ゆうちょ通帳アプリ エラー。 コンパスのエラーコード一覧と詳細、対処法を解説!

【解決】ゆうちょ通帳アプリで「電話番号に問題があるためご利用できませんでした。」と表示される場合の対処設定方法

ゆうちょ通帳アプリ エラー

2.べんりに送金 「ゆうちょ認証アプリ」であらかじめ登録したPINコード(暗証番号)を入力することにより、ゆうちょダイレクトで送金できます。 3.あんしんのセキュリティ スマートフォン端末に登録した生体情報(指紋または顔)により本人認証を行うため、従来のパスワードの盗難や第三者の不正アクセス等の被害を防止できます。 ・指紋認証を利用するためには、事前にご利用のスマートフォン端末への指紋情報の登録が必要です。 ・一度生体情報等を登録すると、生体情報による認証へ切り替わり、トークンおよびメールワンタイムパスワードによる認証は使用できなくなります。 ・ご本人様確認のため、口座にご登録の電話番号あてに、自動音声によりお電話をおかけいたします。 電話を受けられる環境でお手続きください。 ・PINコードの登録は任意ですが、未登録の状態ではゆうちょダイレクトからの送金等がご利用いただけません。 送金等をご利用の場合はPINコードを登録してください。 ・一定期間ご利用がない場合は、生体情報等の再登録が必要な場合がございます。 ・本アプリの利用料は無料です。 ただし、ダウンロードや利用時に発生する通信料は、お客さまにご負担いただきます。 電話としての機能の良さから、ガラケーとタブレットもしくはPCと言う構成で仕事をしている個人事業主は世の中に相当数いるのですが、こういう人にとってはインストールして登録すると資金の移動ができなくなる害のあるアプリですので、くれぐれもインストールされないように気をつけてください。 iPad Air 2で最新のiOSを利用していますが、Safari、Google Chromeどちらを利用してもゆうちょダイレクトのトップページから「生体認証でログイン タブレット 」をタップすると「パソコンからはアプリの起動ができません」がポップアップされます。 どのタブレットだったらアプリの起動ができるんでしょうか? 履歴やキャッシュの削除、デフォルトでモバイルページが表示されるように設定するなどしてももちろん無駄です。 タブレットにインストールした生体認証アプリからログインすると、Safariが起動しスマホ用のウェブページが表示されます。 しかし振り込みの画面で、PINを入力するために「アプリを起動する」をタップすると、また 「パソコンからはアプリの起動ができません」と表示され、送金ができないまま終了してしまいます。 もちろんGoogle Chromeでも同じ表示です。 そしていつも使っているPC画面からは、アプリの利用開始とともに振り込み送金ができないようになっているため、まさに「詰み」の状態です。 1時間ほど試行錯誤を繰り返し、ようやくこの方法で送金ができましたので後学のために書き残しておきます。 まずPCがある状態で、ゆうちょダイレクト画面からお客様番号を入力します。 その状態で「生体認証でログイン」をクリック、PC画面にQRコードが表示されます。 タブレットでゆうちょ認証アプリを起動して、QRコード読み取りのところから、PC画面に表示されたQRコード読み取って、PC画面上でログインをする。 その状態だと、PC画面上で振り込み、送金の操作ができるようになる。 振込み確認画面の最後に、またQRコードが表示されるので、再度タブレットの認証アプリでQRコードを読み取って認証する。 PC上で送金完了操作をするとそれでやっと送金ができます。 今までの状態に戻すには平日に郵便局へ行って書類を書いて送信済しなければいけないと言うことで、あまりのことに唖然としています。 問題のあるアプリ。 プリペイドカードにゆうちょ銀行の口座から送金をする際に使っていました。 他の方も仰っているようにiOS13では使えません。 現在、iOS13が公開されてから2ヶ月。 現在、アプリの動作検証を進めております。 動作検証の結果については、確認後、ゆうちょ銀行Webサイトでお知らせいたします。 」 いまのところ、Webサイトでは新しい情報はなく、さらに生体認証アプリをアンインストールしても以前のようなワンタイムパスワードを発行してのゆうちょダイレクトへのログインはできないとのこと。 流石に問題だと思います。 金融機関のアプリのセキュリティは堅固でいなければならないから新しいOSに適応するためのアップデートに時間がかかるのは分かります。 しかし、それにおける対応が一切ないというのが一番の問題です。 せめて生体認証ログインを無効にする手段が有ればいいのにそれさえもないのは異常ではないでしょうか? 以前からゆうちょダイレクト含め、ゆうちょ銀行のシステムについては少し警戒していた部分がありましたが、このアプリについての対応が決定打になりました。 おすすめできません。 これだけ悪評の最悪アプリは今まで見たことも聞いたこともありません 怒 いい加減退会・アンインストールで以前の「トークン」システムに無料で戻せるよう考えたらどうなんですか? 馬鹿らしいけど再度、以前お送りした内容でお送りします 怒 このアプリをインストールし登録すると今まで「ゆうちょダイレクト」で使用していたトークンが使用できなくなり、このアプリを廃止しトークンを再利用するには「ゆうちょダイレクト」を再申し込みしトークンを再利用申し込みをすると手数料として1,650円必要とのこと。 この件についてはこの「ゆうちょ認証アプリ」をインストールし登録する際には何も注意喚起を促す文章 案内 等は一切ありません。 よくある質問でこのアプリ廃止の項で「ゆうちょダイレクト」を再申し込みする必要あり、とだけあってトークン再開の手数料はコールセンターに電話して初めて明らかになるのです。 これは顧客を騙して利用者を増やす詐欺のようなものです。 早急にこの詐欺のような「ゆうちょ認証アプリ」をスマホから廃止し「ゆうちょダイレクト」のトークン利用再開が普通に手数料なしでできるよう改善していただきたい。

次の

コロナ禍で「ゆうちょ通帳アプリ」のDLが急上昇 「スマホで残高確認するシーン増えた」

ゆうちょ通帳アプリ エラー

「ゆうちょ通帳アプリのサービス開始等」という迷惑メール 「ゆうちょ通帳アプリのサービス開始等について」という件名の、 このメールを受信したのは2020年2月6日。 先に結論から申し上げますと、Gmailで受信して、 自動的に迷惑メールに振り分けられましたので、 URLをクリックはしておりません、実害は発生していません。 最近、お客様からのフィードバックによると、資金が盗まれたことが多発していますので、当社はシステムの更新を行います。 下記のアップデートをしてください。 jp-bank-japanpeaos. ゆうちょダイレクトサポートデスク 電話:0120-992504(通話料無料) お取扱時間:平日 8時30分21時 土日休日 9時17時 (12月31日1月3日は、9時17時) ゆうちょ銀行 なぜ迷惑メールに騙されそうになったのか なぜ騙されそうになったのか、その理由を分析し以下に解説いたします。 差出人が【ゆうちょ銀行】になっている メールの差出人、送信者(送信元)が、 「【ゆうちょ銀行 】 」 と表示されている。 恐ろしいことに、 これは 本物のゆうちょ銀行メルマガと全く同一となっているのである。 これでは迷惑メールであっても、 ひとまずメールを開いて本文を見てしまう。 ただ、メールにはソースを見るという機能もあり、 そこで、まともなメールではないことがわかります。 本文がゆうちょ銀行のメルマガ文章そのもの この迷惑メールの本文を読みますと、 特に後半の部分が、 正規のゆうちょ銀行のメルマガの文章そのものを コピペしたと思われる文章になっています。 文章の羅列状態で意味不明にも思えるのですが、 何となく正当な連絡のように見えてしまう錯覚。 それはやはりコピー元が本物のメルマガの文章だからでしょう。 ただ、迷惑メールと見分ける救いがあるのは、 メール本文の先頭部分にある文章。 なぜかここだけはオリジナルのようで明らかにおかしい、 日本語として破綻しているとも言える。 これで偽メールだと気がつかされます。 むしろ、この先頭の一文が無かったら・・ 正規のメルマガかと思ってしまったかもしれません。 ゆうちょダイレクトサポートデスクの電話番号が正しい 本文が正規のゆうちょ銀行のメルマガの文章そのものを コピペしたと思われる文章であるがゆえ、 そこに記載されている ゆうちょダイレクトサポートデスクの 電話番号が正しいものになっています。 もちろんサポートの電話番号など覚えていないのですが、 なんとなく正しい印象がありますし、 検索してみると実在する 正規のゆうちょダイレクトサポートデスク電話番号 だとわかる。 これで信じそうになってしまう。 通常は、本物の連絡先を記載してしまうと、 そこに問い合わせた人が詐欺だと気づいてしまうので、 そのような間抜けなことはしないのですが、 それをあえてやっている。 間抜けな詐欺グループなのか、 それとも裏の裏をかいた戦略なのだろうか?と 考えてしまいます。 jp-bank-japanpeaos. com」 こちらをクリックしてください、という この迷惑メールの本体と言いますか 詐欺の本命になる最も重要な部分。 jp-bank-japanpeaos. com」 というもの。 【詐欺】-japanp eaos. com 【正規】. japanpost. jp これは目の錯覚と言いますか、 メールアドレスやURLが長いと 一見して気が付きません。 それと、ゆうちょ銀行の正規のメルマガでは、 本文中にURLも記載されていますが、 大抵は中盤か最後のほうにある。 今回の迷惑メールのように、 本文の先頭のほうにURLを記載しているケースは あまりないはず。 それで違和感を覚え、ほんの少し助かりました。 見分けるヒント【デジタル署名】があるか?無いなら迷惑メール メール送信者やタイトルの詳細を開いてみたり、 あるいはソースまで開いたり、 ここまで見て確認する方は少ないかもしれません。 例え詳しい人でも、次々とメールチェックしていたら、 いちいちそこまでは見ていません。 本物そっくりのメールが届いた場合、 細かくチェックしたりせずに、 何気にメールの本文にあるURLをクリックしてしまう ことはあり得ること。 それでも、落ち着いて判断できたときに、 迷惑メールか本物か最終的な見分け方として、 デジタル署名の有無が確実な判断材料になることを ヒントのひとつとして記載しておきます。 さらにその 送信者情報というところをクリックしますと、 送信者のデジタル署名が表示され確認できます。 迷惑メールのほうでは「確認済みメールアドレス」は無い。 まとめ 【迷惑メール】ゆうちょ通帳アプリのサービス開始等 先にお伝えしました通り、今回のメールでは、 自動的に迷惑メールに振り分けられましたので、 基本的にはスパムメールだという意識で本文を開きました。 読むつもりもありませんでした。 しかし、これは普通に受信メールに入ってきていたら、 危なかったと反省しています。 URLをクリックしてしまったかもしれません・・。 おそらくクリックすれば、リンク先が詐欺ページになっているか、 得体の知れないURLへリダイレクト(転送)されて、 ウィルスを仕込まれたか、脅迫的な内容を要求されるか、 といった流れになっていたことでしょう。 さらに、今回、運がよかったことに、 ゆうちょダイレクトで使っているメールアドレスと 違うメールアドレスに送信されたということ。 そのメールがGmailへ転送され迷惑メールに入った。 逆に申し上げますと、 普段ゆうちょ銀行を使っていない人、 ゆうちょ銀行は使っていても、ゆうちょダイレクトは使っていない人、 に関しては騙されていないか騙されにくい、 と考えられます。 管理人自身は、ゆうちょ銀行、ゆうちょダイレクトを 日常的に使っていますので、 このことが原因で公式からの連絡かと思ってしまいました。 蛇足になりますが、ゆうちょ銀行、ゆうちょダイレクトの メルマガは斜め読みかほとんど読まないにもかかわらず、 どうして迷惑メールだけは読んでしまうのでしょう・・。 正規のが読みにくいのか、迷惑メールが読みやすいのか。 時に、正規のゆうちょメルマガもタイトル件名が煽るような、 それこそスパムメールかと思ってしまうようなことがありますから、 余計に紛らわしいのかもしれません。 なお、公式サイトでもフィッシングメールに対する注意を 呼びかけていますので、 ゆうちょ銀行やゆうちょダイレクトを装った迷惑メールが かなり多く送信されていることが考えられます。 今後も似たようなパターンのフィッシングメールが 送られてくることもあると考えられます。 気をつけてまいりましょう。 絶対にURLをクリックしてはいけません。 迷惑メールに振り分けられても、 受信トレイに入っても、 とにかく内容を読まずに、 すぐにメールを削除してください。 後日追記) タイトルや本文にある誘導URLが 違うだけで、 ほぼ同じ文面のメールを受信しています。 クリックしてはいけません、ご注意ください。 new-jp-bank. ten-bauk-japanpspt. com 関連記事 スポンサーリンク.

次の

【迷惑メール】ゆうちょ通帳アプリのサービス開始等について(ゆうちょ銀行・ゆうちょダイレクトを装うフィッシングメール)

ゆうちょ通帳アプリ エラー

・パスコード(4桁)または生体認証(顔・指紋)でログインできます。 電話を受けられる環境でご登録ください。 なお、ご登録の電話番号は、ゆうちょATMで変更いただけます。 旧電話番号が登録されている場合は、事前に変更をお願いいたします。 (JP BANK カードをご利用のお客さまは、郵便局の貯金窓口・ゆうちょ銀行での手続きが必要です。 ) ・ご本人様確認コードは他人には絶対に教えないでください。 ・アプリには最大2口座登録ができます。 ・登録時に、キャッシュカード暗証番号を一定回数誤って入力した場合、窓口で「暗証番号誤回数消去」のお手続きが必要です。 ・ゆうちょダイレクトの廃止や再申し込みを行った場合、アプリの再登録が必要です。 ・成年後見人等設定時にはアプリが使用できなくなりますのでご注意ください。 ・23時55分~翌0時05分までの間、ゆうちょ通帳アプリの登録等はできません。 ・本アプリの利用料は無料です。 ただし、ダウンロードや利用時に発生する通信料は、お客さまにご負担いただきます。

次の