ジョン ローン 現在。 『ラスト・エンペラー』よりも孤独な人生を送る、ジョン・ローンの現在(2010/06/14 11:45)|サイゾーウーマン

男同士の異色愛『エム・バタフライ』 ジョン・ローン 女装の耽美

ジョン ローン 現在

日本を訪れたアメリカ人ビジネスマンが謎の忍者集団と対決する異色アクション。 名古屋はじめ彦根城ほか日本各地のロケ撮影とそれを再現したセットのほか、新幹線内の大立ち回り、各所にみられる監督がファンだという邦画時代劇へのオマージュの数々(劇中のTVで流れる「眠狂四郎女妖剣」の一場面や、「座頭市」、「七人の侍」など)などがみもの。 監督は「プリティ・リーグ」「沈黙の戦艦」の脚本を手掛け、本作が監督デビューとなるJ・F・ロートン。 製作はジョン・デイヴィス、ゲイリー・W・ゴールドスタイン、脚本はロートン自身、エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・フェイ、撮影はジャック・コンロイ、音楽はヤマグチ・モトフミのスコアを鼓童が演奏、美術はフィル・ダゴート、編集はロバート・A・フェレッティ、エリック・ストランド、衣装はリタ・リッグスがそれぞれ担当。 出演は「ハイランダー3」のクリストファー・ランバート、「ラストエンペラー」で皇帝夫妻役で共演した「シャドー」のジョン・ローンと「ジャッジ・ドレッド」のジョアン・チェンに加え、日本からは原田芳雄、島田陽子、夏木マリ、岡田真澄らが顔をそろえている。 監督 出演キャスト 1928年にパルプ雑誌『フェーム&フォーチュン』誌に名前のないキャラクターとして登場し、翌年からはラジオ番組が放映開始、以来、演劇やコミックにも取り上げられ熱狂的な支持を得てきたアメリカの伝説的なヒーロー『シャドー』の物語を映画化した、ダーク・ファンタジー調のヒーロー活劇。 独自の映像美学を発揮した監督は「ブロンディー 女銀行強盗」のラッセル・マルケイ。 脚本は「カリートの道」のデイヴィッド・コープ。 製作も同作のマーティン・ブレグマン、ウィリー・ベアー、マイケル・S・ブレグマンの共同。 撮影は「ホッファ」のスティーブン・H・ブラム、音楽は巨匠ジェリー・ゴールドスミス。 美術は「ターミネーター2」のジョゼフ・ネメック3世・世、SFXを「ミクロキッズ」のアリソン・サヴィッチ、特殊メイクを「アルタード・ステーツ 未知への挑戦」のカール・フラートンが担当。 主演は「冷たい月を抱く女」のアレック・ボールドウィン、「M(エム)バタフライ」のジョン・ローン、「カリートの道」のペネロープ・アン・ミラー。 監督 出演キャスト フランスの外交官とその中国人の愛人の数奇な恋を、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』になぞらえて描いた異色のラブ・ストーリー。 ブロードウエイでトニー賞に輝き、世界30カ国以上で上演されたデイヴィッド・へンリー・ホァングの戯曲(実話に基づく)を彼自身が脚色、「裸のランチ」のデイヴィッド・クローネンバーグの監督で映画化。 製作はガブリエラ・マーティネリ、エグゼクティヴ・プロデユーサーは、原作者とフィリップ・サンド・ハウスの共同。 撮影は「戦慄の絆」のピーター・サシツキー、音楽は「ザ・ブルード」以来、監督と7作目のコンビとなるハワード・ショア。 美術は『ファイヤーボール』(V)以後の監督の全作品を担当しているキャロル・スピアー。 編集のロナルド・サンダースと衣装のデニーズ・クローネンバーグも監督の作品の常連。 主演は「戦慄の絆」「ダメージ」のジェレミー・アイアンズと「ラストエンペラー」「チャイナシャドー」のジョン・ローン。 共演は「シシリアン」のバーバラ・スコヴァ、「遠い夜明け」のイアン・リチャードソンほか。 監督 出演キャスト.

次の

ジョン=ローン氏は良かったが・・。

ジョン ローン 現在

パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! 青年期から老年期まで主人公の溥儀を見事に演じ、ゴールデン・グローブ男優賞にノミネートされたのが、ジョン・ローンです。 カンフー/アクション俳優ではなく、演技派俳優としてハリウッドで認められたジョンは、丹精な顔立ちと華麗な身のこなしで、多くの女性ファンを獲得。 これまでにないアジア系俳優としてブレイクしました。 すでに『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』(1985)で知名度を得ていたジョンは、『ラスト・エンペラー』の大ヒット後、ハリウッドだけでなく、香港の映画プロダクションからもオファーが殺到。 日本でもサントリー・ウィスキーやロレックスのCMに登場しました。 どんな小さな仕事でも、時間をじっくりかけて検討したというジョンは、スローペースで仕事をこなすようになります。 映画出演もギャラではなく、脚本の内容で判断したジョンは、『上海1920 あの日みた夢のために』(1992)で貧民街の孤児として育った闇社会の男を熱演。 悲恋物語『エム・バタフライ』(1993)では、エレガントな身のこなしでフランス人外交官を惑わせ、服を着たまま艶やかなセックスをする京劇女優を見事に演じ、高い評価を得ました。 『ラッシュ・アワー2』(2001)で再びハリウッド映画にカムバックするまでは香港映画などに出演していましたが、その後、中国テレビ界に将来性を見出し、活動の場を中国本土に求めるようになります。

次の

高嶋政伸が告白 帰宅したらジョン・ローンが七草がゆを食べていた/芸能/デイリースポーツ online

ジョン ローン 現在

パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! 青年期から老年期まで主人公の溥儀を見事に演じ、ゴールデン・グローブ男優賞にノミネートされたのが、ジョン・ローンです。 カンフー/アクション俳優ではなく、演技派俳優としてハリウッドで認められたジョンは、丹精な顔立ちと華麗な身のこなしで、多くの女性ファンを獲得。 これまでにないアジア系俳優としてブレイクしました。 すでに『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』(1985)で知名度を得ていたジョンは、『ラスト・エンペラー』の大ヒット後、ハリウッドだけでなく、香港の映画プロダクションからもオファーが殺到。 日本でもサントリー・ウィスキーやロレックスのCMに登場しました。 どんな小さな仕事でも、時間をじっくりかけて検討したというジョンは、スローペースで仕事をこなすようになります。 映画出演もギャラではなく、脚本の内容で判断したジョンは、『上海1920 あの日みた夢のために』(1992)で貧民街の孤児として育った闇社会の男を熱演。 悲恋物語『エム・バタフライ』(1993)では、エレガントな身のこなしでフランス人外交官を惑わせ、服を着たまま艶やかなセックスをする京劇女優を見事に演じ、高い評価を得ました。 『ラッシュ・アワー2』(2001)で再びハリウッド映画にカムバックするまでは香港映画などに出演していましたが、その後、中国テレビ界に将来性を見出し、活動の場を中国本土に求めるようになります。 中国大河TVドラマ『乾隆與香妃』(2004)で乾隆帝を演じたジョンは、中国TV業界の大物から熱烈アプローチを受け、1998年続く超人気大作ドラマ『康熙微服私訪記5』に主役出演。 中国版『水戸黄門』とも言われる本作は、これまで叩き上げの国民的俳優、張国立主演であったため、この配役は博打だという声もありましたが、ジョン演じるコミカルな皇帝は予想外の人気を呼びました。 そして今、ジョンは中国で最高額のギャラを得る俳優へと成長。 中国TV界大御所俳優となったのです。 一方で、カナダ映画『プライベート・ムーン』(2005)で清水美砂の夫役を演じたり、ジェット・リー主演のハリウッド映画『ローグ アサシン』(2007)にも出演したりと、制作国を問わず伸び伸びと活動を続けています。 孤児のジョンは、障害持ちの老女に引き取られ、体罰や精神的虐待を受けながら育ちました。 卵にしょう油をかけたご飯だけで育ち、「顔がいいから」と10歳前後で春秋戯劇学校に入れられた後も、空腹と体罰の日々が続いたそうです。 中国新電影のインタビューで「幼少期のトラウマは、私の人生に大きく暗い影響を与えている」「呪われているようだ」とコメント。 今でも私生活をオープンにすることを極端に嫌うのは、このような過去があるからなのです。 頑なにプライバシーを守っているため、酷い噂もよく流れるジョン。 役者として低迷していたとされる時期に関しては「仕事をしなくても良い暮らしができるから」と、出演する価値のある作品のみを選ぶというポリシーを貫き通していただけだと説明。 「あまりにも偽りの情報が多いからインターネットはしない」「(幼少期のことがあるため)これ以上、精神的に傷つく余裕がないんだ」「精神的な拷問を受けると、何も行動できなくなってしまうんでね」と語っていますが、それでも耳に入るゴシップに辟易しているとのこと。 誰からも愛されず母の愛を知らずに育ったジョンは、精神的に不安定になりやすいと自己分析しており、一人でいることが「何よりもリラックスできる」そう。 誰かが横に寝ているのも苦痛で、それが恋人であったとしても嫌なのだとか。 自分が親になることにも自信が持てず、恐らく生涯独身だろうと過去のインタビューで何度か語り「死んだ後も墓はいらない」とまで言い放っています。 仕事には貪欲ではないジョンですが、中国大洋网のインタビューで「私は作品を通して人々と会話をする。 役に深くのめり込めれば、それだけ深くファンと繋がることができる」と、変わらず彼を愛してくれているファンと、今後、もっと深く繋がりたいとコメント。 再び大ブレイクする日も、そう遠くはないかもしれません。 JULIE 海外生活20年以上の、海外芸能ジャーナリスト。 ゴシップサイトやタブロイド紙を毎日巡回中。 ルーペ・ヴェレスからレディー・ガガまでイケる雑食系。 世界各地から情報を取り寄せ、粘着質的にリサーチするのが大好物。

次の