現在 類語。 「鑑みる」の意味とは?誤用を避ける正しい使い方と類語を紹介

「recently(recent)」の意味!他の「最近」との違い

現在 類語

Contents• 時下の意味 まず、読み方は「ジカ」です。 時下は「この頃」や「現在」という意味があります。 普段ならあまり使うこともないし、むしろ使ったことのない人もいるでしょう。 要約すると「時の下に」となるので、「今」や「この頃」という意味になることがなんとなく分かります。 では、どんな時に使うのか?正しい意味と使い方について、いくつか例をあげながら解説していきます。 オールシーズンOK!魔法の言葉「時下」の使い方と言い換え 主に、手紙や仕事の上で時候の挨拶として使うことがほとんどです。 話し言葉というよりは、書き言葉として用いられます。 そして「時下」は季節に関係なく使える時候の挨拶になるのでとても便利だと言えます。 どのように「時下」を用いるのかというと、次のような流れになります。 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 という風に、文の書き出しの部分で用いられますが、ここで覚えておきたいポイントが2つあります。 1つは「時下」と「ますます」はセットで用いることと、もう1つは「時下」の前に「拝啓」や「謹啓」といった頭言葉を使うことです。 ここでセットで使われる「ますます」は「ますます〜なのでしょうね」と相手の調子を伺う意味合いになります。 「ますます」と同じ意味で「いよいよ」を使うこともあります。 ただ、「いよいよ」は上から下に物申す言葉なので使う場合は気をつけたほうが良さそうです。 そして「時下」は季節の挨拶の代わりになる言葉なので、その前には必ず「拝啓」などの挨拶語が来なければなりません。 また、「時下」は季節を問わずに使うことができるので便利ですが、より丁寧に表現したいのであれば「〜の候」を使います。 ただ、「今は12月だから寒冷の候になるな…」となかなかパッとは出てきません。 そんな時に使える魔法の言葉が「時下」なのです。 時下を使った例文 ・拝啓 時下ますますご清祥のことと存じます。 日頃より皆様のお力添えを感謝しております。 ・謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素から格別のご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 ・拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも温かいご声援をいただき、心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下いよいよご繁栄お慶び申し上げます。 平素より弊社製品をひとかたならぬご愛顧いただきありがとうございます。 このように、必ず「拝啓」や「謹啓」などの頭言葉の後につきますが、結び言葉が変わってくるのでこちらも気を付けましょう。 「拝啓」の場合は「敬具」ですし、「謹啓」の場合は「敬具」「敬白」「謹言」になります。 時下を使う上での注意点 「時下」はあくまで文の冒頭で用いられる言葉なので結びにもってくることはできません。 必ず「拝啓」や「謹啓」の後ろにつきます。 もし、結びで季節を表す挨拶をするのであれば「このような季節なので」という意味の「時節柄」や「季節柄」を使いましょう。 結びに「季節柄、ご自愛下さいませ」などともってきます。 時下の類語は? 「時下」は「今現在」という意味なので類語としては目下(モッカ)、日頃、近頃、当節、現在、今どき、昨今、今日などがあります。 全て似たような意味合いですが、シーンによって使う言葉が変わってきます。 まとめ 「時下」がいかに便利で魔法の言葉か伝わりましたか?思っていたよりは案外単純な使い方です。 今まで「あまり聞いたことないし、使わないなあ」と言っていたあなたも「機会があれば使ってみよう!」という気持ちになったはずです。 その時はこの記事を思い出して下さい。

次の

【英語学習】語源や類語を調べ、語彙を増やすには辞書アプリ「コリンズ英語辞典+シソーラス」が役に立ちます!

現在 類語

2.「recently」の使い方:現在完了形または過去形で使う 「recently」は「最近、近ごろ」という意味で、つい最近起こったことに対して使います。 現在完了形と過去形で使うのが一般的で、現在形や未来形では用いません。 例えば現在形で「I buy a book recently 最近、本を買う 」のような使い方は間違いなので注意しましょう。 「recently」は副詞なので文頭、文中、文末のどこにでも置くことができます。 文頭で「recently」から文を始める場合は「Recently,」とコンマを付けて使いましょう。 コンマは「recently」の先からが本文であることを、読者に教える役割があります。 「recently」は、以下の例文のように使います。 The package was arrived here recently. (その荷物は、 最近届いたものですよ。 The note is the one I wrote down words I recently learned. (そのノートは、 最近覚えた単語を書いたものです。 My brother recently has smoked. (兄は 近ごろタバコを吸っている。 ( 最近太ったって聞いたけど、全然そんなことないじゃない!)• Recently, my dad planned the family trip. ( 最近、お父さんが家族旅行の計画を立てていたよ。 ) 3.「recently」の類語:「lately」「these days」「nowadays」 「recently」の類語表現には、以下のようなものがあります。 lately:最近、近ごろ• these days:このところ• nowadays:近年は、現在は どれも「recently」と似た意味ですが、それぞれ微妙に違いがあります。 以下の表で確認してみましょう。 対象 文法 recently 過去に起こったこと 現在完了形、過去形 lately 過去から現在まで続いていること 現在完了形、現在進行形 these days 過去と比較した現在のこと 現在形、現在進行形 nowadays 「these days」と同じだが、よりフォーマル 現在形、現在進行形 「recently」は過去のある時点の出来事に対して使います。 「lately」は、過去のある時点から始まって、現在まで続いていることに対して使う場合が多いです。 そのため、継続を表す現在完了形や現在進行形の文章に使います。 「these days」と「nowadays」は、過去と比べた現在のことに対して「この頃は~」のように使います。 どちらも同じ使い方が可能ですが、 「nowadays」の方がフォーマルな表現です。 それぞれの表現は、以下の例文のように使います。 I recommend this book. I read it recently and enjoyed a lots. (この本はお勧めだよ。 最近読んだんだけど、凄く面白かったんだ。 (彼女のことが心配になってきたよ。 最近彼女に会ってないんだ。 These days, it is easy to travel the world. ( このところ、世界中を旅するのは簡単になった。 The business is going up nowadays. ( 近年は、ビジネスが上向きだ。 My mother was a dancer formerly. (母は、 以前ダンサーをしていました。 I formerly worked as a engineer. ( 以前はエンジニアとして働いていました。 Formerly, this place was under the sea. ( 以前、この場所は海だったんだ。 ) まとめ 「recently」は 「最近、近ごろ」という意味です。 「最近」という意味では、「recently」の他に「lately」「these days」「nowadays」があります。 「recently」は過去のある時点の出来事が対象であるのに対し、「lately」は過去のある時点から始まって現在まで続いていることが対象です。 「these days」や「nowadays」は、どちらも過去と比較した現在のことに対して使えますが、「nowadays」の方がフォーマルな表現です。 今回紹介した単語をしっかりマスターし、文脈に合った「最近、近ごろ」の英語表現を正しく選択できるようになりましょう。

次の

【徹底解説】「リテラシー」の意味や種類、使い方、類語まで紹介

現在 類語

ここからは「おいて」の使い方についてご紹介していきます。 まずは「場所・時間・場合・事柄」を表す場合の使い方です。 それぞれの例文をご紹介します。 場所「東京都内の料亭において会合が開かれた」 時間「現代において尊ばれる信念とは何か」 場合「2日間も連絡が取れない場合は彼女において、よほどの問題である」 事柄「外交において大きな功績を残した」 どの文章においても「場所・時間・場合・事柄」を象徴するように「おいて」を用いています。 続いて「さしおいて」の意味を表す場合の使い方です。 まずは例文から確認してみましょう。 「このプランの適任者は彼をおいて他にいない」 「先輩をおいて話を進めて良いものか。 「於いて」と書いて「おいて」と読むのですが、昔は「場所・時間・場合・事柄」などを表す場合にも用いられていました。 では、現在ではどうでしょうか。 漢字で「於いて」と表されているものを見たことは少ないのではないでしょうか。 これには、現在では「於」という字が常用漢字ではないため文章などでは平仮名で「おいて」と表すから、といった理由があります。 では常用漢字とは何かについてご紹介します。 常用漢字とは簡単に言うと「現代の国語の漢字使用の目安」です。 身近でいえば新聞・雑誌にも関係しますし、法令や公用文書や社会生活で使われるべき漢字の目安として「常用漢字表」に示された漢字を常用漢字と呼びます。 常用漢字は漢字を制限する意味はないとされていますが、義務教育の国語で習う漢字は常用漢字の規定しかありません。 このように「於いて」が常用漢字ではないからといって使用することが間違いであるとは言えませんが、適しているわけでもなく用いられることも少ないと考えてください。 「おいて」と「おける」の違いを考える上で大切なのは言葉の区切りです。 「農業において人材不足は深刻である」 「農業における人材不足は深刻である」 この2つの例文から、言葉の区切りを意識して違いについて考えていくと、「おいて」は「農業」を示しており、そのあとの語である「人材不足」を前に区切りを入れています。 それに比べて「おける」は「農業」ありきの「人材不足」といった形で、「人材不足」まで入れて区切りとなっています。 このことから「おける」は「農業」のような名詞とそれに続く言葉とで一つの形となっていると言えます。 ただ「おいて」は名詞だけを示すため、後に続く言葉は自由となります。 これが「おいて」と「おける」の違いにおける1つの考え方です。

次の