支払いの問題でapple idがロックされました。。 「支払いの問題でApple IDがロッ…

支払いに問題でApple IDがロック…

支払いの問題でapple idがロックされました。

Appleを騙る迷惑メール(詐欺メール)が届いて、どうしたらいいか不安に思われている方は、こちらの記事をご確認ください。 随時更新中です。 今回届いていたメールは迷惑メールフォルダに入っていましたが、今までと少し内容が違っていたので紹介しておきます。 【目次】• 支払いの問題でApple IDがロックされました。 【警告】 From:Apple 件名:支払いの問題でApple IDがっロックされました。 【警告】 FromのAppleにカーソルをあてて表示されたアドレスはこちらでした。 送信元アドレス:no-replys accounts. google. com 今までに届いたことのあるアドレス「no-reply accounts. google. com」とよく似ていますが「no-reply」が「no-reply s」となっていました。 が! 詳細ヘッダーを見てみると、返信先(Return-Path)は 「postmaster decorationtemple. business」 となっていました。 メール本文 Apple ID(メールアドレス)のために必要なアクション。 私たちは、App Storeでお支払いの同期が失敗していることがわかりました。 サービスへのアクセスを失うことを避けるために必要な支払い方法を更新します。 このような理由から、あなたのアカウントがフォローアップまで、一時的にロックされます。 最後の「支払い同期」の箇所は全く別のサイトへリンクされていました。 もちろん クリックしてはいけません! Appleからのメールか確認すること 迷惑メールフォルダに入っていなくても、この文章を読めば 「なんかおかしいな?」と思いますよね。 個人情報を入力しないといけないような内容のメールが来たときは、リンクがあるからとクリックせず、まず、検索するか、最初に紹介した記事内にある でご確認ください。 詐欺メールの記事ばかり更新しているので、本当にこういうメールがなくなってくれるといいんですけどね。 応援にポチッとしていただけたら嬉しいです。 moguramama.

次の

Appleからのメールに要注意!そのメール、スパム(フィッシング)メールかもしれません

支払いの問題でapple idがロックされました。

メニュー• Appleを偽ったフィッシングメールの詳細 前回は、が来ました。 今回はAppleを装ったフィッシングメールを詳しく解説していきます。 メールのタイトル 「支払いの問題でApple IDがロックされました。 【警告】」 日本語でおかしな点はありませんが、このタイトルだけで判断すると、誰かが不正にログインをして支払いをしようとしたのでApple IDにロックがかけられたと勘違いするかも知れません。 (管理人は勘違いしました) 2. 本文 びっくりしたのは本文です。 下記の文章が最初に目につきましたが、日本語もおかしな点はありません。 Appleのロゴマークまでついているので、騙される人も多いのではないでしょうか? 「この手紙は信頼できる送信者から送信されたものです。 このメールアドレスはAppleアカウントとして登録されています。 」 Appleストアなどをよく利用している方なら、アカウントがロックされたので、早くロック解除をしようと焦ってしまい、支払い同期をクリックする方もいると思います。 「AppleID(メールアドレス)のために必要なアクション。 私たちは、App Storeでお支払いの同期が失敗していることがわかりました。 サービスへのアクセスを失うことを避けるために必要な支払い方法を更新します。 このような理由から、あなたのアカウントがフォローアップまで、一時的にロックされます。 」 前回紹介した、と比べても、日本語は完璧でおかしな点が一切見つからないので、騙されてしまう人は多いと思います。 berbagi-gakbakalmisquin. berbagi-gakbakalmisquin. php」に飛ばされますが、404 Not Foundが表示されてページはありません。 (アクセスはしないように気をつけて下さい) サイトの構造(index of) アクセスをしてもアカウントを乗っ取られることはありませんが、支払い同期のURLが上記と違った場合は気をつけて下さい。 Appleの公式サイトのURLは「apple. com」が含まれます。 」 このコピーライトで記載されている住所は日本のAppleの法人登記された住所です。 そのため、コピーライトだけで判断すると、騙される人は多いと思います。 フィッシングメールを解説しましたが、日本語、住所、Appleを思わせるロゴなど、完成度の高いフィッシングメールなので、メールだけで判断をすると、かなりの人が騙されると思います。 騙されないためには、送信されたメールやメールのヘッダーを見ることです。 Appleを偽ったフィッシングメールを見分ける方法 Fromを見ると 「Apple」から来ているよと知らせてくれています。 これだけで判断をすると、Appleから来たんだと思ってしまうはずです。 次に、Fromの横の 「Apple」をクリックして送信されたメールアドレスを見てみましょう。 すると、 「noreply youtube. com」のメールアドレスから送信されていることがわかりました。 ここで初めて、このメールのおかしな点が発見できました。 このメールアドレスはYOUTUBE運営側のメールアドレスになります。 Appleからのメールなのに、なぜYOUTUBEからなんでしょうか? メールソフトやブラウザメールでは、メールヘッダーを見ることができます。 YAHOOメールの場合は、 「詳細ヘッダー」をクリックすることで見ることができます。 メールヘッダーでは、送信された本当のメールアドレスと送信で使われたIPアドレスがわかります。 IPアドレスの場合は、プロキシを変更したりすることでIPアドレスの偽装ができるため、ヘッダーで表示されるのはほぼ偽装されたIPアドレスです。 詳細ヘッダーを見ると、 「Return-Path」と記載されたところがあります。 Return-Pathで始まるところに書かれているメールアドレスが、実際に送ってきたメールアドレスになります。 でもパソコン初心者の方は、このようにメールを解析するのは難しいと思います。 フィッシングメールの危険性は、クレジットカードや個人情報(生年月日、氏名、住所)を盗まれることです。 個人情報を手に入れられると勝手にクレジットカードを作られたり、勝手にクレジットカードを使われたりします。 多いのが、アカウント乗っ取りをしての詐欺行為と勝手にクレジットカードを使われることです。 フィッシングメールの被害に遭わない方法はネットをしないことです。 しかし、ほとんどの人はインターネットは生活の一部になっているのでネットを切断した生活は難しいはずです。 次はパソコン関係の知識を身につけることです。 しかし、パソコンの本を読んだだけではわかりません。 自分でサイト運営、ドメイン、サーバーなどの知識が必要になってきます。 時間もかかるし、向き不向きもあるので、ネットに精通してないときついです。 一番簡単な方法は、フィッシング対策ソフト(ウイルス駆除ソフト)を購入して、パソコンやスマホにインストールすることです。 フィッシング対策ソフト(ウイルス駆除ソフト)は有料になりますが、ウイルスやフィッシング詐欺から身を守るためには安い出費だと思います。

次の

支払い の 問題 で appleid が ロック され まし た 報告

支払いの問題でapple idがロックされました。

はい、Appleを装ったフィッシングメールですね。 と言うかAppストアあたりでテキトーに無料アプリをダウンロードしてみればロックされているかどうか確認できるはずです。 また、ドメインの右側のapple. comとか、itunes. comからでなければフィッシング詐欺ですね。 Appleを装った詐欺メール フィッシングメール と偽装サイト フィッシングサイト が本物にそっくりだと注意を呼びかけています。 一見しただけでは、偽物と見抜くことが難しいほど、そっくりなので注意した方が良いです。 昔の詐欺メールっていかにも怪しかったけど、最近のは本物のアップルから来るサインイン確認メールとそっくりだし偽装サイトも綺麗でふつうにID入れそうになりましたが、本物のAppleのログイン画面と比較しても一見して違いを見抜くのは難しそうです。 「あなたのApple IDがロックされます」と言う件名で本文は「あなたのアカウント情報の一部が誤っている」とか「下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認して下さい」と言う内容をAppleの偽サイトに誘導されます。 ここではAppleの偽サイトに誘導されて、質問者さんの個人情報も盗み取られる可能性がありますので、質問者さんが心当たりがなく、「Appleを装った偽メール」を受け取ったメールが来ても、間違っても個人情報やパスワードなどを入力しないで下さい。 見分けがわからなければAppleに問い合わせてみれば詐欺メールであること分かりますよ。

次の