タブレット教材 口コミ。 タブレット学習【中学生向け】ランキング5!|元塾講師が解説

Z会小学生タブレットコースとスマイルゼミを比較。小3の娘が実際に体験してみた口コミと感想

タブレット教材 口コミ

幼児向け2大タブレット教材 すまいるぜみ 2018年にイード・アワードを受賞した英語が大注目のタブレット教材「すまいるぜみ」。 学べるのは10分野。 ひらがな・カタカナ・ことば・えいご・ちえ・かず・とけい・かたち・せいかつ・しぜん 「効果が感じられる! 」と口コミが広まっている英語講座は、子どもが自分で英語の発音を「聞いて」「真似る」練習ができるようになっている。 「恥ずかしがり屋の子どもが思わず真似している」「すまいるぜみを初めて、NHKの英語番組などを見ていても英語を真似して発音するようになった」など評判がいい。 発音する機会が多くなるので、発音がよくなり、「すまいるぜみ」では楽しく英会話力が鍛えられる。 ちろんすべてネイティブ発音。 「すまいるぜみ」はもともとタブレットに強い会社なので、タブレットの書きやすさは業界No1。 書き心地はまるで紙に書いているようで、幼児のひらがなの練習には最適。 「ちえ」の学習やご褒美ゲームも小学校の内容を楽しく取り入れていたり、脳育パズルを上手に易しくアレンジしていたり、と思考力が伸びるよう工夫された内容。 30秒で完了 2週間の全額返金保証がついていて安心です。 でも、スマイルゼミの場合はまずは「資料請求」がおすすめです(理由は後述)。 「お試し受講」のリスク スマイルゼミは原則「最短 12ヶ月の継続契約から」となっていますが、「 全額返金保証」があるため、実質、2週間のお試し受講ができることになります。 2週間の「お試し受講」では、お子さんは 夢中になって勉強することでしょう。 これが思わぬ落とし穴です。 「こんなに楽しそうに勉強するなら始めてみようか」と思うはずです。 しかし、実際は( タブレット学習が初めての場合)チャレンジタッチでもスマイルゼミでもお子さんは 同じように大喜びします。 そのため、 始めてから数ヶ月した頃に「これならチャレンジタッチの方が良かったかな(特に小学校低学年に多い)」や「やっぱりZ会にすべきだったかも(特に小学校高学年に多い)」などと思うケースが少なくありません。 詳しい資料は同封されない チャレンジタッチにはお試し受講はなく、最低でも2ヶ月契約からしか始められませんから、ほぼ必ず資料請求をします。 しかし、スマイルゼミの「2週間お試し受講」では 詳しい資料は同封されません。 無料資料請求はマスト 詳しい資料は「 無料資料請求」で簡単に入手できます。 スマイルゼミはまだ新しい会社ですので、どんなにネットで情報を仕入れても、実物は必ず手に入れた方がいいと思います。 資料請求は小学生コースも 1つ、大切な注意点があります。 「英語プレミアム」の情報は「小学生コース」の資料請求をする必要があります。 「英語プレミアム」の冊子が神! スマイルゼミの資料請求で届く資料は、主に以下のものです。 こちらには何と「英語プレミアムコース」の 全カリキュラムが掲載されています。 これを見れば、HOPコースとSTEPコースで学習する 内容の違いが一目瞭然です。 すでに英語教室に通っているご家庭は、英語教室のカリキュラムと照らし合わせることができます。 「あいさつ」から始まり、「のどが乾いてる? 」「これはいくら? 」など 実際の英会話ですぐに使える基本表現の中で 基本文法を学べる内容になっています。 単語に注力したHOPコースからレベルアップしていることが分かりますが、こちらもすでに英語学習を始めているご家庭では進捗状況を詳しく比較することができます。 2019年現在では英検3級までの記載ですが、追加された英検準2級および英検2級の内容もすぐに追加掲載されるはずです。 さらにこんな資料まで スマイルゼミの教材内容は どんどんと新しくなるでしょうが、スマイルゼミがどんな方向へ進もうとしているのかを読み取ることができます。 小学校6年間の学習予定 例えば、資料請求で届く「 教材の紹介冊子」は必見です。 スマイルゼミには余計な付録はついてこないため紹介する教材がシンプルなので、当然、 教材紹介冊子もとてもシンプル。 そのため、冊子を1冊パラパラをめくれば 小学校6年間の学習の様子がはっきりとイメージできるようになっています。 「発展クラス」について さらに、この「教材の紹介冊子」には各学年の各教科に「 発展クラス」についての記述があり、 タブレット画面例つきで特徴が紹介されています。 「資料請求」すれば、心理学的にパソコンの画面よりも印刷物の方が 細かい情報が精査できます。 無料請求した資料が届いたら すぐにお試し受講の申し込みをするというくらいのタイミングですがちょうど良いと思いますが、 冷静な判断が得意な方なら資料請求とお試し受講を 同時請求してもよろしいかもしれません。 独自のアルゴリズムを最大限に活用して、今、アメリカで注目されている論理思考(Critical Thinking)を育める。 「算数嫌いな女の子が3ヶ月で『算数大好き! 』と言うようになった」などと大評判。 年中後半から数の概念を学び、小学校1年生の算数前半の内容までを網羅している。 小学校低学年のうちに小学校6年分の学習を終える子も多数。 家庭で(セミ)バイリンガルを目指す英語子育てに今やオンライン英会話は必須! こちらのスクールはすべて無料体験ができておすすめです。

次の

中学生のタブレット通信教育を比較!知れば得する3つのポイント

タブレット教材 口コミ

今日は 小学生向けタブレット教材の中でも超絶な人気を誇るスマイルゼミについて、 デメリットなどを解説してみようと思います。 スマイルゼミは、小学生向けタブレット通信教育の中でも、最も有名なうちの一つですね。 イーアワードの賞をとったりなど、その知名度はぐんぐん上がり、利用者数も増えています。 ただ、 紙ではないタブレット端末を利用するという点で、メリットがある一方で、 必ず注意しておきたい危険性があります。 スマイルゼミのデメリットータブレット学習の危険性と子供に注意しておきたいことをお伝えしましょう。 この記事では、 スマイルゼミの悪い口コミと評判は?デメリットータブレット学習の危険性と注意する点についてご紹介します。 スマイルゼミの特徴 スマイルゼミの講座は専用タブレットを利用する スマイルゼミはジャストシステムという会社が提供するサービスで、ソフトウェア開発を強みとしているため、 タブレットの機能が高評価です。 画面の感度が高く、ペンの書き心地は素晴らしいです。 (体験会で使ってみたときに、驚きました!) タブレット学習のメリットとして、大きなポイントは 自動採点・解説機能と学習記録。 今まで普通とされていた紙の通信教育では、子供が問題を解いた後はママやパパが採点をして、わからないところは説明して・・・といった流れとなり、子供がまだ小さい場合は親の干渉が不可欠でした。 これだと、問題を解いてから答え合わせまで、手間と時間がかかりますよね。 あんまり時間が経ってしまうと子供も問題を解いた内容を忘れてしまったりして、学習効率が悪くなります。 その点、スマイルゼミを始めとするタブレット学習教材に共通することとして、その場で採点してくれて解説も見ることができるという点は、学習効率の面で見ても大きなメリットです。 今までの学習から見れば、大きく向上した優秀な機能です! スマイルゼミの標準クラス・発展クラス・英語プレミアム スマイルゼミには、通っている小学校の教科書に合わせて問題が出される《 標準クラス》と、中学受験などを視野に入れた応用問題も追加で出題される《 発展クラス》の2クラスから選べます。 また、英語は標準クラスでも問題を解くことができますが、英語を深く学ぶことができる《HOPコース》《STEPコース》《英検コース》を追加することができます。 スマイルゼミのお楽しみゲーム「スターアプリ」 講座を学習することで、1講座につき0〜3のスターがもらえます。 スターを3つ貯めると、その日の上限時間までゲームで遊ぶことができる• スターをマイキャラ(アバター)の装飾品と交換できる• スターを使ったイベントに参加できる などの機能を、ご褒美として楽しむことができます。 また、子供向けにセキュリティも安全なインターネットを利用することも可能です。 スマイルゼミタブレット学習のデメリット デメリット1:シンプルな学習画面と子供の相性 2019. 8 追記 --- この点はもうデメリットではありません。 スマイルゼミも、アニメーションや効果音が豊富で賑やかになってきました。 スマイルゼミは、チャレンジタッチと比べればそこまで賑やかではありません。 付録もありませんし、キャラクターも出てきませんね。 どちらかというとスッキリとしたシンプルな画面です。 でも、淡々と問題を解く画面が繰り返されるようなものではなく、小学生にも優しい、わかりやすいカラー・イラストありの画面です。 解説の図や絵はとてもわかりやすいですよ。 小学校低学年の子供でも、ごちゃごちゃしていない方が勉強に集中できていいのではないでしょうか。 私は、このシンプルさが好きです^^ デメリット2:学習結果のチェックは必要 スマイルゼミを始めとするタブレット学習に共通して言えることですが、タッチしていけば回答があっていようと間違っていようと、問題はどんどん進みます。 間違い直し機能もありますが、画面を遷移して正解を見て、間違い直しの時に見た回答をそのまま入力してしまうことも可能です。 もし子供がこっそり適当にやり過ごしたとしたら、親は気づけません。 なので、たとえ タブレット学習といえど、親は学習の様子や結果を定期的にチェックしておく必要はあります。 スマイルゼミの見守るネットなら、後からどれだけ学習をしていたかすべてチェックできますよ。 デメリット3:タブレットが故障したら? スマイルゼミでは 専用タブレットを使用します。 そもそもタブレットには 1年間のメーカー保証が付いているので、初期不良もしくは自然故障であれば、交換・修理は無料で対応してもらえます。 しかし、その期限・範囲を超えて、万が一子供が壊してしまったら・・・ タブレットの正規代金、 税抜39,800円 のお支払いで、 タブレットを交換しなくてはいけません。 (もしくは 修理、支払い金額はケースバイケースです) かなり高価なので、スマイルゼミ利用料の数ヶ月分が出費となってしまって、現実的ではありませんよね^^; そこで、年額3,600円(税抜)の「タブレット安心サポート」というオプションをつける事をお勧めしています。 一年間が過ぎてメーカー保証の期限が切れてしまった場合でも、メーカー保証の範囲を超えて、例えば落下や水没で故障してしまった場合でも、この「タブレット安心サポート」オプションをつけていれば、交換・修理が6,000円(税抜)の支払いで出来ますよ。 安心サポートについてはこちらの記事で書いています: 我が家ではタブレット自体が故障したことはありませんが、我が家の長男の幼児コースで、タッチペンが壊れたことがありました。 画面にうまく反応しなくなってしまったのです。 幼児コースはひらがなのなぞり書きをほぼ毎日やっていたので、困ってしまいました。 サポートに電話したら、「芯が壊れているか、タッチペン本体が壊れているかの判断をして、替え芯を買うか、本体を買うか検討ください」とのことでした。 替芯とタッチペン本体どちらかが壊れているかの判断は、ペンの上についている消しゴム機能が使えるかどうか?使えるなら替え芯を変えれば直る可能性が高い、ということでした。 で、替え芯を買ったのですが... 治らない!しょうがなくタッチペン本体を3,000円とちょっとで購入しました。 この間は、長女のタッチペンを貸してもらって利用していましたが、順番待ちしたりするのが面倒で、長男のやる気に少し影響しましたね^^; デメリット4:高学年になると料金からみたコスパが気になる スマイルゼミは、低学年のうちは一月あたり2,980円〜ですが、高学年になるにつれて値上がりし、6年生になると一月あたり5,700円〜となります。 もし小学校低学年でスマイルゼミを検討しているならば、問題なくお勧めです。 しかし小学校三年生〜は、子供の年齢が上がり利用価値が出てくる《Z会タブレット》や、《スタディサプリ》も検討できるようになります。 特にスタディサプリは月額1,980円と格安なので、その学習内容と効率、コストパフォーマンスで検討したくなりますよ。 《 スタディサプリの参考記事》 《 Z会の参考記事》 Z会は、勉強に抵抗なく取り組める子や、クラスの平均以上の学力がある子にチャレンジしてほしい教材です。 スマイルゼミタブレット学習の危険性 危険性1:ゲームの利用 スマイルゼミを購入した際に設定した方が良いのは、 ゲーム時間の上限時間の設定です。 ゲームは学習でもらえるスターを3つ集めると遊ぶことができますが、「スター3つ」というのはすぐ集まってしまいます! 1講座5分だけでスター3つ集まる可能性も。 一方、ゲームは1時間も2時間も・・・なんてことは避けたいですよね。 なので、スターを基準にするのではなく、 1日にいくつの講座をするのか?のルールを親子で決める必要があります。 我が家では、国語2講座、算数2講座、英語1講座(英語プレミアムを利用しています)を1日のルールとしていました。 たまに長女がこっそり講座を1個か2個しかやらずにゲームしようとするときがありますが、あまりにも早くゲーム始めるので私もすぐ気づきます(笑)。 「あれ?もう講座終わったの?」と声をかけると、「あ、ばれた!」って感じでニヤニヤしながら講座に取り組んでいます^^; 小学校低学年だと、まだ自制心が効きませんよね。 ゲームの制限時間も10分〜設けることができます。 我が家では一年生から1日10分の制限のままです。 ちなみにゲームを0分、つまり使えない設定にはできません。 10分でちょうど良い感じですよ。 危険性2:ネット利用のセキュリティ タブレット端末といえば、インターネットの利用が心配ですよね。 子供がインターネットで有害なサイトなどにアクセスしてしまうのを、防がなければいけません。 スマイルゼミのタブレットでは 「 Yahoo! あんしんねっと」サービスにより、 インターネットを制限付きで利用することができます。 フィルタリング機能が付いていて、有害サイトはもちろんショッピングサイトなどもブロックできます。 また、 子供の閲覧履歴を確認したり、 お気に入りブックマークリストを管理することもできますよ! 「Yahoo! あんしんねっと」はスマイルゼミの親向け管理サイト「みまもるネット」から設定ができ、インターネットを利用できるようにする/しないの設定を、いつでもボタンひとつでできます。 ただ、ネット検索で「ゲーム」など調べるといろいろなページが出てくるので、やはり閲覧履歴などのチェックが必要そうです。 長女は三年生になってもスマイルゼミ の「Yahoo! あんしんねっと」を利用したことがありません。 多分、何に使うのか用途がわからない上、ゲームに目がいってしまうのでインターネット自体を知りません。 そろそろインターネットで調べ物をする方法を教えなければ... と考えている今日この頃です^^; スマイルゼミ体験談からわかる悪い口コミと評判 娘がうっかり タブレットを落としてしまって、画面の液晶にヒビが入ってしまいました。 そのままでも使用できる状態でしたが、娘が画面のことが気になってしまってあまり勉強に身が入らなくなて、交換をしました。 フクロウ先生も、スマイルゼミを始めた頃に通信ができなかったり、設定ができなかったりして何度も電話をかけたことがありますが、とっても丁寧に教えてもらえました。 入会前は、申し込み前の疑問解消や手続きに関していつでもお問い合わせができます。 また、入会後も、操作に関する質問やお手続き(発展クラスや英語プレミアムなどの追加、退会手続き)など全て電話で相談することができます。 もし悪い口コミ・評判を見て不安に思ったことがあれば、気軽に連絡してみてもいいと思います。

次の

【元塾講師TSUTOMU】小学生のタブレット学習「天神」を口コミレビュー

タブレット教材 口コミ

「えぇ、Z会から小学生向けのタブレットコースが出たって?!」 我が家のマンションのポストに、何やら分厚い資料が届けられました。 届いた資料を見てみたら、通信教育大手のからの案内で、小学生向けのタブレットコースのお知らせでした。 「とうとうZ会まで、タブレット講座を作ったのか・・。 」 おそらくできるとは思っていましたが、ついに「Z会」でも小学3・4年生を対象にスタートしたようです。 我が家の長女が小学3年生ですので、ちょうどタブレット学習の対象者なのです。 での「チャレンジタッチ」との「スマイルゼミ」と色々なタブレット教材を試してきた我が家ですが、最近は「スマイルゼミ」で落ち着いています。 でも親としては、色んな通信教育講座を比較して検討してみて、子供に1番合っている教材を使って欲しいと考えますよね。 そこで「スマイルゼミ」愛好家の娘に、「Z会」を体験させてみることにしました。 実際に「Z会」のタブレット講座をやってみた子供の素直な感想は、一体どんな感じだったのでしょうか? もくじ• Z会の小学生タブレットコースの特徴は、一体どんなところ? 「Z会」の小学生タブレットコースの特徴とは、一体どんな所でしょうか? 「Z会」と言えば、「進研ゼミ」など他の通信教育と比較すると、 かなりハイレベルな学習内容であることで有名です。 私の印象では、「Z会」は東大・京大など難関ハイレベルな大学を、塾の補助的な教材として使うイメージがあります。 私は自分自身が中学生の時に受講して、たった1ヶ月で挫折してしまった記憶があります。 そんなハイレベルな「Z会」の教材が、タブレットでデジタル学習ができるようになったようです。 Z会タブレットの主な特徴は、以下の通りです。 1.デジタルになったことで動画などでよりわかりやすくなった デジタルになったことで、紙だけでは理解しづらかった内容も、目で見て理解を深めることができます。 動画やアニメーションによる解説、自動採点機能がついていて、紙だけでは理解しづらかった内容が、視覚的な効果でさらに深めることができます。 Z会タブレットは、国語・算数・理科・社会・英語の5教科とZ会オリジナル教材である「総合学習」の 合計6教科もついていて、学校の学習領域を超えた学習ができます。 さらに親に変わって、学習プランや進捗の管理を自動的に作ってくれます。 モチベーションを高く保って、学習をすることができるのです。 2.タブレットの中で学んで解いて考える! 確認や練習問題でまちがえた場合は同じ問題を解き直して、早く解き終わった場合はスペシャル問題が出されます。 月に1度は、ドリル形式の問題を全問正解するまでの時間を競うタブレット上での参加学習イベントを実施します。 おうちで全国の同じ仲間と競い合いながら、学習を進めることが出来るのです。 学習時間は、 1回15分を1日2回が基本的な学習スケジュールとなっています。 1日2回もですか・・・。 忙しい小学生には、なかなかハードルが高いシステムですが、生活リズムや行事によって週5日の学習で無理なく学習習慣が身につくように出来ているようです。 3.デジタルだけで終わらず、人の力で手厚くサポート 「タブレットだと、人のサポートってないんじゃないの?」 やはりデジタルですと、機械的な対応になってしまわないかと心配ですよね。 Z会タブレットでは、担任の指導者が学習状況を見守って日々の学習をサポートしていただけます。 毎月1回の「定期面談」では、担任とメッセージのやり取りをすることができますので、モチベーションが持続出来そうですね。 子供の進捗に合わせて、学習カレンダーを自動で作ってくれますので、「今日やること」がはっきりとわかるようになっています。 「Z会保護者アプリ」があり、スマホから子供の学習状況を確認することができます。 スマホアプリは「スマイルゼミ」にもあって、メールが飛んできますが、「みまもりネット」の方が学習の進捗具合は確認が出来て便利です。 子供がタブレット学習をはじめる連絡があって、とっても便利に我が家でも使っています。 毎月の課題提出を頑張れば、努力賞ポイントがもらえて、特別な商品と交換することができます。 私も子供の頃、商品が欲しくて「進研ゼミ」をがんばってやっていたなぁ。 大したものじゃなかった気がするのですが・・。 (ハイ、自分の努力不足です。 ) Z会の学習サイクルはどうなっているのか? 特徴はわかりましたが、どうやってタブレットで学習を進めていくのでしょうか?• タブレットが、スケジュールを自動生成して教材が配信• 提出課題に取り組む• 返却された提出課題を復習する このサイクルで学習して、次の月に学習スケジュールが自動生成されるしくみになっています。 親が子供の学習を見てあげて 「次はこの問題やってごらん。 」と言っていたものが、機械が自動で代わりに作ってもらえるようになるのです。 とってもよく出来た教材ですが、家計を頑張るママにとっては、料金が気になりますよね。 Z会小学生向けコースの会費はいくら?他と比較してみた 肝心のお値段ですが、一体いくらになるのでしょうか? タブレットコース 会費 1ヶ月あたりの金額 毎月払いとの差額 12ヶ月一括払い 77,760円 6,480円 549円 6ヶ月一括払い 40,524円 6,754円 275円 毎月払い 7,029円 7,029円 1番価格が安くなる12ヶ月一括払いで、 月々6,480円です。 同じ小3同士で他のタブレット教材と値段を比較すると、「チャレンジタッチ」が 4,430円、「スマイルゼミ」が 4,840円です。 「Z会」は、 約2,000円も値段が高くなります。 お値段、ちょっと高すぎませんか? 他のタブレット教材の会費を見て価格設定をしているはずですが、さすが「Z会」は強気の値段設定であることがわかりました。 価格に関しては、家計の状況と相談してから決めた方がいいでしょう。 受講するためには、自分でタブレット端末を用意する必要あり! 「スマイルゼミ」や「チャレンジタッチ」はタブレット端末が用意されますが、「Z会」のタブレットコースは 自分で端末を用意する必要があります。 対応デバイスはiOS、Android搭載のタブレットで、スマートフォンやパソコンでの受講は出来ません。 「Z会」でおすすめの端末とされているのが、 「i Pad Air 2」です。 タブレットを買うために、 約5万〜6万円の出費を覚悟しなければなりませんので、よく検討して考えるようにしましょう。 小学生タブレットコースを、小3の娘が実際に体験してみた 早速我が家の小3の長女に、Z会のタブレットコースを体験してもらうことにしました。 「チャレンジタッチ」や「スマイルゼミ」には専用のペンがありますが、Z会には、専用のペンがありません。 「プリンストン」のスマートフォン用タッチペンが、Z会推奨タッチペンのようです。 リンク こちらは算数の画面ですが、問題を見て答えをペンで選択していく形式のようです。 問題が解けると、丸をつけてくれるようです。 キャラクターがないので、何だかとってもさみしいです。 「チャレンジタッチ」や「スマイルゼミ」のかわいらしさとは対照的で、とってもお固いイメージです。 やはり、母の思っていたことは的中しました。 「スマイルゼミ」をやっている時とは対照的に、娘の顔色が曇ってきました。 ほんと画面も操作もシンプルです。 シンプルイズベストでしょうか・・・? 「お母さん、つまらない!」 とうとう本音が出ちゃいました。 問題自体はしっかりと考えられているようですが、スマイルゼミのような遊び心がまったく感じられません。 スマイルゼミは、タブレットを夢中になって離さないほどやり続けますが、Z会は本当に問題を解くだけです。 子供にとってみたら、まったくワクワクしないようです。 うーん、これは困りましたね。 「こんなのすぐにわからないよ!」 かけ算はすぐに出てくると思いますが、かけ算して引き算してとなると、紙で計算式を書きながらじゃないと難しいようです。 これは我が家の娘のレベルには、ハイレベルだったようでして たった3分で離脱してしまいました・・。 花まるの時に音が出るだけで、あとはゲームもないし新聞もないし、着せ替えもないしで脱落して、スマイルゼミに戻っていってしまったのでした。 Z会 小学生タブレットコースの体験版をしてみた娘の感想まとめ いやぁ、「Z会」は我が家はダメでした。 入学前から、東大・京大や難関私立大学などに向けて勉強をしているお子さんにとってみたら、「Z会」はスラスラと解けてしまうレベルなのかもしれません。 しかし、「スマイルゼミ」は学校のレベル内容にとどまりますが、子供が継続して続けやすいしかけが随所にあって、飽きずに続けています。 「Z会」で、高度な学習レベルを取るか。 「スマイルゼミ」で、楽しく続けられるか。 これは各ご家庭で、判断が分かれるところでしょう。 我が家では東大になんて行って欲しいとも考えていませんし、レベルが桁違いに違い過ぎるため、 Z会タブレットは検討外ですね。 スラスラと解けるお子さんが、とってもうらやましいです(汗) 我が家では、ニンテンドー3DSよりも夢中になって取り組んでいる「スマイルゼミ」を、 子供向けタブレットの中ではNo. 1におすすめしておきます。 「お母さん、どっちのマイキャラがかわいい?」 「今日のミッション」からはじまってマイキャラで楽しく着せ替えをして、2人の娘で自慢し合いっ子していますよ。 かわいくデコることが大好きな女の子です。 自分だけの専用機がうれしいみたいですね。 「チャレンジタッチ」か「スマイルゼミ」か「Z会」か、とっても悩むかと思いますが、まずは試してみないと、自分の子供に合った教材がわかりません。 我が家が合わないと思っている教材が、実はあなたのお子さんに合うことだってあります。 どの教材にしようか迷っていたら、まずは資料請求を気軽にしてみてください。 どの資料も、 無料で取り寄せることが可能です。 むしろ無料で色んな情報が集められますので、請求しない方が損してしまいます。 お子さんのときめく表情を想像しながら、親子で楽しく話し合って比較検討してみてくださいね。 ハイレベルな内容を身につけさせたいあなたは、ぜひ「Z会」の小学生タブレットコースの資料請求をしてみてください。 未来につながる 「考える力」を、一緒に育んでいきましょう。 「Z会」の資料請求はこちら 「進研ゼミ」の資料請求はこちら 「スマイルゼミ」の資料請求はこちら 「スマイルゼミ」を検討したいなら、まずは資料請求してみよう! 兄弟同時入会が断然お得! 「スマイルゼミ」は1人で入会するよりも、兄弟や姉妹での入会が 断然お得です! 兄弟や姉妹だけではなく、お友だちも紹介しますと、お子さま1人につき 1,000円分のギフトカードがもらえます。 Amazonギフト券やTポイント、WAONポイントや楽天Edyなど、各種ポイント・電子マネーに交換できる大変便利なデジタルギフトです。 同時に入会しなくても、すでに兄弟の方が会員であればもらうことができますので、兄弟がたくさんいるご家庭には、 断然お得すぎるキャンペーンです! スマイルゼミ「体験会入会特典」あり 「スマイルゼミ」では、全国のショッピングモールやデパートで予約不要で試せる「スマイルゼミ体験会」を随時行っています。 実際に「スマイルゼミ」タブレットを触ってみることで、子供のタブレットへの好奇心がわかる 絶好のチャンスです。 実際に触ってみないと、適正はわからないですからね。 「スマイルゼミ」の資料請求をして体験会に行って入会すると、 体験会限定入会特典がもらえます。 特典の内容は、 することで自宅にお知らせが届きます。 家計に大助かりな お得すぎる特典が盛りだくさんについてきます。 まずは無料で資料請求してみよう お得なキャンペーンもある「スマイルゼミ」を受講してみたいなと思われた方は、 より 無料で資料を請求できます。 まったく損しませんので、我が家も資料請求しました(笑) もし教材が合わなくて気に入らなかったら、入会しても 「全額返金保証」があります。 家計にも優しく親心も安心できる「スマイルゼミ」。 親子でじっくりと検討してみて下さいね。 子供向けタブレット通信教育はこちらも合わせて読みたい スマイルゼミに年少〜年長向け「幼児コース」が誕生! スマイルゼミに新タブレット登場!本気度たっぷりのタブレットがすごい! スマイルゼミのタブレット講座をやり続けてテストを受けた結果は?.

次の