いとこ 婚。 いとこと結婚はあり?なし?世間の印象&いとこ婚のメリット

アメリカ人「いとこ同士の結婚を認めて!愛し合ってるの!」ネトウヨ「日本ではいとこ同士でも結婚できるぞ!日本すごい!」

いとこ 婚

お盆や正月には親戚同士が集まる機会もあり、小さい頃にいとこと遊んだ人もいるのではないでしょうか。 物心つく前から一緒に過ごしていたとしても、たまに会ったときにカッコ良くなっていたり、可愛くなっていたりしてドキッとした人もいるかもしれませんね。 まるで漫画の世界のようですが、実際に異性のいとこと恋愛のすえ結婚した人たちも沢山います。 そういったいとこ同士が結婚することを「いとこ婚」といいますが、世間ではタブー視している人や、逆に喜ばしく思う人もいます。 いとこという近親者同士が結婚することで、生まれた子供に障害や奇形が発生する可能性も指摘されていますが、本当にリスクはあるのでしょうか。 お隣の韓国や他の国々の実状を交えて、いとこ同士の結婚の現実を詳しく見ていきましょう。 まず、いとこ同士であれば当人たちは小さい頃からお互いを知っているため、変に気を遣いあったり、結婚したら突然人が変わったということも少ないでしょう。 また、親同士が兄弟姉妹ですので顔なじみであるのはもちろん、気心も知れています。 特に女性であれば結婚後の嫁姑問題が気になるところですが、特に確執がないのであれば、嫁か姑のどちらかが一方的に我慢するというようなことは少なそうです。 他にも、結婚後に夫婦間で問題があった場合にもそれぞれの両親が兄弟姉妹ですので、連絡を取り合ってうまく仲裁してくれることも考えられます。 いとこ同士の結婚では周囲の人間関係が狭い分、心理的な距離が近く人間関係がスムーズになりやすいかもしれませんね。 では、いとこ同士での結婚におけるデメリットと呼べることはどのようなものがあるでしょうか。 デメリットは大きく2つあると思います。 まず1つが、結婚する当人たちの親族や世間からの視線です。 他人同士が結婚することを非難する人は通常であればいませんが、近親者が結婚するとなると気持ち悪いと感じる人もいたり、世間から奇異の目で見られることもあります。 法律など関係なく結婚を感情的に受け入れられないという人が親族にいれば、猛反発されることも予想されます。 そして2つ目は、いとこ同士の結婚によって生まれる子供の障害や奇形への懸念です。 後で詳しく見ていきますが、血縁の近い近親婚で生まれる子供は他人同士の子供よりも障害児の発生率が高いともいわれています。 さらに、子供に障害がなかったとしても将来その子供(つまり孫)が不妊になったり流産する危険性が高くなるというデータもあるそうです。 ただし、このリスクについてはデータがまだ少ないため誰もが認める確証というわけではありません。 日本のいとこ同士の結婚の割合はどうなっているのでしょうか。 1983年のデータで古いですが、医学博士・高野貴子氏の論文では日本では全ての結婚のうちいとこ婚の比率は1. またその割合は減ってきているそうです。 イギリスの例では、いとこ同士が結婚した際の子供へのリスクについて、パキスタン系移民の間で近年いとこ婚が増加しているといいます。 その移民たちの半数以上がいとこ同士で結婚しており、子供が遺伝子疾患を持って生まれてくる確率は通常の10倍も高いという驚くべき調査結果もあります。 他にもリスクとして、幼児死亡率や先天性欠損症(奇形)、身体障害、代謝異常などの確率が高まることなどもあるそうです。 日本人と直接比較はできませんが、いとこ同士の結婚による子供への影響は少なからずありそうです。 アメリカでは、25州でいとこ同士の結婚は禁止されていますが、残りの19州とコロンビア特別区では認められています。 イスラム圏ではいとこ婚などによる血縁が濃さが歓迎される傾向があります。 また、イスラム教の聖典コーランにおいてもいとこ同士の結婚は禁じられていないようです。 インドは多宗教国家であり、異なる宗教徒のいとこ婚は原則禁止とされていますが、同じ宗教徒同士では各宗教毎に結婚の可否が違うそうです。 ヨーロッパの王侯貴族の間では、いとこ婚が慣例的に行わてきました。 けれどもヨーロッパの主な宗教であるキリスト教ではいとこ婚は近親婚と見なされ原則禁じられています。 世界各国では宗教面と法律面の両方を加味する必要があります。 ところで隣国、韓国ではいとこ同士は結婚できるのでしょうか。 朝鮮では長らく10親等以内は近親婚とみなされて避けられてきました。 これが1997年には8親等以内にまで縮小されています。 このことから、韓国では4親等であるいとこ同士は結婚できないということになっています。 他にも韓国では、過去には戸籍に関する法律規定がありました。 それが儒教思想による「同姓同本不婚」という教えです。 同姓同本とは同じ姓で同じ本貫(祖先の戸籍)を意味しており、祖先と同じ性で同じ出身地であれば、他人であっても結婚してはならないということです。 けれどもこの法律は2005年に撤廃され、現在は同じ戸籍の同じ性の人同士でも結婚ができます。 いとこ同士の結婚「いとこ婚」は日本では法律上問題ありません。 また、時代背景が今とは異なるとはいえ、有名人や天皇家にもいとこ婚や血縁の近い人同士での結婚の例も多くありました。 いとこ同士で結婚する場合は、理解ある親や親戚の下であれば、結婚は祝福されスムーズな人間関係を築いて助け合えるメリットも大きいでしょうが、理解が得られなかったとしたら、結婚に対する親や親戚から偏見の目で見られるデメリットもあります。 そして、もし子供をもうけるのであれば奇形や障害が発生するなどの遺伝的リスクも受け入れる必要があります。 いとこ同士で結婚を考えた際には、まず相手との血縁関係はどうなっているのか戸籍をしっかりと確認するのはもちろん、両親や親戚に結婚を打ち明けるにも慎重に進める必要がありそうです。 二人の幸せな未来のため、そして子供や続く世代のためにも、いとこ婚は様々なリスクを受け入れる覚悟と何よりも二人の愛が重要となるのです。

次の

いとこ同士での結婚はタブー? メリット5つとデメリット4つ

いとこ 婚

古いデータではあるが、後藤源太郎の著書『近親結婚と母系制』に世界各地におけるいとこ婚の比率が記載されており、(6年)ので4. 1914年 - 1919年ので0. ただし、1955年 - 1957年の全土で5. なお、今日の日本では過去に比べいとこ婚の比率が減少したとされ、調査でいとこ婚の比率は全ての婚姻のうち1. 文化圏では地域によって異なるが、のような国では血縁が濃いことが喜ばれる傾向があるため、いとこ同士の婚が多い。 にしても、女性が顔を隠しているために、男性にとって恋愛対象になり得るのが顔を知っている従姉妹に限定されてしまうという事情がある。 また、預言者の第7夫人ザイナブがムハンマドの従姉妹であることも、いとこ婚が推奨される背景になっている。 (コーラン)に記述された、婚姻が禁じられた近親者の一覧 の中には、いとこは書かれていない。 父方いとこ同士の結婚()は好ましいものとされており、特別な理由がない限り、女性が父方の従兄弟に当たる男性からの求婚を断ることができない、という慣習を持った地域も存在する。 ヨーロッパの王族、貴族の間では、いとこ婚が頻繁に行われている(関連項目の例を参照)。 しかし本来はに反する近親婚に当たるとされており、の場合には教会から特別に赦免をもらったり、逆に離婚時にはこれを理由に用いてにする、といったことが行われていた。 他の文化圏の事情についてはも参照。 このように、いとこ婚の可否にはまず文化的な差異が大きく影響している。 またかつて日本のと長崎市で調査された(40年)発表のデータによれば、広島市が通常の児童期における致死率6. それらの研究を総合するといとこ同士が交配したところで子供の遺伝的な危険性は通常の婚姻の場合の遺伝的危険度に1. 7 - 2. このリスクは40歳以上の高齢の女性の出産と同程度である。 いとこ婚する者の両親やその祖父母やその祖先もいとこ婚の結果である場合は、遺伝的には兄弟姉妹間の結婚に近い場合もある。 文化人類学におけるいとこ婚 [ ] はいとこ婚を、• 交差いとこ婚:兄妹や姉弟など、異性のきょうだいの子供同士が結婚する• 平行いとこ婚:兄弟や姉妹など、同性のきょうだいの子供同士が結婚する の2つに分類した(さらにそれぞれを「父方~」と「母方~」に分け、4種類とすることもある)。 『親族の基本構造』において彼は、当時「未開社会」とされていた社会において、いとこ婚の奨励が見られるのは、の全く無い原始社会から、タブーのある現代への「進化」の途上にあるからである、といったような構造主義以前の見方を退け、財の交換ないし贈与という視点から、数学的に記述することさえ可能な体系的な規則性があることを示し、の規則性を論じた。 いとこ婚に関するこの分類方法は、その後もで一般的に使用されている。 主な法制 [ ] 「」も参照 国にもよるが、いとこ婚(cousin marriage)は近親婚を意味し、その制限は近親度数に基づいて行われている。 現在の近親度数の計算方法は、同じ祖父母を持つ子孫は近親度1度(いとこかその父母、first cousin)、同じ曽祖父母を持つ子孫は2度(はとこ、その父母・祖父母、second cousin)、同じ高祖父を持つ子孫は3度(third cousin)などとされている。 ヨーロッパ [ ] のヨーロッパは後期の慣習を引き継ぎ、に基づいて近親間の結婚を禁じていたが、次第に貴族の近親関係が増えてゆき、最終的には限られた活動範囲で伴侶になる見込みのある相手を見つけることが容易でなくなった。 例外的な婚姻(特免の結婚)やその婚姻による子を教会の保護対象とすることを認可されるには教会に莫大な支払いをする必要があり、その金額も次第に増加していった。 1215年、は7度以内だった近親婚の禁止の度数を4度以内(6~16親等以内)へと下げ 、度数計算方法も改定した。 それまでの計算方法は同じ祖先に行き着くまでの人数にそこから婚約相手までの人数を加える方式だったが、新法では単に同じ祖先に行き着くまでの数となった。 1215年以降は、特免を受けずとも4度までは婚姻可能という習慣が一般的に普及し、近親婚の全体的な経費は下がった。 19世紀になり女性の社会的な活動性が高まると教会法に基づく規則は次第に廃れ、19世紀には、では特免は政府によって行われるようになった。 イギリス [ ] 1875年の(1809-1882)の試算によればでは1度の近親婚の割合は全体で3. 5%、中流階級では4. 5%だった。 の精神科医で学会副委員長の ()(1826-1909)は論文で、近親婚の子孫への悪影響に関するダーウィンやアラン・ハス(Alan Huth)の結論の大きな矛盾を指摘し、の悪影響は適切な住環境によって部分的に解決ができるという仮説を立てたが 、実際にはそのデータは仮説を証明しうるものではなかった。 2002年には『』誌が男女人口差による男性の結婚難により、いとこ婚が増加していることを報じた。 アメリカ合衆国 [ ] では、いとことの結婚は25ので禁止されている。 また、別の6州では特殊事情の下でのみいとことの結婚が許可されており、例えばは双方のが年齢65歳以上もしくは年齢55歳以上で性的不能に関する証拠を持つ場合に限定して可能となっている。 残る19の州及びでは2008年現在、いとこ婚は制限無しで許可されている。 南アジア [ ] は多宗教国家であるため、一律にいとこ婚の可否を決定することが出来ず、の場合に用いられる婚姻法では原則禁止としているが、同宗婚の場合は個々の宗教法に従うことになるため、イスラームを信仰している場合は可能ということになる。 東・東南アジア [ ] は1997年まで3度以内の近親同士(高祖父母が同じ近親)の婚姻と、同姓で同地域出身者同士の婚姻を禁じていた。 今でも民法により近親婚は無効や取り消しになりえるが、その婚姻中に妊娠した場合等については例外を置いている。 、、はいとこ同士(1度の近親)の婚姻を禁じている。 では上述の通り、近年は割合は下がっているものの、法的にはいとこ婚は認められている。 はかつて農業地域ではいとこ婚も行われていたが、1981年の婚姻法で禁止された。 ()は男女が直系の近親にあるときと、傍系の近親であり近親度が3度以内のときの婚姻を禁じている。 は2000年の婚姻家族法により3度以内の近親同士の婚姻を禁じた。 いとこと結婚した著名人 [ ] 「」も参照• 以下に挙がっている人物の中には、いとこの他により近い血縁者とも結婚していた例(異母や)が含まれるが、ここでは言及しない。 日本においては、甥をとする際に娘と結婚させての形にもする例がある。 ヨーロッパの君主 [ ] ヨーロッパの王侯貴族の間では上述の通り、いとこ婚が頻繁に、時には何世代にもわたって行われている。 いとこ婚の事例は枚挙に暇がないため、ここで挙げるのは君主の例、および君主が兄弟姉妹とともにいとこ婚を行った例にとどめる。 兄弟姉妹ともにいとこ婚 [ ]• 王家(の同族間)• ナポリ女王 - 2番目の夫ターラント公ルイージ(従兄)• マリア(ジョヴァンナ1世の妹) - 3番目の夫ターラント公フィリッポ2世(従兄弟、ルイージの弟)• 王家 - 王家(共に)• カスティーリャ王 - 最初の王妃(従姉、アルフォンソ5世の姉)• アラゴン王 - 王妃(従妹、フアン2世の姉)• スペイン王家() - ポルトガル王家()• スペイン王カルロス1世(神聖ローマ皇帝) - 王妃(皇后)(従妹、ジョアン3世の妹)• ポルトガル王 - 王妃(従妹、カルロス1世の妹)• スペイン王 - 最初の妃(従妹、ジョアン・マヌエルの姉)• ポルトガル王子(の父) - 妃(従姉、フェリペ2世の妹)• (の同族間)• ロレーヌ公 - 妃(従妹)• ロレーヌ公(シャルル4世の弟) - 妃(従姉妹、ニコルの妹)• トスカーナ大公(フランツ2世の弟) - 妃(従妹、フランチェスコ1世の姉)• マケドニア王 - 王妃 ()が従姉妹• ローマ皇帝 - 皇后が従妹 イギリスの君主 [ ]• イングランド王と女王(従兄妹)• スコットランド女王 - 2番目の夫ダーンリー卿が従弟• イギリス王 - 妃が従妹• イギリス王 - 王妃が従妹• イギリス女王 - 王配が従弟 イタリア諸邦の君主 [ ]• シチリア王と女王(従姉弟)• ナポリ王 - 王妃が従妹• ナポリ王 - 2番目の王妃が従妹• エトルリア王 - 妃が従妹• サヴォイア公 - 妃が従妹• サヴォイア公 - 最初の妃が従妹• サルデーニャ王 - 3番目の王妃が従妹• イタリア王 - 最初の妃が従妹• イタリア王 - 王妃が従妹• ミラノ公 - 妃が従妹• パルマ公 - 最初の妃、2番目の妃(イザベッラの妹)が従妹。 トスカーナ大公 - 妃が従妹• トスカーナ大公 - 妃が従妹• マントヴァ公 - 2番目の妃が従妹 オーストリア・ドイツ諸邦の君主 [ ]• 神聖ローマ皇帝 - 皇后が従妹• 神聖ローマ皇帝 - 皇后が従妹• 神聖ローマ皇帝 - 最初の妃が従姉• 神聖ローマ皇帝 - 最初の皇后、2番目の皇后が従妹• オーストリア皇帝 - 皇后が従妹• プロイセン王 - 最初の妃エリーザベト・ヘンリエッテが従妹• プロイセン王 - 王妃が従姉• プロイセン王 - 最初の妃が従妹• ハノーファー王 - 王妃が従妹• ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公 - 妃が従妹• ヘッセン大公 - 妃が従妹• ヘッセン大公 - 最初の妃が従妹• ヘッセン=カッセル方伯 - 妃が従妹• ヘッセン選帝侯 - 妃が従妹• バイエルン選帝侯 - 最初の妃エリーザベトが従妹• バイエルン選帝侯 - 妃が従姉• バイエルン選帝侯 - 最初の妃が従姉• ザクセン選帝侯 - 妃が従妹• ヴュルテンベルク王 - 2番目の妃、3番目の妃が従妹• ヴィルヘルム1世はエカチェリーナ・パヴロヴナにとって2番目の夫であったが、最初の夫も従兄であった。 アンハルト=デッサウ公 - 妃が従妹• 侯 - 妃ヘルミーネが従妹• リヒテンシュタイン侯 - 妃エルトムーテが従姉妹• リヒテンシュタイン侯 - 妃アンナ・マリアが従妹 スペイン・ポルトガルの君主 [ ]• レオン王 - 最初の王妃テレサが従妹• カスティーリャ王 - 最初の妃が従姉、2番目の妃が従妹• スペイン王 - 王妃が従妹• スペイン王 - 最初の王妃が従妹• スペイン王 - 最初の妃が従妹• ポルトガル王 - 最初の王妃が従妹• ポルトガル王 - 王妃が従妹 フランス・ネーデルラント諸邦の君主 [ ]• フランス王 - 最後の王妃が従妹• ブラバント公 - 妻が従姉• ブルゴーニュ公 - 2番目の妃が従妹• オランダ王 - 王妃が従妹• オランダ王 - 最初の王妃が従妹• ルクセンブルク大公 - 夫が従兄 東欧・北欧諸国の君主 [ ]• ポーランド王 - 最初の王妃が従妹• デンマーク王 - 王妃が従妹• デンマーク王 - 王妃が従妹• デンマーク王 - 王妃が従姉• デンマーク王 - 最初の妃が従妹• ノルウェー王 - 王妃が従姉• ノルウェー王 - 妃が従妹• スウェーデン王 - 最初の妃が従妹• スウェーデン王 - 王妃が従妹 その他 [ ]• キプロス女王と王(従兄妹) 日本の天皇・皇族・貴族・武家 [ ]• - 妃が従妹• - 妃が従妹• - 贈皇后が従姉妹• - 女御が従姉妹• - 女御、女御が従姉妹• - 女御、女御、更衣が従姉妹• - が従姉、女御が従姉、女御が従妹• - 最初の中宮が従姉、女御が従妹• - 女御が従妹• - 最初の中宮が従姉、次の中宮が従妹• - 中宮、東宮女御が従妹• - 皇后が従妹• - 中宮が従姉• - 中宮が従姉• - 親王妃が従姉• - 中宮が従姉• - 女御が従姉• - 中宮が従妹• - 妃が従妹• - 妃、妃が従妹• - 女御が従妹• - 正妃が従妹• - 正室が従妹• - 正室が従妹• - 正室が従姉• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• (足利晴直) - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室が従姉妹• - 正室が従姉妹• - 正室が従姉妹• - 正室が従妹• - 正室が従姉(異説もある)• - 正室(のち側室)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室矢田姫が従姉妹• の息子・娘婿• - 正室が従姉妹• - 正室が従姉妹• の夫・息子・娘婿・孫• - 正室(のちにの正室)、継室が従妹• - 正室が従妹• - 正室が従妹• - 正室が従妹• - 正室土佐が従姉妹• - 正室が従妹• - 正室が従妹 の天皇家系図• - 成子内親王が従姉• 徳川家およびその出身者• (尾張藩主) - 正室淑姫が従姉妹• (田安家当主、尾張藩主) - 正室猶姫が従姉• (一橋家当主) - 正室近姫が従姉• (一橋家当主) - 正室永姫が従妹• およびその分家• - 正室南の方(の娘)が従妹• - 正室(宍戸隆家の娘)が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室高寿院が従姉妹• - 正室法林院が従姉妹• - 正室長子が従姉妹• - 妻式子が従妹• およびその分家• 、 - 正室が従姉妹(亀寿は久保の死後にその弟・忠恒と再婚した)• - 正室が従姉• - 妻典子が従妹• - 妻が従妹• 、島津雄五郎(の長男) - 妻明子が従姉妹(明子は久寛と離縁の後に雄五郎と再婚した)• - 正室が従姉妹• - 正室金が従姉妹• およびその分家• - 正室智恵姫が従姉妹• - 正室美勢子が従姉妹• - 妻正覚院が従姉妹• 、およびその出身者、分家• - 正室(の娘)が従姉妹• - 正室三姫が従姉妹• - 正室(の娘)が従姉妹• - 継室(の娘)が従姉妹• - 正室満姫が従姉妹• - 正室清高院が従姉妹• (三次藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (足守藩主) - 正室が従姉妹• (足守藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (尾張藩主) - 正室新姫が従姉妹• (丹波亀山藩主) - 正室栄昌院が従姉妹• (伊予松山藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (沢海藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (肥後新田藩主) - 正室房姫が従姉妹• (守山藩主) - 継室(の娘)が従姉妹• (高須藩主) - 正室(徳川治紀の娘)が従姉妹• (麻生藩主) - 正室(の養女、新庄直行の娘)が従姉妹• (広島新田藩主) - 正室(の姉妹)が従姉妹• (三春藩主) - 正室(秋田季周の娘)が従姉妹• の分家• (仙台藩一門) - 継室岩城御前が従妹• (中津山藩主) - 正室於常が従姉妹• (仙台藩一門) - 継室(の娘)が従姉妹• (仙台藩一門) - 正室清姫が従姉妹• (男爵、貴族院議員) - 妻富貴子が従姉妹• (人吉藩主) - 正室於亀が従姉妹• (人吉藩主) - 継室於積(の娘)が従姉妹• (岩村田藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (近江宮川藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (窪田藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (2代越後長岡藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (柳本藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (三日市藩主) - 正室(柳沢信昌の娘)が従姉妹• (宇都宮藩主) - 正室淑子が従姉妹• (久保田藩主) - 正室直が従姉妹• (鹿奴藩主) - 正室映子が従姉妹• (子爵) - 妻銓子が従姉• (子爵) - 妻道子が従姉妹• (子爵) - 妻清子が従姉妹• (村松藩主) - 正室(の娘)が従姉妹• (今治藩世子) - 正室(の娘)が従姉妹• (旗本) - 正室(の娘)が従姉妹• (旗本) - 正室澄が従姉妹• (旗本) - 正室(秋田季成の娘)が従妹• (旗本) - 正室(の娘)が従姉妹• (旗本) - 正室(の娘)が従姉妹• (旗本) - 正室(の娘が従姉妹• (水戸藩附家老) - 正室(松平保福の娘)が従姉妹• (水戸藩家老) - 妻静(の娘)が従姉妹• (紀州藩家老) - 妻真珠院(の娘)が従姉妹• (土佐藩家老) - 妻(の娘)が従姉妹• (長州藩家老) - 妻(の娘)が従姉妹• (長州藩家老) - 妻(の娘)が従姉妹• (仙台藩一門) - 妻喜与(の娘)が従姉妹• - 妃(の娘)が従姉妹 東アジア、東南アジアの王侯貴族 [ ]• の劉徹 - 最初の皇后が従姉妹• の司馬徳宗 - 皇后が従妹• の光文帝 - 皇后呼延氏が従姉妹• 前趙の昭武帝 - 皇后が従妹• の拓跋恪 - 皇后が従姉妹• 北魏の長楽長公主 - 夫高猛が従兄弟• の元宝炬 - 皇后が従妹• の高殷 - 妃が従妹• 北斉の高緯 - 皇后が従姉妹• 唐の - 夫柴令武が従兄弟• 唐の長楽公主 - 夫長孫沖が従兄弟• 唐の - 最初の夫薛紹が従兄弟• の太宗 - 皇后蕭氏()が従姉妹• 遼の耶律文殊奴 - 皇后蕭氏()が従妹• 遼の耶律只骨 - 皇后蕭氏()が従姉妹• の(完顔宗堯、睿宗) - 妃蒲察氏()が従姉妹• の文宗 - 皇后が従姉妹• の - 静妃(廃皇后)、(側室)が従姉妹• 清の - 、(側室)が従姉妹• の - 保反夫人が従姉妹• の - が従妹• 高麗の - 文徳王后が従姉妹• 国王 - 妃が従妹• タイ国王 - 即位前の最初の妃ソムサワリーが従妹 この他、ベトナムのにおいて、交差いとこ婚が頻繁に行われていた。 西アジアの王侯貴族 [ ]• のカリフ・ - 妃が従妹• のスルタン・ - 妃(の娘)が従姉妹• のハン・ - 妃オルジェイ・クトルグが従姉妹• の - 妃ハヤート・バクシー・ベーガムが従姉妹• のパードシャー・ - 妃が従姉妹• ムガル帝国の皇子 - 妃ナーディラが従姉妹• イラク王 - 王妃アーリヤが従姉妹 王侯貴族以外の著名人 [ ] 日本 [ ]• (俳優) - 妻が従姉• (小説家) - 自身の母親と妻の母親が姉妹。 ()と - 直人の父親と伸子の母親が兄妹。 (女優) - 従兄と結婚。 (実業家、旧華族酒井家当主)と(評論家) - 母方同士の従兄妹• (僧侶、出家前に妻と死別)• (幕臣、実業家) - 最初の妻千代が従妹(の妹)• (の後援者、多摩の村役人) - 妻(の姉)が従妹。 (漫画家) - 妻は母方の従姉。 (テレビディレクター、映画監督) - 母はの姉、妻は千田是也の娘。 夫妻ともの孫。 (気象学者) - 妻は母方の従妹。 (電子工学者、ソニー常務) - 父は、妻はの娘。 夫妻ともの孫。 (部落解放運動家) - 叔父の長女と結婚。 (ジャーナリスト) - 母はの娘、妻は正義の息子の娘。 (フランス料理のシェフ)• (創始者)• (北海道開拓者) - 従妹と結婚。 (の父)• (存命中の人物のうち世界一記録を持つ女性) - 従兄と結婚。 日本以外 [ ]• (アメリカの実業家)• (イギリスの小説家、歴史家)• (イギリスの政治家)• (ロシア出身の日本学者、東洋学者)• (ニューヨーク・マフィアのボス)• (アイルランドの醸造家、政治家)• (ノルウェーの作曲家)• (イラクの大統領) - 第1夫人が母方の従姉• (フランスの小説家)• (ドイツの作曲家、指揮者) - 最初の妻カロリーネ・ヨゼファ・パイルが従姉妹• (イギリスの女優)• (ロシア出身の作曲家)• (イギリスの自然科学者)• (オーストリア出身のノーベル経済学賞受賞者)• (ドイツの化学者)• (ドイツ出身のロケット技術者)• (オーストリア領シレジア出身のピアニスト)• (アメリカ独立宣言の署名者)• (アメリカの小説家、詩人) - 妻が従妹• (ドイツの神学者、社会活動家)• (カナダの首相) - 最初の妻イザベラ・クラークが従姉• (イスラーム教の開祖) - 第7夫人ザイナブが従妹• (ロシア出身の作曲家、ピアニスト)• (イギリスの映画監督) - 最初の妻イザベル・リーンが従姉妹• (中国三国時代の呉の武将)• (中国の政治家、詩人) - 最初の妻唐婉が母方の従姉妹• (インドの映画監督、小説家)• (イギリスの発明家、技術者) - 最初の妻マーガレットが従姉妹 その他 [ ] 関連のことわざに「いとこ同士はの味」(いとこ同士の夫婦の仲は非常に睦まじい)がある。 脚注 [ ]• www. consang. net. 2017年1月18日閲覧。 Hammami, Abdelmajid; Elgazzeh, Mohamed; Chalbi, Noureddine; Mansour, Ben Abdallah 1 January 2005. La Tunisie Medicale 83 1 : 38—42. May 2001. PDF Technical report. Edith Cowan University. 高野貴子 2004年11月. 日本子ども家庭総合研究所. 2011年9月29日閲覧。 Imaizumi, Yoko 1986. Clinical Genetics 30 3 : 230-233. 22.あなたがたの父が結婚したことのある女と、結婚してはならない。 過ぎ去った昔のことは問わないが。 それは、恥ずべき憎むべきこと。 忌まわしい道である。 23.あなたがたに禁じられている(結婚)は、あなたがたの母、女児、姉妹、父方のおば、母方のおば、兄弟の女児、姉妹の女児、授乳した乳母、同乳の姉妹、妻の母、あなたがたが関係している妻の生んだ養育中の養女、あなたがたがその妻と、未だ関係していないならばその連れ子を妻にしても罪はない。 およびあなたがたの生んだ息子の妻、また同時に二人の姉妹を娶ること(も禁じられる)。 過ぎ去った昔のことは問わないが。 アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。 et al. 2002年4月. PDF. 2011年7月28日閲覧。. Rowlatt, Justin 2005年11月16日. BBC. 2011年6月2日閲覧。 Constance B. Bouchard, 'Consanguinity and Noble Marriages in the Tenth and Eleventh Centuries', Speculum, Vol. 56, No. 2 April 1981 , pp. 270, 271• www. ewtn. com. 2018年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 John W. Baldwin, The Language of Sex: Five Voices from Northern France around 1200 Chicago: University of Chicago Press, 1994 , p. Bouchard, 'Consanguinity and Noble Marriages in the Tenth and Eleventh Centuries', Speculum, Vol. 56, No. 2 April 1981 , p. 270• James A. Brundage, Law, Sex, and Christian Society in Medieval Europe Chicago: University of Chicago Press, 1995 , p. 356• , p. 2008年12月24日閲覧。 Ottenheimer. Ottenheimer. Jones, Steve 2009年1月19日. London: The Guardian. Ottenheimer, Martin 1996. Forbidden Relatives: The American Myth of Cousin Marriage. University of Illinois• 2010年5月5日閲覧。 Hannah Beech Nanliang. 27 May 2002. Article 809 of the Korean Civil Code and. Constitutional Court of Korea. 242 p. 256 of the PDF. の19 February 2012時点におけるアーカイブ。 を参照。 Article 38. Bittles 1991, p. 780• Bittles 2009• Marriage Law of the People's Republic of China. Consulate-General of the People's Republic of China in New York 2003年11月14日. 2012年7月1日閲覧。 Ministry of Justice Vietnam. 2013年6月28日閲覧。 Francis I. ; K. Hsu 28 October 2009. American Anthropologist 47J 1 : 83—103. 関連項目 [ ]•

次の

いとこと結婚して良かった3つのこと、悪かった4つのこと

いとこ 婚

概要 同士で結婚すること。 両者のとなるきょうだいがの場合は平行いとこ婚、の場合は交差いとこ婚と呼ばれる。 遺伝学的には、人間の遺伝情報の性質上は、1代程度であれば問題ないが、数代に渡って繰り返すことは奨励されないの範疇であるとされる。 親の性別が同じなら平行いとこ婚、親の性別が違えば交差 交叉 いとこ婚となる。 日本では 日本のにおいては 六親等以内の血族を親族として近親者とみなしているが、婚姻に関しては 三親等以内を禁止しているため、 四親等となるいとことの婚姻は可能である。 法律概念上は「近親婚だけど認めている」と考えられる。 他に日本の民法が認めている近親婚はいとこの子供 従甥・従姪 との婚姻 五親等 となるが、年齢などを考えると最も現実的にあり得るのはいとこ同士となるだろう。 また社会通念上認められるか否かは、地域によっても温度差がある。 いとこ婚をした有名人 (の) (科学者) () (の) いとこ同士の () () 、、、、( ) 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 17:53:26• 2020-07-18 17:53:16• 2020-07-18 17:52:41• 2020-07-18 17:51:41• 2020-07-18 17:51:34 新しく作成された記事• 2020-07-18 17:53:26• 2020-07-18 17:48:29• 2020-07-18 17:40:04• 2020-07-18 17:20:12• 2020-07-18 17:05:55•

次の