夜勤 事件 エンディング。 The Convenience Store

夜勤事件 top

夜勤 事件 エンディング

チラズアートは、ホラーゲーム 『The Convenience Store 夜勤事件』を、で日本時間2月18日(火)より配信するとTwitter上で伝えた。 また、サブスクリプションサービスのでは、支援者向けのベータ版が2月16日(日)より配信されている。 The Convenience Store 夜勤事件 2月17日 PST — Chilla's Art|チラズアート ChillasArt 『The Convenience Store 夜勤事件』は、VHSビデオ風のグラフィックで描かれる一人称視点のジャパニーズホラーゲーム。 プレイヤーはひとりの女子大生として、コンビニの夜勤で働くことになる。 (画像は より) (画像は より) 基本的には「歩き回る」という行為にフォーカスしており、いわゆるウォーキングシミュレーターの要素を持つ。 ただし、探索の要素も含まれており、ゲームを進めていくうちに「自分以外は誰もいないはずなのに、誰かに見られている気がする」ような心理的不安が押し寄せてくる。 (画像は より) (画像は より) ゲームのエンディングが2種類に分岐する点では前作 と同様だが、1回のプレイにかかる所要時間は約40分と短めになっている。 また、VHSビデオ風の視覚エフェクトは設定でオフにすることも可能だ。 2018年に配信されたPuppet Comboのもコンビニでの夜勤の様子を描いた作品だが、本作は『Night Shift』に近い作風ながらも、過去作やのような、ジャパニーズホラーの雰囲気が表現された作品となっている。 チラズアートは兄弟で国産ホラーゲームの制作を行っているインディーゲームスタジオだ。 次回作も開発中で、自由に探索できるオープンワールドRPGの要素を持った、これまでと異なる作風に挑戦している。 こちらも合わせてチェックしてみてほしい。 ライター/.

次の

夜勤事件や犬鳴トンネルで有名なChilla’s Artが最新ホラーゲーム「怨霊」を4月25日にリリース! | ガジェット通信 GetNews

夜勤 事件 エンディング

1つ目は妖怪や化け物から追いかけられるスリラー、2つ目はいやーな雰囲気でじわりじわりと心理的な圧迫感を与える現代ホラー。 今作は後者の路線となっている。 まずは家でコンビニ飯を食べ、夜の住宅街を抜け、コンビニへ出勤することになる。 今回は主人公の日常がしっかり描かれている点にも注目したい。 じめじめしたアパート、薄暗い夜道、煌々と光るコンビニの明かり。 「こういうのあるよなぁ……」というシチュエーションが満載だ。 何気ない日常、生活感が描かれることで没入感も高まる。 ヤバいババア バイトをしていると、もちろん買い物客もやってくる。 なにかあるんじゃないか。 ヤバいやつじゃないかと思わず疑心暗鬼に陥り、一人一人を凝視してしまう。 ワンオペと深夜という状況が想像を掻き立て、いやーな雰囲気の中でバイトを続けなければならない。 ゲームのボリュームは今までで最長。 「おかえり」が約20分、「事故物件」が約40分、「犬鳴トンネル」が約1時間、今回は1時間半に及ぶ。 第一夜、第二夜という風にチャプターに分けられており、先の読めない展開も魅力的だ。 問題はエンディングの仕様だろう。 選択によってエンディングが変化するのだがこのゲームにはセーブがなく、もう一つのエンディングを見る為にはまた始めからやり直さなければならない。 せっかくチャプターで分けられているのだから、そこからやり直しが可能であれば遊びやすかったのではないかと思う。 ちらずあーとさん、赤マントや雪女はセーブがなくてもいいですけど、こちらの路線はチャプター機能かセーブ機能を入れませんか?(提案) コワモテ配達員.

次の

sm36432441

夜勤 事件 エンディング

たぶん関係ないニャ。 アルバイトシミュレータのごとく、ゲームは出勤前の 自宅にいるところから始まります。 出勤の準備をして、自宅を出て、アルバイト先のコンビニに向かって、とじっさいにアルバイトをしているような気分になってきます。 コンビニなのでいろいろな客がやってきますし、いろいろな仕事をしなければなりません。 やがて夜が更けてきて……といった内容です。 短編ホラー小説を読むような感じでゲームが進んでいきますので、あまり事前情報などを調べずにプレイするのがいいかもしれません。 ゲームは マルチエンディング方式で 、2時間もあればコンプリートできるかと思います。 ユーザーの評価 本作のSteamでの評価ですが、「 非常に好評(86%、96人中)」です。 まずは良かった点を以下にまとめます。 ・マルチエンディングなのにセーブ機能がない。 ・出勤が苦痛。 ・コンビニの品ぞろえに違和感。 ・作業感のあるコンビニの仕事。 ・日常生活をテーマにしているがゆえに、いろいろとツッコミどころが多い。 セーブが無いことから、エンディングをすべて見ようとしたら最初からやらなければなりません。 出勤の道や、物を運んだりなど、ダルいところも多いので、それをまた最初からやり直しとなるとけっこう面倒ですね。 せめてクリアしたチャプターから始められるようにしてくれると楽だったかと。 ただ短い作品ですので、日を置いてプレイすればいいかと思います。 それと日常をテーマにしていることから、コンビニの内装や陳列棚の商品など、ツッコミどころが満載だったりします。 「自分の知っているコンビニとなんか違う」というふうになってしまいますが、これはこれで面白いかと思います。 総評 本作はコンビニという身近な空間を舞台にした短編ホラーゲームです。 身近であることから感情移入しやすく、そこで起こることに、身辺で起こっているかのように心理的な恐怖を感じることになります。 ゲームとしてはセーブやチャプターセレクトがないことから、エンディングをすべて見ようと思うと最初からやり直しになってしまうのはつらいところです。 また作業的なミッションも多いので、ちょっと面倒と感じてしまうかもしれません。 しかし1時間もあれば一周目クリアできるとは思いますので、集中力が続く範囲内だとは思います。 「ホラーゲームを遊びたいけど、長いのはちょっと」という方は、本作をプレイしてみるのがいいかもしれません。 価格も定価で310円とお求めやすくなっています。 次は『 事故物件』をレビュー。

次の