エンジェルビーツ ブルーレイ 買取。 Angel Beats! ( エンジェル ビーツ ) クリアファイル かなで[ファイル・フォルダ]【買取価格公開】

駿河屋

エンジェルビーツ ブルーレイ 買取

「泣きゲー(感動や泣き要素のゲーム)」のカリスマと言われる麻枝准原作『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』 舞台は死後の世界 運命に立ち向かう少年少女たちの物語 なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。 彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。 そして、立ちはだかるは神の使い・天使。 それは、可憐なひとりの少女だった。 生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかも分からず戸惑う音無。 彼は、ゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。 まぁ、見終えた瞬間は感動しても、徐々に批評が展開されていくのはどの作品にも共通する性のような気がしますが… にしても、やっぱり評価が真っ二つになる理由が気になるので、今回は『なぜ、Angel Beats!の評価が悪いのか?』と言う点を私なりに分析してみようと思います。 一応、繰り返しのフォローになりますが、私はこの作品大好きですよ!! なぜ、「天使」を倒そうとしたのか? まず、考察の前にアニメの概要をおさらいしておきましょう。 主人公の 『音無結弦(おとなしゆづる)』は最期を迎えた後、この死後の学園に迷い込み「死んだ世界戦線」の代表である 『仲村ゆり(なかむらゆり)』と出会い、学園の秩序を守る生徒会長「天使」こと 『立華かなで(たちばなかなで)』を倒すべく、共に戦うことになります。 と言う導入部から始まるわけですが、そもそも「なぜ、天使を倒すのか?」と言う疑問です。 その理由は「生前、強盗に妹弟を殺害される」と言う強烈な運命を与えられたゆりが神を憎んでいたからに他なりません。 ゆりにしてみれば「こんな残酷な運命を与えた神に一泡吹かせたい!」と言うのが本音でしょうからね。 そこで、ゆりが目に付けたのが学園の生徒会長である立華かなでです。 かなでは、様々なスキル(武器や防具)によって学園の秩序を守ろうとします。 その強力なスキルを見て「神から特別なスキルを与えられているかなでは、一番神に近い存在なのでは? かなでを倒せば神が現れるのでは?」と考えたゆり。 自然、ゆりが組織する「死んだ世界戦線vs天使(かなで)」と言う図式が生まれるのですが、かなでのスキルが神からの授かり物ではなく、自分で創作した物であることから、かなでも「ある想いを伝えたかった」ことによりこの世界に迷い込んだ人であることが判明し、ゆりのかなでに対する態度は180度転換します。 正直、「もうちょっとかなでも意思表示しようよ!」「ゆりはかなでを誤解した上、集団でいじめてるんじゃ…」なんて突っ込みを入れたくなるのですが、まぁ、そこらへんは置いておいて… あのキャラはどうなった? さて、ここからは評価が低い理由を私なりに分析してみましたので解説していきます! まず、エンジェルビーツに登場する主要キャラクターは先ほどの三人の他、日向秀樹(ひなたひでき)、高松(たかまつ)、野田(のだ)、椎名(しいな)、遊佐(ゆさ)、藤巻(ふじまき)、TK(ティーケー)、松下護騨(まつしたごだん)、大山(おおやま)、竹山(たけやま)、直井文人(なおい あやと)、岩沢雅美(いわさわまさみ)、ユイなど、「死んだ世界戦線」のメンバーだけでも15人以上に及びます。 この中で「この世界で満足して消滅(成仏)することができたのか?」と言ったキャラクターの結末が丁寧に描写されているのは、第4話で自作の「My Song」を歌いきり達成感の中で消滅した岩沢雅美と、第10話で「結婚がしたい」という望みに応えたことに満足し消滅したユイと、最終回の結弦・かなで・ゆり・日向・直井。 しかし、最終回直前の第12話で主要メンバーを守るために自ら盾となった、TKや椎名などのメンバーのその後については、戦いを終えたゆりが「他のみんなは?」と結弦に尋ね「全員行ったよ(消滅したよ)」との会話で触れられただけでサラッと退場させられてしまいました。 さすがに、登場回数が多くないとは言え、TKや椎名など個性派キャラのファンからはブーイングが出るのも当然な気がしますし、見ていた私も「あれ、TKってどうなったの?」「一体、どんな最期だったの?」と感じたのが率直なところです。 つまり、サブキャラクターが多い反面、 扱いが雑なキャラクターも多かったと言うのが理由の一つ目ではないでしょうか? 黒幕が謎のまま 「死後の世界」と言うファンタジー要素が強い中、この世界は「NPC(ノンプレイヤーキャラクター)」に代表されるようにシステムで管理されていると言うデジタル要素を織り交ぜています。 ちなみに、NPCとはRPGゲームで言うところの「街の人」のようなシステムで管理され行動しているキャラクターのことで、エンジェルビーツでは死後の学園に最初からいる生徒や先生が該当します。 システムで管理されていると言うことは「システムを作った人物(エンジニア)」がいるわけで、この人物がゆりの言うところの「神」になるわけですが、結局、この存在がどういった人物か明らかになることはありませんでした。 実際には「システムを開発したエンジニアは自らNPCになった」ような表現がありましたが、いずれにしても、ゆりが追い求めていた黒幕は有耶無耶でスッキリしない状態に!? 後述しますが、この核心部はもうちょっと丁寧に描いて欲しかったような気がしますね。 かなでと結弦の死亡時期の矛盾 「エンジェルビーツ最大の矛盾」とも言えるのですが、第1話の冒頭、この世界に迷い込んだ結弦はかなでを狙撃するゆりに出会います。 つまり、結弦がこの世界に来た段階で「死んだ世界戦線vs天使(かなで)」の戦いは始まっていたわけです。 しかし、最終回でかなでは『あなたの心臓で生きながらえることが出来た女の子なの…』と、ドナー(心臓の提供者)である結弦に感謝を伝えるために、この世界に来た理由を語ります。 このセリフを分析すると「と言うことは、先に死んだのは結弦なのに、なんでかなでが先にこの世界にいるの??」と時系列の矛盾が生じますよね。 実際、私も同じような疑問を感じたのですが、調べてみると、雑誌のインタビューで原作の麻枝准氏は「死んだ世界戦線のメンバーが同じ時代に生きていたとは限らない」と時間の概念を作品内では排除している発言をしていますので、「まぁ、そこまで細かなことは置いておいて…」で片付けてもいいのかもしれません。 最終回に向けての急展開 先ほども書いたのですが、個人的には全13話のエンジェルビーツの内、第10話でユイが消滅する回までは、ギャグや感動要素などがバランス良く配置され、テンポ良く描かれていたと思います。 ただ、「戦線メンバーをNPC化してしまう影の存在」「この学園は卒業の場でなければいけないと考えたエンジニア(神)の存在」など、物語の核心について描かれた第11話からは、あまりに話しのテンポが速過ぎて理解できないまま最終回になだれ込んだ感が否めません。 つまり「前半は穏やかだったストーリー展開が、最終回に向けての急激なストーリー展開(超展開化)についてこれなかったのでは?」と思っています。 』『一番の宝物』など作品を彩った音楽もとても印象的だったと思っています。 (この叫びは声優の神谷浩史さんに拍手を送りたいですね) それだけに、全13話の1クールではなく、2クールかけてエンジェルビーツの世界観やキャラクターを丁寧に描けばもっと良かったのではと思っています。 個人的には最終回に向けてどのように描いていくか? そのテンポやストーリー展開(構成)が大切であると痛感した作品であったようにも思いますが、恐らくこのあたりの背景が悪評を呼んだ原因だと推測していますが如何でしょう? 個人的にはおすすめ作品であることには違いませんので、今回はあえて批判について分析した記事を書いてみました。 Project.

次の

Angel Beats! Blue

エンジェルビーツ ブルーレイ 買取

人気の記事• 174件のビュー May 31, 2020 に投稿された• 116件のビュー July 18, 2020 に投稿された• 81件のビュー July 18, 2020 に投稿された• 29件のビュー October 27, 2017 に投稿された• 25件のビュー July 18, 2020 に投稿された• 21件のビュー July 17, 2020 に投稿された• 20件のビュー July 18, 2020 に投稿された• 14件のビュー May 14, 2020 に投稿された• 14件のビュー July 18, 2020 に投稿された• 13件のビュー July 18, 2020 に投稿された.

次の

駿河屋

エンジェルビーツ ブルーレイ 買取

予めご了承の上、ご購入下さい。 運命に立ち向かう少年少女達の物語。 何らかの理由で最期を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。 彼女は理不尽な人生を強いた神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、日夜激戦を繰り広げていた。 彼女たちに立ちはだかるのは、神の使い「天使」と呼ばれる1人の可憐な少女だった。 生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかもわからず戸惑う音無。 彼はゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが……。 2010年に放映された麻枝准原作・脚本のオリジナルアニメがついにゲーム化。 語られなかった日常を始め、「選択肢」を盛り込むことでアニメにはなかったゲームならではの展開が広がる新しいAngel Beats! アニメ以上の勢いあるキャラクター達の会話の応酬と深い心理描写の数々。 戦線メンバー19名全員の生前と、その「やりたかったこと」が描かれる。 全6巻構成の巨編アドベンチャーゲームです。

次の