あっさり 晩 ごはん。 さっぱりした夕飯のレシピ24選|あっさり系の晩御飯のおかずやメインは?

夕飯に迷ったらコレ!おすすめのおかずレシピ20選厳選まとめ

あっさり 晩 ごはん

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の

和食レシピ30選|簡単にできる、あっさり食べやすい、魚料理など人気の和食レシピまとめ

あっさり 晩 ごはん

全体に火が通ったらしょうゆ、みりん、顆粒だしを加え、水分がなくなるまで炒めます。 卵を溶き、砂糖を混ぜ合わせます。 別のフライパンにサラダ油を入れてしっかりと温め、卵を加え、卵の底が固まり始めたら火を消して、余熱で5秒でさっと混ぜ取り出します。 器にご飯を盛り、そぼろと卵、みじん切りにしたぬか漬けをお好みの量を盛り付けたら完成です。 唐揚げ 材料 パスタ:160〜200g 有頭エビ:4匹 小松菜:2〜3房(1袋の半分くらい) 白ワイン:150ml にんにく:1片 赤唐辛子:1個 塩こしょう:少々(味が足りなかったら) パスタを茹でる用 ・水1リットルの場合:塩9g ・水2リットルの場合:塩18g オリーブオイル ・最初に大さじ3・最後に大さじ2(最後にかけるのはEXオリーブオイルがおすすめです。 ) レシピ 有頭エビは爪楊枝などで背わたをとり、首の付け根からしっぽの部分に爪楊枝をさして丸くします。 小松菜は5cm幅くらいに切る。 ニンニクは半分に切り、中心の芽をとって一度つぶしてみじん切りにします。 パスタ用のお湯を塩を入れて沸かします。 フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクと赤唐辛子をいれ、ふつふつするまで軽く火にかけます。 有頭エビを入れて炒めます、少ししてから白ワインを入れ、蓋をして蒸し煮にします。 エビがいい感じに火が通ったら、小松菜を入れて、パスタの茹で汁をお玉1杯くらい加えてよく混ぜ合わせます。 最後にパスタを入れてよく絡め、オリーブオイルを回し入れれば完成です。 和風カルボナーラ 材料 パスタ:100g にんにく:1かけ オリーブオイル:大さじ1 ブロックベーコン:50g程度 舞茸:40g程度 ブラックペッパー:適量 青ネギ:適量 ソース 卵黄:2個分 パルメザンチーズ:大さじ2 ヤマキ 白だし:小さじ1 醤油:少々 レシピ (A)つぶしたにんにくとオリーブオイルをフライパンに入れ、香りが出るまで弱火で熱します。 (B)1cm幅程度に切ったベーコンと舞茸を(A)のフライパンに入れ炒めておきます。 (C)卵黄、パルメザンチーズ、白だし、醤油をボウルに入れてよく混ぜます。 パスタをパッケージの表示通りに茹で、茹で上がったら水気を切って(B)のフライパンに入れ、(C)を絡ませる。 火は止めた状態で余熱で絡ませます。 お皿に盛り、ブラックペッパー、小口切りした青ネギを散らして完成です。 汁が出始めたら(A)を加えて絡めながら炒めます。 豆腐をお好みのサイズに切る。 豆腐が浸かるぐらいの水に入れて塩を加えて火をかけます。 別のフライパンに(B)を入れて弱火で炒める。 香りがでてきたら、(C)とひき肉を加えます。 豆腐・ワケギ・長ねぎを加えて軽く炒めます。 水溶き片栗粉を入れ、とろみをつけて盛り付ければ完成です。 野菜は食べやすいサイズに切ります。 長ネギは斜め切りにしにんにくを潰します。 チンゲンサイはちぎります。 サラダ油を引き、にんにくをいれ、丁寧に火をいれていきます。 にんにくの表面に小さな気泡がいくつか見えて来たら、豚肉を加えます。 肉の色が変わって来たら、長ネギとしいたけを先に加えて炒めます。 ヤングコーンを入れ、最後にチンゲンサイを加えて、合わせ調味料(A)を加えてサッと炒める。 ソースが絡まったら、お皿に盛り付け完成です。 全体的になじませてください。 チャーシューは1. 5cmぐらい、青ネギは小口切り、長ネギは千切りにします。 フライパンにサラダ油をしき、強火で熱し、ボウルのごはんを広げます。 フライパン全面にしき、焼き付けていきます。 ある程度焼きが付いてきたら、木ベラでほぐすように混ぜ、ごはんをパラパラにします。 長ネギを加えてサッと炒めたら、青ネギを加えて混ぜ完成です。 しょうが加えて炒め、花椒や八角を加えてさらに炒めます。 紹興酒と豆板醤を加えて、煮詰めていきます。 麺を茹でて、湯を切り、フライパンに入れてであえます。 青ネギと糸唐辛子をトッピングします。 食べる辣油の具をお皿に出して山椒を加え、絹醤油を垂らし完成です そうめん 材料 そば:2人分 鴨肉. 長ネギは3〜4cmに、青ネギは小口切りに切ります。 鍋にだしを取り、醤油、みりんを入れて温め、塩を入れて味をととのえます。 長ネギはグリルで焼き目がつくまで焼く。 鴨はキッチンペーパーで水分を拭き取り、片栗粉をまぶします。 あたたまったつゆの鍋に入れて火を通し、焼いたネギも入れます。 そばを茹でて器に盛り、鴨、長ネギをのせ、つゆをかける。 最後に青ネギを飾り完成です。 豚肉は食べやいサイズに切って塩、こしょうを少々ふって下味をつけます。 中華麺をざっと水を洗い、水気をとり、酒としょうゆを少々をふり、軽くもんでなじませます。 ホットプレートに油をしき熱し、麺を広げ、焼き色がつくまで焼きます。 空いたスペースに豚肉を入れて炒め、キャベツと玉ねぎを加えて炒めてください。 (A)を混ぜて麺にかけ、具をほぐしながらからめます。 半分に切ったアボカドのタネをとり、麺の上に黄身をのせます。 最後に青のり紅しょうがを添え完成です。 ホットプレートdeぎゅうぎゅう焼き 材料 豚バラブロック肉:1本 (A)めんつゆ:大3 (A)水:大3 (A)にんにくチューブ:2センチ 下茹で済みブロッコリー:適量 アーリーレッド:1個 じゃがいも:2~3個 しめじ:適量 (B)塩:適量 (B)ブラックペッパー:適量 (B)オリーブオイル:適量 レシピ 豚バラブロック肉はポリ袋に入れ、(A)を入れて2時間以上漬けます。 じゃがいもは皮をむき食べやすい大きさに切ったら耐熱容器に入れ大1程度の水を入れてラップをし4~5分ほど加熱します。 ホットプレートに食べやすく切った肉、下茹で済みブロッコリー、じゃがいも、アーリーレッド、しめじを並べたら全体に(B)をかけ蓋をして焼いて完成です。 再び片栗粉をまぶし、沸騰した湯にサッとくぐらせて氷水にとり、軽く洗って水気を切ります。 白菜、春菊はざく切り、長ねぎは斜め切りにします。 ごぼうは笹がきにし、水につけておきます。 焼き豆腐、白滝は食べやすい大きさに切ります。 鍋に出汁を入れてあたため、味噌を溶き入れた後、牡蠣以外の具材を入れます。 野菜がしんなりしてきたら、牡蠣を入れ、弱火で10分ほど煮込み完成です。 大根とツナのやみつきサラダ.

次の

今日の晩御飯は?簡単スピードおかず人気レシピランキングTOP11

あっさり 晩 ごはん

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の