ソードシールド 環境。 【ポケモン剣盾】ソードシールド シングル環境入りしそうなポケモン5選!

ツボツボ育成論 : 環境破壊を楽しむエースバーンへ 環境保守型ツボツボ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ソードシールド 環境

『ポケットモンスター ソード・シールド』の追加コンテンツ第1弾である「鎧の孤島」は伝説のポケモンを中心とした新たなストーリーを楽しめるだけでなく、通信対戦を楽しむための育成を補助する要素も含まれています。 これまでと比べるとだいぶかゆいところに手が届くようになりましたし、7月からは『ポケモンHOME』で連れてきた過去作ポケモンをランクバトルやインターネット大会で使えるようになりました。 「この機会に対戦をしてみようかな?」と思う人向けに、そんな便利要素をひとまとめした記事になります。 過去作ポケモンの解禁時期などについて 過去作のポケモンは、シリーズ5(2020年7月1日9時)から使えるようになります。 『ポケモンHOME』で連れてきたあと、バトルタワーで「ランクバトルに参加できるようにしてあげるおじさん」に頼んで技を忘れさせる必要があるので、ご注意ください。 また、『ポケモン HOME』の使い方を解説した特集記事もあるので、こちらもご覧ください。 レベル上げも簡単! 従来のポケモンであれば、レベルを上げるのに四天王を周回する必要がありました。 しかし『ポケモン ソード・シールド』では「けいけんアメ」という便利なアイテムが追加。 これを与えれば一気にレベルが上がります。 けいけんアメはマックスレイドバトルで勝利すると入手可能です。 「鎧の孤島」では取得経験値があがる「けいけんおまもり」というアイテムももらえます。 基礎ポイント上げ・下げもらくらく ポケモンにはバトルをしたり道具を使うことで能力値が増える「基礎ポイント」(いわゆる努力値)という要素があります。 これを上げるのもだいぶ楽になりました。 本作から「タウリン」などの基礎ポイントを上げるアイテムで上限まで鍛えることができるようになりましたし、さらに「鎧の孤島」では道場をアップグレードさせることで安く栄養ドリンクを入手できるようにもなっています。 栄養ドリンクを道場で買うには、ミツバに20万ワットも渡す必要があるのでちょっと大変かも。 地道に稼ぐほか、鍛錬平野にいる掘り出しオヤジに「ヨロイこうせき」というアイテムを5個渡すことで一気にワットを入手できます。 ヨロイこうせきは一部のマックスレイドバトルで入手可能ですので、いろいろなポケモンと戦ってみるといいでしょう。 なお、ヨロイこうせきは集中の森にいる掘り出しマダムからも入手できます。 確実に1個もらうか、たくさん手に入れる採掘にチャレンジするかの二択になっています。 また、基礎ポイントを下げるきのみも存在します。 「鎧の孤島」では基礎ポイントを下げる特定のきのみが出る木が用意されているので、今までよりグッと入手しやすくなりました。 なお、きのみを手に入れる際は「木の揺れ」に注意しましょう。 揺れが激しくなったあとも木をゆすってしまうと、野生のポケモンが落ちてきてきのみを取られてしまいます。 さらにワークアウトのうみには、ヨロイこうせきを渡すことでポケモンの基礎ポイントをリセットしてくれるお姉さんもいます。 ミントで擬似的に性格変化 『ポケモン ソード・シールド』では「ひかえめミント」、「おっとりミント」などのミント系アイテムが登場します。 これはポケモンの性格を変えることはないものの、補正値を該当の性格のものに変更することが可能です。 このアイテムは、バトルタワーでバトルポイントと引き換えに入手できます。 バトルポイントを入手する方法はいくつかあり、バトルタワーに参加する、「鎧の孤島」クリア後のしばり組手をプレイする、もしくはランクバトルも参加するなど。 また、『ポケモンHOME』を利用している場合、「Pokemon HOMEポイント」をバトルポイントに変換できます。 タマゴわざは預けるだけで伝わる ちょっと特殊な「タマゴわざ」は、同じ種類のポケモン2匹をあずかりやに預けることで伝えることができるようになりました。 覚えさせる側のポケモンは、ポケモンセンターで事前に技を忘れさせて、技欄の空きを作っておきましょう。 個体の能力もいまや割と簡単に最高にできる ポケモンは個体ごとに能力の差があります(ユーザーからは個体値とも呼ばれています)。 従来のシリーズではこれを変えることはできなかったのですが、数作前からその個体の能力を鍛える「すごいとっくん」という要素が登場しており、『ポケモン ソード・シールド』でもこれを利用できます。 マックスレイドバトルなどで入手できる「ぎんのおうかん」や「きんのおうかん」を持ってバトルタワーに行くと、ポケモンの個体の能力を鍛えることができるのです。 ただし、レベル100まで上げる必要があります。 キョダイマックスできる個体に変化させるダイスープ 「鎧の孤島」では「ダイスープ」という要素が追加。 これは「ダイキノコ」というアイテムを集めて作れる食べ物で、キョダイマックスの可能性を秘めたポケモンに食べさせるとキョダイマックスができるようになります。 つまり、通常のダイマックスしかできない個体でも、キョダイマックスができるようになる方法が追加されたというわけ。 過去作ポケモンをキョダイマックスさせることもできます。 「鎧の孤島」はレアアイテムも豊富 「鎧の孤島」の舞台となるヨロイ島には、たくさんのレアアイテムが落ちています。 本編で手に入れづらい「かえんだま」などをはじめ、いろいろな道具が拾えるのです。 さらに道具を合成できる「ウッウロボ」を使えば、わざレコードなども狙って出すことが可能。 道具に関しても割と入手しやすくなりました。 教え技が追加! また、「鎧の孤島」では教え技も追加されています。 道場にいる人物にヨロイこうせきを5個渡すことで覚えさせることが可能。 どれも対戦ではいろいろな可能性がありそうな技となっています。 《すしし》.

次の

『ポケモン ソード・シールド』対戦したいけど育成が面倒…ならレンタルチーム使おうぜ! 対人初心者によるデビュー戦レポート

ソードシールド 環境

『ポケットモンスター ソード・シールド』の追加コンテンツ第1弾である「鎧の孤島」は伝説のポケモンを中心とした新たなストーリーを楽しめるだけでなく、通信対戦を楽しむための育成を補助する要素も含まれています。 これまでと比べるとだいぶかゆいところに手が届くようになりましたし、7月からは『ポケモンHOME』で連れてきた過去作ポケモンをランクバトルやインターネット大会で使えるようになりました。 「この機会に対戦をしてみようかな?」と思う人向けに、そんな便利要素をひとまとめした記事になります。 過去作ポケモンの解禁時期などについて 過去作のポケモンは、シリーズ5(2020年7月1日9時)から使えるようになります。 『ポケモンHOME』で連れてきたあと、バトルタワーで「ランクバトルに参加できるようにしてあげるおじさん」に頼んで技を忘れさせる必要があるので、ご注意ください。 また、『ポケモン HOME』の使い方を解説した特集記事もあるので、こちらもご覧ください。 レベル上げも簡単! 従来のポケモンであれば、レベルを上げるのに四天王を周回する必要がありました。 しかし『ポケモン ソード・シールド』では「けいけんアメ」という便利なアイテムが追加。 これを与えれば一気にレベルが上がります。 けいけんアメはマックスレイドバトルで勝利すると入手可能です。 「鎧の孤島」では取得経験値があがる「けいけんおまもり」というアイテムももらえます。 基礎ポイント上げ・下げもらくらく ポケモンにはバトルをしたり道具を使うことで能力値が増える「基礎ポイント」(いわゆる努力値)という要素があります。 これを上げるのもだいぶ楽になりました。 本作から「タウリン」などの基礎ポイントを上げるアイテムで上限まで鍛えることができるようになりましたし、さらに「鎧の孤島」では道場をアップグレードさせることで安く栄養ドリンクを入手できるようにもなっています。 栄養ドリンクを道場で買うには、ミツバに20万ワットも渡す必要があるのでちょっと大変かも。 地道に稼ぐほか、鍛錬平野にいる掘り出しオヤジに「ヨロイこうせき」というアイテムを5個渡すことで一気にワットを入手できます。 ヨロイこうせきは一部のマックスレイドバトルで入手可能ですので、いろいろなポケモンと戦ってみるといいでしょう。 なお、ヨロイこうせきは集中の森にいる掘り出しマダムからも入手できます。 確実に1個もらうか、たくさん手に入れる採掘にチャレンジするかの二択になっています。 また、基礎ポイントを下げるきのみも存在します。 「鎧の孤島」では基礎ポイントを下げる特定のきのみが出る木が用意されているので、今までよりグッと入手しやすくなりました。 なお、きのみを手に入れる際は「木の揺れ」に注意しましょう。 揺れが激しくなったあとも木をゆすってしまうと、野生のポケモンが落ちてきてきのみを取られてしまいます。 さらにワークアウトのうみには、ヨロイこうせきを渡すことでポケモンの基礎ポイントをリセットしてくれるお姉さんもいます。 ミントで擬似的に性格変化 『ポケモン ソード・シールド』では「ひかえめミント」、「おっとりミント」などのミント系アイテムが登場します。 これはポケモンの性格を変えることはないものの、補正値を該当の性格のものに変更することが可能です。 このアイテムは、バトルタワーでバトルポイントと引き換えに入手できます。 バトルポイントを入手する方法はいくつかあり、バトルタワーに参加する、「鎧の孤島」クリア後のしばり組手をプレイする、もしくはランクバトルも参加するなど。 また、『ポケモンHOME』を利用している場合、「Pokemon HOMEポイント」をバトルポイントに変換できます。 タマゴわざは預けるだけで伝わる ちょっと特殊な「タマゴわざ」は、同じ種類のポケモン2匹をあずかりやに預けることで伝えることができるようになりました。 覚えさせる側のポケモンは、ポケモンセンターで事前に技を忘れさせて、技欄の空きを作っておきましょう。 個体の能力もいまや割と簡単に最高にできる ポケモンは個体ごとに能力の差があります(ユーザーからは個体値とも呼ばれています)。 従来のシリーズではこれを変えることはできなかったのですが、数作前からその個体の能力を鍛える「すごいとっくん」という要素が登場しており、『ポケモン ソード・シールド』でもこれを利用できます。 マックスレイドバトルなどで入手できる「ぎんのおうかん」や「きんのおうかん」を持ってバトルタワーに行くと、ポケモンの個体の能力を鍛えることができるのです。 ただし、レベル100まで上げる必要があります。 キョダイマックスできる個体に変化させるダイスープ 「鎧の孤島」では「ダイスープ」という要素が追加。 これは「ダイキノコ」というアイテムを集めて作れる食べ物で、キョダイマックスの可能性を秘めたポケモンに食べさせるとキョダイマックスができるようになります。 つまり、通常のダイマックスしかできない個体でも、キョダイマックスができるようになる方法が追加されたというわけ。 過去作ポケモンをキョダイマックスさせることもできます。 「鎧の孤島」はレアアイテムも豊富 「鎧の孤島」の舞台となるヨロイ島には、たくさんのレアアイテムが落ちています。 本編で手に入れづらい「かえんだま」などをはじめ、いろいろな道具が拾えるのです。 さらに道具を合成できる「ウッウロボ」を使えば、わざレコードなども狙って出すことが可能。 道具に関しても割と入手しやすくなりました。 教え技が追加! また、「鎧の孤島」では教え技も追加されています。 道場にいる人物にヨロイこうせきを5個渡すことで覚えさせることが可能。 どれも対戦ではいろいろな可能性がありそうな技となっています。 《すしし》.

次の

【ソードシールド】注目の新わざ・追加の教え技まとめ【ポケモン剣盾】

ソードシールド 環境

自慢のポケモンたちを他のプレイヤーが育てたポケモンと戦わせる、『ポケットモンスター』シリーズお馴染みの機能「 対戦」。 ポケモンの組み合わせから練られる何百種類もの戦略や、それを成功させた際の達成感、手に汗握る読み合いなど、対戦でしか楽しめない要素に多くのプレイヤーが魅了されてきました。 しかし、いざ対戦に挑もうと思っても簡単にはいきません。 個体厳選や努力値振りなどやることは山積み。 育成を楽しいと感じるプレイヤーもいる反面、難しさや面倒くささを覚えるプレイヤーだっています。 「対戦はしてみたいけど、育成が面倒で手を出せない」という方もいるでしょう。 今回は、そんな育成問題で活躍する「 レンタルチーム」に注目。 本機能を使えば、他のプレイヤーがインターネットなどで公開しているバトルチームを借りて対戦に挑めます。 誰でも強いチームですぐにバトルできるので、育成が面倒なプレイヤーにもオススメ。 かく言う筆者も、育成の面倒くささや気後れから1回も対戦をやったことがありませんでした。 そんな折に「レンタルチームを使って対戦デビューしてみない?」と進められたので、思い切って挑戦することに。 使用するレンタルチーム紹介とその借り方 今回使用するレンタルチームは、ポケモン公式Twitter でも紹介された小冊子「」に記載されているワタシラガ、エルフーン、バタフリー、ピカチュウ、リザードン、マホイップの6体です。 このチームの戦略は、ワタシラガ or エルフーンで相手の妨害または味方の素早さを上げ、バタフリーで相手を眠らせて能力アップ技を使用、「バトンタッチ」でエースのピカチュウ、リザードン、マホイップに能力を引継ぎ大暴れ、というものになります。 詳しい戦術は本冊子に書いてあるので、そちらをご確認ください。 今回借りるチームのIDは「0000 0004 MH9H 20」です。 レンタルチームを使っていざ対戦デビュー! 借りたレンタルチームでさっそく対戦デビューを飾ります。 通常の対戦には、勝敗にこだわらない「カジュアルバトル」、真剣勝負で腕前を競う「ランクバトル」の2つが用意。 まずは「カジュアルバトル」に挑んでみます。 対戦では3対3となるため、相手のチームを意識しながら3体のポケモンを選出。 対戦相手がNPCからプレイヤーに変わったと意識するだけで、選出ポケモンの並びや指示を出す際の緊張感も増します。 先手はワタシラガ or エルフーンどちらがいいのか? エースは誰にするか? 選出の時点で読み合いは始まっているんですね さて、意気揚々と挑んだ初戦ですが、 筆者の知識不足も相まって戦略が全て失敗したうえ、相手ポケモンを1体も倒せず敗北。 対戦の洗礼を受けることとなりました。 エルフーンによるサポートは無効になり、バタフリーは「ねむりごな」を防がれ、エースのリザードンは活躍できずに終わりです。 相手の動きは、こちらの戦略を完全に読んでいたかと思うほど鮮やか。 戦略通りには全く行かず、1匹も倒せないまま再びバタフリーを出すこととなりました こちらの大技もしっかり「ダイウォール」で防御。 相手の強さに脱帽です 対戦に精通するプレイヤーは、どのポケモンがどんな役割を得意とするのか覚えていると聞きます。 初戦の相手も、選出画面のチームを見た際にどんな戦略でくるか推測したのかもしれません。 対戦勢の凄さを痛感しつつも、気を取り直して対戦を続行。 対戦とレンタルチームへの慣れもあってか、馬鹿正直に戦略通りの動きをするのではなく、相手の隙を見つけてコツコツと準備を進めていく動きや、戦略が途絶えた際のカバー、交代読みなども考えられるようになり、段々と対戦が楽しくなっていきました。 結局は負けましたが、相手ポケモンを1体まで追い込むことに成功 相手を眠らせたうえで、能力アップ&みがわりを施してバトンタッチ! 上手く行き過ぎてニヤニヤが止まりません 戦略通りにエースポケモンへ能力を引継ぎ、キョダイマックスで3タテするという理想的な勝ち方もできました 知識不足による失敗はご愛嬌 知識不足による失敗は ry また、お互いが知力を振り絞って戦うこともあり、勝った時の高揚感、急所当たりや攻撃が外れた際のドキドキ感などはNPC戦と比較になりません。 特に、狙った戦略通りに対戦が進んだ場合はニヤニヤが止まらなくなります。 レンタルチームによる対戦デビューを終えて 初めての対戦をレンタルチームで挑んだわけですが、キモとなる読み合いをはじめしっかりと楽しめました。 ただし、レンタルチームゆえの弱みを感じた部分もあります。 今回使用したレンタルチームはポケモン公式Twitterでも紹介されたチームのため、多くのプレイヤーが目を通しているはずです。 メンバー選出で筆者のチームを見た際に、「あ、紹介されていたレンタルチームと同じだ」と気付かれれば、持ち物や技構成、戦術も一発で察知されるでしょう。 ワタシラガ、エルフーン、バタフリー、ピカチュウ、リザードン、マホイップと特徴的なチームだったのもありますが、今回のような公式で紹介されたレンタルチームを使う場合は少し注意した方がいいかもしれません。 バトルタワーのおじさんからもレンタルチームは借りられます なお、レンタルチームは攻略サイトやTwitter、実況動画などでも紹介されていますので、公式以外で探す場合はそれらを活かすのがオススメです。 レンタルチームで対戦の楽しさを知り、そこから「自分だけのチームでも対戦をしたい!」という気持ちで育成に挑む・・・そんな逆の入り方で対戦にハマっていくこともあるかもしれませんね。 【関連記事】 『ポケモン ソード・シールド』「鎧の孤島」で育成環境がさらに神仕様に! 復帰勢にも嬉しい要素を9項目でまとめ ちなみに、対戦時にはリーグカードの見せ合いが行われます。 カッコイイものからカワイイもの、ギャグ寄りのものまで自由自在なので、対戦デビューを決める前にロトミで自慢のリーグカードを作っておくといいでしょう。 筆者も気合を入れたデザインに新調しておきました 《茶っプリン》.

次の