酵素風呂 神戸。 ビオナチュラルの酵素風呂

驚くべき酵素風呂の効果!!

酵素風呂 神戸

人生で初めて、酵素風呂を経験した。 周囲には野山と畑しかない神戸の田舎に、プレハブを改築したような小屋があって、中に入ると酵素風呂独特のにおいが立ち込めている。 今日姉とごうちゃんにいきなり連れられて行ったんだけど、それまで僕は酵素風呂という言葉さえ知らなかった。 というか、みなさんはご存知ですか? ウィキペディアを調べても載っていない。 誰が言い出したのかよくわからないし、はっきりした定義のある言葉ではないようだ。 一応自分なりに説明するなら、「米ぬかやおがくずなどが発酵するときの熱で体を温める健康法」といったところだろうか。 今回僕が行ったのは、米ぬかの酵素風呂。 管理人氏によると、「うちのは、米ぬかに土、海草、カニ殼などを混ぜています。 発酵の熱でだいたい50何度になります」とのこと。 普通の風呂が42度くらいであることを考えると、50何度というのはけっこう高温である。 5分ほどで汗が出始めて、15分ほどでそろそろギブアップ、となりそうだが、ぐっと我慢。 結局1時間ほど入っていた。 管理人氏 「2005年にこの酵素風呂を開業しました。 きっかけは、僕自身が酵素風呂の素晴らしさを実感したこと。 いつの頃だったか、花粉症になりました。 ヘビースモーカーの僕が、その花粉症のせいで、タバコをやめざるを得なくなるくらいの、ひどい花粉症でした。 ある意味花粉症のおかげで禁煙できたのですが、タバコをやめても花粉症は治りません。 抗アレルギー薬なんかを飲みながら症状をまぎらせていたのですが、たまたま酵素風呂に行く機会がありました。 効果てきめんで、明らかに花粉症が楽になりました。 何度か通ううちに、すっかり改善しました。 これは今日、みなさんも経験されるかもしれません。 要するに、好転反応です。 僕の場合は、腕のこのあたりに湿疹がたくさん出て、すごくかゆくなりました。 花粉症による息のしにくさは楽になって、代わりに皮膚のかゆさが出てきたわけです。 でもその症状も何度か酵素風呂に入るうちにすっかり消えました。 これはアレルギーのある人にはよくある回復経過みたいです。 リウマチで関節が痛くてたまらない人が、酵素風呂に入るようになると、アトピーのように皮膚がかゆくなる症状が出てくる。 かゆみが治る頃には、リウマチもすっかり消えている。 癌の人もよく来られます。 悪性リンパ腫で、首に大きなしこりがあった人が、何度か酵素風呂に通ううちにすっかりしこりが消えました。 医者も「なんで治ったのかな」と不思議がっていたようです。 70代の前立腺癌の人もいました。 高齢者の前立腺癌というのは、進行が遅いものですから、抗癌剤とかで変に叩かないほうがいい、っていいますね。 でもその人は医者に勧められるがままに抗癌剤をやってしまった。 で、抗癌剤の副作用がものすごくひどくて、「こんな治療受けるくらいなら死んだほうがマシ」と治療を中断した。 代わりに酵素風呂に通い始めて、もう5年経ちますが、今も元気にしておられます。 人が入浴した後の酵素風呂は、当然再利用しません。 都会にある酵素風呂は、こっそり再利用している、なんて聞きますが、誰かの毒素を吸った酵素風呂に入っても、効果は乏しいと思います。 使い終わった酵素は、裏の畑に巻いて肥料にします。 米はアイガモ農法で、野菜は雑草も抜かずに種をまく自然農法で育てています。 そこらへんの医者よりも、はるかに人を救っている。 というか、いわゆる医者がやっていることは、抗癌剤にせよ抗アレルギー薬にせよ、結局対症療法ばかりで、患者の治癒に何ら貢献していない。 錠剤を飲んで一発で、という治療で、本当の回復はあり得ない。 酵素風呂のように、むしろ不快な症状を経て、毒素を出し切って、ようやく真の回復に至るものだ。 ちなみに、1時間酵素風呂に入ったことで、僕と姉は気分の悪さを感じた。 僕は本当に吐きそうなくらいの嘔気だった。 ごうちゃんは右肩の痛みを感じた。 中途半端な治り方をした古傷が、真の回復に向けて疼き始めるようなんだ。 ただ、全員一致した感想は、「すごくよかった。 また行こう」 そう、不快な症状が出るのに、何だか体の深いところで癒されていく感じなんだ。 酵素風呂、みなさんにもオススメです。

次の

神戸で酵素風呂に入るなら 酵素温浴 清の森 ご入浴と料金について

酵素風呂 神戸

阪神高速神戸線京橋ICより神戸の中心街を貫く国道2号線 有馬道交差点を経て車で有馬街道を北進すること約15分。 繁華街から閑静な住宅街へ、そして自然のただ中へと移りゆく車窓の眺めを楽しみながら「有馬街道温泉すずらんの湯」に到着。 神戸の街中から15kmの道のりだ。 山間にかがり火ゆらして佇む、黒を基調としたシックな平屋の木造建築は「自然回帰」がコンセプト。 約1万坪の広大な敷地に点在する男女週替わりの2つの湯「竹林の湯」紅葉の湯」を擁し、いずれも背後に迫る妙賀山をそのまま露天エリアの風景に取り込む野趣溢れる造り。 植栽で趣きを違え、豊かな自然に囲まれた地ならではの風情を醸し出す。 露天エリアと内風呂には弱アルカリ単純温泉の源泉と、宮水と呼ばれるミネラル成分豊富な井戸水を利用。 その他岩盤浴に珍しい酵素浴も。 近隣の神戸市立森林植物園は春のシャクナゲとツツジが有名。 自然の表情をそのまま映す清々しい「竹林の湯」地下1,137mで涌く源泉は無色透明で癖がなく、肌あたり優しい弱アルカリ性単純温泉。 趣きが異なる「竹林の湯」「紅葉の湯」が男女週替わり交代し合計21種の湯船が並ぶ。 うち8種は源泉、残りは当地の井戸水「宮水」をかけ流している。 まずは「竹林の湯」からご紹介。 自然豊かな妙賀山が迫る広大な露天エリアの空間を竹林が区切り、個性豊かな湯船が点在する。 湯淵がなく、なだらかなすり鉢状で寝転べる38度のぬる湯「大池風呂」、底に竹炭を敷いた40度の「竹炭風呂」、熱め42度「岩風呂」の以上3種類は源泉かけ流し。 底の丸石が心地よい刺激の「寝ころび風呂」と木製「つぼ風呂」は宮水のかけ流しとなる。 外に視界が大きく開けた内風呂には源泉かけ流し「岩風呂」、以下全て宮水使用の「檜風呂」、岩盤浴と同じオーストラリア産の弱放射線石使用「効能石風呂」、各種「ジェットバス」が4席、「腰掛け風呂」が並ぶ。 彩り豊かな秋が特に美しい情感溢れる「紅葉の湯」「紅葉(もみじ)の湯」は露天エリアを紅葉が彩る情感溢れる湯。 秋には真っ赤な紅葉が湯面を揺らす。 湯船や湯使いも一部を除き同様で、水盆のような湯温38度「大池風呂」、癒し効果倍増の東屋付40度「トルマリン風呂」、42度「岩風呂」は源泉使用のかけ流し。 細かい湯温調整が嬉しい。 一人用の石のベッドがユニークな「寝ころび湯」と「桶風呂」は宮水かけ流し。 続いて内風呂へ。 一際目を引くのは源泉掛け流しの「抱き石風呂」。 湯船にそびえる2つの円錐形の巨大オブジェを抱き心身を委ね、深いリラックスを得るのだそう。 その他巨岩を繰り抜いた「巨石風呂」や「ジェットバス」など。 「足つぼ湯」は凸凹した床を踏みながら5周以上歩くと効果的。 セパレートタイプの洗い場は24席ずつ。 女性用はクレンジング&洗顔石鹸も。 珍しい酵素浴やホットヨガを開催する岩盤浴もサウナは「竹林の湯」には大型テレビを備える「ドライサウナ」とミストサウナ「漢方蒸し風呂」、「紅葉の湯」には「ドライサウナ」とミストサウナ「アロマ蒸し風呂」の各2つずつで、いずれも内風呂内となる。 大浴場とは別の場所となる「健やか」では「酵素浴」と「岩盤浴」が楽しめる。 個室が4部屋ある「酵素浴」は1回15分1,900円で事前に電話、または入館時に予約。 酵素浴とは5千種類の酵素に天然の米ぬかを配合し、熱源を要さずに50〜60度に上昇させた砂風呂のような風呂のこと。 体を沈めれば芯から温まり新陳代謝を促進。 免疫力アップに美肌効果も。 オーストリアの効能石を使用した「岩盤浴」は1回30分500円で1回8名利用可能。 入館時に予約を。 また、この岩盤浴のスペースで日・水曜以外の毎日1時間、骨盤矯正やヨガピラティスなど9種のホットヨガを日替わりで開催。 予約制で1回1時間3,000円(入浴料込)。 大自然に恵まれたこのロケーションを最大限に活かした独特の露天風呂がご好評をいただいております。 美しい緑に目も癒される昼の景色もいいですが、さらに星空が拡がり開放感ある夜も人気で、平日・休日とも夜21〜23時頃が混雑しがちです。 昼の14〜17時頃なら、平日・休日問わず比較的ゆったりと入っていただけると思います。 旅館のような館内のしつらい、関西では稀少な酵素風呂やホットヨガの人気もあって、女性のお客様が多めかもしれません。 男性には、ジュースバーで販売している「ひとくち生ビール」300円が人気です。 毎月26日の「風呂の日」には、レストランの生ビール半額や、その他、平日の朝限定で「早割入浴」時間を設定するなど、毎月いろいろとお得なイベントを行っています。 イベントは毎月異なりますので、HPでぜひチェックを。 施設内の3面ある「すずらんフットサルパーク」も、よろしくお願いいたします。

次の

森の農園へようこそ!

酵素風呂 神戸

人生で初めて、酵素風呂を経験した。 周囲には野山と畑しかない神戸の田舎に、プレハブを改築したような小屋があって、中に入ると酵素風呂独特のにおいが立ち込めている。 今日姉とごうちゃんにいきなり連れられて行ったんだけど、それまで僕は酵素風呂という言葉さえ知らなかった。 というか、みなさんはご存知ですか? ウィキペディアを調べても載っていない。 誰が言い出したのかよくわからないし、はっきりした定義のある言葉ではないようだ。 一応自分なりに説明するなら、「米ぬかやおがくずなどが発酵するときの熱で体を温める健康法」といったところだろうか。 今回僕が行ったのは、米ぬかの酵素風呂。 管理人氏によると、「うちのは、米ぬかに土、海草、カニ殼などを混ぜています。 発酵の熱でだいたい50何度になります」とのこと。 普通の風呂が42度くらいであることを考えると、50何度というのはけっこう高温である。 5分ほどで汗が出始めて、15分ほどでそろそろギブアップ、となりそうだが、ぐっと我慢。 結局1時間ほど入っていた。 管理人氏 「2005年にこの酵素風呂を開業しました。 きっかけは、僕自身が酵素風呂の素晴らしさを実感したこと。 いつの頃だったか、花粉症になりました。 ヘビースモーカーの僕が、その花粉症のせいで、タバコをやめざるを得なくなるくらいの、ひどい花粉症でした。 ある意味花粉症のおかげで禁煙できたのですが、タバコをやめても花粉症は治りません。 抗アレルギー薬なんかを飲みながら症状をまぎらせていたのですが、たまたま酵素風呂に行く機会がありました。 効果てきめんで、明らかに花粉症が楽になりました。 何度か通ううちに、すっかり改善しました。 これは今日、みなさんも経験されるかもしれません。 要するに、好転反応です。 僕の場合は、腕のこのあたりに湿疹がたくさん出て、すごくかゆくなりました。 花粉症による息のしにくさは楽になって、代わりに皮膚のかゆさが出てきたわけです。 でもその症状も何度か酵素風呂に入るうちにすっかり消えました。 これはアレルギーのある人にはよくある回復経過みたいです。 リウマチで関節が痛くてたまらない人が、酵素風呂に入るようになると、アトピーのように皮膚がかゆくなる症状が出てくる。 かゆみが治る頃には、リウマチもすっかり消えている。 癌の人もよく来られます。 悪性リンパ腫で、首に大きなしこりがあった人が、何度か酵素風呂に通ううちにすっかりしこりが消えました。 医者も「なんで治ったのかな」と不思議がっていたようです。 70代の前立腺癌の人もいました。 高齢者の前立腺癌というのは、進行が遅いものですから、抗癌剤とかで変に叩かないほうがいい、っていいますね。 でもその人は医者に勧められるがままに抗癌剤をやってしまった。 で、抗癌剤の副作用がものすごくひどくて、「こんな治療受けるくらいなら死んだほうがマシ」と治療を中断した。 代わりに酵素風呂に通い始めて、もう5年経ちますが、今も元気にしておられます。 人が入浴した後の酵素風呂は、当然再利用しません。 都会にある酵素風呂は、こっそり再利用している、なんて聞きますが、誰かの毒素を吸った酵素風呂に入っても、効果は乏しいと思います。 使い終わった酵素は、裏の畑に巻いて肥料にします。 米はアイガモ農法で、野菜は雑草も抜かずに種をまく自然農法で育てています。 そこらへんの医者よりも、はるかに人を救っている。 というか、いわゆる医者がやっていることは、抗癌剤にせよ抗アレルギー薬にせよ、結局対症療法ばかりで、患者の治癒に何ら貢献していない。 錠剤を飲んで一発で、という治療で、本当の回復はあり得ない。 酵素風呂のように、むしろ不快な症状を経て、毒素を出し切って、ようやく真の回復に至るものだ。 ちなみに、1時間酵素風呂に入ったことで、僕と姉は気分の悪さを感じた。 僕は本当に吐きそうなくらいの嘔気だった。 ごうちゃんは右肩の痛みを感じた。 中途半端な治り方をした古傷が、真の回復に向けて疼き始めるようなんだ。 ただ、全員一致した感想は、「すごくよかった。 また行こう」 そう、不快な症状が出るのに、何だか体の深いところで癒されていく感じなんだ。 酵素風呂、みなさんにもオススメです。

次の