入学祝い 言葉。 時候の挨拶で4月上旬に使う言葉は?入学のお祝いの季節です!

入学祝いのメッセージ!親宛のメッセージはどう書くの?書き方と渡す時期のマナーは?

入学祝い 言葉

この記事の目次• 入学祝いを送る時期 一般的には入学の2~3週間前に贈るといいとされています。 これはお祝いを新入学の準備の為に使えるようにする気遣いなので、過ぎてしまっても贈ってはいけないということはありません。 入学直前でも、入学後になってしまってもお祝いを贈りたい場合は、ためらわずに贈りましょう。 また、高校や大学など合格してから進路が決まる場合は合格の知らせを受けてから贈るようにしましょう。 手紙は誰宛てに書くのがいいの? 小学校の入学祝いは親宛てに書くのが一般的です。 中学校や高校は、親宛ての手紙だけでもいいのですが、入学する子供本人を宛名にした手紙も喜ばれます。 中学校や高校の入学の場合は、親宛てと子供宛てを同封するのが丁寧で喜ばれるかもしれませんね。 入学祝いに添える手紙に入れたいお祝いの言葉 いざ手紙を書こうと思ってもどう書けばいいのか悩むときは、手紙の構成を参考にしてみるといいです。 1. 挨拶(時候のあいさつ) 2. お祝いの言葉 3. 本文 4. 贈り物について 5. 結びのことば ではそれぞれの文例を紹介しましょう。 1)挨拶 これは送る時期によって時候の挨拶を参考に書き始めるといいですね。 小学校や公立中学に進学の場合は3月下旬の言葉、4月になってからの場合は4月初旬の言葉を取り入ると手紙の書き出しがスムーズになります。 親宛てに少し畏まって書くなら 「新緑の候、ご家族皆様お元気でしょうか」 子供宛てでも使いやすいのは 「あと少しでこの街にも桜の便りも聞こえてきそうですね。 」などもいいですね。 3)本文 ここは甥っ子や姪御さんとの思い出や、ここまで育てた親への労いをいれるといいですね。 また、新生活への激励などを加えましょう。 小学校入学の親宛てに 「よちよち歩いていたのがつい最近のように感じますが、時の流れは早いものですね。 お母さんも新しい環境に戸惑うこともあるかと思いますが、親子で楽しい学校生活を送って下さい。 」 中学入学の子供宛てに 「中学の制服を着たらますます大人びて見えそうで楽しみです。 受験を乗り切り一皮むけたのではないですか。 ますます成長する姿か私も楽しみです。 」 大学入学の子供宛てに 「大人へ向けての最後の学び舎ですね。 充実した大学生活を送れるよう応援しています」 など、形式にこだわらず、応援やねぎらいなど伝えたいことを書くことが大切です。 4)贈り物について お祝いを選んだ理由や、願いなどもあれば書き加えるといいですね。 現金の場合 「気持ばかりですが、お祝いを同封しましたので、お役に立てれば幸いです。 」と書くと別に贈りものが届くことが分かっていいですね。 子供宛ての場合 「入学のお祝いとして少しですが図書券を送ります。 好きな本でも文房具でも買って下さいね。 」 5)結びの言葉 親宛てに少し畏まった場合は 「末筆ではございますが、ご家族皆様の健康とご多幸をお祈りしております。 」 入学式などで会う予定があるならば 「取り急ぎ、お祝いまで。 お会いできる日を楽しみにしております。 」などでもいいですね。 」 「ご家族の皆様にもよろ ご祝儀袋の書き方しくお伝えください。 」 などと結びましょう。 まとめ お祝いの手紙は構成を参考に順番に書けば簡単に出来上がります。 電話で済ませることもできるかもしれませんが、是非文章で気持ちを伝えたいですね。 また、手紙には「これを使ってもっと勉強に励みましょう」「自覚を持って家のお手伝いもがんばりましょうね」など子供へのお説教めいた表現は避けて、 お祝いの言葉で埋め尽くしましょう。 親宛ての手紙でも「大学で一人暮らしを始めたらさみしくなりますね」などマイナスな表現よりも、「これからは自分の時間も増えるので思いきりエンジョイしてください」などお母さんにも 応援の言葉を使う方がお祝いの手紙としてふさわしいです。 手紙の構成に従って、お孫さんや親戚のお子さんの成長を喜ぶ自分のお祝いの気持ちを手紙に乗せて伝えましょう。 親しみのある手紙を書きたいときは、少しでも確認しておくとよいでしょう。

次の

入学祝いのお返しのマナーや相場をチェック!おすすめの品物もご紹介

入学祝い 言葉

2人ともほんとうにお疲れ様でした。 私が書くときに盛り込みたかったポイントは、 子どもへのお祝いの言葉はもちろんですが、「親への労いの言葉」でした。 育児に対してお疲れ様って、あまりいわれることがないんです。 マニュアルもないので「私の育児はこれでいいのかな?」と悩むことも多いです。 なので、たまにポロっと 「いつもお疲れ様」と言われたり 希望溢れる春を迎え、ますますご活躍のことと存じます。 このたびは、お嬢様のご入学おめでとうございます。 ご両親のお慶びもひとしおの事と存じ上げます。 心ばかりではありますが、お祝いを同封させていただきます。 どうぞ、お納めください。 これからの学校生活が、実り多きものとなりますよう、心より願っております。 まずはお祝いまで。 このような感じでしょうか。 フォーマルってむずかしいですよね(笑) 私の見解になりますが、職場の方や、取引先の方に入学祝いを渡すということは、 それなりに交流があったり、お世話になっている方です。 なので、ある程度の 親密関係ができているのなら、あまりにも堅苦しすぎる文面でなくてもいいのかなと思います。 ですが、メッセージを贈るときに、気を付けなければならない NGワードがあるので、次はその点を踏まえてご紹介します。 1.ご入学おめでとうございます。 ここまでお疲れさまでした。 4.4月からは高校生。 どうか、素敵な時間を過ごすことができますよう、祈っております。 といった感じにあっという間に、それらしい文章になりました。 この 4つを攻略するように書いてみてくださいね。 NGワード 忌み言葉とは? お祝いごとのメッセージを書くときに、使ってはいけないNGワードのことを 「忌み言葉」といいます。 シーンごとに違った言葉があるのですが、 入学祝いの忌み言葉はこちらです。 変わる• 崩れる• 終わる• 破れる• 負ける• 落ちる• すべる• 消える• 取り消す• 中止 引用:手紙の書き方 入学祝いの贈り物は現金?物?おすすめは? とあるギフトサイトのランキングをみると、贈り物ランキング1位は 「現金」でした。 物だと、既に持っているものや、他の方とかぶってしまう可能性がありますが現金はその心配がありません。 私も、子供ふたりが入園と入学を控えているのですが、とってもお金がかかります(笑) シャレにならない金額が飛びますので、 現金をいただけるのは、親としてもありがたいなぁと感じますね。 「現金はちょっと…」という方は、 ギフトカード、商品券などであれば、渡しやすいのでオススメです。 「それもちょっと抵抗が…」という方は、 ギフトカタログをお渡しするのはいかがでしょうか? 入学祝いを渡すタイミングは?マナーはあるの? 入学祝いを渡すベストなタイミングは、主に 3月の中旬頃。 日本の学校は、だいたい4月の初旬に入学式があるので、それまでには渡しましょう。 入学することが確定している、小学校や中学校は3月中旬頃で間違いないのですが、 高校や大学などは、受験の結果がまだでていない場合もありますので必ず親御さんに確認してから渡すようにしましょう。 親の方から「うちの子合格したのよー!」という話を、事前に聞いているのであればサプライズで渡すのもいいですね。 早めに渡したり、遅れて渡すのはNG 頻繁に会うことがないからといって、クリスマスやお正月に集まった時に渡したり入学式から大幅に時間が経ってから渡すのは、NGです。 郵送でもかまわないので、 入学式の前に渡せるようにしましょう。 また、複数兄弟がいる家庭の場合「長男には渡したから次男には渡さなくていいか」。 これもNGです。 子供ひとりひとりに、きちんとお祝いしましょうね。 最後に それでは、今回の内容をポイントでおさらいしていきましょう。 入学祝いを贈る相手と普段会話するような文で書く• 親宛の手紙なので、労いの言葉や、子供のいいところを添えると喜ばれる• フォーマルな文章とはいえ、あまりにも堅苦しい文章でなくてもOK• メッセージを書くコツ4点を使えば、あっさりと書ける!• 忌み言葉がはいっていないかチェックする!• 贈り物は現金や商品券が無難• 入学祝いを渡すタイミングは、親御さんに確認が必要!• 早すぎても遅すぎてもNG!• 大切なひとの大切なイベント、みんなが笑顔になる、素敵な日になりますように。 いかがでしたでしょうか。 お祝いだ!メッセージだ!と気負いしてしまうと、なかなか思いつかないかもしれませんが、大切なのは 「お祝いしたいという気持ち」です。 文章にあまりとらわれず、素直に おめでとうを伝えてみてくださいね。 素晴らしい春の日に、みなさんが笑顔で入学を迎えることができますよう、祈っております。

次の

孫や親戚の子どもへの入学祝い、金額の目安と基本マナー

入学祝い 言葉

小学校入学祝い 子どもに向けたメッセージ 〇〇くん にゅうがくおめでとう。 いよいよまちにまったいちねんせい。 あたらしいおともだちがたくさんできるといいですね。 まいにちげんきにすごしてくださいね。 〇〇より 小学校入学祝い 親に向けたメッセージ この度は〇〇ちゃんのご入学おめでとうございます。 あんなに小さかった〇〇ちゃんがもう小学生なんて、本当に時間が経つのは早いものです。 あれだけ学校に行く日を楽しみにしていたので、元気で楽しい学校生活を送ってくれるでしょう。 これからも〇〇ちゃんの健やかな成長をお祈りしています。 中学校入学祝い 子どもに向けたメッセージ 〇〇君 入学おめでとう! いよいよ中学生。 これからは部活や新しい勉強がはじまり、忙しくなりますね。 ささやかですがお祝いに〇〇を贈ります。 体に気をつけて、元気で頑張って下さい。 入学おめでとう! 〇〇高校のサッカー部に入るなんて本当にすごいですね。 練習も大変だと思いますが、早く試合に出られるよう頑張って下さい。 お祝いに〇〇を贈りますので、新生活の役に立てて下さいね。 高校生活が素敵な3年間になるよう願っています。 また学校の様子など聞かせて下さいね。 入学おめでとう。 小さかった〇〇ちゃんも、もう立派な高校生なのですね。 ますます勉強も大変になりますが、自分のやりたい事を目指す大事な期間です。 勉強だけでなく色々な経験をして、素敵な高校生活を送って下さいね。 また会えるのを楽しみにしています。 入学おめでとう! 〇〇高校に入学して、また夢に一歩近づいたね。 高校生活では新しい出会いや出来事がたくさん待っています。 精一杯楽しんでね。 お祝いに〇〇を贈りますので、良かったら使ってみてね。 体に気をつけて、元気でがんばって下さい! 〇〇君 〇〇大学入学おめでとう! 難関校に合格出来たこと、私も嬉しく思います。 〇〇君の日々の努力の賜物ですね。 いよいよ大学生活が始まりますね。 たくさんの経験をして、素敵な大人になって下さい。 少ないですが、お祝いを贈りますので何かの足しに使って下さい。 では楽しい大学生活を送って下さい。 〇〇ちゃん 入学おめでとう。 春からは〇〇で一人暮らしを始めるとのこと。 もうすっかり立派な大人ですね。 受験も終わってようやく羽を伸ばせますが、あまり羽目をはずし過ぎないように気を付けて(笑) 慣れない環境なので体に気をつけて、充実した大学生活を送って下さい。 〇〇君 大学入学、本当におめでとうございます。 将来は〇〇を目指す〇〇君にふさわしい大学に入ることが出来て、ご家族の皆様もさぞお喜びのことでしょう。 これからも〇〇君らしく頑張って、一歩ずつ目標に向かって進んで下さい。 素晴らしい大学生活になるようお祈りしております。

次の