インド 語。 シーン別!インド語とあいさつや日常会話フレーズ30選。日常生活にも便利で簡単

インド旅行でそのまま使えるヒンディー語(インド語)あいさつ20選

インド 語

インドは、基本的には都市部全域で英語が使えます。 しかし、 かなり強い訛りと、独特の言い回しがあり、英語がネイティブの人に非常に聞き取りにくいです。 インド人が良く使う簡単なフレーズを覚えておくと、話していることがなんとなく分かったり、相手にも伝わりやすくて便利です。 日本人の英語のように文法などに気を付けるよりも、ローカルの言葉と英語を自由に組み合わせた、とてもカジュアルな英語を話すことがコツです。 インド人が頻繁に使う言葉を知っておくことで、国民性や文化の違いも見えてきます。 ここではインドで重宝する会話フレーズ30選を、インド在住者からご紹介します。 また、現地滞在には「」を一冊持っておくと便利ですよ。 海外在住者とのトークイベント 世界中の日本人と話せる、聞ける、繋がる「」。 限定15名。 と声を掛け合うことが多いです。 」 「こんにちは」に続き、こちらも海外では現地の言葉で言えるとより一層親しくなれます。 しかしインドでは、親しい人には親切をしてあげることが当然!お礼は言われたくない、という考えがあります。 「ダンニャワード」と言われると、よそよそしく感じてしまう人も多いです。 」 はい!と返事する時は、ハーンです。 日本語では、なんとなく失礼な感じに聞こえますね。 をハッキリ言えることがとても大切です。 インドでは、日本的に 空気を読むという文化がほとんどないので、何かを断りたいときには、はっきりと言いましょう。 」 元々の意味は、お兄さんですが、ドライバーやレストランのウエイターを呼ぶときなど、幅広く使える敬称です。 「すみません!」と呼びかける感覚で使いましょう。 気にしないで」 インド人を代表する口癖です。 インドにいると、うんざりするくらい聞きます。 私たちの感覚ですと、迷惑を受けた方が「気にしなくていいよ。 」と言いますが、インドだとミスをおかした側が「問題ないから。 」と平気で言います。 問題がある時には、はっきりと「問題だ!」と言いかえしましょう。 」 1分の場合もあれば、1秒(エーク・セコンド)の場合、3分、10分とバリエーションがありますが、本当に頻繁に使います。 インド人の時間間隔は日本人と全く違うため、1分と言われたときは、10分以上待たされることを覚悟しましょう。 店先などで待たされる場合は、「どれだけ時間がかかる?」と聞くよりも、「何時何分までに出来る?」と聞いた方が確実かもしれません。 どちらにしても、 日本的な時間感覚が通用しないことだけは、覚悟をしておいた方が良いでしょう。 家族ぐるみの付き合いならば、家族全員の健康を聞いていくことも珍しくありません。 もちろん、英語で How are you? と軽く声をかけることもあります。 」 自己紹介、相手の名前をヒンディー語で聞けるのも、現地の人と親しくなるコツの一つです。 ぜひ、試してください。 覚えておくと、すぐ使える便利フレーズです。 とくに、ローカルのオートリキシャーや、タクシードライバーなどは英語が分からないこともあるので、使う機会が多いかもしれません。 」 こちらも、 とても頻繁に使います。 インドでは、お菓子やお茶などを勧められる事がとても多いですが、味見だけしたい場合には、トラトラと言いましょう。 「ヒンディー語話せるの?」と聞かれたときに、トラトラと言っても、とても喜ばれます。 もちろん、しつこい相手に言ったり、食事などのおかわりを勧められた時にも使えます。 」 なにかとイライラすることが多いインド。 何事に対しても、冷静に、落ち着いて対応する事が大切なのでしょう…。 」 日本語とほとんど同じこのフレーズ、インド人が良く使っています。 使えると、ちょっと楽しめるお勧めフレーズです。 インドで道を聞くと、本当は道を知らない人も親切心で適当に自信満々に道を教えてくれます。 (よけいに迷うので、有難迷惑ですが) 確信がない時は、何人かに聞いた方が良いでしょう。 ) 意味:「いくらですか?」 買い物をするときに、必ず必要なフレーズです。 お店の人が値段を言ってくれるとき、インドの数字は非常に複雑なので、英語の数字で言ってくれる人が多いです。 若い人は、30以上ヒンディー語で数字を言えない人も多いです。 」 非常にシンプルなので使い易い言葉です。 」 レストランで美味しかった場合は、それを伝えてあげれると喜ばれますね。 トラブル時に使えるフレーズ 出来るだけトラブルには巻き込まれたくないですが、もしもの時にとっさに言えると良いでしょう。 現地の言葉が分かると周囲の助けが求めやすくなりますが、もしも、とっさの時に下記のフレーズが出てこなければ、英語でも全く問題ありません。 周りに意志を表現することが大切です。 ) 意味:「助けて」 トラブルにあった時、とりあえず周りに助けを求めましょう。 たとえ英語が分からない人だったとしても、単語とボディランゲージだけの会話で通じることもあります。 出来るだけ困った顔をすることで、目的地まで案内してくれることもあります。 相手の言葉が分からないまま曖昧にうなずいていると、どんどん話が進んでしまうため、 分からない時には分からないことを伝える必要があります。 ) 意味:「泥棒」 インドはとてもスリが多い国です。 もしも、貴重品を取られたと思ったら、チョール!と叫びながら追いかければ、周りの人が捕まえてくれるかもしれません。 ディヤーン・ラコー! とっさに「危ない!」と言えると、役に立ちそうですね。 スポンサーリンク 知っていないと混乱する、ヒングリッシュ インド人の独特の英語のことを ヒングリッシュと呼びます。 英語が話せる人でも、インド人の強い訛りのヒングリッシュに必ずつまずきます。 What is your good name? 意味:「あなたの名前は何ですか?」 最初の頃は、これがなかなか聞き取れないです。 なぜか、インド人は相手の名前を聞くときに決まってGood name グド・ナーム と聞きます。 Do one thing. 意味:「こうしなよ。 」 こちらも、なぜなのか分かりませんが、話し始めるときにかなりの率でこの言葉を使います。 「今から言うアドバイスを聞け」という意味なのでしょうが、ただの口癖だと思っていいでしょう。 Parcel 本来の英語での意味は小包ですが、インドでは 荷物全般やお持ち帰りの意味で使います。 レストランでテイクアウトする時や、通販や郵送で届いた荷物など、とにかくParcelと言います。 ランチのデリバリーもParcelなので、電話がかかってきたときに、Your parcelと言われると、慣れるまでは混乱してしまいます。 Lakh ラック , Crore(カロー) 意味:10万、1000万 インド独特の単位ですが、英語の会話の中でも普通に出てきますので、使い慣れるまでは難しいです。 特にお金を数えるときに使います。 また、1000を表すときにはKを使うことが多いです。 (例:1K, 10K) ビジネスの場面でも、知っていて当たり前のように使われるので、把握しておいた方が良さそうです。 インド語を学んでみたい方へ 以上、インドの生活で頻繁に出てくる、知っていた方が良いフレーズでした。 基本的に、 英語がある程度分かれば、日常生活に困ることはありません。 しかし、かなり独特の言い回しがあったり、英語の中にヒンドゥー語を混ぜて話す人も多いので、慣れるまでは少し時間がかかるかもしれません。 インドに限らずアジア全域でですが、英語があまり得意でなくとも、知っている単語で積極的に英語を話す人が多いです。 文法などに自信がないとすぐに言葉につまってしまう日本人は、彼らの積極性を見習いたいなと思います。 間違っていても誰も気にしないので、ヒンディー語も英語もどんどん使ってみて、コミュニケーションをとって下さいね。 アマゾンの本を音声で聴くサービス オススメしたい学習法は『音声講座』 ヒンディー語を上達させるためにおすすめは、 Amazonオーディブルでヒンディー語を勉強する方法です。 (月額1,500円) アマゾンの本を音声で聴くサービスです。 「本を読むのは苦手・・」 「本とノートを出して、学習する時間が・・」 「通勤や運転中など、耳から学びたい・・」 という方にオススメです、 本や教材と向き合うのではなく、通勤時間の電車や車で、音声コンテンツで学び、ヒアリングや発音をして、ヒンディー語を効率的に学べます。 オーディオブックには• Eurotalk リズム ヒンディー語 等、耳で学べるコンテンツが配信されています。 月1500円で、月に1コイン配布され、それで音声コンテンツを購入でき、その他の購入は30%割引です。 もちろん、その他のカテゴリ、ベストセラーから名作、ビジネス、自己啓発、小説、洋書など、海外コンテンツと国内コンテンツを合わせ、40万タイトル以上が音声で楽しめます。 新規のオーディブル会員なら 30日間無料で試せますので、やってみない手はありません。

次の

インドの公用語とは?インド社会が抱える8つの言語問題

インド 語

インドの公用語とは?インド社会が抱える8つの言語問題 1. 22の指定言語、2,000の方言 インドの公用語はヒンディー語で、準公用語は英語です。 また、22の指定言語がインド憲法で定められています。 憲法の第8付則において定められていることから通称「第8付則言語」と呼ばれています。 実際に、 アッサム語、ベンガル語、ボド語、ドーグリー語、グジャラート語、ヒンディー語、カンナダ語、カシミール語、コーンカニー語、マイティリー語、マラヤーラム語、マニプル語、マラーティー語、ネパール語、オリヤー語、パンジャーブ語、サンスクリット語、サンタル語、シンド語、タミル語、テルグ語、ウルドゥー語 があり、さらにインド全域では何と約2,000もの方言があるとされています。 つまり、 公用語であるヒンディー語が話せたとしても、インド全域でスムーズな言語コミュニケーションができるわけではないのです。 言語教育において、3言語以上の習得が必要 どの言語をいつ学習させるべきかという問題が常に教育政策の課題となります。 インドの初等・中等教育では、3言語が必修です。 母語または州の指定言語、ヒンディー語(ヒンディー語州ではその他の州の言語)、英語となります。 そのため、3言語以上をインド人が話すのは日常茶飯事です。 高等教育以上においては英語が教育用語として使用されます。 ヒンディー語話者に有利な言語政策への反発 ヒンディー語話者に有利ともいえる言語政策に反発を持つ地域もあります。 タミル・ナドゥ州では、タミル語と英語だけを教えています。 地域や出身によって話す言葉がまったく異なる インドは国土が広大なため、それぞれの言語のルーツも異なり、日本の方言とは比較にならないほど「違う言語」と言われています。 例えば、家庭内の祖父母と孫も、教育課程や居住環境が異なれば、主に話す言語はお互いに違ったりもします。 このような、まったく異なる言語環境に適応する工夫として、例えば首都デリーには、パンジャーブ州出身者が住む住宅地があります。 大都会では、同じ地区に同郷の人たちがまとまって住む傾向が高くなるのです。 文字がまったく異なる たとえば、 話し言葉として同じ言語であっても、文字が異なる場合があります。 ヒンディー語とウルドゥー語は話し言葉としてはほぼ同じですが、文字が違います。 ヒンドゥー教徒はデーヴァナーガリー文字を用いたヒンディー語、イスラム教徒はアラビア文字を用いたウルドゥー語を使います。 英語の立ち位置 英語はイギリスの植民地時代から使用され、現在では準公用語の立ち位置となっています。 インド各地域で必修となっているので、現在でも国内外でのコミュニケーション、ビジネス、科学技術の発展に欠かせない言語となっています。 インド人同士でも、英語の方がスムーズにコミュニケーションが取れるという場合も少なくないでしょう。 都市部の私立校などは、初等教育の早い段階から英語を取り入れており、社会経済的地位(中間所得層以上)を表す指標になっているともいえます。 また、英語を重用視するあまり、母国語の教育がおざなりになる、という見方もあります。 識字率・就学率の問題 多言語社会だからこその複雑な制度に加え、何よりもまず、 識字率や就学率の向上という課題も長年挙げられており、インド教育における困難が想像できます。 ここ数十年でインドの識字率・就学率は目覚ましく上昇してきましたが、地域差、男女差など、まだまだ課題があります。 言語マイノリティの苦難 山岳や辺境地域などには、多数の方言が存在しています。 カースト制度におけるジャーティ(生まれを同じくする集団。 職業は基本的に世襲制。 )ごとに、異なる言語を話す場合、コミュニケーションがうまく取れなかったり、アウト・カーストのような社会的差別と結びついてしまうことは、コミュニティにとって致命的な問題となります。 まとめ いかがでしたか? インドの多言語社会ならではの言語問題が見えてきました。 識字率、就学率向上の課題を抱えた上に、複数の言語を学ぶということは容易なことではありません。 今回挙げたように、様々な課題がありますが、私たちも、多言語社会インドに学ぶことが多くあります。 インドの近年の経済的発展は、幼少の頃からマルチリンガルな人材を育てることが可能となってきているからこそだと言えるでしょう。 世界的に見れば、日本のような単一言語国というのはむしろ珍しいのです。 12億人が住み、多様な言語が存在する、広大なインド。 それ自体で一つの世界を形成しているといっても過言ではありません。 だからこそ、多言語多文化社会で暮らすためのコミュニケーションの工夫が生まれるのです。 インドの公用語とは?インド社会が抱える8つの言語問題 1. 22の指定言語、2,000の方言 2. 言語教育において、3言語以上の習得が必要 3. ヒンディー語話者に有利な言語政策への反発 4. 地域や出身によって話す言葉がまったく異なる 5. 文字がまったく異なる 6. 英語の立ち位置 7. 識字率・就学率の問題 8. 言語マイノリティの苦難.

次の

インド語群

インド 語

言語名 [ ] 原語においては「 ヒンディー(Hindi)」のみで言語を表すため、「語」を付する必要はないとも言えるが、カテゴリを明示するの慣習にしたがって「ヒンディー語」と呼んでいる。 でも、 Hindi languageと呼ぶことがあり、でも、この表現は使われている。 なお、を表す「ヒンドゥー」を用いた「 ヒンドゥー語」は不適切である。 なお、「ヒンディー」は ヒンドゥ(Hindu)の形容詞形である。 本来「ヒンドゥ」とは(Sindhu)に由来し、でインドを意味する語であった。 インドを統治したイスラーム系の王朝がペルシア語を公用語としたために、ペルシア語に対して「インドの言語」の意味で「ヒンディー」と呼んだ。 歴史的に「ヒンディー語」という名称は、デリーを中心とした北インドの言葉を指す語のひとつであり、この言語の呼称としては「ヒンディー語」、「」、「」、「ヒンダヴィー語」、「デフラヴィー語」などの語が同義語として用いられてきた。 19世紀になると、ヒンドゥー教徒の標準語を作ろうとする政治的・社会的な動きがで生まれ、19世紀末には「ヒンディー語」という呼称は、イスラム教徒の言語とは異なるヒンドゥー教徒の言語を意味するようになった(一方で「」はイスラム教徒の言語を、「」は両者の混合体または両者の総称を意味するようになった)。 現在「ヒンディー語」と呼ぶものは、インドの公用語である標準ヒンディー語をさすのが普通である。 ただし、ウルドゥー語や両者の混合体を含めて「ヒンディー語」と呼ぶ場合もある。 系統と歴史 [ ] ヒンディー語はに分類され、隣国で話されるなどとも近縁関係にある。 とは基本的な語彙や文法がほぼ共通しており、言語学的には同一の言語の二種類の標準化である。 歴史的には一帯の言語をもとに、・からの強い影響を受けてがまず成立し、南アジア全体に広がった。 その後に ヒンディー語が、系の高級語彙をサンスクリット由来の高級語彙で置換させることによって成立した。 なお、ヒンディー語にも基本語彙中には、の語彙がかなり多く存在している。 日常生活では両言語の中間的な言語を使用しており、両者を総称して と呼ぶこともある。 現代 ヒンディー語はとも影響し合って変化を続けている。 インドでは、憲法の351条でヒンディー語の普及を連邦の義務としており 、連邦の公用語をヒンディー語に統一する運動を進めているが、とくに南部の圏で反対が強く、反対運動にともない死者を出す騒動も発生した。 このため 1963年の公用語法で、英語も公用語として使われ続けることになった。 音声 [ ] Ohala 1999 によるヒンディー語の母音体系。 ヒンディー語では鼻母音が発達している。 子音は以下のとおり。 が発達していることと、を等しくする破裂音に無声無気音・無声帯気音・有声無気音・有声帯気音(を持つ有声子音)の4種類があることは、以来変わらない特徴である。 文法 [ ] SOV 型で、形容詞や名詞が修飾する名詞に前置され、を持つなど、基本的な語順が日本語に似ている。 名詞は男性名詞と女性名詞から成る。 に単数と複数があり、は直格・(主に後置詞とともに用いる)・(人間のみ)がある。 同様に形容詞も修飾する名詞と性・数・格の一致を行うが、不変化の形容詞もある。 ヒンディー語の動詞はインド・ヨーロッパ語族のほかの語派の言語と異なり、のみが・・数による変化を行う。 通常の動詞は(・)形のみを持ち、これとコピュラを組み合わせることでさまざまな時制・を表す。 完了時制では他動詞の主語が助詞をとる()。 方言 [ ] 自然言語としては、ヒンディー語はインド・アーリア語派の中央語群に属するが、どこまでをヒンディー語に含めるかは、さまざまな立場がある。 もっとも広義にはで話される多様なインド・アーリア語派の諸言語を指し、やを含むが、これは言語学的な分類とは言いがたい。 インド・アーリア語派の中央語群をヒンディー語群とも呼ぶ。 これはさらに2つの地域に大別される。 東ヒンディー語:を中心に話者人口も多い。 ・・など。 西ヒンディー語:東ヒンディー語よりも話者人口は少ないが、首都を含む地域で話されているため、その影響力は小さくない。 のほかに、・・・がある。 デーヴァナーガリー文字による「ヒンディー」 インド憲法ではを用いることを規定している。 インド国内の公共表示に見られるの表記はと呼ばれる。 これは系ので表記されるの話者と文書で意思疎通する際などにも多く用いられる。 これらの文字は既存の文字の下に点(ヌクター)を打つことによって作られている。 デーヴァナーガリーでは、単独の子音字には母音 a がついているので、子音連結は特殊な結合文字形で表し、語末に子音が来るときはハル()記号を加えることになっている(詳細はを参照)。 しかし、ヒンディー語では、歴史的に脱落した母音 a を、つづりの上では脱落する前の形で書くため、最近は語末のハル記号を使わない傾向がある。 子音結合でも結合文字を使わずに書ける場合があり、とくに外来語の表記にはゆれが生じている。 サンスクリットからの借用語では、通常サンスクリットのつづりがそのまま用いられるが、じっさいの発音と少し異なっていることも多い。 脚注 [ ]• India Code. 2015年9月3日閲覧。 (英語)• 2019年5月25日. 2019年5月26日閲覧。 Masica 1993 pp. 429-430• Shapiro 2007 第5節• Kachru 1987 p. 472• 町田 1999 p. 102• 町田 1999 p. 町田 1999 p. 町田 1999 p. 町田 1999 p. 94 参考文献 [ ]• 『書いて覚えるヒンディー語の文字』、1999年。 Kachru, Yamuna 1987. In Bernard Comrie. The World's Major Languages. Croom Helm. 470-489. Masica, Colin P 1993 [1991]. The Indo-Aryan languages. Cambridge University Press. Ohala, Manjari 1999. Handbook of the International Phonetic Association. Cambridge University Press. 100—103. Shapiro, Michael C 2007 [2003]. In George Cardona; Dhanesh Jain. Indo-Aryan Languages. Routledge. 250-285. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] のがあります。 ウィクショナリーに に関するカテゴリがあります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 大阪大学 外国語学部. 2015年9月15日閲覧。 (英語) -•

次の