杏 実母 だれ。 杏を「性に奔放な娘」扱いする実母が怖い 泥沼裁判が浮き彫りにしたモノ

東出昌大「不倫の遠因」に強烈な義母!?|エンタMEGA

杏 実母 だれ

今年1月に女優・ 唐田えりかとの不倫が『週刊文春』(文藝春秋)にて報じられた俳優・ 東出昌大。 報道直後は東出と唐田に批判が殺到していたが、数カ月経ったことで世間の注目は妻で女優の 杏との弁護士を挟んだ調停の行方に集まっている。 そんな中、4月16日発売の『女性セブン』(小学館)にて、杏が実母から12億円を請求する裁判を起こされていることが報じられた。 記事によれば、2009年に実母が代表、杏は従業員となり、個人事務所を設立。 しかし、杏は14年に所属している芸能事務所・トップコートと直接契約すると通達し、これに実母は激怒。 東出と唐田の不倫が始まる17年に、杏を相手に12億円の損害賠償請求裁判を起こしたのだという。 「この件は4月9日発売の『週刊新潮』(新潮社)でも報道されています。 いまだ決着がついていないようなので、かなり深刻な状況となっているようですね。 東出さんとの調停も始まったようですし、杏さんにとってはWパンチでキツいはず。 杏さんのメンタル面が気がかりですね」(芸能ライター) また、記事では気になる点がもうひとつある。 実母が提出した陳述書には、杏は東出と結婚する前に妻子ある男性と不倫関係となっており、それを霊能者に相談していた、ということも暴露されているとも伝えているのだ。 「宗教に心酔しているのはお母さんだけかと思っていましたが、実は杏さんもという点にもびっくりしましたが、それ以上に杏さんも東出さんと結婚する前に不倫していたことにも驚きです。 「そうはならない可能性がやはり高い」という別の芸能ライターは、こう語る。 「お母さんとの裁判があってから杏さんは、お父さんである俳優・渡辺謙さんと和解。 現在は渡辺さんの舞台を観に行くほど深い親交があるようです。 また、渡辺さんは杏さんに対して贖罪の気持ちがあるようで、いろいろと杏さんの相談に乗っているそう。 渡辺さんは東出さんにかなり激怒しているとの報道もありますし、『許すな』と杏さんにアドバイスするでしょうね。 離婚しかないのでは?」 杏も不倫していたとはいえ、それは東出と出会う前の話。 東出にとって希望にはならないのかもしれない。

次の

杏にも「不倫」の過去? 実母が12億円請求裁判で暴露……東出昌大「離婚回避」のチャンス!?

杏 実母 だれ

この記事では、 杏の母親との関係についてご紹介します。 渡辺謙を父親に持ち、 東出昌大を夫に持つ杏さんは、男運が無いと言われてきました。 どちらも 家庭を顧みず、愛人と 不倫行為に夢中になる、不埒な男性たちに振り回されてきたんですね。 そんな杏さんが、 実母からもひどい目に遭わされていたことが判明! そもそも杏さんが芸能界入りするキッカケとなったのは、 母親が作った 4億もの巨額の借金が原因だったんです。 杏の母親は誰?渡辺由美子の画像が美人だった! 杏 本名:渡辺杏 さんは、俳優の渡辺謙さんを父に持ち、渡辺大さんを兄に持つ女優です。 母親の名前は 渡辺由美子さん。 芸能人ではなく、一般人だったことから顔画像などがほとんど出回っていない様子。 それでも母娘だと分かる画像を発見しましたので、ご紹介しますね。 いかがでしょうか? 目元や鼻筋、唇の形などを見てみますと、ほぼほぼ親子と判断して間違いなさそうです。 真ん中に写っている男性は、 ネクタイを締めていることから 血縁者というよりも、事務所の社長あたりでしょうか? それにしても、この美人の 母親譲りの美貌を受け継いだだけあって、杏さんのルックスも非常に高いものであることがご理解いただけたかと思います。 ところが母親から譲り受けたのは美貌だけでなく、 男運の悪さや金運の悪さまで含まれていた様子。 杏さんは 男性運の悪さゆえ辛い目に遭うだけでなく、 金銭面でも途方もない苦労を積み重ねることになります。 杏が母親に億単位のお金請求されてるって記事、わからない人がみたら「どうして子どもにお金なんて・・・」って思うだろうけど、子どもにたかりたい親は珍しくないよ。 杏さんの父親が渡辺謙さん・母親が渡辺由美子さん・兄が渡辺大さんです。 杏さんがいったい何をしたというのでしょう? —- 本当に身内に恵まれない杏が気の毒過ぎると思う。 不倫三昧の父親に娘を金づる扱いの母親、匂わせ不倫する夫なんてありえない。 どうかいつの日か彼女に幸せが訪れるよう祈らずにはいられない。 — takemura takemurakosaku 高校を中退して芸能界入りしてまで、母親の作った 4億円もの借金を完済し、生活費の面倒まで見続けた結果が、 12億円の請求をされてしまうことになるとか…。 その原因は、 母親の宗教への傾倒っぷりにあったようです。 杏が母親の由美子から現在12億円請求?離婚後の母親の生活費まで負担! 金銭トラブルが引き金となって、母親から裁判を起こされてしまった杏さん。 現在12億円もの巨額な請求を起こされて裁判が進行している様子ですが、このトラブルはなんと 2017年のクリスマス頃から始まっていました。 原告は、渡辺由美子さんと彼女が社長を務める個人事務所の T社です。 杏さんがサンミュージックブレーンやボン・イマージュに所属していたモデル時代を経て、現在の事務所である トップコートへ移籍。 その後設立したT社は節税目的で立ち上げた個人事務所ですが、設立理由は 母親の渡辺由美子さんの 生活費を工面するためのものだったんですね。 4億円もの借金を肩代わりしただけでなく、夫の渡辺謙さんとの離婚後の生活費まで面倒を見てくれる。 杏さんが母親思いの娘であることが、伝わって来ますよね? 父親の病気はともかく不倫によって家庭が崩壊してしまったことで、母親の味方に付いたのも納得です。 そんな母親孝行な杏さんが、どうして12億円もの大金を請求される羽目になったのでしょうか? 杏 実の母親に訴えられる 「12億円請求したい」。 杏は幸せになれそうもない。 高校生の時に母親の宗教問題あり、渡辺謙不倫、東出不倫、今度は実の母親から訴えられる。 この釈尊会の小野兼弘って方は女優の若村麻由美と結婚した人。 渡辺謙は若村麻由美と昔不倫疑惑あり。 — Yo In YoIn369 杏と母親・由美子の確執に仰天!ギャラ受け取り変更が引き金か? 母親と娘が骨肉の争いにまで発展したのは、金銭トラブルが原因でしたが、その仕組みについても詳しく見てみましょう。 母親思いの杏さんが、ギャラの支払い方法を変更した理由が気になりますよね? その理由は、 母親の宗教への傾倒っぷりが原因でした。 夫の不倫に苦しんでいた時も頼ることできなかったよね…。 『ピサロ』を諦めて肩を落としていたら…こんな話ってある? 杏ちゃんを自由にしてあげて😭 — あつ junaiboshi 杏と母親の由美子は泥沼裁判に発展!不幸の連鎖に終止符は? 2014年の夏に杏さんは弁護士を立てて、 トップコートと 直接契約に切り替えると母親に宣告。 お金が入ってこなくなった由美子さんは、2015年に慌てて 東京簡裁に調停を申し立てたものの、不調に終わってしまいました。 宗教に完全にハマってしまったのか、2017年冬には訴訟に発展! 離婚した元夫の 渡辺謙さんの名前を持ち出して 借金を重ねていたという情報も耳にしました。 — あつ junaiboshi 杏さんは父親の度重なる不倫騒動に振り回され、 母親の巨額の 借金を肩代わりしてきた苦労人なんですよ。 それが信じていた夫には裏切られ、3人の子供を抱えて仕事と家庭の両立を果たすために、忙殺され続ける毎日。 母親の話は有名だよね。 若い時から気苦労が耐えないよね。 だから多くの人が杏さんの側に立つのよ。 早くすべて終わってゆっくり休める環境になってほしいね。 杏さんの不幸な人生に終止符が打たれるのは、いったいいつの日になるのでしょうか? まとめ 以上、杏の母親との関係についてご説明いたしました。 父親と夫の女性問題に悩まされ、生活の面倒を見ていた 母親からタカられ続ける毎日。 杏さんは母親が宗教にハマってしまい、こしらえた4億円もの借金返済のために、高校を中退して芸能界デビュー。 それ以来ずっと過酷な人生を歩まれてきました。 杏ちゃん、母親に訴えられているとかここまで家族運が無いとか悲惨だね、これで家族関係に苦労している母親を見て育つ杏ちゃんの子供達が、将来母親を裏切る事が無い事を祈るよ — 豚野尻尾 sippoooo それでもご自身の不幸な人生をひけらかして、 同情を誘うような真似は一度もしていないんですよ! 強く気高く美しい杏さんの姿に、賞賛の声が集まるのも納得ですね。 幸せな日常生活を過ごすことが出来るよう、ウアリンは杏さんを心から応援しています! 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

次の

杏と渡辺謙の確執の真相!実母と南果歩との関係

杏 実母 だれ

杏オフィシャルサイトより コロナ禍のなか、女優でモデルの杏と実母との骨肉裁判が明らかになった。 「週刊新潮」4月16日号(新潮社)と、「女性セブン」4月30日号(小学館)が立て続けに封じたこの裁判。 実母から杏に損害賠償請求訴訟が提起されたのは2017年のクリスマスのことだったというが、問題はそれよりずっと前に発生していたようだ。 発端は2007年。 当時、杏は所属していた事務所に対して、ギャラをめぐる不満があった。 これを母に相談したところ紹介された弁護士によって、翌年に現在の所属事務所であるトップコートに移籍できることとなった。 その翌年の2009年、杏は個人事務所を設立。 トップコートからこの個人事務所にギャラが入るという流れになった。 実母は仕事を辞めてこの個人事務所の事務職員になり、月に35万円の給与を受け取るようになる。 だが2014年、杏は弁護士を立てて、実母に「個人事務所を退職してトップコートと直接契約する」旨を告げる。 これに納得できない実母は無効を主張するが、折り合いがつかず調停を申請。 だが決着がつかないまま東京地裁に提訴がなされたという流れである。 調停の際すでに杏はこのように訴えていたという。 <母は『女性霊能者』に心酔している。 その『霊能者』は飲食店を経営しているが、自宅には祭壇があり、太鼓を叩いて祝詞をあげ、神に祈祷しながらお告げを聞く、という儀式を行うという。 しかし、実母はかつて、元夫の渡辺謙との過去の民事裁判により『宗教団体に約2億5000万円を振り込んでいたこと、杏とその兄の同級生の保護者らに約2億円もの借金をしていたこと』が明らかにされている。 当時の裁判は、渡辺が離婚成立と子供の親権を求めて実母を提訴したものだった。 この渡辺の主張に反撃せんと、実母は渡辺と複数の女優たちとの不倫疑惑を証言するなど、当時も泥沼の様相を呈したのだ。 「週刊新潮」によれば、実母は杏がモデル事務所に所属していた際に「被告と事務所関係者の男女交際関係が悪化した」ことがあり、さらに「前事務所のマネージャーは、以前から杏にセクハラ、パワハラをし、元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたり(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく、そのような経緯があり、困難極まりない芸能界での事務所移籍を決意しました」などと主張。 現在の事務所に移籍後も「たびたび被告の男女交際の問題が発生したが、原告は、被告の芸能活動に支障が出ないよう代表取締役として事態の収拾に力を尽くし、また娘の人生を幸せにするために母親として被告を支えてきた」と、性に奔放な娘(杏)がたびたびトラブルを起こすが、それを実母がおさめてきたのだとの主張を繰り返した。 また先述の霊能者に頼っていたのは当の杏だったとも言うのであった。 これらはあくまでも実母の一方的な主張であり、杏は否定している。 にもかかわらず「前の事務所が枕営業をさせていた」「東出とのホテルを母親に予約させていた」などといった情報が一人歩きし、一部ニュースサイトにも掲載されている始末である。 実母の狙い通りに一部ネットメディアが踊らされているとも言えるし、スキャンダラスであれば杏側が否定していようがなんだろうが関係ないサイト側の問題でもあるだろう。 母娘の泥沼訴訟はまだ決着がついてはいないが、訴訟の本筋と関係のない真偽不明な醜聞を吹聴するのは、一人の母親の行ないとして疑問を感じるばかりである。 実母が杏の醜聞を広めれば広めるほど、実母側のヤバさが浮き彫りになる。

次の