パワーポイント 文字 縁取り。 知らないと損をするPowerPointの文字入力4つの方法

【簡単一技】PowerPointでテレビのテロップみたいな字を作る。

パワーポイント 文字 縁取り

PowerPointですべてのスライドに同じ書式を設定、または変更したい場合は、スライドマスターで変更すれば、すべてのスライドに変更が適用さ... プレースホルダーへの文字入力は、プレゼンテーションに格納されます。 アウトライン表示に切り替えて、表示されるのは[プレースホルダー]に入力した文字だけです。 [表示]タブから[アウトライン]表示に切り替えてみると分かります。 [プレースホルダー]に入力した文字列のみが表示されています。 [ プレースホルダー]は、PowerPointの基本です。 特にタイトルは、[プレースホルダー]を使って入力されることを強くお勧めします。 関連以下は、プレースホルダーに関する記事です。 (箇条書きの設定が一括で出来ます) (簡単に作成できます) テキストボックス テキストボックスは、よく使われていると思います。 プレースホルダーを削除してテキストボックスのみで構成される方も多いです。 [テキストボックス]と[プレースホルダー]は、まったく別のものです。 [挿入]タブの[テキストボックス]から挿入します。 または、[挿入]タブの[図形]から挿入します。 [横書きテキストボックスの描画]と[縦書きのテキストボックス]のどちらかを選択して挿入します。 挿入後、横書きと縦書きの変更は、[図形の書式設定]から変更することができます。 テキストボックスの既定は、[線なし]、[テキストに合わせて図形のサイズを調整する]となっています。 細かい調整は、から行うことができます。 [テキストボックス]と[プレースホルダー]の違い• [ プレースホルダー]へ入力した文字列は、アウトライン表示に表示されますが、[ テキストボックス]の文字列は表示されません。 [ プレースホルダー]では、[テキストをプレースホルダーに自動的に収める]などの機能( 自動調整オプション)がありますが、[ テキストボックス]にはありません。 [プレースホルダー]では、入力する文字数が多くなると、自動的にフォントサイズを小さくしてプレースホルダー内に収まるようにしてくれます。 一方、[テキストボックス]では、文字数が多くなってスライドからはみ出してしまう場合は、自分でフォントサイズを調整しなければなりません。 の記事でも解説しています。 ワードなどで作成した文書を流し込む時にもプレースホルダーの特徴を知っていると便利ですね。 下の画像で[プレースホルダー]の左下に表示されているものが 自動調整オプションです。 このメニューの中から目的に合った操作を行います。 関連自動調整オプションの使い方については、以下の記事で解説しています。 PowerPointでプレースホルダーに文字を入力していて、その文字数が多くなって収まりきらなくなると、プレースホルダーの左下に[自動調整オ... [プレースホルダー]と[テキストボックス]の違いについては、以下の記事でも解説しています。 ワードアート 装飾文字を目的とする場合は、[ ワードアート]を使用すると効率的です。 [挿入]タブの[テキスト]グループにある[ワードアート]をクリックして、ワードアートギャラリーから目的のスタイルを選択して挿入します。 [ここに文字を入力]と書かれた箇所をクリックして、文字を入力します。 スタイルの変更は、ワードアートのスタイルから選択します。 [書式]タブの[ワードアートスタイル]グループにある[クイックスタイル]の[その他]ボタンをクリックすると、スタイルの一覧が表示されます。 目的のスタイルを選択して、変更することができます。 [ワードアートスタイル]グループには、[文字の塗りつぶし]、[文字の輪郭]、[文字の効果]があります。 目的に応じて、文字に効果的な装飾をつけることができます。 [文字の効果]には[変形]があり、変形の形状を選択することができます。 面白い変形が多く用意されています。 参考[変形]の[形状]から[四角]を選択すると、大きな文字を簡単に作成できます。 ワードアートを使って、ドラッグで簡単に文字を大きくする方法です。 通常は、ワードアートの文字列の大きさは、フォントサイズを変更しなければなりま... 図形 図形を挿入して、その図形に文字を入力することが出来ます。 [挿入]タブの[図形]から目的の図形を選択して、ドラッグで描き挿入します。 ここでは、[吹き出し]を挿入します。 図形を選択している状態であれば、キーボードからそのまま入力することができます。 図形の中に カーソルを表示するには、図形内で[ ダブルクリック]するか、右クリックしてショートカットメニューから[ テキストの編集]をクリックします。 (ダブルクリックでカーソルが表示できるのはPowerPoint2016からだと思います。 ) 図形の中に文字を入力することができます。 文字列の配置などは、から編集することができます。 [プレースホルダー]、[テキストボックス]、[ワードアート]、[図形]は、どれも図形です。 ですから、右クリックしてショートカットメニューの[図形の書式設定]を表示して、設定することが可能です。 ここでは、テキストボックスを選択しています。 右クリックしてショートカットメニューから[図形の書式設定]をクリックします。 [図形の書式設定]が表示され、詳細な設定を行うことができます。 ワードアートのスタイル また、ワードアートのスタイルも[テキストボックス]や、[図形]、[プレースホルダー]に適用することができます。 [テキストボックス]と[文字効果]が組み合わされたものです。 ですから、[テキストボックス]を選択しても、[ワードアートのスタイル]グループの[クイックスタイル]からスタイルを選択して適用することができます。 [図形]や[プレースホルダー]にも適用することができます。 図形の変更 もちろん、[プレースホルダー]、[テキストボックス]、[ワードアート]、[図形]は、すべて図形なのですから[図形の変更]もボタンから変更可能です。 ここでは、テキストボックスを選択しています。 [書式]タブの[図形の挿入]グループにある[図形の編集]から[図形の変更]をクリックします。 目的の図形をクリックします。 図形を変更することができます。 参考また、PowerPointでは、 テキストをSmartArtに変換することができます。 以下の記事で解説しています。

次の

パワーポイントで簡単な袋文字(縁取り文字)の作成方法

パワーポイント 文字 縁取り

【プレゼン資料の主な制作実績】• 通信サービスイベント プレゼン資料• Payサービス プレゼン資料• 会計事務所 プレゼン資料• ITイベント プレゼン資料• ケータリング会社 プレゼン資料• システムイベント プレゼン資料• AIサービス プレゼン資料• 支出管理会社 プレゼン資料• CIデザイン プレゼン資料• 設計事務所 プレゼン資料• コンサルタントセミナー プレゼン資料• エステ運営会社 プレゼン資料• 個人起業家 プレゼン資料• 東京日比谷商業施設 コンペプレゼン資料• 東京池袋商業施設 コンペプレゼン資料• 東京日本橋オフィスビル コンペプレゼン資料• 東京渋谷区再開発 コンペプレゼン資料• 東京上野結婚式場 コンペプレゼン資料• データセンター コンペプレゼン資料• 教育施設 コンペプレゼン資料• 市庁舎 コンペプレゼン資料• スタジアム コンペプレゼン資料• 病院施設 コンペプレゼン資料 等.

次の

コンサート用うちわに使える!縁取り文字の作り方|てづくりうちわどっとこむ

パワーポイント 文字 縁取り

しらいし 枠線で文字を包む様子が袋に入っているように見える事から「袋文字」って言うんだね! それでは実際に作り方を見ていきましょう。 袋文字の考え方 作り方の手順を説明する前に、袋文字の構造的な部分を理解しておきましょう。 袋文字は太さの異なるいくつかの文字を重ね合わせることで作られています。 太い文字ほど下の階層に配置し、 細くなるにつれて上の階層に重ねていきます。 それぞれの文字は同じ書体、同じ文字サイズを使用しなければなりません。 異なる書体や異なる文字サイズの文字を重ねても、綺麗に重なり合いませんからね。 それでは作成手順を見ていきましょう。 Step1. 文字を入力 何はともあれ文字を入力します。 Step2. 入力した文字をテキストボックスにする 入力した文字をテキストボックスに変換します。 テキストボックスの枠線を無くす テキストボックスにはあらかじめ枠線が付いているので、不要な枠線を消します。 旧バージョンをご使用の場合は『図形の塗りつぶし』を『塗りつぶしなし』にしましょう。 テキストボックスを複製する 今回の袋文字は3層のテキスボックスで構成されるので、必要分複製します。 テキストボックスの枠線をクリックしてテキストボックスを選択状態にしましょう。 それぞれの文字を見やすく移動しておきましょう。 書式を変える それぞれのテキストボックスの書式を変更しましょう。 一番上のテキストボックスの書式変更 一番上に来るテキストボックスはフォントの色だけ変更します。 白い輪郭が背景の白と同化して見えなくなっているだけで実際には輪郭は存在しています。 一番下のテキストボックスの書式変更 一番下の層の文字も同じように「文字の輪郭」を使って太くし、色も変更します。 続けて[文字の輪郭]を任意の色に変更します。 上手くできない場合はしっかりテキストボックスが選択できているか確認しましょう。 Step6. 重なり順を整える あとは3つのテキストボックスを重ね合わせれば完成なのですが、重なり順が正しくなければ重ねても意図するようにはなりません。 「オフジェクトの選択と表示」を使ってそれぞれのテキストボックスの重なり順を正します。 下にある物ほど下の階層、上にあるものほど上の階層にあります。 テキストボックスを重ね合わせる それぞれのテキストボックスを重ね合わせていきます。 マウスで動かして重ね合わせても良いのですが、ここは「配置」を使って正確に重ねてみましょう。 3つのテキストボックスを一つのオブジェクトとしてグループ化しておけば場所移動も楽ですね。 まとめ 今回は「Wordで」というテーマでしたがWordに限らずExcelやPowerPointでも同じ方法で行うことができます。 多少の画面の差異はありますが基本的にはExcel、Powerpointでもやり方は同じです。 袋文字は輪郭の異なる文字を重ね合わせて作られているだけなので、この考え方さえ理解できればどのようなグラフィックソフトでも袋文字を作ることができるようになるはずです いかがでしたでしょうか。 是非活用してみてください。

次の