お盆 の 送り火 は いつ。 盆の送り火とは何?いつやる?道具・やりかた・意味・由来などについて紹介

迎え火と送り火の日にち!時間は?いつやればいいの?

お盆 の 送り火 は いつ

さて、いよいよ お盆のシーズンを 迎える季節となりました。 年に1度の先祖の魂を迎える日ですから しっかりと迎えないといけません。 そんなお盆にやることと言えば、 迎え火・ 送り火です。 ですが、今まで迎え火・送り火を やったことがないから いつやればいいのか分からない! と思われていることだと思いますので 迎え火・送り火をお盆のいつ行うのか? についてまとめておきました。 迎え火・送り火はお盆のいつ行う? お盆の迎え火・送り火は いつ行うのがいいのかと言いますと、 基本的に迎え火は 8月13日の夕方となっています。 迎え火は江戸時代頃に 定着したお盆の行事であり、 「 ご先祖様の魂が道に迷わず帰ってこれるように」 と目印として火をたくのです。 迎え火をたく方法は 家の出入り口のあたりで オガラを積み重ねて火を付けるのが 一般的な方法となっています。 そして送り火の方は逆に 「 ご先祖様の魂をあの世へ帰すように」 と火をたく儀式になりますから、 お盆の終わり頃である 8月16日に送り火をたきます。 方法は迎え火と同じように 家の出入り口の辺りで火をたけばいいです。 ちなみに京都の名物に大文字焼きがありますが、 あれも「五山送り火」と呼ばれる送り火なのです。 スポンサードリンク お盆に雨が降ったとき迎え火はどうする? さて、お盆の日に迎え火をたくといいましても 運悪く雨が降る場合もあります。 そんな時、迎え火をたく為には 一体どうすればいいでしょうか? その答えについては 盆提灯に火を灯して家の出入り口前や 仏壇のすぐ近くに飾る という方法で 迎え火の代用をすることができます。 近年はマンションやアパート住まいが多くなり 迎え火を家の出入り口でたく という家はとても少なくなりました。 なので、お盆に迎え火の代わりとして 盆提灯を飾る家が増えてきました。 時代と共に風習も変化はしますが これも時代なのかなぁと思ったりします。 迎え火はお盆のいつ行うまとめ 迎え火・送り火はお盆のいつ行うかは 迎え火:8月13日の夕方 送り火:8月16日の夕方 となります。 この日のことを忘れずに しっかりとご先祖様の魂を迎えてあげましょう。 ちゃんと迎え火をたいてあげることで ご先祖様が迷わずに帰ってくることができます。 スポンサードリンク.

次の

お盆の迎え火と送り火はいつ?7月と8月それぞれの日にちと時間、やり方を紹介!

お盆 の 送り火 は いつ

しかし、実際のところはどうなのか?と思い、実家の母に聞いてみました。 私の実家は東京ですが、お盆は8月です。 そうかと思えば、神奈川県の母の実家では7月にやっているとか。 その理由を聞いてみると・・・。 母の実家は、祖父母と叔父家族が同居していて、叔父たちは8月のお盆に、毎年お嫁さんの実家に帰省します。 それで、祖父が亡くなった時に、お盆はいつにしようかという話になり、家族がそろっていた方がよいので、7月のお盆にしたとのことです。 その数年後、私の実家の祖父が亡くなった時、母は、 「私の実家が7月だから、うちは8月がいい。 その方が実家のお盆も行けるし。 」 との理由で8月のお盆にしたそうです。 どちらの家も昔からの決まりが特に無かったので、家族が集まりやすい方を選んでいたということです。 多くの人が集まって、ご先祖様を敬うという意味では、お盆の日を「家族で話し合って決める」という選択肢もありですね。 お盆の送り火のやり方 それでは、送り火の手順です。 用意した「おがら」をほうろくの上に重ねます。 家の玄関先や、門のところで、ライターで、新聞紙などに火をつけ、おがらを燃やします。 おがらは、無理にたくさん燃やそうとするよりも、少なめの方が扱いやすいと思います。 あまり炎が大きくなると危険なので、加減を見て調節してくださいね。 おがらを燃やしながら、その煙にのって、亡くなった方が無事にあの世に帰れるように、お祈りします。 マンションなどの集合住宅にお住まいで、玄関先でおがらを燃やすことができない場合は「盆提灯」でお見送りしましょう。 玄関先で提灯をつけたら、送り火と同じように、亡くなった方があの世に帰れるよう、祈りを捧げます。 終わったら提灯を消しましょう。 提灯は、安全のため電池式のロウソクを利用しても良いでしょう。 新盆 亡くなって初めてのお盆 の時は、絵が入っている絵柄の入った盆提灯の他に、新盆用の白い提灯も用意して行ってください。 最近では、外で送り火をしている家は、あまり見かけなくなりました。 スポンサードリンク まず、家の前で何か燃やすこと自体、ちょっとご近所に気を使いますよね。 このような年中行事は、ある程度時代とともに変化して行くものですし、できる範囲で構わないので、心をこめてやることが、亡くなった方への一番の供いえるでしょう。 お盆の送り火、後片付けのやり方 16日の夜、送り火が終わった時、または、17日の朝片付けても大丈夫です。 おがらは、燃やすゴミとして捨てます。 キュウリとナスで作った、馬と牛が飾ってあれば、それも、燃やすゴミとして捨てても大丈夫です。 (送り火と一緒に燃やすやり方もあります) 白い盆提灯も、新盆の時しか使いませんので処分します。 そのまま捨てるのが気になるようでしたら、紙に包んでから捨てるか、もしくは、お寺でお焚き上げしてもらうのも良いでしょう。 お盆の送り火の思い出 私が初めて送り火をしたのは、実家にいたころ同居の祖父が亡くなった時でした。 20年ぐらい前ですし、祖母もいたのですが、高齢だったので、母が色々と準備をしていました。 今のようにインターネットで情報収集できませんでしたから、本を読んで調べていました。 そのときは、おがらを燃やす意味もよくわからず手伝っていましたが、キュウリの馬とナスの牛については、 「来る時は、あの世から、馬に乗って早く来ていただくように。 帰る時は牛に乗って、ゆっくりお帰りいただくようにするんだよ。 」 と聞き、おもしろいなと思ったことを覚えています。 お盆が終った17日の朝になると、門の前に、おがらを燃やした後や、キュウリとナスが置かれたままになっている家が、近所にたくさんありました。 その光景を見ると、「お盆が終わって、もう夏も終わりなんだな」と、少しさびしいような気持ちになりました。 私は、本物のキュウリやナスでできた馬や牛が、かわいらしくて好きだったのですが、最近では母もめんどうになったのか、ワラで作られた牛馬をスーパーで買っていると聞き、別の意味でちょっとさびしかったです・・・。 親族と相談して決めても可。 ・送り火をする時間は17〜19時。 ・おがらを、ほうろくに乗せて燃やす。 ・亡くなった方が、あの世帰れるようにお祈りする ・送り火が燃やせない時は、盆提灯でお見送りする ・送り火の後、燃やせるものは可燃ゴミとして捨てるか、お焚き上げしてもらう。 いかがでしたか? 自宅で送り火をされる際に、参考にしていただければと思います。 お盆関連の記事はこちらです。

次の

お盆の時期はいつ?新盆(7月盆)と旧盆(8月盆)の地域と違い

お盆 の 送り火 は いつ

お盆の送り火はいつやる? お盆の送り火とは、一般的には8月15日もしくは8月16日の夕方に行われることが多いようです。 この「送り火」は、お盆の時期に一緒に過ごしたご先祖様の霊を送り出すという行事です。 ご先祖様をお迎えするのが「迎え火」で、「迎え火」は8月13日に行われることが多いです。 「送り火」と「迎え火」はひとセットと考えてもらうと良いと思います。 時間帯にしても日程にしても、各家庭で調整しても特に問題はありません。 完全に暗くなってしまわないうちに行うのがベストだと思います。 要は、ご先祖様を大切に思う気持ち、感謝の心を持って送り出し、また来年もお待ちしていますよ、という心が大切なのです。 お盆の送り火の方法とは? 送り火の方法は、迎え火と基本同じです。 目印となるように同じ場所で行います。 玄関先や門・庭先で火を焚き、ご先祖様の霊をあちらの世界へ送り出します。 この時焚く火は、「おがら」を燃やします。 「おがら」とは皮をはがした麻のことで、お花屋さんやホームセンターで購入できます。 麻は清浄な植物とされ、燃やすことで悪いものを清めてくれる効果があるということから、迎え火・送り火に使用されているのだそうです。 「焙烙・ほうろく」という素焼きの平皿におがらを乗せて燃やします。 焙烙は仏具店で購入できますが、ない場合は耐熱性の平皿で代用しても問題ありません。 感謝の気持ちを込めて黙祷し、送り出しましょう。 (火が完全に消えてしまうまで、火の元を離れないようにして下さい) また、この時 きゅうりや なすで作った精霊馬も一緒に燃やします。 ご先祖様は、この火の煙に乗って帰っていくと言われています。 送り火には先程も冒頭で少し触れましたが、全国的に有名なものがあります。 山の送り火ですと、京都五山の「大文字焼き」があります。 夏の夜空を彩る「大」の文字のインパクトはすごいものがありますよね。 海の送り火では、長崎県や熊本県の「灯篭流し・精霊流し」がありますね。 火を灯した灯篭をお盆のお供え物と一緒に海や川に流すお盆の送り火行事です。 どちらもとても幻想的で、これを見ると毎年「お盆が終わるなぁ」と感じますね。 スポンサーリンク まとめ お盆=連休というイメージですが、ただ休みになるだけではないのですね。 お盆は、ご先祖様をお迎えし感謝・供養をして、また送り出すという大切な年中行事です。 「送り火」は、日程も時間帯も、家での都合に合わせてもらって問題はありません。 完全に暗くなってしまわないうちに行うのがおすすめです。 最近では、「おがら」を燃やすことの代用として、コンセント式や電池式のちょうちんが市販されています。

次の