それ じゃ 僕 にとって 君 は 何。 Official髭男dism Pretender 歌詞

それじゃ君にとって僕は何?

それ じゃ 僕 にとって 君 は 何

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

Pretender Official髭男dism 歌詞情報

それ じゃ 僕 にとって 君 は 何

「んんん?見習いくん。 もう一度言ってくれる?」 はい、相変わらずのこの本丸の主の楼 はすい と申します。 前回の見習いが来てからはや5ヵ月たちました。 時がすぎるのって早いですね。 ついこの間のことのように思い出しますよ!あの見習いさん 僕はオバサンと呼んでるけどね は刑務所だって!んで、審神者の資格を剥奪されたみたいだよ!はは、どんまーいっ!!………ごほんっ。 と、まぁそんな話は置いといてだね……僕の本丸にまた見習いが来たんだよね。 今度は男。 僕より2歳下だから16歳だね。 ずいぶんと偉そうなんだけどさ。 まぁ、別にそれはいいんだけど。 「先輩は頭だけでなく耳も悪いんですか?僕がこの本丸を引き継ぐって言ってるんですよ。 ありがたく思ってくださいよ?」 ……………………このクソガ………ごほんっ!この見習いくん、マジで生意気なんだよね。 僕のが年上だし?お前より審神者歴長いんだけど?2ヵ月かそこらの下っ端が何僕に偉そうに口聞いてるのかなー?んんん?僕、初っ端からキレちゃいそー。 「じゃあさ、僕もひとつ言うけどさ……君は僕よりも頭が悪いんだね。 君はこの本丸を何を知ってる?刀剣達の何を知ってる?僕の何を知ってる?ほら、言ってみてよ」 僕はニンマリと笑みを浮かべ見習いを見下ろす。 見習いは大広間の真ん中に座っていて刀剣たちは両側の壁に沿って座っている。 僕?もちろん上座に座ってます。 僕、主だし?あ、今日の近侍の三日月が僕の横に座ってるね。 もちろん、いつも通りのほけほけと笑いながらね。 ん?見習いは呪具を使っていたか?そんなの知らないよ? 「この本丸ができて5年。 先輩は1年ですべての刀剣を揃えた。 新しく実装された刀剣たちもすぐに揃えた。 本丸は新しく改装されている。 刀剣達の練度はとても高く心優しい刀剣達だということですよ」 「………へー。 全くあってないんだけど。 何を調べてきたわけ?まぁ、あってるのは本丸が、出来た年だけだし。 なに、なめてんの?」 僕は上から冷たい目で見習いを見下ろした。 『これだから童は……』 『それね。 僕、童は嫌いだし』 僕の中で龍神と蛇神が喋る。 ん?もう一度いおう、僕は神使いだよ。 龍神と蛇神が僕の中に住んでるんだよね。 なんやら居心地がいいらしい。 それと霊力がいいんだって。 僕の霊力はさほぼこの二人の神様に与えられたものなんだけどさ。 ん?今は制御してるから見習いより少ないよ?だけど、本当はもっとすごいみたいだよ。 「主よ、そろそろ出陣はさせないのか?」 「あー、そーだねー。 でも、この見習いが君らの主になりたいんだって。 どうする?」 「私は嫌ですぞ、主殿。 この様な方が私共の主になるとは虫酸が走る」 「一期さん、出陣したいんだね。 わかったわかった」 すっごい笑顔だったけど目が笑ってないよ、一期さん。 恐怖でしかなかったわ。 「主、主命とあらばこの見習いを殺しましょう」 「うん、血の気が多いね長谷部。 でも、血で汚れるのは困るからやめてよ」 今度は主命が命の長谷部。 出陣させると必ず誉をとってくる。 機動オバケ、恐ろしや。 「あ、主さま…出陣しないのですか?虎さんたちが暴れてて……っ」 「うーん、よし仕方ない!見習いを主にしたいヤツ挙手してっ!」 僕がそういうとみんな手を挙げなかった。 やっぱり、戦が大好きなんだね!ちょっと、僕は君らが血の気が多い戦バカ過ぎて困るんだけどっ!ま、僕のせいなんだけどさ! 「っ、なんなんだよ!お前、言霊使ってんじゃないだろうな?!」 顔を真っ赤にして僕に怒鳴りつける見習い。 僕、言霊めんどくさいからかけないし。 だいたい別にぼくはさ?本丸を乗っ取られても大丈夫なんだけど僕にとっては刀剣達は家族なんだよね?だから刀剣達はあげないよ。 本丸ならあげるけど。 「見習いよ、あまり俺達の主になめた口を聞くでないぞ?」 静かに三日月が見習いをみてそう言った。 ちなみに、笑っていなかった。 こわっ。 戦場の三日月みたいなんだけど。 「見習いみたいな主を持った俺達は苦労するだろうなぁ?何でこんなのが主なんだ、とな」 ニンマリと笑みを浮かべた三日月。 このレア太刀三日月宗近怖い。 『……楼よ、いい加減あの童を黙らせてくれないか?』 『うるさくて仕方ないよ』 「んー、そーだね。 君らの言う通りだね」 「誰と喋ってんだよっ?!」 もー、うるさいなー。 「龍神と蛇神だけど?なんか文句ある?」 「な、巫山戯たことを言うのもいい加減にしろよっ!!」 「別にふざけてないんだけどなー。 君より霊力多いし?それとも……僕の神様たちみたい?」 首を少し傾げて見習いを見た。 見習いは顔を真っ赤にしていてもう猿みたい。 あ、でも猿はお尻が赤いんだったか。 んー、なんだろ。 まぁ、いっか。 『………まったく、楼よ。 我は童が嫌いと言ったであろう』 『………龍神の言う通りだよ、楼。 この、童……喰ってもいい?』 僕の後に姿を現した巨大な姿の龍神と蛇神。 見習いを見下ろす2人。 「蛇神、それはやめてよ。 僕の霊力が穢れたら困る。 それは君たちもだからね、龍神、蛇神」 『あ、それもそうだね。 楼の霊力は心地いいからね。 それが穢れたら私も荒神になってしまうね』 『………楼。 とっととこの童を何処かへやってくれ。 殺してしまいそうだ』 ふたりを見て顔を真っ青にさせた見習い。 ギロりと二人の眼光が見習いにへと向けられる。 「もういいよ、戻っても。 二人とも疲れただろ?」 僕がそういうと、2人は睨むのをやめて僕の中にへと戻っていった。 さてさて、見習いをどうしようかなー。 「…………あ、三日月。 見習いをどうしたい?僕もう疲れたから決めていいよー」 「首を落とすのはダメだろうか?」 「殺すのはナシでお願いしマース」 「………なら政府につき返せばよかろうが」 あれれ、三日月さんが怒ってるんですがー。 それ、僕のせいなのかなー? 「仕方ないなー。 呪いかけて返すかなー」 僕が指を鳴らすと真っ黒な植物のつるが見習いの体に巻きついていく。 ん?なのん呪いかって?それはねー……霊力を削る呪いだよ。 ま、これで審神者の資格剥奪だね。 ん?証拠なんて残らないよ?すべて残らないよ。 だって、これ神の力借りてるやつだからね。 刀剣男子とは比べ物にならないくらいの神格をもった神のね?もちろん、僕の神様たちだけどね? 「ま、がんばってね?見習い」 僕はニコリと笑みを浮かべた。 見習いの顔は絶望でいっぱいだった。 あはは、いい気味だねぇ。 ん?僕はそこまで性格悪くないよ?でも、僕のものを取られるのは許せないだけだよ。 ただ、、それだけだからね? あ、これ誰にも言っちゃダメだよ?.

次の

【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

それ じゃ 僕 にとって 君 は 何

アンガーマネジメントファシリテーターの福ちゃんです。 先日、久しぶりに映画を見てきました。 「プーと大人になった僕」。 内容はとてもシンプルですが、さすが、ディズニー。 見た後で心がほんわかします。 大人になり、家族との時間を割いてまで仕事を続ける主人公のクリストファー。 業績悪化に伴う部門縮小を止めるための方法を 休み返上で考えるようにと言う上司は、家族と別荘に行く約束をしていた クリストファーにこう言います。 「夢はタダではない、何もしないは何も始まらないことなんだ、 沈みかけた船で君は何もしないでいるかそれとも頑張って泳ぐのか」 週末の休暇がなくなった事を家族にどう話そうか迷っているところに プーが現れ、かつてのヒーロー、クリストファーに いなくなった森の仲間を探してほしいと頼みます。 大人になったクリストファーがプーとのやり取りの中で 自分にとって大事なものは何かを見つけていく・・と まぁ、ざっくり言えばそんな内容です。 このプーがなかなかの金言を放つんです。 たとえば、上司の言葉をまねて 「夢はタダではない、何もしないは何も始まらないことなんだ」という クリストファーに 「僕は、なにもしないを毎日やっている。 何もしないが最高に何かにつながる」 と答えるプー。 他にも ク:「僕は、もう子どもじゃないんだ」 プ:「君は君でしょ。 大人になっただけで何も変わっていない」 プ:「どこかへ行きたいと決まっているとどこかが来てくれる」 他にも色々ありました。 大人になった大きな背中のクリストファーとプーが寄り添って 座っている後姿になぜかジワッ~とくるんです。 毎日忙しく仕事をしている方にぜひ見てほしい映画です。 心の器の中のイライラ水をサラ~と抜く事が出来ますよ。 たまには 「なにもしない」をやってみませんか?.

次の