エイコン 血糖 値 測定 器 口コミ。 血糖測定器の「正確度」ランキングはないのか [糖尿病] All About

エイコン(ACON)の血糖値測定器を使って血糖値をコントロール

エイコン 血糖 値 測定 器 口コミ

こちらの記事もどうぞ 2015年5月から血糖自己測定をしている。 最初は社製の測定器を作っていた。 コストの面からニプロ社製の物に変えた。 ニプロ社製の物入手が難しくなってきたので、ACON(エイコン)社製のものに変えることにした。 血糖値測定器を変更する時は結構問題が出てくる。 今までの数値と違った「体系」になるようなのである。 ハッキリとはわからない(マニュアル等に明記されていない)のだが、メーカーによってはわざと低く出すようにしているのではないかと思う。 ニプロ社製の測定器がずいぶん低いのである。 今回、ACON社製が高めに出ているようなのである。 また、ACON社製で1回目に高めに出て、おかしいなと思いもう一回測ると今度は違うのである。 同じ会社のもので、ほぼ同時に計ると違うのは少し困る。 実際に違っている場合もありそうである。 同じ血を使ってみてテストもしたが、一回血を吸うと表面張力が変わるようで、センサーに入っていく感じが変わる。 奥まで一気に入っていかないような感じなのだ。 なので、同じ血での結果はあまりあてにならないと思う。 センサーの採血点から奥の所まで有る溝状のくぼみを血が流れる時に測っているのかなあ。 そこに問題があるとすると、センサーの問題になるなあ。 ACON社の方は、一番奥まで「スー」と入っていかないような感じがする。 まずはしばらく試行錯誤である。 11月の血糖値の測定はACONでの数字を入れているが、少しずつ高いようなきがする。 まあ、問題はA1Cだからね(多分)。 どうも、センサーの形(厚さ)に問題が有るようなきがする。 ACONのものは、厚いのである。 その為に指の所一滴出たものがセンサーの奥まで入っていくのに時間がかかっているような感じがする。 一方ニプロのものは先端(採血の側)すんなりと入っていく感じがする。 これは結構違っている、 10ぐらいまでの違いはいいことにしている。 指で違うかをチェック。 電極の位置とか設計が関わってくるのだろう。 一回一回の血糖自己測定はあくまでその「血糖変動イベント」がどの程度の影響を自分自身に与えるかを見るためだから、あまり大騒ぎしないことである。 高かったので、泳ぐことにした。 久しぶりの運動である。 プールの更衣室で泳ぐ前に測る 700mぐらい泳いだ。 落ちている。 めでたくピッタリと一致することも有る。 今朝はかってみた、腹減って、春巻き食っちまった。 食べる前に測らなくっちゃね。 masaya50.

次の

血糖値386からの挑戦状: 血糖値測定器を逆に測定してやります2

エイコン 血糖 値 測定 器 口コミ

血糖値測定器にも様々なメーカーや機種がある中、エイコン(ACON)の血糖値測定器は消耗品が断トツに安いので、長い時間を割いて検討する必要もありませんでした。 なおかつセンサー(試験紙)も格安のエイコン(ACON)社の血糖値測定器を見つけ、即決で買うことにしました。 ただ、アメリカからの発送なのがちょっと心配だったので「コンビニ後払い」を利用しました。 (ほかにもクレジットカードも代引きも使えます) 実は商品が到着する数日前に請求書が送られてきてびっくりしましたが、数日後には商品が無事到着しホッとしました。 早速、茶色の箱を開けるとこんな感じで商品と日本語の取扱説明書が入っています。 説明書の内容が思ったよりしっかりしていて、いい意味で想像とちがってました。 いろいろなパンフレットが一緒に入っていた中で、「なるほど。。。 」と思った説明が有りましたので私なりの解釈を交えご紹介させていただきます。 血糖値測定器を購入する必要はない? 皆さんなぜ血糖値測定器で血糖値を測定するのですか?糖尿病かどうか心配だから?それだけが理由なら血糖値測定器を購入する必要はありません。 健康診断でヘモグロビンA1cの数値を見ればOKです。 ヘモグロビンA1cの数値が6. 5以下なら問題ありません。 私の場合はヘモグロビンA1cが8. 5以上なので完全に糖尿病です。 「このまま何もアクション取らないと、どんどん糖尿病が進行し合併症につながり失明や足の切断に至りますよ」とお医者さんに脅されました。 食後の血糖値の上昇をおさえるために、血糖値測定器を購入することにしました。 でも血糖値測定器で血糖値を測るだけで血糖値がコントロールできる訳ではありません。 (当然です) このエイコン(ACON)の血糖値測定器を販売している「糖尿病お助け隊」の説明では、血糖値測定器はご自身の血糖値上昇の傾向を把握し、血糖値をマネージメントするために活用しましょう。 という趣旨です。 決して自分の血糖値をチェックして安心したり、不安になったり、反省したりするための物ではありません。 具体的に説明していきましょう。 糖尿病をコントロールする 食後2時間(食事を開始してから2時間後)の血糖値が200を超えないようにすることができれば、血糖値をコントロールできていると思ってOKです。 これで糖尿病は悪化しません。 糖尿病は治りませんが悪化は止めることができます。 悪化を止めなければ改善はもちろん望めず失明や足の切断などなど、恐ろしい合併症は時間の問題です。 食後2時間後の血糖値の値は当然人によりまちまちです。 膵臓から出るインスリンの量や質(パワー)で変わります。 つまり自分にはどのくらいのインスリンの量とパワー(質)があるのかを血糖値測定器でまず把握します。 そして何をどのくらいまでなら食べてよいのかを判断できるようになれば、血糖値は完全にコントロールできます。 さらに市場にある様々な血糖値対策のためのサプリやお茶が自分の状態に効果あるものなのかどうかも、血糖値測定器の測定結果で判断できます。 多くのサプリメーカーなどが「血糖値が気になる方へ。。。 」と言ってお茶やサプリを販売しています。 しかし誰にでも均一に効果があるサプリはありません。 体の状態は人それぞれなのですから、その効果はまちまちです。 インスリンの量や質(パワー)が少ない人は、インスリンの代替となる成分が配合されているサプリが効果的です。 亜鉛やクロムが不足している人は、それを補うサプリが効果的です。 (糖尿病の人の多くは亜鉛とクロムが不足していてそれが高血糖の原因の場合があります) これかな?と思ったサプリを試してみて食後の血糖値を測ってみたり、早朝血糖値(糖尿病の人は空腹な早朝でも血糖値が高い場合があります)が改善されたかどうか血糖値測定器で検証しましょう。 サプリで血糖値をコントロール 血糖値を上昇させる主な原因は「炭水化物」です。 食前に炭水化物の吸収をブロックするサプリがあります。 食前にそのサプリを飲んだ時と飲まなかった時の血糖値の上がり具合を、血糖値測定器で測って比較しておくのも有効な活用方法のひとつです。 それに思わぬものが意外と血糖値を急激に上げてしまうことに気が付かせてくれるのも血糖値測定器です。 例えばリンゴジュースやオレンジジュースは特にスゴイです。 あっという間に血糖値が上昇します。 お煎餅やお餅もスゴイです。 (これらは人によっても異なりますが。。。 私の場合はこれらの物はご法度です。 いくら食べたくても我慢します) シュガーフリーのチョコレートは、逆の意味でスゴイです。 試しに食べても思ったほど血糖値は上昇しませんでした。 どうしても甘い物が欲しい時、我慢の限界になったら私はこれを数粒食べます。 私の場合、鶏肉は血糖値をそれほど上昇させません。 焼き鳥はOKです。 なので心配せず思いっきり食べます。 これも血糖値測定器で血糖値の上昇傾向を知ることができたからで、普通は怖くてできません。 私の場合、麺類、ご飯類が好きで食べない方がよいのは判っていますが、どうしても我慢できない時がやっぱりあります。 そんな時はドクターズチョイスのフェーズ2プラスを食前に2錠飲むと食後の血糖値の上昇をおさえてくれるので活用しています。 例えば私の場合フェーズ2プラスを飲まずにご飯をお茶碗半分以上食べると、食後の血糖値が200を超えてしまいます。 この様に血糖値測定器を使って何を食べてもOKなのか?何を食べない方がよいのか?食品だけでなくどのサプリが効果があるのか?を把握して糖尿病を克服しています。 返金保証があるので気軽に試せる エイコン(ACON)を販売している「糖尿病お助け隊」は数種類のサプリやお茶も販売しています。 センサーやランセット針など消耗品は定期購入していますが、それとは別に送料がなるべくかからないよう工夫しながらサプリも試しています。 私の場合、血糖値コントロールTEAを最初買い、飲んでみましたが効果はそれほど感じることができませんでした。 おそらくこの商品は私の様にヘモグロビンA1cが8. 5以上の人には向かないのかもしれません。 効果がなければ90日以内の全額返金保証をこのメーカーは行っています。 全て飲んでから返品申請してもスムーズに返金手続してくれました。 ただし返金の振込手数料と商品返品代は自己負担です。 また、同一商品の返金申請は一度だけですのでご注意ください。 もしかしたらその商品は再度購入することができないかもしれません。 (未確認ですがおそらくそうです) その次にフェーズ2プラスとグルコサポートという商品を購入しました。 共に効果を実感しましたが、今の所フェーズ2プラスだけで血糖値をコントロールできているので、グルコサポートは買わずに済んでいます。 それと最後に日々、血糖値測定器で自分の血糖値の傾向を測って自分の体の状態を把握でき食事への関心や注意を払う様になります。 それまではなにも考えずに好きな物を好きなだけ食べて「糖尿病は大丈夫かな?進行していないかな?」とただただ不安を抱き続けていました。 でもその不安もなくなりストレスからも解放されたような気がします。 糖尿病であることで将来が不安になっていましたが、今はほとんどありません。 気持ち的にもずいぶん楽になり救われた感じがしています。 「血糖値測定器は血糖値をマネージメントするためのもの」この意味がお判りいただけましたでしょうか?血糖値はこのように日々頻繁に測定する必要があります。 なので消耗品である試験紙が格安のエイコン(ACON)を私は選びました。 おそらく今最も安い試験紙の血糖値測定器だと思います。 今、血糖値測定器を購入しようと考えている方のアドバイスになれば幸いです。

次の

ACON(エイコン)血糖値測定器買う・・・

エイコン 血糖 値 測定 器 口コミ

血糖値測定器にも様々なメーカーや機種がある中、エイコン(ACON)の血糖値測定器は消耗品が断トツに安いので、長い時間を割いて検討する必要もありませんでした。 なおかつセンサー(試験紙)も格安のエイコン(ACON)社の血糖値測定器を見つけ、即決で買うことにしました。 ただ、アメリカからの発送なのがちょっと心配だったので「コンビニ後払い」を利用しました。 (ほかにもクレジットカードも代引きも使えます) 実は商品が到着する数日前に請求書が送られてきてびっくりしましたが、数日後には商品が無事到着しホッとしました。 早速、茶色の箱を開けるとこんな感じで商品と日本語の取扱説明書が入っています。 説明書の内容が思ったよりしっかりしていて、いい意味で想像とちがってました。 いろいろなパンフレットが一緒に入っていた中で、「なるほど。。。 」と思った説明が有りましたので私なりの解釈を交えご紹介させていただきます。 血糖値測定器を購入する必要はない? 皆さんなぜ血糖値測定器で血糖値を測定するのですか?糖尿病かどうか心配だから?それだけが理由なら血糖値測定器を購入する必要はありません。 健康診断でヘモグロビンA1cの数値を見ればOKです。 ヘモグロビンA1cの数値が6. 5以下なら問題ありません。 私の場合はヘモグロビンA1cが8. 5以上なので完全に糖尿病です。 「このまま何もアクション取らないと、どんどん糖尿病が進行し合併症につながり失明や足の切断に至りますよ」とお医者さんに脅されました。 食後の血糖値の上昇をおさえるために、血糖値測定器を購入することにしました。 でも血糖値測定器で血糖値を測るだけで血糖値がコントロールできる訳ではありません。 (当然です) このエイコン(ACON)の血糖値測定器を販売している「糖尿病お助け隊」の説明では、血糖値測定器はご自身の血糖値上昇の傾向を把握し、血糖値をマネージメントするために活用しましょう。 という趣旨です。 決して自分の血糖値をチェックして安心したり、不安になったり、反省したりするための物ではありません。 具体的に説明していきましょう。 糖尿病をコントロールする 食後2時間(食事を開始してから2時間後)の血糖値が200を超えないようにすることができれば、血糖値をコントロールできていると思ってOKです。 これで糖尿病は悪化しません。 糖尿病は治りませんが悪化は止めることができます。 悪化を止めなければ改善はもちろん望めず失明や足の切断などなど、恐ろしい合併症は時間の問題です。 食後2時間後の血糖値の値は当然人によりまちまちです。 膵臓から出るインスリンの量や質(パワー)で変わります。 つまり自分にはどのくらいのインスリンの量とパワー(質)があるのかを血糖値測定器でまず把握します。 そして何をどのくらいまでなら食べてよいのかを判断できるようになれば、血糖値は完全にコントロールできます。 さらに市場にある様々な血糖値対策のためのサプリやお茶が自分の状態に効果あるものなのかどうかも、血糖値測定器の測定結果で判断できます。 多くのサプリメーカーなどが「血糖値が気になる方へ。。。 」と言ってお茶やサプリを販売しています。 しかし誰にでも均一に効果があるサプリはありません。 体の状態は人それぞれなのですから、その効果はまちまちです。 インスリンの量や質(パワー)が少ない人は、インスリンの代替となる成分が配合されているサプリが効果的です。 亜鉛やクロムが不足している人は、それを補うサプリが効果的です。 (糖尿病の人の多くは亜鉛とクロムが不足していてそれが高血糖の原因の場合があります) これかな?と思ったサプリを試してみて食後の血糖値を測ってみたり、早朝血糖値(糖尿病の人は空腹な早朝でも血糖値が高い場合があります)が改善されたかどうか血糖値測定器で検証しましょう。 サプリで血糖値をコントロール 血糖値を上昇させる主な原因は「炭水化物」です。 食前に炭水化物の吸収をブロックするサプリがあります。 食前にそのサプリを飲んだ時と飲まなかった時の血糖値の上がり具合を、血糖値測定器で測って比較しておくのも有効な活用方法のひとつです。 それに思わぬものが意外と血糖値を急激に上げてしまうことに気が付かせてくれるのも血糖値測定器です。 例えばリンゴジュースやオレンジジュースは特にスゴイです。 あっという間に血糖値が上昇します。 お煎餅やお餅もスゴイです。 (これらは人によっても異なりますが。。。 私の場合はこれらの物はご法度です。 いくら食べたくても我慢します) シュガーフリーのチョコレートは、逆の意味でスゴイです。 試しに食べても思ったほど血糖値は上昇しませんでした。 どうしても甘い物が欲しい時、我慢の限界になったら私はこれを数粒食べます。 私の場合、鶏肉は血糖値をそれほど上昇させません。 焼き鳥はOKです。 なので心配せず思いっきり食べます。 これも血糖値測定器で血糖値の上昇傾向を知ることができたからで、普通は怖くてできません。 私の場合、麺類、ご飯類が好きで食べない方がよいのは判っていますが、どうしても我慢できない時がやっぱりあります。 そんな時はドクターズチョイスのフェーズ2プラスを食前に2錠飲むと食後の血糖値の上昇をおさえてくれるので活用しています。 例えば私の場合フェーズ2プラスを飲まずにご飯をお茶碗半分以上食べると、食後の血糖値が200を超えてしまいます。 この様に血糖値測定器を使って何を食べてもOKなのか?何を食べない方がよいのか?食品だけでなくどのサプリが効果があるのか?を把握して糖尿病を克服しています。 返金保証があるので気軽に試せる エイコン(ACON)を販売している「糖尿病お助け隊」は数種類のサプリやお茶も販売しています。 センサーやランセット針など消耗品は定期購入していますが、それとは別に送料がなるべくかからないよう工夫しながらサプリも試しています。 私の場合、血糖値コントロールTEAを最初買い、飲んでみましたが効果はそれほど感じることができませんでした。 おそらくこの商品は私の様にヘモグロビンA1cが8. 5以上の人には向かないのかもしれません。 効果がなければ90日以内の全額返金保証をこのメーカーは行っています。 全て飲んでから返品申請してもスムーズに返金手続してくれました。 ただし返金の振込手数料と商品返品代は自己負担です。 また、同一商品の返金申請は一度だけですのでご注意ください。 もしかしたらその商品は再度購入することができないかもしれません。 (未確認ですがおそらくそうです) その次にフェーズ2プラスとグルコサポートという商品を購入しました。 共に効果を実感しましたが、今の所フェーズ2プラスだけで血糖値をコントロールできているので、グルコサポートは買わずに済んでいます。 それと最後に日々、血糖値測定器で自分の血糖値の傾向を測って自分の体の状態を把握でき食事への関心や注意を払う様になります。 それまではなにも考えずに好きな物を好きなだけ食べて「糖尿病は大丈夫かな?進行していないかな?」とただただ不安を抱き続けていました。 でもその不安もなくなりストレスからも解放されたような気がします。 糖尿病であることで将来が不安になっていましたが、今はほとんどありません。 気持ち的にもずいぶん楽になり救われた感じがしています。 「血糖値測定器は血糖値をマネージメントするためのもの」この意味がお判りいただけましたでしょうか?血糖値はこのように日々頻繁に測定する必要があります。 なので消耗品である試験紙が格安のエイコン(ACON)を私は選びました。 おそらく今最も安い試験紙の血糖値測定器だと思います。 今、血糖値測定器を購入しようと考えている方のアドバイスになれば幸いです。

次の