ニコレス メーカー。 新しいニコチンゼロで禁煙中の新習慣「NICOLESS(ニコレス)」

新しいニコチンゼロで禁煙中の新習慣「NICOLESS(ニコレス)」

ニコレス メーカー

ノンニコチン・ヒートスティック 昨年でしょうか、ニコレスというアイコス専用のヒートスティック似の商品が発売されました。 これの良いところは、タバコ葉の代わりに茶葉を使うことでニコチンフリーということ。 ただ、味はかなり個性的で好き嫌いが凄く「不味過ぎて吸えない!」と捨てちゃう人も。 紹介したときの反響の高さから考えると、ノンニコ・ヒートスティックの需要は間違いなくあり、別メーカーも参入しており話題のカテゴリーでもあるんです。 今日は、この ノンニコ・カテゴリの元祖「 ニコレス」と、美味いと評判の製品「 コバト」を 比較レビューしていきたいと思います。 この記事の目次• パッケージ比較 ニコレスは今更説明不要ですが、ニコレスのパッケージはやっぱりカッコいいです。 コバトはどちらかと言うと、女性っぽい柔らかいデザイン、内側の包装もニコレスのは珍しいつくりで、完成度はニコレスのほうが上かな。 まあ、箱のデザインなんて最終的には重要ではないんですけどね、まあ一応比べてみましたよ。 スティック比較 続いてスティックですが、見た目はニコレスのほうがカッコいいんですが、実用的なのはコバトの方。 ニコレスは首が折れやすくて、アイコスに挿したとき、ポキっと折れることが多々あるんです。 コバトはこの辺の不満を解消した構造にしたんでしょう、 芯が通っていてしっかりしてます。 構造比較 ニコレスの断面は何度か紹介しているのでご存知かと思いますが、フィルター+ゴムフィルター+茶葉の順で詰まってます。 対してコバトは結構複雑な作りをしていて、フィルター+カプセル?+芯?+ゴムフィルター+茶葉の5パーツから構成。 茶葉もシート状に加工してあるニコレスと違って、 コバトは細かい粉末をギュッと固めたような形状です。 *コバトスティックをよくよく見てみたらブーストマークが印字されてました。 味の比較 普通に吸ってみると、ニコレスも刺激的ですが、コバトの香りも負けじと独特で、あまりいい香りとは言えない感じ。 ただ、 味はコバトのほうが吸いやすくて、ニコレス特有のあの刺激的な後味はほとんど感じませんでした。 ここまでは大した違いはありませんが、コバトの秘密兵器が凄かったです。 コバトのカプセル割ってみた ちょっと割るのに手間取りましたが、カプセルを割ってみました。 すると、 ふわ~っとメロン系の甘さと香りが広がってくるんですよ。 メンソールもほんのり効いているので、甘ったるくないし、意外とメロンって合うんですねー。 カプセルを割ると変な匂いなども消えて、全然気にならない!むしろコレは美味いですよ。 コバトまとめ これはですね、ニコレスの苦味とか匂いが嫌いな人には是非試してもらいたいヤツです。 ニコレスの欠点でもある、 首が折れる、臭い、後味が悪い、この3点はかなり改善されてます。 値段もニコレスと同様の418円、どっち買うって言われたら「コバト」っすね。 メロン・フレーバーは好き嫌いありそうですけど、ドローも重くて吸いごたえありますよ。

次の

Amazon

ニコレス メーカー

禁煙への第1歩として、紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替えることはできても、その先が難しい。 加熱式タバコでタールは減少しても、ニコチンはしっかり摂取しているからだ。 そして次段階として、多くの人がノンニコチンのVAPE(ベイプ)を試し、くじける。 蒸気を吸うという点は同じでも、ニコチンなしのリキッドだけの味では物足りないからだ。 そこで注目したいのが、たばこ葉の代わりに紅茶葉を使ってより喫煙フィールに寄せた、アイコスおよびアイコス互換機で使用できるニコチンゼロスティック「NICOLESS(ニコレス)」である。 果たして減煙・禁煙の助けになるのか、吸って確認してみたい。 「ニコレス(メンソール)」は20本入り410円(税込) 販売数40万個突破! 紅茶葉由来の風味を楽しむ「ニコレス」 「ニコレス」は2019年3月に発売され、メーカーによると、すでに売上げは40万個を突破(2019年8月時点)おり、「1時間で約100個」というスピードで売れているという。。 なお、現在は一部ドラッグス トアやインターネットなどでの展開が中心だが、2019年9月中旬からは、全国のコンビニ(ファミマ!! )でも入手可能になる予定だ。 「アイコス」などの加熱式タバコに使用されるスティックは、蒸気発生のためのグリセリン類を染み込ませたたばこ葉を加熱し、ニコチンを含んだ蒸気を発生させる。 そのたばこ葉の部分を、ニコチンを含まない紅茶葉に変更することで、ニコチンレスの蒸気を作り出すのが「ニコレス」だ。 これにより、VAPEのようなリキッドのみの味ではなく、葉由来の風味が楽しめ、より加熱式タバコの満足感に近づけるという。 加熱式タバコブレードを挿入するタイプの機種、アイコスおよびその互換機で使用可能だ たばこ葉を使用していないのでニコチンゼロ、これを吸っている間は「禁煙」しているということになる ちなみに、「ニコレス」に使用されている紅茶葉は中国・福建省産の「正山小種(ラプサン・スーチョン)」という品種だ。 「マールボロ・ヒートスティック」よりも90円安い 「ニコレス」の価格は410円(税込)。 紅茶葉を使用しているため、たばこ税がかからず、「マールボロ」や「ヒーツ」より安価に設定できているようだ。 ただ、通常たばこ税は定価の半分以上を占めるはずである。 したがって半額とは言わないまでも、もう少し安くなってもいいのでは、と思ってしまった。 ちなみに、「マールボロ・ヒートスティック」から「ニコレス」に完全に切り替えた場合の1か月のコストを比較してみると、以下の通り。 価格はすべて税込み(以下同)。 これを高いと見るか、低いと見るか、悩ましいところだ。 「ニコレス」は410円(税込)なので、「マールボロ・ヒートスティック」より90円安く、「ヒーツ」(税込470円)より60円安い 「マールボロ・ヒートスティック」(右)は銀紙で覆われているが、「ニコレス」(左)は厚手のトレーシングペーパーで覆われている スティック内部の構造もなかなかの再現度合い 吸う前に、カッターでスティックを切り裂いて内部構造をあらためてみたのが、以下の写真だ。 スティックのサイズはまったく同じ 左側が「ニコレス」、右側が「マールボロ・ヒートスティック」 「ニコレス」:(上から)フィルター、蒸気冷却用シリコン、紅茶葉 「マールボロ・ヒートスティック」:(上から)フィルター、蒸気冷却用フィルム、フィルター、たばこ葉 「マールボロ・ヒートスティック」がフィルターを2層に分けているところを1層にしている点と、冷却素材の違い以外は同様の構造だ。 紅茶葉はヒートスティックのような薄い板状にしっかり成形されていた。 なかなかの再現度合いだと思う。 ある意味ヒートスティックよりも紙巻きタバコに近く、喫煙感もかなりのクオリティだが…… 箱からスティックを取り出した段階では、ほぼメンソールの香りしかしない。 加熱し始めると次第に店頭でほうじ茶焙煎を行なっている日本茶専門店の香りがし始めた。 葉としては紅茶に用いられる葉ということだが、ほうじ茶にしか感じない。 正直、おっかなびっくりで吸ってみた。 すると爽快なミントの香りにほうじ茶のような香ばしさが加わり、しっかりのどへのキックもある。 第1印象は「思ったよりおいしい」である。 しかも吐いた時の蒸気が、茶葉由来のいがらっぽさのせいか、ヒートスティックよりも紙巻きタバコに近く感じる瞬間もあった。 喫煙感としてはかなりのクオリティだ。 ただ、喫煙可能時間6分の中盤を過ぎたあたりからメンソールが抜け始め、代わりに苦味が加わってくる。 これに少し違和感がある。 残り1分あたりではいくぶん甘酸っぱさも感じるようになり、タバコのニオイとは違うのだけれど、不思議なニオイだ。 そして当たり前だが、ヒートスティックでニコチン補給した時のじんわり感はない。 スティックは少しやわらかめ。 勢いよく押し込むとぐにゃりとなることもあるので、ていねいに差し込もう 見た目的にはアイコスを吸っているのと変わらない 禁煙はかなり大変だが、合間に挟むスタイルで減煙は可能かも 「ニコレス」は、アイコスを吸った時のようなしっかりとしたキックのある蒸気を出してくれた。 吐く時もたばこの煙を吐いているような「いがらっぽさ」がある。 しかし、喫煙者にとってニコチン補給ができないのは、やはり物足りない。 したがって、いきなり100%ニコレスに切り替えて禁煙できるのは、かなり意志が必要だ。 しかし、紅茶葉とはいえ葉を使っているおかげで、喫煙フィールはかなり肉迫している。 ヒートスティックでニコチンを補給しつつ、合間に1本混ぜるという減煙なら十分に可能なはずだ。 そこから順に慣らしていけば、最終的に禁煙も可能だと思う。 ヒートスティックの合間に挟むなら、けっこうごまかしが効く ということで、定番人気の「マールボロ・ヒートスティック」の半分を「ニコレス」に切り替えた場合の1か月のコスト試算をしておこう。 ただニコチン摂取率は半減するので、健康のためだとしたら、十分メリットはあるだろう。

次の

真剣にタバコ葉以外を吸う(ニコレス NICOLESS)

ニコレス メーカー

ニコレスは中国産だけど安全性は大丈夫? ニコレスは中国産ということで安全性に関して不安に感じる方もいると思います。 パッケージにはもちろんMADE IN CHINAと書いてありますが、中国茶が存在するほど長い歴史があるため、中国産の茶葉を使用していても問題はないでしょう。 ニコレスに使用している茶葉は、福建省武夷山の「正山小種 ラプサンスーチョン 」という紅茶の一種です。 欧米ではファンが多い伝統的な銘柄で、にも引き継がれています。 製造、販売元は日本なので、中国産だから安全ではないと考えて使わないのはもったいない。 ニコレス自体が臨床試験などを公開していないので絶対的信用をおけるか?と言われると微妙ですが、シャグやパイプ、葉巻など全部が全部完全に信用できるわけではありませんし、気にしすぎたら何も買えませんよね。 中国産だから安全じゃないというのは間違いです。 もしそうだとしたら中国人みんな害に侵されていますよ。 分析試験成績表は公開されています。 ニコレスに有害物質は入っているの? 日本食品分析センターによる検査結果が公表されていました。 ニコレスで検出された有害物質は鉛とカドミウムという結果に。 ヒ素もスズもニコチンもホルムアルデヒドも検出されていないため、安全性としては問題ない範囲だと思います。 ここでカドミウムが検出されたことによって安全性に疑問を思う方がいると思いますが、土壌などに含まれているカドミウムが検出されたのではないかと思います。 茶葉を育てている土壌の問題だったりと心配するのは分かりますが、食品全般に含まれているものなので過度な心配は不必要です。 厚労省のサイトにも記載があるので気になる方はチェックしてみましょう。 電子タバコ全般の害についてはまだ解明されてないことが多い 新型タバコは、従来の燃焼式タバコに比べてタール(タバコ煙中の有害物質のうちの粒子 成分)が削減されていますが、依存性物質であるニコチンやその他の有害物質を吸引する 製品です。 引用: ニコレスにはニコチンが入っていませんが、有害物質は少なからず入っているということになります。 もちろん紙たばこやヒートスティックよりは有害物質の粒子成分も減ってはいるけれど、タバコ類を吸っている以上有害物質を吸引するということで、有害物質がゼロとは言えません。 基本的に何かを燃やして吸う(加熱、燃焼)する場合、有害物質が出るというものだと認識しておいた方が良いでしょう。 まだ電子タバコや、加熱式タバコは新しい物なので今の研究で出てこない害もあるかもしれないですし、減ってる有害物質もありますが、他の健康被害が電子タバコ全般あるんじゃないの?という部分があります。 茶葉と香料しか使ってないから害はないと言いたいけど、無害とは言えないというのが本音です。 研究結果が進めば何がだめなのかはっきりと結果が出るのでしょうが、電子タバコの普及から年数がたっていないので研究自体が進んでいない部分もあります。 なので最終的には自己責任といったところでしょうか。 ただニコチンが入っていないので禁煙をしたい人にはオススメ。 最終的にニコレスすら辞めて、なにも吸わなければ害も何もないですからね。 ニコレスに入っている成分は?効果・効能について ニコレスに入っている主成分は、紅茶葉と香料のみ。 加熱式タバコのためグリセリンなどは配合されています。 原材料となる紅茶葉がラプサンスーチョンという種類で独特なにおいがあるので、気になる方は1度試してからまとめ買いがオススメです。 紅茶としては根強いファンがいるのですが、タバコのにおいとなるとやはり好みは別れるというのが本音です。 大手会社でもなくタバコとしての販売ではないため細かい成分は分からず。 公表されたデータがないので、パッケージに記載されている内容のみとなっています。 個人的に気になるのは紅茶葉を吸うということで、 カフェインが入っているのではないかと思っています。 ただカフェインと言っても紅茶葉には多く含まれていないようです。 茶葉からの抽出で100g当たり30mgと言われているのですが、吸う場合はどうなるのでしょう?タバコ1本あたりの葉は1gと言われているので大した量ではなさそうです。 参考サイト:お茶百科 引用: ラプサンスーチョンとは違いますが、お茶・緑茶の効能効果として記載されているものを引用させて頂きました。 ニコレスの場合は喫煙ですが、タバコ葉から変わることによって上記の効果効能を少なからず得られるのではないかと思います。 お茶の殺菌効果は有名なので、口臭対策や血圧を下げたり、血糖値を下げたりとタバコを吸うのとはまた違ったメリットがあると思います。 最終的には禁煙しなきゃ無意味なので、お茶を吸ってるから健康だなんて言わないように。 飲用での効果効能のため実際にニコレスを吸っているだけで効果があると証明されたわけではありません。 ニコレスのフィルターにあるプラスチックについて ニコレスを分解すると分かるのですが、ニコレスのフィルター部分にはシリコンが入っています。 これは葉っぱを多く詰めても吸いづらくシリコン製のフィルターを通して口元に熱が伝わらないように設計されています。 もちろんヒートスティックにもシリコンではありませんが繊維状でプラスチック製のフィルターが入っています。 気になる方は是非分解してみてください。 このシリコンは吸いやすさのために改良されたものと思って間違いないでしょう。 フィルター部分のプラスチックがシリコンだとすると耐熱温度は230度。 アイコスのブレードが250度設定なので、茶葉が詰まっているところで温度が下げられ、連続して加熱してみてもシリコンは溶けたり変形したりすることはなかったです。 シリコンはレンジで使用することもできる商品ですので、基本的に害はありません。 安心して使用して問題ないでしょう。 ニコレスに一酸化炭素やタールは含まれるの? ニコレスなので ニコチンはゼロですが、タールについては明記なし。 というのも基本的に高温加熱式の電子タバコで吸うため、 燃やさないという点では一酸化炭素やタールは出ないということになっています。 ただ、タールに関しては公式見解と研究結果によって様々な意見が出ており一概には言えないといったところですが、実際、部屋で吸っていても壁紙が黄色くなるほどではないので減少しているように思います。 紙たばこやヒートスティックよりは間違いなく害は削減されています。 アイコスの公式サイトではタールゼロと謳っているため、それを仮定するとニコレスもタールはゼロと言えるでしょう。 情報をまとめると、タールや一酸化炭素は出ているが、紙タバコよしはマシ。 ヒートスティックとそんなに変わらないかも?ということでしょう。 タバコ葉じゃないだけで使い方が同じということはヒートスティックとあまり変わらないと思っています。 タールの発生環境としては、タバコ葉を燃焼させたときに発生するものとされているため、加熱式たばこで燃やさず加熱しているだけ、お茶の葉っぱを使っているためタールは発生しないという答えになります。 何が正解かどれが絶対かとは言えないものではあるので、絶対に入っていないとは私は言えませんが、ニコチンはゼロ!禁断症状さえ乗り越えれば禁煙できるはずです。 2週間で禁煙! ニコレスでの健康被害や副作用 ニコレスを吸ったから健康被害が出たのかは定かではありませんが、安全性や成分などから見て影響がありそうな健康被害や副作用を調べてみました。 ニコレスを吸うことでどんな効果を得られるのか、何をもたらすのか見ていきましょう。 ニコレスは禁煙サポート ニコレスの特徴は、ニコチンがまったく含まれていないこと。 禁煙にはガムが効くといわれていますが、タバコ好きの方にとって、ガムを噛むだけではもの足りません。 また禁煙を実践している方の中には、口寂しさやストレスから、急に甘いものをたくさん食べるようになり、体重が増えてしまう方もいるようです。 これに対して、高温加熱型デバイスを使用するニコレスはそれなりのキック感が味わえるため、禁煙サポートとして効果的です。 お茶の成分での効果効能を考えると、メリットだらけなのですが飲用と喫煙は摂取方法が違うため確実と言えないのが本音です。 そこを理解した上で健康被害や副作用を見ていきましょう。 ニコレスを吸ったら頭痛や吐き気がした 電子タバコ。 ニコレス吸ってみた。 紅茶の葉っぱとメンソールのみでニコチンは全く入ってない。 けどそれで頭痛に結び付くような文献は見つけられず。 原因の一つとして浮かんだのはカフェインでした。 カフェイン含有量は多くないと思うので、基本的に体調不良時には吸わない方がいいでしょう。 タバコの味で自分の体調バロメーター分かるのは喫煙者だけの特権ですよね。 茶葉使ってるニコレスとかっていうiQOSの互換タバコ吸って頭痛くなった。 通りで中国産のはずだ。 — じんじん MXHR9766 他には中国産ということだけで頭痛というパターンも。 多分この方は中国産ということだけで頭痛になるみたいなので、常に頭痛状態かもしれません。 頭痛に関しては、ニコレスだけが原因ではないのかな?というのが本音で、私が吸っても特になにもありませんでした。 ですがカフェインの耐性が低い人などは頭痛になる可能性がありそうです。 全員がなるわけではないのですが、禁煙中特有の症状としてニコチン依存症の禁断症状、副作用として頭痛になる場合があります。 お酒やタバコ、ストレスなどで胃酸が逆流することで吐き気やえづきの症状がでる場合も。 あとは…という場合ももちろんあります。 ニコレスを吸ったら喉が痛い ニコレスは、ニコチンゼロのくせにキック感が強く、メンソールも結構強め(実際吸ってみると分かりますが結構きつい)なため、メンソールならではの冷涼感が喉の痛みを誘発している可能性があります。 それか吸いすぎですね。 ニコレスで歯は黄ばむ?口臭は? ニコレスはニコチンフリーでタールも少ないため、紙タバコやヒートスティックと比べて黄ばむことは少ないでしょう。 なぜ歯が黄ばむのかというと、タールのネバネバが歯を黄ばませるためです。 ただ、口臭に関しては、タールのネバネバが菌や食べかすがくっ付き腐敗するため臭いの原因となっています。 ニコチンによる血管収縮作用のせいで、歯茎への血流も悪くなり、歯茎が黒ずんだりします。 ニコレスを使用していなくても、以前紙タバコを吸っていたりする人は、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用することである程度色を取り戻せます。 歯科衛生士に聞いたところ、Amazonなどで購入できる商品ならルシェロホワイトがおすすめとのことでした。 他には歯医者に行って歯石除去などをしてもらったり、ホワイトニングしてもらったりするのも手でしょう。 口臭対策は歯磨きになりますが、できない時はうがいなどで対処しておきましょう。 タバコを吸っているときに自分の口臭いかなと思っていましたが、アイコスやニコレスに変えて思うのは、紙たばこのタールは結構臭うので、自分が思っている以上に相手は口臭に敏感です…。 ニコレスでアレルギー症状 ハウスダストにアレルギーがあるぐらいなので、害がないとは言えないニコレスを吸うことでなんらかのアレルギー症状が出る可能性はあります。 メンソールがきついため、喉が痛くなることもありますし、咳が出ることも。 もちろん喘息持ちの方であれば、普通の方よりもアレルギー症状も出やすく喫煙自体を避けた方が無難です。 紙タバコから変更するというのであれば禁煙目的で吸うのが一番でしょう。 副流煙も害が減れば、非喫煙者の家族やペットへの受動喫煙が今よりはマシになるかもしれません。 他にも気になる点があればをまとめているのでチェックしてみてください。 ニコレスのデメリットやリスクについて ニコレスの副作用と言っても害はタール(一酸化炭素)とカフェイン程度しかなかったのです。 もちろん普通の空気を吸うよりは害があるでしょうけど…。 ニコチン依存がタバコを辞められない理由だとしたら、ニコチンフリーのニコレスに変えて様子を見るのも一つの手かなと思います。 少しの害があってもストレスを貯めるよりはマシかなと。 妊婦さんも絶対にカフェインがダメ、喫煙習慣がダメ!と言われてもストレスは大敵です。 医師によってはストレスをため込みすぎるぐらいなら吸っていいという医師もいるぐらいです。 ただし、ピルを使用している場合、血栓症の恐れがあります。 薬を処方される際の問診票にも記載のある通り、定期的な血液検査を行っているのは血栓症の疑いがないかを調べるためです。 電子タバコでニコチンなどが入っていない商品の場合問題ないとは思いますが、ピルを使用している場合は処方している病院に相談してみましょう。 なぜピルを服用しているとタバコを吸ってはいけないかというと、ニコチンが血管を収縮させるため、血栓の可能性が上がってしまうことがあげられます。 そういう意味ではニコレスは救世主になり得るのかなと思いました。 最後にデメリットですが、ニコレスを吸い続けてる以上、喫煙習慣を辞められないことです。 タバコを吸う環境から離れられないといつまでもニコレスを吸ってしまうんですよね。 もちろんニコレスだけなら禁煙しているのと何も変わらないのですが、この喫煙習慣を減らさないことには完璧な禁煙とは言えないでしょう。 お茶を吸っていると思えば悪くはないのですが、まったく害がないとも言えず。 中途半端に吸うよりもどこかできっぱりと禁煙しちゃいましょう。 ニコチンが体内に残るのは約2週間と言われているので、2週間以上ニコレスだけで耐えることができればタバコを吸わなくても大丈夫な体になっているはずです。 断固した意思で禁煙をしましょう。 2週間分以上のニコレスを手に入れるなら3カートン!.

次の