」が廃止され、その代わりとして「全方位モニター用カメラパッケージ」が設定された。 2017年10月 カスタムの販売を終了。 ホームページのラインナップから一旦削除された。 2017年12月14日 フルモデルチェンジに伴い、スペーシアのカタロググレードとカスタムZの生産・販売を終了。 ただし、スペーシアの車いす移動車は、当面の間生産・販売が継続された。 2月9日 スペーシアの車いす移動車が2代目へフルモデルチェンジされたことにより、初代モデルの生産・販売が全て終了した。 スペーシアX(2013年2月販売型)• 3kW 3. 3kW 3. L(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング(4WD車) 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,785mm 1,800mm ( スペーシアHYBRID X 2トーンルーフパッケージ装着車/スペーシアギア) 2,460mm 車両重量 850-930kg ( スペーシア) 880-950kg ( スペーシアカスタム) 880-940kg ( スペーシアギア) ブレーキ 前:ディスク ( スペーシア2WD車) 前:ベンチレーテッドディスク ( スペーシア4WD車/スペーシアカスタム/スペーシアギア HYBRID XZターボ) 後:リーディング・トレーリング OEM供給 (3代目) 年表 [ ] 2017年9月22日 第45回2017に市販化を前提とした参考出品車「スペーシア コンセプト」「スペーシア カスタム コンセプト」を参考出品車として出展することを発表。 2017年11月17日 フルモデルチェンジに先駆けてティザーサイトを開設。 2017年12月14日 「スペーシア」「スペーシア カスタム」共に全面改良。 今回の全面改良に際し、「スペーシア カスタムZ」は、2か月半ぶりに「スペーシア カスタム」にネーミングが戻された。 キャッチフレーズはスペーシアが「我が家のワクワクマシーン! 」、カスタムは「スペーシア カスタムを買う100の理由。 スペーシアのCMキャラクターには、、、 、、が起用された。 販売実績で大きく水を開けられた競合車種「N-BOX」と「タント」に対抗すべく、ボディ全体にわたり大空間設計を意識した見直しが図られている。 外寸では全高が50mm、ホイールベースが35mm拡大。 ボンネット高の嵩上げとベルトラインの引き上げに伴う着座位置アップ(前席30mm、後席15mm)、先にFMCしたワゴンR同様のドア断面構造改善、ルーフ前後長さの延長により、実質的なキャビン容積は大幅に広げられた。 室内高35mm、幅は25mm、カップルディスタンス30mmとそれぞれ初代から拡大している。 また、全車化に踏み切ったことと、任意でモーターアシストを増強できるパワーモードスイッチが新設され、CVTは軽量化と高効率化を実現した新型となった。 グレード構成は2016年12月の仕様変更時のグレード体系が引き継がれるが、システム搭載に伴い、新型は標準車系を「HYBRID G」及び「HYBRID X」の2グレード、カスタム系を「HYBRID GS」・「HYBRID XS」・「HYBRID XSターボ」の3グレードとした。 2017年9月の仕様変更時に設定された「全方位モニター用カメラパッケージ」の装備内容が一部変更され、ヘッドアップディスプレイ(フロントガラス投影式・軽自動車初採用)と認識機能[進入禁止]を追加。 ボディカラーは、「スペーシア」は2016年12月の一部仕様変更時のバリエーションが踏襲され、新色の「ツールグリーンパールメタリック」、「オフブルーメタリック 」、「チアフルピンクメタリック」の3色が加わり10色に拡大。 「HYBRID X」に設定の2トーンカラー は全色刷新され、既存のホワイト2トーンルーフは「オフブルーメタリック」と「チアフルピンクメタリック 」の2色となり、先代「カスタムZ」で設定されていたブラック2トーンルーフがスペーシアでも設定されるようになり、「ツールグリーンパールメタリック」と「ピュアホワイトパール」の2色に設定された。 「スペーシア カスタムは先代「カスタムZ」に設定されていたカラーバリエーションが踏襲されているが、2016年12月の一部仕様変更で「スペーシア」専用色に移行されていた「アーバンブラウンパールメタリック」が再設定 されて9色に、「HYBRID XS」・「HYBRID XSターボ」に設定のブラック2トーンルーフは「ブレイブカーキパール」と「ピュアホワイトパール」が追加設定されて5色にそれぞれ拡大された。 2018年2月9日 「スペーシア 車いす移動車」追加。 ベースモデルの全面改良後も先代モデルを継続販売していた「スペーシア 車いす移動車」が、2代目に移行した。 グレード構成は、初代モデルにラインナップされていた廉価仕様の「E」が廃止され、カタロググレード同様に、初代の「G」と「X」を「HYBRID G」と「HYBRID X」に改名され、「E」に設定されていたリアシート無車は「HYBRID G」に設定された。 先代モデルにも採用されていた車いす移動車専用装備のテールゲート一体型スロープ、電動ウインチ(フリーモード付)、ワイヤレスリモコン、車いす乗員用3点式シートベルトは2代目にも装備されているほか、ベースモデル同様に、衝突被害軽減ブレーキをデュアルセンサーブレーキサポートに変更。 また、「HYBRID X リアシート付車」には「HYBRID X」同様にスリムなども装備された。 なおHYBRID Xは両側電動スライドドアをさいようしているが、福祉車両の場合、HYBRID Xは片側電動スライドドアとなる。 ボディカラーは「シルキーシルバーメタリック」と「ピュアホワイトパール」が初代から継続設定され、「HYBRID X リアシート付車」に設定の専用色は「X」に設定されていた「ブリスクブルーメタリック」に替わり、「オフブルーメタリック」が設定された。 2018年7月 仕様変更。 (公式発表なし) メーカーオプションの「全方位モニター用カメラパッケージ」に、GPSアンテナ・TV用ガラスアンテナ・USBソケットの3点を追加。 2018年12月 仕様変更。 ボディカラーの設定を変更し、「スペーシア」では「フェニックスレッドパール」を廃止。 「スペーシアカスタム」では「ブレイブカーキパール」、「ブレイブカーキパール ブラック2トーンルーフ」の設定を廃止した。 また、従来全車にメーカーオプションとなっていた「衝突被害軽減ブレーキ非装着車」を、廉価版である「スペーシア」の「HYBRID G」、「スペーシアカスタム」の「HYBRID GS」のみの設定に変更。 2018年12月1日 派生モデル「スペーシア ギア」のティザーサイトを公開。 2018年12月20日 「 スペーシア ギア( Spacia GEAR)」を発売。 キャッチフレーズは「遊びゴコロにギアを入れろ」で、CMキャラクターにはを起用。 グレード構成はNA車の「HYBRID XZ」とターボ車の「HYBRID XZターボ」の2グレード。 ボディカラーはモノトーンは共通カラーとなる「ブルーイッシュブラックパール3」と「ピュアホワイトパール(オプションカラー)」、カスタムに設定の「スチールシルバーメタリック(オプションカラー)」の3色。 2トーンカラーはギア専用に新設定されたガンメタリック仕様で、共通カラーの「ブリスクブルーメタリック」、スペーシアに設定の「ツールグリーンパールメタリック」と「オフブルーメタリック」、カスタムに設定の「アクティブイエロー」と「フェニックスレッドパール」の5色が設定される。 「HYBRID X」系統• ギア HYBRID XZターボ リア 車名の由来 [ ]• 英語で「空間」を表す「Space」より。 当初は2代目パレットとして開発されていた が、試作車を社内のあらゆる人に見てもらった結果、「広さがネーミングから連想出来るようになれば」という意見が多かったため 、「広いスペースを名前からも分かるように」とスペーシアに変更された。 の愛称とが同一であるが、東武100系電車のは全て大文字 SPACIA であるのに対し、当車種では大文字・小文字併用 Spacia であり、が異なる。 ちなみに東武100系電車の愛称は一般公募により決定し、東武鉄道の登録商標にもなっているが、乗用車と鉄道車両で種類が異なるため、商標権侵害とはならない。 かつて存在した(SPACIO)とは1字違いだが、こちらはで「空間」を意味する「SPAZIO」からの造語。 しかし、ともに「空間」を表すという共通の意図が垣間見える。 注釈 [ ]• 「S-エネチャージ」の搭載に伴い、排ガス記号がを示す"D AA"、車両型式がMK 42S型にそれぞれ変更し、主要燃費向上対策にハイブリッドシステムが追加明記される。 また、リア右下に装着していた「IDLING STOP」エンブレムは「S-エネチャージ」エンブレムに変更された。 14インチタイヤを採用する「G(レーダーブレーキサポート装着車)」・「X」・「T」およびカスタム「GS」・「XS」は4. 4m、15インチタイヤを採用するカスタム「TS」は4. マイルドハイブリッド化に伴い、リア右下と左右フェンダーには背景色が銀・文字色が青のマイルドハイブリッド専用エンブレムが装着される。 グレー内装は「フィズブルーパールメタリック(「X」に設定のホワイト2トーンルーフを含む)」・「シルキーシルバーメタリック」・「ブルーイッシュブラックパール3」のいずれかを選択した場合に適応となり、左記以外のボディカラーを設定した時はベージュ内装となる。 メモリーナビは製と製、製が各1機種ずつ。 HDDナビはパイオニア製が1機種のみ。 、、、3代目エブリイワゴン、も同様。 スペーシア「X」とは異なり、後席右側(運転席側)ワンアクションパワースライドドア(挟み込み防止機構付)のメーカーオプション設定はない。 また、「ユーティリティパッケージ」との同時装着も可能。 カスタムZでの当該色は販売開始から4ヶ月弱しか設定されなかった。 、、も同様に変更されている。 ワゴンRは「HYBRID FZ」・「乗降シート車 FZ」専用。 スペーシアカスタムの公式ページに「スペーシアカスタムの車両および車体色の在庫状況につきましては、販売会社にお問い合わせください」という告知が掲載されていた為。 「全方位モニター付メモリーナビゲーション」のメーカーオプションが設定されていた他の車種(ワゴンR、スイフト等)も同様。 2018年2月21日に急逝したため、生涯最後のCM出演になった。 同月23日までにwebカタログに追悼コメントが掲載された後に、カタログ画像から大杉の姿が削除された(追悼コメントは引き続き掲載)。 2017年12月4日に発売されたハスラー特別仕様車「J STYLE III」に特別設定のスチールシルバー2トーンルーフ専用色として先行採用されている。 とのセットオプション「2トーンルーフパッケージ」として設定。 2017年12月4日に一部仕様変更されたハスラーで先行採用済み。 スペーシアにも継続設定されているため、共通設定化。 「スペーシアカスタム」には継続設定。 MKの型式はこの名残でもある。 出典 [ ]• - Car Watch 2013年2月26日 18:23版()• Car Watch 2013年2月26日(2013年2月27日 閲覧)• 季刊 新日鉄住金 Vol. デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第81号17ページより。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年2月26日 , 2013年2月28日閲覧。 2013年4・10号 P19(2013年3月12日 閲覧)• Car Watch 2013年5月23日. 2013年6月6日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年6月12日 , 2013年6月12日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年8月26日 , 2013年8月26日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年10月28日 , 2013年10月28日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2013年11月23日 , 2013年11月25日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2014年6月12日 , 2014年6月12日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2014年11月4日 , 2014年11月4日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2014年12月18日 , 2014年12月18日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年5月19日 , 2015年5月19日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年6月25日 , 2015年6月25日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年8月5日 , 2015年8月5日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年8月18日 , 2015年8月18日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2015年12月21日 , 2015年12月21日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年10月17日 , 2016年10月20日閲覧。 スズキ株式会社. 2016年12月13日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年12月22日 , 2016年12月22日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年12月26日 , 2016年12月26日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2017年9月22日 ,• Carview. 2017年11月17日. 2017年11月18日閲覧。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2017年12月14日 ,• プレスリリース , スズキ株式会社, 2018年2月9日 ,• 7 99999-28200-103(34-35ページ)• 7 99999-28201-103(33および35ページ)• プレスリリース , スズキ株式会社, 2018年12月20日 , 2018年12月20日閲覧。 (Sankei Biz)2013年3月10日(2013年3月13日閲覧)• (Sankei Biz)2013年2月26日(2013年2月27日閲覧) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 先代車• - OEM車• - 小型トールワゴン 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の