ファイナンシャルプランナー二級 テキスト。 fp(ファイナンシャルプランナー)2級に独学2ヶ月で合格した勉強方法

二級ファイナンシャルプランニング技能士 取得

ファイナンシャルプランナー二級 テキスト

2020. 14 2020. 8 2020年1月実技、、、の解説をUPしました。 2020. 12 2019. 22 2019. 12 2019年9月実技、、、の解説をUPしました。 2019. 18 2019. 6 2019. 27 2019年5月実技、、の解説をUPしました。 2019. 6 2019. 11 2019. 3 2019年1月実技、、、、の解説をUPしました。 2019. 9 2018. 5 2018. 23 2018年9月実技、、、の解説をUPしました。 2018. 27 2018. 1 2018. 18 2018年5月実技、、の解説をUPしました。 2018. 2 2018. 13 2018. 23 2018年1月実技、、、の解説をUPしました。 2018. 7 2017. 3 2017. 23 2017年9月実技、、、の解説をUPしました。 2017. 22 2017. 30 2017. 16 2017年5月実技、、の解説をUPしました。 2017. 3 2017. 12 2017. 23 2017年1月実技、、、の解説をUPしました。 2017. 1 2016. 29 2016. 20 2016年9月実技、、の解説をUPしました。 2016. 23 2016. 23 2016. 18 2016年5月実技の解説をUPしました。 2016. 15 2016年5月実技、の解説をUPしました。 2016.

次の

【ファイナンシャルプランナー】3級、2級、1級の合格率

ファイナンシャルプランナー二級 テキスト

この記事はこんな人におすすめ• FP3級を独学で受検しようと考えている人• FP3級の勉強方法や学習時間を知りたい人• 短期間で合格したい人 ファイナンシャルプランナーの勉強をはじめようと思っているあなた、資格取得に対するやる気はどれくらいですか? わたしは そこそこのやる気で3級を勉強して一発合格しました。 そしてその後、 やる気たっぷりで勉強して2級にも一発合格することができました。 受検する理由によって、試験に向けた意気込みはさまざまだと思います。 そこで本記事では、やる気「そこそこ」と「たっぷり」で勉強したわたしの経験をもとに、次の3つのやる気レベルに分けてファイナンシャルプランナー3級の勉強法を解説いたします。 【やる気そこそこ】短期間の勉強でとりあえず合格したい• 【やる気たっぷり】しっかり勉強して確実に合格したい• 【やる気なし】残り時間がまったくない (「やる気なし」は経験していないので、超短期間勉強法を紹介。 ) おすすめテキストや必要な学習時間、勉強方法などの情報です。 参考にどうぞ。 基本的には【やる気そこそこ】で独学一発合格可能です。 やる気度合いがわからない場合は【やる気そこそこ】の勉強法をお試しください。 Amazonの情報を掲載しています 本屋で何冊も見比べて購入しました。 「スッキリわかる FP技能士3級」のキャッチフレーズは 「試験に出る内容だけ」に特化した、テキスト+問題集のコンパクト基本書。 一番の特徴は、 短期合格を目指して頻出項目だけを厳選した内容になっているということ。 テキスト+問題集という構成で赤と黒の2色刷り、付録の赤フィルムで重要キーワードが隠せるようになっています(単語集なんかでよくあるやつです)。 まず各項目ごとに文章や図表による解説があり、項目末尾に5問程度の問題があります。 問題集といえるほど問題の掲載数は多くありませんが解答解説はしっかりしているので内容は濃いです。 試験に出る確率が高いものから選ばれた学習項目は、他のテキストのボリュームからすると2割くらい削られている(厳選されている)印象を受けます。 目次部分を除くと、本文は約360ページと非常にコンパクトにまとめられています。 「初心者レベルの知識から、無理なく無駄なくできるだけ短期間の勉強で効率的に合格したい!」そんな人には、これ一択の参考書。 やる気のあるなしにかかわらず、万人におすすめできるテキストです。 【やる気そこそこ】とりあえず合格したい人のための勉強時間と勉強方法 それでは勉強時間と勉強方法の紹介をさせてもらいます。 まずはやる気レベルが普通の人、そこそこのやる気で「とりあえず合格したいなあ」と考えている人向けの勉強法。 わたしがファイナンシャルプランナー3級を受験した時の状態です。 必要な勉強時間の最低ライン FP3級に合格するために必要な勉強時間ですが、一般的には50~60時間ほど必要と言われています。 ただし、合格するために必要な勉強時間の最低ラインは、前知識のあるなしで異なります。 (わたしは、株取引の経験あり、住宅ローンを組んだことがある・・・と、ちょっと知ってる分野ありでした) 実際にFP3級を勉強してみた感覚から言うと、 なじみのある分野が1~2つある場合: 30~40時間 どの分野もまったく前知識がない場合: 50~60時間 が必要な勉強時間に感じました。 学習期間と勉強時間の目安 それでは、試験日のどれくらい前から勉強をスタートすればよいのでしょうか。 FP3級は暗記型の試験内容ですので、 短期集中型で学習するほうが効率的です。 経験からはじき出した学習期間と勉強時間の目安は下記のとおり。 1ヶ月前から学習を開始して40時間前後の勉強時間 あくまでわたしのようなやる気度そこそこで、とりあえず合格だけが目標の場合の目安ですよ。 【体験談】わたしの学習期間と試験結果 実際のわたしの勉強時間と試験のデキを紹介します。 試験開始の3カ月前、2月末から学習を開始しました。 最初の2カ月はトータルで9時間しか勉強しませんでした。 試験1ヶ月前になって「これはやばい!」とあわてて本格的に勉強を開始。 日付 勉強時間 2月 4時間 3月 3時間 4月 2時間 5月 GW中 6時間 5月 前々日まで 11時間 5月25日(試験前日) 12時間 5月26日(試験当日朝) 1時間 合計時間 39時間 ところが、2月から4月の9時間分の学習内容は、全て記憶から抜け落ちていました(長期にわたってほとんど勉強しなかったため)。 なので、実質的な勉強時間は試験1ヶ月前からの約30時間となります。 1ヶ月で詰め込んだ勉強だった 仕事のある平日は勉強時間が取れず、週末のみの勉強でしたので、かなり慌ただしく勉強しました。 試験前日は12時間も勉強し、まさに短期集中での学習となりました。 試験当日も早めに起きて1時間の勉強、試験会場についてもギリギリまでテキストを読んでいました。 そのような詰め込み式の学習だったので、理解度は低かったです。 試験本番で確実に分かった問題は4割ほどしかありませんでした。 予想以上の正答率で合格できた ところが試験後の解答速報で答え合わせをしたところ、学科は8割、実技は9割と思った以上の正答率でした。 わたし自身の経験を 「やる気度そこそこ、とりあえず合格が目標の人」の勉強時間、試験結果の例としてまとめると、• 1ヶ月の短期集中型で勉強時間は約30時間• 試験では4割しかわからなかったが、8割強の正答率で合格できた ということになります。 FP3級にとりあえず合格したい人のためのおすすめ勉強方法 具体的なFP3級の勉強方法を紹介します。 勉強法はシンプルです。 テキストをくり返し読む。 問題をくり返しやる。 これだけ。 使用するテキストが何であっても、 くり返すという勉強法は不変です。 何回くらいくり返せばいいのかという目安、くり返す際の注意点などを紹介します。 くり返す回数の目安 やる気度そこそこなあなたは、 テキストは最低2回半読みましょう。 半というのは重要頻出項目だけをピックアップして読む回数になります。 まず全体をとおしで1回、次に重要頻出項目だけを1回(これが半)、最後にもう一度とおしで1回。 これで合計2回半です。 頻出項目の基準はテキストによって異なるかと思います。 わたしの使用した『スッキリわかる FP技能士3級』では出題率85%以上が重要頻出項目の目安とされていました。 テキストによっては星の数でのレベル表示やABCなどで頻出度がランク分けされているかもしれません。 テキスト全体の半分程度が重要頻出項目となると想定して頻出度の高いものからピックアップし、2回半くり返すように調整すると良いでしょう。 さらにこの後、分からなかった箇所を重点的に読み直します。 なので、実質的には3回以上くり返して読むことになるかと思います。 繰り返す際の注意点 1回目は流し読みでOKです。 理解しようとじっくり読む必要はありません。 初学者の場合、まずファイナンシャルプランナーとはどいうものかが理解できていません。 もちろん、使われる用語も馴染みのないものが多くあるはずです。 1回目の読みは、ファイナンシャルプランナーの学習内容に慣れるための作業です。 つまりはボキャブラリー(語彙)を増やす作業ともいえます。 ただし、流し読みでも問題は解いてください。 問題の解説に重要なことが書かれているからです。 ほとんどのテキストが、問題の解答解説もあわせて読むことで総合的な知識が身に付くように作られています。 2回目は頻出項目だけをピックアップして読みます。 この時、関連する項目があれば、あわせてその項目も読むようにします。 もちろん問題部分もやります。 3回目、今度はじっくりと理解するように心がけながらとおして読みましょう。 もちろん、問題も解いて解答解説も読みます。 ちなみにわたしが使用した『スッキリわかる FP技能士3級』、1回とおしで読むのにかかる時間は約12~15時間ほどでしたよ。 問題を解くときの注意点 問題を解く時に注意点があります。 それは、 分からなかった問題には印をしておくということです。 不正解した問題ではなく、あくまで分からなかった問題に印をしましょう。 FP3級の問題は2択や3択なので、適当に選んでも正解してしまうことがあります。 分かっていないのに正解してしまった問題は、分からなかった問題になります。 問題を解くのは分かっているか分かっていないかをチェックする作業です。 なので、分からない問題を時間をかけて考える必要はありません。 分からないものはイコール知らないということになります。 すぐに印をつけ、さっさと解答解説を読むのが効率的な勉強法です。 問題を解くというのは、知っているか知らないかを明確にする作業です。 印をつけることによって、知らない項目・理解の足りない項目がわかり、効率的に勉強し直すことができます。 過去問は直近のものからやる 過去問は金財またはFP協会のホームページからダウンロードできます。 過去問は最低でも直近のもの1回分は取り組んでおきましょう。 どのような問題形式なのか、どれくらい時間がかかるのかを知っておくために必須です。 合格ライン(60問中36問正解)に到達できているかも知ることができます。 過去問は法改正によって問題と解答が現状とそぐわなくなっている場合があるので注意。 直近のものをやりましょう。 【やる気たっぷり】確実に合格したい人のための勉強時間と勉強方法 受検する理由によっては「絶対に合格しないといけない」という人もいるかと思います。 やる気十分、確実に合格したい人向けの勉強方法を紹介します。 基本的な勉強法は「やる気そこそこ」とおなじです。 確実に合格するためにはプラスして問題集にも取り組むというのが結論です。 学習期間と勉強時間の目安 やる気たっぷり、しっかり理解して確実に合格を目ざしたいあなたは、どれくらい前から勉強をはじめて、何時間ぐらい勉強すればいいのでしょうか。 ファイナンシャルプランナー3級は暗記型の資格です。 なので長期にわたって勉強するより、短期集中で勉強するほうが効率がいいです。 長くても3ヶ月くらいを目途にスケジュールを立てた方がいいでしょう。 ということで、確実に合格したい人の学習期間と勉強時間の目安です。 2ヶ月前から学習を開始して80時間前後の勉強時間 さらに深く体系的に理解したい場合は3ヶ月前くらいから学習をはじめて、短期集中型の勉強を1カ月、そして次の2ヶ月で過去問や予想問題を繰り返しながら、理解を深めていくのがいいかと思います。 確実に合格したい人は問題集をプラスする しっかり理解して確実に合格したい場合でも、おすすめテキストは 『スッキリわかる FP技能士3級(TAC出版)』です。 Amazonの情報を掲載しています 「「試験に出る内容だけ」に特化した」というコンセプトですが、出題頻度の高くない項目もちゃんと掲載されていますので、確実に合格したい人にも十分使えるテキストです。 文章もわかりやすく、初学者には最適なテキストなのでおすすめです。 (文字も大きめなので読みやすい) 確実に合格したい場合は問題集にも取り組んで、理解を深めることが大切です。 同じイラストが使われていたりして、雰囲気が似ているだけです。 この問題集1冊で実技と学科の両方がカバーされています。 Amazonの情報を掲載しています 実技試験の問題は試験実施団体によって異なります。 「日本FP協会」実施のFP技能士試験を申し込んだ場合は「資産設計提案業務」が実技試験のテーマとなります。 金財の問題集では対応できませんのでご注意ください。 FP3級に確実に合格したい人のためのおすすめ勉強法 確実に合格するための勉強方法は、とりあえず合格するための勉強法と基本は同じです。 テキストをくり返し読む。 問題をくり返しやる。 非常にシンプルですがこれだけです。 確実に合格するためには、次の2点がポイントとなります。 問題と解答解説もしっかり読み込んで最低3回は繰り返して読む• テキストにプラスして問題集にも取り組み理解を深める テキストだけではなく、さらに問題集にも取り組むことが重要です。 問題集は先に説明した「問題を解くときの注意点」を心がけながら、最低は1回ひととおりやり終えましょう。 時間に余裕があればもう1周してみてください。 それで合格は確実です。 【やる気なし】残り時間がない人のための勉強時間と勉強方法 頻出項目だけやる勉強法がおすすめ この記事を読んでいる時点で、試験1週間前だとか数日前の場合でも合格できる可能性はあります。 やる気ゼロ、そんな綱渡りなギリギリ人間のあなたのための勉強法です。 おすすめテキストの頻出項目だけを勉強してください。 『スッキリわかる FP技能士3級』の巻末には袋とじがあります。 そこに直前勉強法が記載されています。 最頻出項目を重点的にやる!とにかくそれしかありません。 FP3級は短期集中の勉強でも合格可能 FP3級は暗記型の資格なので、1ヶ月程度の短期集中でも合格可能です。 長期間の学習より、むしろ短期集中型の勉強の方が効率的で合格しやすいかもしれません。 かといって、試験数日前からの勉強はおすすめしませんが・・・ 注意!FP3級の勉強にまとめノートの必要性はない FP3級の勉強にまとめノートは必要ありません。 学習内容をノートにまとめる行為は、はっきり言って時間の無駄。 暗記のためにまとめノートを作成するのなら、テキストへの書き込みやマーカー、付箋のほうが時間がかからず効率的です。 ファイナンシャルプランニングの知識を極めたいという理由でノートを作りたいのならば、資格に合格してからゆっくり勉強するのがいいでしょう。 例えば、次のような想定資料としてのノート作りが面白くて理解を深めることができそうですね。 誰かにファイナンシャルプランニングをしてあげると想定したノート作り• 他の人にファイナンシャルプランナーの学習範囲を教えると想定したノート作り FP3級独学一発勉強法のまとめ FP3級の勉強時間と勉強方法をやる気レベル別にまとめます。 やる気そこそこ、とりあえず合格したいなら短期集中型で40時間、テキスト2周半が最低目標• やる気たっぷり、しっかり理解して確実に合格するなら80時間の勉強時間、テキスト3周プラス問題集• やる気なし、残り時間もないなら頻出項目のみ最低10時間 あくまで目安の勉強時間ですので、あなたの理解度とやる気に応じて増やしたり減らしたりしてくださいね。 ひとつだけ注意してほしいのは、FP3級は決して簡単な学習内容ではないということです。 学習する範囲はかなり広く、同じような数値が多く出てきて混乱します。 覚えるのに苦労します。 試験では、知識のあるなしを問われる問題ばかりが出題されます。 知らないと解けません。 なので勉強しないと合格は難しくなります。 ただし、出題形式が2択および3択なので、うろ覚えの知識であっても思った以上に正答率は高くなるので、運が良ければ合格できます。 ファイナンシャルプランナー3級は独学でも合格可能な資格 、勉強した努力が確実に報われる資格です。 実際に勉強してみると、今まで知らなかった社会保障や税の知識を学ぶことが出来るとても有意義な資格であることが分かりました。 ファイナンシャルプランナー3級を勉強することによって得られる知識は、必ずあなたの人生に役立つでしょう。 この記事があなたの資格取得に少しでも役立てば嬉しいです。 長々と読んでいただきありがとうございました。

次の

【FP2級】独学合格におすすめのテキストと過去問

ファイナンシャルプランナー二級 テキスト

ファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーとは、どのような職業なのでしょうか。 お金のスペシャリスト ファイナンシャルプランナーは、お金のスペシャリストです。 以下のような、お金に関する知識を豊富に持っています。 家計の管理・見直し• 住宅購入や住宅ローン• 保険の加入・見直し• 子どもの教育費用• 老後資金• 資産運用 ファイナンシャルプランナーの上位資格を取得すると、このような知識を活かして、顧客のお金に関する疑問や悩みを解決するための、アドバイスをおこなえるようになります。 また、顧客の現在の収支の状況や、今後の希望をヒアリングし、それに合ったライフプラン(人生設計)を立てたり、ライフプランの実現に向けた、資金計画を練ったりすることもできます。 キャリアにも生活にもプラス ファイナンシャルプランナーの資格は、キャリアにも普段の生活にもプラスになります。 銀行や証券会社、保険会社、不動産会社などの業界では、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、就職・転職が有利になる場合があります。 また、ファイナンシャルプランナーが持ち合わせている、家計の管理や節約、保険や税金などの知識は、日常生活においても大いに役に立ちます。 家計の状況を把握して、貯蓄が増えるようにやりくりしたり、税金や医療費控除などの公的な制度を利用したりと、さまざまな場面で、ファイナンシャルプランナーの知識が活かせるでしょう。 試験の概要 ファイナンシャルプランナーの試験の概要を解説します。 国家資格と民間資格の2種類 ファイナンシャルプランナーの資格は2種類あります。 ひとつは、厚生労働省が認定する国家資格の『FP技能士』です。 FP技能士は、1級・2級・3級に分かれており、1級が最高難易度の資格となります。 もうひとつは、日本FP協会が認定する民間資格の『CFP資格』と『AFP資格』です。 CFP資格が最高難易度の資格となっており、FP技能士1級と同水準の資格とされています。 FP技能士の資格には、更新や有効期限がないため、1度合格してしまえば生涯有効です。 一方、CFP資格とAFP資格には有効期限があり、2年ごとの更新と、所定の継続教育を受ける義務があります。 学科試験と実技試験 FP技能士の試験には、学科試験と実技試験があります。 CFP資格の場合は、学科試験合格後に、の受講が必要です。 AFP資格は、FP技能士2級の試験に合格することと、を受講することによって取得できます。 学科試験の出題範囲 FP技能士 ライフプランニングと資金計画 タックスプランニング 不動産 リスク管理 金融資産運用 相続・事業承継 CFP資格 ライフプランニング・リタイアメントプランニング タックスプランニング 不動産運用設計 リスクと保険 金融資産運用設計 相続・事業承継設計 実技試験は、以下の科目から選択します。 (1級・2級・3級で選択できる科目が異なります) 実技試験で選択できる業務 資産相談業務(1級) 生保顧客資産相談業務(2級) 中小事業主資産相談業務(2級) 損保顧客資産相談業務(2級) 保険顧客資産相談業務(3級) 個人資産相談業務(2級・3級) 資産設計提案業務(1級・2級・3級) 別々の受験も可能 ファイナンシャルプランナーの試験は、FP技能士1~3級が年に3回、CFP資格は年に2回実施されています。 FP技能士は、学科試験と実技試験を別々の日に受験できます。 また、CFP資格は、科目ごとに試験日を分けて受験することも可能です。 FP技能士の試験で、学科試験と実技試験のどちらか一方のみ合格した場合は、一部合格証が発行されます。 その一部合格証の番号を書類に記入し、免除申請をおこなうことで、もう一方に合格した際に合格証書が発行されます。 ただし、有効期限を過ぎると一部合格証は失効となるため、必ず有効期限内に手続きを済ませておきましょう。 ファイナンシャルプランナー3級の難易度 FP技能士3級は、ファイナンシャルプランナーの基礎となるレベルであるため、難易度はそれほど高くはありません。 3級は日常の生活に密着した内容を FP技能士3級では、日常の生活に密着した内容が出題されます。 ライフプランの考え方や、税金や保険の仕組みについて、そのほか、資産運用や不動産など、普段の生活にも役立つ知識が問われます。 合格率は70%前後 FP技能士3級の合格率は70%前後で、国家資格の中では合格率の高い試験です。 3級の試験内容は、日常でもよく目にしたり、話題にしたりする知識がほとんどなので、真面目に勉強すれば、独学で合格することも難しくないでしょう。 ファイナンシャルプランナー2級の難易度 FP技能士2級は、3級に比べると複雑で難しい内容になるうえ、受験資格が必要となります。 2級の受験には受験資格が必要 FP技能士2級を受験するには、受験資格が必要です。 以下のいずれかの項目に該当している必要があります。 FP技能士3級に合格している• 厚生労働省認定の、金融渉外技能審査3級に合格している• 日本FP協会認定の、AFP認定研修を修了している• ファイナンシャルプランナーとしてのが2年以上ある 3級よりも大幅に難易度アップ FP技能士2級は、3級よりも大幅に難易度がアップします。 ライフプランや資金計画の作成、最適な住宅ローンの選び方など、よりファイナンシャルプランナーの実務に近い内容が出題されます。 実技試験は5種類から選択する必要があるため、自分が得意な科目の見極めが重要です。 選択する科目によって、試験実施団体が異なるので注意しましょう。 日本FP協会 金融財政事情研究会 資産設計提案業務 生保顧客資産相談業務 中小事業主資産相談業務 損保顧客資産相談業務 個人資産相談業務 合格率は20~40%程度 FP技能士2級の合格率は20~40%程度と、3級と比べてかなり下がります。 FP技能士3級の合格者や、ファイナンシャルプランナーの実務経験が2年以上ある人が受験して、この結果になるのです。 独学で合格できないわけではありませんが、3級よりも長時間勉強し、複雑な内容を理解する努力が必要となります。 ファイナンシャルプランナー1級の難易度 FP技能士の中で最高難易度であるFP技能士1級は、ただFP技能士2級に合格しているだけでは受験できません。 また、合格率もさらに下がります。 1級の受験は実務経験必須 FP技能士1級を受験するには、ファイナンシャルプランナーの実務経験が必須となります。 ファイナンシャルプランナーの実務経験が5年以上ある• FP技能士2級合格者で、ファイナンシャルプランナーの実務経験が1年以上ある• 修了者で、ファイナンシャルプランナーの実務経験が1年以上ある 上記のいずれかに該当することが条件となるため、FP技能士1級の受験を希望する場合は、まず実務経験を積まなくてはなりません。 また、CFP資格認定者にも、FP技能士1級の受験資格があります。 しかし、CFP資格の認定を受けるためには、ファイナンシャルプランナーの実務経験が3年以上必要となるので、どちらにせよ、ファイナンシャルプランナーの実務経験を積む必要があります。 難関資格で一発合格者は少ない FP技能士1級は難関資格で、一発合格者は少ないのが現状です。 出題内容はより一層複雑になり、実技試験も実務での顧客対応を想定した内容となります。 FP技能士1級の学科試験は、金融財政事情研究会のみが実施しているため、申込の際は注意しましょう。 合格率は10%前後 FP技能士1級の合格率は10%前後です。 ファイナンシャルプランナーの実務経験があるうえで受験してもこの数字になるので、かなり難しい試験であるといえるでしょう。 ファイナンシャルプランナーの実務経験を積むことと合わせて、相当量の勉強をする必要があります。 資格ランキングでも高め 金融業や不動産業など、幅広い分野で有利に働くFP技能士1級の資格は、人気の資格ランキングでも上位に位置しています。 合格までの勉強時間はどれくらい? FP技能士に合格するまでの勉強時間の目安は、以下のようになっています。 3級は80~150時間程度 難易度が低めのFP技能士3級の勉強時間は、80~150時間程度が目安です。 毎日2~3時間勉強すれば、1~3カ月程度で試験対策ができます。 もともとファイナンシャルプランナーの知識を持っている人であれば、より短い期間で済むでしょう。 FP技能士3級は、出題範囲やパターンがある程度決まっており、学科試験は2~3択の選択問題のみとなるため、きっちりと内容を覚えておけば、スムーズに合格できるでしょう。 2級は150~300時間程度 試験内容がやや複雑になるFP技能士2級は、150~300時間程度の勉強が必要になってきます。 毎日2~3時間を勉強に充てるとしても、およそ3~5カ月の期間を要します。 学科試験は4択問題のみですが、選択肢がそれぞれ文章になっており、その中から適切な内容が記載されているものを選ばなくてはならないため、時間がかかります。 また、実技試験は5つの科目から選ぶため、自分の得意科目を見つけておくことも大切になってきます。 FP技能士3級で学ぶ基礎知識も重要なので、3級の内容を忘れる前に、FP技能士2級を受けるのがおすすめです。 1級は400~500時間程度 FP技能士1級は、FP技能士の中で最も難易度が高く、試験内容も複雑化するため、400~500時間程度は勉強する必要があります。 1日2~3時間の勉強では半年以上の期間がかかるうえ、一発合格者も少ない資格なので、休みの日は勉強時間を増やすなどの対策を取ったほうがよいでしょう。 そもそもFP技能士1級を受験するには、ファイナンシャルプランナーの実務経験が必須なので、実務経験を積みながら、コツコツと時間をかけて勉強するのもおすすめです、 これまでの知識と経験で大きな差 FP技能士1級の試験は、顧客対応を意識した実践的な内容となっているため、これまでの知識と経験によって、合格率に大きな差が生まれます。 勉強に充てている時間以外でも、日頃から積極的に知識を取り入れるようにしておきましょう。 独学におすすめのテキスト FP技能士試験に、独学での合格を目指している人におすすめのテキストを紹介します。 3級・2級におすすめ FP技能士2級・3級の勉強をするときには、以下のテキストが役立つでしょう。 最短合格 FP技能士 『最短合格FP技能士』は、FP技能士の試験を実施している団体のひとつである、金融財政事情研究会が監修しているテキストです。 学科試験と実技試験に同時に合格できるよう、試験問題の傾向を分析し、効率よく学べるようにまとめられています。 また、このテキストの内容に対応した、マルチデバイス対応アプリがついているため、パソコンやスマートフォンがあれば、いつどこでも問題演習に取り組めます。 みんなが欲しかった FPの教科書 オールカラーで見やすい『みんなが欲しかった FPの教科書』は、わかりやすい解説と、イラストや図解を用いた内容で、初心者でも理解しやすくまとめられています。 解説のあとに、すぐに練習問題に取り組めるようになっており、知識が身につきやすいように構成されています。 スマートフォンでの学習に対応していたり、重要な部分は板書でまとめてわかりやすく記載してあったりと、大変便利なテキストです。 1級におすすめ FP技能士1級の合格を目指すときには、以下のテキストがおすすめです。 合格ターゲット FP技能士特訓テキスト 『合格ターゲットFP技能士特訓テキスト』は、で使用されているテキストを、市販化したテキストです。 学科試験の基礎編・応用編ともに対応しており、効率よく勉強できるように構成されています。 法令が改正された箇所には、『改正アイコン』がついており、改正箇所を見逃さないようにしてあるため、せっかく勉強した知識が無駄になったということを防げます。 また、各分野に分かれた、も利用すれば、苦手分野の克服に役立ちます。 FP技能士 精選問題解説集 『FP技能士精選問題解説集』は、上記の合格ターゲットFP技能士特訓テキストに対応した問題集です。 金融財政事情研究会が監修した問題集で、FP技能士1級の過去問題の中でも、とくに重要なもが掲載されているほか、前年に実施されたFP技能士1級の試験問題と解答が掲載されています。 問題演習を徹底しておこなうことができ、さらに、その問題に対して丁寧に解説してあるため、しっかりとした知識が身につきます。 まとめ ファイナンシャルプランナーの資格は、日々の生活にもキャリアにも役立つ資格です。 FP技能士3級は、生活に密着した内容が多いため、真面目に勉強すれば、試験に合格するのはさほど難しいことではないでしょう。 しかし、FP技能士1級になると合格率が10%程度で、大幅に難易度が上がることに加え、ファイナンシャルプランナーとしての実務経験が必須となります。 ファイナンシャルプランナーとしての実務経験を積み重ねながら、時間を見つけてコツコツと知識を蓄えていくことが大切です。 パソコンやスマートフォンを使った、ネット学習に対応しているテキストも増えているので、上手く活用しながら、ファイナンシャルプランナーの資格取得を目指しましょう。

次の