加賀 れんこん。 JA金沢市 加賀れんこん部会

お取り寄せ|どろんこファーム 蓮だより

加賀 れんこん

金沢が生んだ伝統野菜「加賀野菜」の魅力に迫ります 金沢の伝統野菜「加賀野菜」を連載企画でご紹介。 旬の加賀野菜をピックアップし、その特長やアレンジレシピなどをお届けします。 前回のVol. 1では、肉厚で食べ応えのある『金沢春菊』をご紹介しました。 Vol. 1『金沢春菊』〜加賀野菜の魅力に迫る〜 Vol. 2『金沢春菊』〜加賀野菜の魅力に迫る〜 Vol. 3 『加賀れんこん』 Vol. 1、Vol. 2の金沢春菊に続き、Vol. 3の今回ご紹介するのは 『加賀れんこん』。 産地: 金沢市小坂地区、河北潟干拓地、薬師谷地区、才田地区、森本地区 出荷時期: 8月下旬~5月頃 『加賀れんこん』は、独自の品種というわけではなく、他の産地でも栽培している「支那白花種」という品種のれんこんです。 加賀の地での栽培歴史は、なんと300年以上! これまで様々な品種が導入されては改良が加えられ、昭和40年代中頃、支那蓮種から選抜育成してきたのが、現在の品種「支那白花種」なんだそう。 現在では、加賀れんこんの栽培は、才田、森本地区、河北潟干拓地まで広まり、一大産地となっています。 一目置かれる加賀れんこんの品質 加賀れんこんは、全体的にずんぐりと太く、穴が小さい分肉厚であることが特徴です。 太くて節間が短く、特に先の方の二節がおいしいんだとか。 また、でんぷん質が多くて粘りが強く、実が締まっていることも加賀れんこんの特徴の一つ。 この特徴を活かし、金沢では伝統料理の「蓮蒸し」などに使われています。 さらに、肉質がとてもきめ細かく、可食部が雪のように白いのも、加賀れんこんならでは。 栄養価が高く、すりおろすともっちりなめらか食感を楽しむことができます。 れんこんは土に埋まっているので、収穫するまでは目で見ることができません。 しかし、加賀れんこんの生産者さんたちは、葉や茎の様子を見れば、その下にのびているれんこんの状態がわかるんだそう。 これは、長年培ってきた経験があるからこそ成せること……。 しっかりと手間をかけ、伝統を受け継ぎながら大切に育ててきた生産者さんたちの汗と想いこそが、加賀れんこんの高い品質を保っているんですね。 なお、加賀レンコンは以下のサイトから購入が可能です! 次回は『加賀れんこん』を使ったレシピをご紹介! お楽しみに! 【関連記事】•

次の

石川県 金沢市農業協同組合(れんこん)月報 野菜情報-産地紹介-2012年2月

加賀 れんこん

5 ・卵黄……すきなだけ ・炒りごま……適量 ・大葉……3枚ほど 作り方 1. 加賀れんこんは皮をむき、8mmほどの厚さの輪切りを6枚作り、酢水に5分ほどさらしたら水気を切る。 残りのれんこんはすりおろし、白ねぎはみじん切りにする。 ボウルに鶏ひき肉、すりおろしたれんこん、白ねぎ、木綿豆腐、 Aの材料全てを入れ、粘り気が出るまでよく混ぜる。 2を6等分し、丸く成型する。 さらに両面に片栗粉を振る。 フライパンにごま油を熱し、 3 をれんこんの面を下にして並べ、弱めの中火でれんこんのフチがこんがりとするまで焼く。 ひっくり返し弱火にしたら、フタをして中まで火を通す。 B の材料を混ぜ、 4 のフライパンに注ぎ入れる。 火を少し強めて、スプーンでつくねにタレをかけながら煮詰める。 お皿に大葉を敷き、つくねを盛り付け、炒りごまを振る。 卵黄を添えたらできあがり。 加賀れんこんは他のれんこんと比べて、細い繊維が密集しているような感じで、サクサクとした食感の軽さが私は好きです。 すりおろしたものはかなり粘り気が強く、豆腐の入ったやわらかい生地をうまくまとめてくれたと思います。 今回は輪切りのれんこんにしましたが、大きめにカットした乱切りのれんこんを混ぜたつくねにしても美味しそう! ビールにも日本酒にも合う一品です。 米を研ぎ、ザルにあげておく。 れんこんの皮をむき、縦に4つ割りにして3mmくらいの幅に切る。 酢水に5分ほど浸けたらザルにあげて水を切っておく。 人参は小さめの拍子木切り、油揚げは短冊切り、しょうがは千切りにする。 炊飯釜にお米を入れ、 Aの材料を全て入れる。 炊飯釜の2合の目盛りまで水を入れて軽く混ぜ、 2を全てのせて炊飯器で炊く。 炊きあがったら枝豆を入れ、全体を混ぜてできあがり。 それにより、油揚げや枝豆との食感の違いも楽しめる一品ができましたよ。 調味料は白だしを使うと、簡単に味が決まります。 枝豆は炊きあがった後に加えることで、彩りのひとつに。 残った炊き込みご飯は、長く保温するとレンコンが変色してしまうので、早めにおにぎりにするか冷凍してしまうのが良いと思います。 私も食べてみました! 炒める、煮る、揚げる、すりおろす……など、れんこんは調理法によっていろいろな食感や味が楽しめる食材です。 せっかくなので、加賀れんこんを存分に味わいつくそうということで、私も加賀れんこんをいろいろな料理にアレンジして食べてみました! 写真手前から時計回りに、 ・れんこんの甘酢あんかけ炒め ・れんこんの素揚げ ・れんこんのすり流し汁 ・れんこんのきんぴら という加賀れんこんを使ったれんこんづくしメニュー。 すりおろすと粘り気が強く、なめらかな食感に。 すり流し汁は、とろりとしたれんこんの食感とおだしがマッチしたとても優しい味わいでした。 炒めると、今度はシャキシャキ感がアップ! 特にきんぴらは、普通のれんこんに比べるとよりシャキシャキとした食感を楽しむことができ、歯ごたえがあってとてもおいしかったです! 調理していてびっくりしたのは、れんこんの透き通るような美しい白さ。 輪切りにしたときの断面がみずみずしくて真っ白で美しかったので、思わず写真をパシャリ。 この白くて美しい断面を活かして、サラダや酢漬けなどにアレンジしてみるのもいいかも。 4品れんこんづくしのメニューでしたが、それぞれ味わいが違うので、まったく飽きることなくおいしく楽しむことができました。 実際に加賀れんこんを食べたおうちごはん編集部のメンバーが実感したのは、 「加賀れんこん」は素材としてのポテンシャルがものすごく高いということ! 素材そのものがおいしいので、調理の手間はほとんど加えなくても、シンプルに調理して食べるだけでおいしい。 使うれんこんの部位によっても食感や味わいが変わってくるので、ぜひいろいろなアレンジで楽しんでみることをおすすめします。 今が旬の加賀れんこん。 ぜひお楽しみに! 【関連記事】•

次の

加賀れんこん<レンコン/蓮根/れんこん:旬の野菜百科

加賀 れんこん

もちっとした食感が魅力の加賀れんこん 加賀野菜とは、主に金沢で生産されていて、藩政時代から現代まで、季節感溢れる野菜が引き継がれています。 現在、加賀野菜として認定されている野菜は、加賀れんこんを含めて15品目あります。 加賀れんこんは地元の人達にも愛されていて、よく食卓に上ります。 金沢市大樋町一帯(小坂地区)で作られていたことから、「小坂れんこん」とも呼ばれています。 加賀れんこんは、節と節の間が短く、肉厚で粘りがあるのが特徴で、もちっとした食感が魅力です。 加賀れんこんの出荷時期は8月から始まり、12月にピークを迎え、5月中頃まで出荷されます。 出荷の初めの頃はシャキシャキとした歯触りが楽しめます。 秋から冬にかけては、もっちりとした食感に変わるなど、季節によって変化も楽しめる野菜です。 さて、加賀れんこんのでんぷん質を活かして、団子汁を作ってみようと思い立ちました。 実は加賀れんこんは、他県のれんこんより繊維質が緻密で、団子汁に向いているからです。 「味噌汁とれんこんの相性はどうなのか?」も知りたくなりました。 加賀れんこんの団子汁 <材料 2人前> ・加賀れんこん 200g前後のもの ・ねぎ 適量 ・だし汁 400cc ・塩 少々 ・片栗粉 大さじ1 ・味噌 大さじ1 その他に今回は、新たな食べ方をするために、以下のものも用意しました。 ・生姜 ・人参 ・冷凍コーン ・グリーンピースの缶詰 <作り方> 1. れんこんを洗い、皮をむいてからすりおろします。 おろし金を使いますが、かなり力がいります。 おろしたれんこんは軽く絞って水気を切り、絞り汁を大さじ1くらい、温めただし汁に加えます。 絞り汁を加えることにより、れんこんの旨味がだし汁に入り、とろみもつきます。 おろしたれんこんに、塩と片栗粉を入れて練ります。 その後、真ん中をくぼませた小さな団子状にします。 崩れやすいので優しく丸めるようにします。 だし汁を沸騰させて、団子状にしたれんこんを5分ほど煮ます。 れんこんが硬くなり、透明感が出てきたら味噌を入れます。 れんこんは崩れやすいので、あまり菜箸で触らない方が良いですね。 ねぎを小口切りにして、お椀に盛りつけた団子汁に散らしたら出来上がりです。 まずは普通に団子汁を味わってみよう! 一般的な味わい方として、加賀れんこんの団子汁にねぎを散らして味わってみます。 団子を一口食べると、最初はれんこんのサクサク感が楽しめて、後でもっちりとした食感に変わっていきます。 味噌仕立てのお雑煮にも似ていますね。 味噌汁の中にれんこんの絞り汁も入っているので、味噌の味がまろやかになりました。 とろみがついていて、体がポカポカ温まりそうです。 ねぎのシャキシャキ感と、温かく優しいとろみのある汁、お餅のような弾力性のある団子、この3つを交互に味わいながら食べることができる料理です。 朝食に食べると一日の活力が湧きそうですね。 また、夕食に食べると、ホッとして一日の疲れが取れそうです。 れんこんの団子汁の一味違う食べ方 少しアレンジを加えて、おろし生姜を乗せて食べてみました。 生姜を団子に添えることによって、爽やかな酸味が加わります。 味噌汁に生姜の味が加わると、飲み口もさっぱりとした感じになりました。 団子汁に七味唐辛子をふってみました。 ピリッとした辛さで、大人向けの団子汁として味わうことができます。 味噌と七味唐辛子の相性も良いですね。 さらに彩りも考えて、花型に切った人参、冷凍コーン、グリーンピースを軟らかく煮て、団子汁に加えてみました。 華やかさもあり、おもてなし料理の一品にもなりそうです。 人参の甘さ、コーンのプチッとした食感、グリーンピースのホックリした味わいが楽しめますね。 加賀れんこんは、ほとんど一年を通して店頭に並んでいるので、手に入れやすい野菜です。 加賀野菜を取り扱うネットショップでも購入できます。 食物繊維、ビタミンC、カリウム、鉄なども含むので、栄養面でもお勧めしたい野菜ですね。 体がホッと癒されるような優しい団子汁を、ぜひ、家庭でも作ってみましょう。

次の