乃木坂 ドキュメンタリー。 乃木坂46のドキュメンタリー映画、メンバー格差が露骨|エンタMEGA

映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』公式サイト

乃木坂 ドキュメンタリー

解説 人気アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾。 前作から4年ぶりとなる今作では、初のシングルミリオンセールスや日本レコード大賞受賞を果たした2017年、史上初の明治神宮球場&秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブ開催やレコ大2連覇を成し遂げた18年、そしてエースであり絶大な人気を誇ったメンバーの西野七瀬が卒業し、新たな時代を迎えた19年と、近年のグループの歩みをメンバーたちの証言でつむぎ、少女たちが抱える心の葛藤や成長を、これまでにないほどの親密な距離感で描き出していく。 監督は、乃木坂46のライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像などを手がけてきた岩下力。 2019年製作/120分/G/日本 配給:東宝映像事業部 スタッフ・キャスト とにかく意味がわからないという一言につきる おそらく監督は乃木坂46の事について概要レベルでしか知らないといった感じ、謎に西野、与田、斉藤飛鳥の三人だけがクローズアップされていた。 西野は卒業する人気メンバーなので、 与田はなんか知らんけど新メンバーで人気あるので、斉藤飛鳥はこれから乃木坂を支えてくセンターっぽいのでこの三人で乃木坂のひとつの歴史の終わりとこれからみたいなものを 演出しとけばいいか という浅はかな構成がみてとれた。 内容も非常に薄く、 前半は主に西野がつらいこともあったけど 楽しかったです~みたいことを言うだけ 与田は島に帰ってヤギ散歩させるだけ 後半は斉藤飛鳥メインとなり 成人式に参加、同窓会もサプライズ出席 しかしほとんどしゃべらず帰る。 最後はひとりで海外旅行に行き、 海沿いの崖のような場所で「私友達いないんですよねー」的なことを言ってエンドロールが流れるという感じ、 まったく意味がわからない。 前作の悲しみの忘れ方は一応、 普通の女の子がアイドルになって戸惑い! メンバーの不祥事で紅白でれませんでしたー でもなんやかんや次の年紅白でれましたー といった感じでドキュメンタリー作品になっていたが、今回はただただ乃木坂の活動の裏側を取材しましたというだけだった。 なのでファンは面白いと思う。 私は斉藤飛鳥がかわいいので、内容はクソだが そこそこ見れてしまった。 Powered by• 2019年• 2015年 「DOCUMENTARY of」シリーズ関連作品• 2020年• 2019年• 2016年• 2016年• 2016年• 2015年• 2015年• 2014年• 2013年• 2011年• 2010年 いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

乃木坂46 ドキュメンタリー第2弾!DVD・ブルーレイ 『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』 特典はしおり!2019年12月25日発売!

乃木坂 ドキュメンタリー

乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾公開決定(C)2019「DOCUMENTARY of 乃木坂46」製作委員会2011年の結成から、着実に実力と人気を蓄積し、いまや日本屈指のアイドルグループへと成長した。 初となるシングルミリオンセールスや悲願の日本レコード大賞受賞など大きな飛躍を果たした2017年。 個々のメンバーが様々なフィールドで活躍の場を増やす中、史上初の神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催、日本レコード大賞連覇という偉業を達成した2018年。 乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾では結成から7年目を迎えた2018年9月。 22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース西野の口から、自身の卒業が明かされた。 2018年4月の生駒里奈に続く、中心メンバーの卒業。 いつまでも変わらないと信じていた、しかしいつか失ってしまうとわかっていた、それぞれの想いから戸惑うメンバーたち。 今や自らの予想をはるかに超える人気を獲得し巨大化したアイドルグループ、。 メンバーと過ごす居心地の良さだけが、卒業しない理由だと語る者。 過去から逃げるようにグループへ入り、そして今、再び過去の自分と向き合うことを決心する者…。 エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出る少女たちの心の葛藤と成長を、これまでにない親密な距離感で、物語はつむがれていく。 乃木坂46、本音・表情・息づかいの変化…全てをカメラに収める監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける、いま注目を集めるクリエーター、岩下力氏。 関連ではこれまで、ライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、メンバーについて多くは知らなかった人物。 だからこそ、先入観や遠慮や忖度などは一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけ、監督の気がすむまで彼女たちの傍らに寄り添った。 そうして彼女たちの本音はもちろん、表情や息づかいの変化にいたるまで、余すことなくカメラに収めることに成功した。 (modelpress編集部) 【Not Sponsored 記事】• シネマトゥデイ 2020-06-14 06:43• シネマトゥデイ 2020-06-14 05:13• シネマトゥデイ 2020-06-13 21:28• シネマトゥデイ 2020-06-13 19:13• モデルプレス 2020-06-13 19:00• SCREEN ONLINE 2020-06-13 18:39• シネマトゥデイ 2020-06-13 18:13• SCREEN ONLINE 2020-06-13 18:00• シネマトゥデイ 2020-06-13 17:13• SCREEN ONLINE 2020-06-13 17:00• SCREEN ONLINE 2020-06-13 16:00• シネマトゥデイ 2020-06-13 15:43• SCREEN ONLINE 2020-06-13 15:00• シネマトゥデイ 2020-06-13 14:28• シネマトゥデイ 2020-06-13 13:13• シネマトゥデイ 2020-06-13 12:28• シネマトゥデイ 2020-06-13 12:13• SCREEN ONLINE 2020-06-13 12:00• シネマトゥデイ 2020-06-13 11:43• シネマトゥデイ 2020-06-13 11:13.

次の

乃木坂46ドキュメンタリーのタイトル決定、ポスターで白石麻衣と西野七瀬がハグ

乃木坂 ドキュメンタリー

概要 [ ] 初の。 当初は2015年5月に公開予定だったが「新たに追加取材したい人がいる」という理由で2015年7月10日に延期された。 日本全国46スクリーンで公開され、2015年7月11日・12日の全国映画動員ランキングで初登場9位となった。 2015年11月18日、Blu-ray・DVDが発売された。 スタッフ [ ]• 監督:• 企画:• 製作:村松俊亮、、大田圭二、秋元伸介、吉成夏子、井上啓輔• エグゼクティブプロデューサー:• プロデューサー:、今野義雄、吉澤佳寛、磯野久美子• ラインプロデューサー:金森孝宏、渡辺洋朗• アシスタントプロデューサー:上野祐平• 撮影監督:• 編集:中里耕介、丸山健志• 音楽:袴田晃子、永井康章、スズキマサヒロ• 制作:ノース・リバー• 制作協力:パレード・トウキョウ、ビジュアルノーツ• 配給: 音楽 [ ] 主題歌 [ ]• 「」(歌: 乃木坂46、作詞: 、作曲: 、編曲: ) 挿入歌 [ ]• 「」(歌: 乃木坂46、作詞: 秋元康、作曲: 、編曲: )• 「」(歌: 乃木坂46、作詞: 秋元康、作曲: 、編曲: )• 「」(歌: 乃木坂46、作詞: 秋元康、作曲: 、編曲: 湯浅篤)• 「」(歌: 乃木坂46、作詞: 秋元康、作曲: 、編曲: 杉山勝彦・)• 「」(歌: 乃木坂46、作詞: 秋元康、作曲: 、編曲: 後藤康二)• 「」(歌: 、作詞: 秋元康、作曲: 近藤圭一、編曲: )• 「」(歌: 、作詞: 秋元康、作曲: 、編曲: 杉山勝彦・有木竜郎)• 「」(歌: 、作詞: YUI、作曲: YUI、編曲: COZZI) DVD [ ]• 乃木坂46、丸山健志『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。 TBR-25431D。 乃木坂46、丸山健志『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』コンプリート BOX、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。 TBR-25432D。 乃木坂46、丸山健志『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、DVD。 TDV-25433D。 乃木坂46、丸山健志『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』コンプリート BOX、東宝、2015年11月18日、DVD。 TDV-25434D。 脚注 [ ] [].

次の