自衛隊 新 小銃。 陸上自衛隊の新小銃(HOWA 5.56)・新拳銃(H&K SFP9)が決定!

陸自

自衛隊 新 小銃

SIG P320(M17)という話もありましたが。 VP9に決定しましたね。 元々自衛隊では、• BERETTA APX• GLOCK17• でもSFP9って!? 最初「スプリングフィールド・アーモリー」の銃かと思いました。 イメージしたのはCZコピー。 どうやらヨーロッパではVP9はSFP9という名称で売られているみたいです。 ここで考えたのが 「VP9って名称が宜しく無かったのか」という事です。 防衛省でもSFP9って名称が使われていますし、今後はSFP9>VP9となっていくのかもしれませんね。 問題もある模様。 米軍の次期制式拳銃に決定したSIG P320(M17)も「特定の角度で落とすと暴発する」という話がありましたね。 このSFP9はベルリン警察に採用されているのですが「サイトの調節とマガジンの保持に欠陥がある」と指摘された様です。 まあ頑張って直すと思いますし、採用覆すという事は無いと思いますが。 最初は買って、段々とライセンス生産に切り替えていくのでは無いでしょうか。 ここでのライセンス生産には重要な意味がありますね。 日本にポリマー拳銃の製造ノウハウが手に入る。 将来国産の新型ポリマー拳銃開発が可能になるという事です。 UMAREX(VFC)大喜び、東京マルイやKSCはどうする? トイガンでは海外メーカーのUMAREX(VFC)がSFP9(VP9)を正式ライセンスの元販売しています。 自衛隊の制式拳銃と聞いて国内メーカーの東京マルイやKSCはどう動くでしょうか。 というか動け。 あとは現用のSIG P220を作っているタナカワークス。 最近リニューアルしたばかりなのに制式拳銃が変わってしまう。 こりゃ急いでSFP9作らなきゃって感じです。 後は「自衛隊の制式拳銃がP320」と聞いてP320の刻印に自衛隊ロゴ付けて売っていた業者。 25日過ぎのクリスマスケーキの如く投げ売りするんでしょうか。 小銃は…分からん! だってHOWA5. 56ってイラストみたいので発表されただけ。 テストは、• HOWA 5. FN SCAR-L この3丁で行われていたみたいですが、出来レース感が半端ない。 既に採用実績のあるHK416やSCAR-Lを押しのけて、名前も仮っぽい現物もそんなに無いであろう銃が採用されるとか。 射程400mのプラズマライフル。 とかでも無い限り普通ありえない。 まあ国産小銃を採用したいのは気持ち以外にノウハウ維持という意味もあるでしょうね。 一度外国の銃を採用してしまうと 「国産小銃開発のノウハウ」が失われてしまいますから。 とりあえず現物見せてくれ、そして東京マルイは頑張ってトイガン化して!という事でしょうか。

次の

陸上自衛隊 新小銃『20式5.56mm小銃』報道公開!

自衛隊 新 小銃

M4にしろっていうのはただ単に「M4恰好良いし、米軍使ってるし、アメリカではM4の民間型が10万円くらいで売っているし、安くなるでしょ」って安直な理由な気がします。 実際の所、国産するのと、輸入するのでそこまで値段が変わるかというと意外と変わらなかったりします。 またSCARやHK416などを輸入したら国産の価格超えるんじゃないですかね? 事実新小銃の価格は30. 輸入の拳銃の方は海外での定価が6. 5万円くらいです。 また今後の継続取得もありますので、ある程度ディスカウントされていると思われますのでメーカー出しで5万円くらいかと思われます。 それでも海上運賃やら保険やら商社口銭を考えると倍近い値段になってしまう訳です。 少量生産ではなく、そこそこ調達していた時期の9㎜拳銃の値段は約10万円でした。 なので実際問題、輸入しても国産しても値段ってそんなに変わらないんですよ。 実際、M4を輸入した所で金額的には20万円以上にはなってしまうでしょう。 またM4は発展性に限界がきていますので、今から採用する候補としては自衛隊が選定対象にしていたSCARやHK416の方が確実に無難です。 それらを輸入するとなると間違いなく40万円超えにはなると思われます。 なので性能が同等であれば国産小銃を採用っているのは間違っていないと思います。 また拳銃とは異なり、小銃は歩兵の基本装備です。 輸入先のメーカーが廃盤にしたので同じ機種が輸入できなくなりましたでは困る訳です。 (他にもベルギーやドイツと30年先も仲が良いかも分からないし) そうなると基幹装備品は国産した方が良いとなります。 確かに89式の発展型でも良かったのかもしれません。 M4カービンの基本構造はM16シリーズの呪縛から抜け切れず、正直構造は良くないのが本音です。 表面上、レールが付いていてアクセサリーを多様に付ける機能などのメリットは、89小銃でも努力次第でどうにてもなります。 しかし、89式小銃に比べると握把 グリップ の位置が前後の重量の中心付近にあり そのため片手で操作しやすい、反動を処理しやすい、薬室に弾が入っていることを切替 セレクター に親指をかけておけば常に確認することが出来るほか、その親指を真下に下ろせば瞬時に安全状態から射撃可能状態へ切り替えることが出来るなど、89小続では逆立ちしても変更することが出来ない部分があります。 これら機能は、隊員が昼夜を問わず数日間にわたって戦闘状況の中で不具合を感じる部分でもあり、特に真っ暗間での安全確認、市街地戦闘での片手による銃の操作性などは切実で、構造上の不具合を無視してでも心が揺れるものもあるでしょう。 しかし、M16シリーズは、そもそもベトナム戦争時にカラシニコフ小銃の優秀さ故に小口径、軽量、高性能な空軍が使用しているM16を急透採用したことが始まりであったため、それ以前のM14のような生粋の軍用ライフルとは構造上の違いは否めず、何しろ故障が多く、経年変化に弱い銃です。 自衛隊の小銃は、色々批判もされていますが、これが案外タフな構造で、故障が極めて少ないと言えます。 特に89式のビストン回りの構造は何度見ても惚れ惚れするような設計で、これほどクールな構造は極めて稀と言えるでしょう。 米特殊部隊が採用を検討していた銃のピストン部がこれに酷似していて、明らかに米軍も89式の構造を意識しているように感じます。 20年以上前に、某国のジャングル地帯で、ベトナム時代の初期型M16のアッパーレシーバーが暴発した時、友人が目から膿を出していたのが衝撃的でした。 これは、ブローバックさせる構造が湿地や砂漠の環境に全く合わないことが原因です。 細いチューブ状のバイプを薬室上部まで延々と伸ばして、そこにガスを吹き付ける構造ですから無理も無く、こんな細いバイプに水や泥が詰まったら排除するのは相当困難です。 そのため故障した場合、作動不良は決定的となり、暴発に至るのです。 64式や89式ではこのような事故は起ごり得ず、表面上の使いやすさや軽さなどは正直ユーザーからすれば2番目以降の優先度です。 フラッシュライトの中でもシュアファイアーシリーズが高額でも人気があるのは、この故障というものに対して、とんでもなくストイックな姿勢故です。 結局道具とは、使う時に使えないことほど無意味なことはなく、このシュアファイアも絶対故障しない、電池は劣化しにくい、破損しても永久保障されているなど、とにかくユーザーが使うときに確実に使える道具なのです。 よく小銃、ライフルを彼女や奥さんに例える場合がありますが、これもある意味的確な表現で、どんなに外見がよく、美人であっても、肝心なときに傍にいない、性格が悪くすぐキレるような人より、多少外見は地味でも、精神的にタフで体が丈夫で、必要なときにいつも傍にいる女性のほうが奥さんに向いているのと同じです 好みの問題もありますが - ですので、M4カービンは短時間の作戦に使用するには使いやすいですが、過酷な状況下で何日、何ヶ月と付き合うならタフな89式やカラシニコフシリーズの方が良いということになります。 また、米軍はメンテナンスに関しても銃社会なだけあって、とても丁寧で充実したもので、性能向上のためなら自費でもオイルや道具を良いものにしてしまう人も多く、構造上の不具合を補って余りあるレベルなのです。 ですので、米軍が使ってるから単純に良いという比較はやや危険かもしれません。 また、現行の89式小銃も、セレクターの不具合などの決定的なものを除けぼ十分任務に耐え得るものですので、現場はそれほど強く新小銃を要望しているようには感じられません。 逆に、用途に応じて64式と89式を選択できるように出来たらいいのにとは思います。 豊和工業製なので、新型も高性能が予想されますが、恐らく89式の時よりも換装速度が遅いのではと予想されます。 それだけ自衛隊の小火器環境は充実しているということです。 むしろ、M4とAKしか自動小銃を知らないのだと思います。 M4の本質的な実情すら知らないのでは? M4が優れた銃かというと、確かに優れています。 ・レイルシステムをいち早く取り入れ、 ・銃身長を威力、命中精度を落とさず小型化、 ・銃自体も軽量で、扱いやすい。 この点、大きいものが好きなアメリカ人の思想とは全くの逆で、当時画期的だったと思います。 ただし、M4はM16の改良Verであって、M16の余計な機能を引きずってます。 M4よりも性能面、信頼性において優れた銃は、いくらでもあって 89式のロングストロークピストンは信頼性も高いし、 HK416も、ショートストロークピストンに変えて圧倒的な信頼性を獲得。 アメリカ軍は、何度もM16からの脱却を挑戦していますが、 結局性能はほとんど変わらず、費用対効果が見出せず、毎回ドロップしています。 次は、弾薬自体の変更を名目として新小銃の検討を行なっています。 今後新小銃を検討するにあたって、 各国ともに、設計思想が古いM16、M4系の小銃は一切候補に上がらないでしょう。 AR15は過渡期の小銃であり、AR18が実は本命 世界の小銃はこれをベースに銃の開発を進めてきました。 M4はバトルプルーフがされているので 信頼性が高いからでしょう 常に改良がされていて イギリス軍もSASはL85ではなく M4を使っていたくらいです。 ただ、フランスのようにEUに加盟していたり ノルウェーのような準加盟国なら 制式小銃を輸入するということもありですが 米軍との関連が深いとはいえ、距離的に遠い国としては 制式小銃を輸入に頼るのは危険なことで 採用したとして、国産化ということになるのですが そうなるとアルミダイカストの工場がいりますので 結構大変です しかも米軍は5. 56から6. 5mmに小銃弾を更新することを考えていて 今後M4の開発は停止しないまでも、遅くなることは明白です HK416に至ってはHKはもはや開発を停止して ドイツ軍制式のHK433に全力を挙げていますので HK416を2020年代で新規に作用するなどということはありえません.

次の

第八回【陸上自衛隊新小銃の在り方②】

自衛隊 新 小銃

オリジナルです。 同じ弾丸を使って、同じような要求仕様に従って設計すれば機能的に洗練されて似たような形状、外観になるのは仕方がないことです。 違いが出るのは機関部の加工や焼入れの工夫による熱対策です。 かといってこれもバリバリ撃っていれば金属と金属が擦れ合いますから摩擦熱は生じますので限度はあります。 自衛隊ではより厳しい毎分20発を要求しており、それに耐えうる性能を持つ銃がこれまでも納入されております。 M14と同時期に出現した64式小銃は立派に冷戦を戦い抜き、部品の脱落など欠点はあったものの、世界の水準にあったと思います。 周辺にまで配慮が及ばず、擲弾発射器が同時代の他国のものに比べて見劣りしたり、弾倉バネの弱さが指摘されましたが、銃本体は十分合格点を与えられます。 89式は世界の趨勢が5. 56に移行してから先行他国銃を研究する時間を与えられ、出現時期が遅れた分、部品脱落など稚拙なミスで汚名を受けることはなくなりました。 部品点数も少なく、男のギャジェットとしての所有欲というか物欲を満足させる仕上がりでありました。 しかし国産兵器につきものの価格高騰により部隊装備が遅々として進まず、小泉政権時代のイラク派遣では9000人編成の甲師団の普通科連隊は89式への更新が終わっていたが、7000人編成の乙師団は64式を使っており、いったん89式への更新を終えたイラクに派遣されない甲師団の普通科連隊から89式をかき集めて64式へ逆戻り、その浮いた89式を乙師団の派遣部隊へ管理替えして持たせるという非常に労力の掛かる作業をした。 アンビデクストラス切換金もサマワに着いてから現地で取り付ける慌てぶりであった。 しかし隊員の小豆な手入れによる努力にもよるが、砂塵による作動不良などは起こさず、無事任務を全うした。 30年掛けてようやく更新の完了した89式をさらに新型へ更新、これは陸上内での特殊作戦群立ち上げや室内戦への隊員の意識の高まりに応え、不景気により質の高い隊員が入隊してきたこともあり、士気高揚観点から各国列強の小銃に劣らない銃を作ろうという強い意志を感じる。 現在の安全保障環境に適した優れた兵器を隊員に持たせて引き留めたいとする考えだ。 現在我が国が近隣諸国と帰属を巡って係争中の離島奪還作戦では、期待に違わぬ性能を発揮してくれることを願って止まない。 若い自衛官にこの歌を贈ろう。 天皇陛下万歳!存分に戦って敵を懲らしめてくれ。 ダブルタップと言わず、一撃で脳天に命中させて仕留めてくれ。 とどめは喉元に銃剣刺突、日本陸軍からの伝統です。

次の