電気料金 しくみ。 ベルギーの電気代(2/2)料金のしくみ、支払い方法と節約方法

北陸電力株式会社 電気料金のしくみ(特別高圧・高圧)

電気料金 しくみ

図1 電気料金の構成項目 燃料費調整単価とは、火力発電に使う燃料 原油・LNG〔液化天然ガス〕・石炭 の輸入価格に応じて電気料金を調整する金額のことです。 火力発電は従来から日本の電力の半分以上を占めており、産油国の情勢や為替レート等で変動する輸入価格の影響を抑えて安定的に電力を供給する目的で、1996年1月から燃料費調整制度が導入されました。 当初は年4回の頻度で料金改定が行われていましたが、燃料価格の変動をより細かく反映させる目的で2009年に制度見直しがなされ、現在の毎月料金を改定する方法へ変更されました。 毎月の燃料費調整単価は地域の電力会社(小売部門)ごとに財務省の貿易統計価格 実績 から自動的に計算され、毎月の電気料金に加算もしくは差引されます。 新電力も該当地域の電力会社(小売部門)と同じ単価にすることが一般的です。 再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなどの再生可能エネルギーを普及させるために、発電された電気を地域の電力会社が固定価格で買取る制度があり、その分の拠出金を全国の消費者で負担するための賦課金のことです。 消費者の皆さまから集められた賦課金は、再生可能エネルギーを買取る地域の電力会社(小売部門または送配電部門)を経由して、最終的には再生可能エネルギーで発電している発電事業者の方々へ届けられるのです。 再生可能エネルギー発電促進賦課金は、年度ごとに全国一律の単価として国が定めています。 2.電気料金メニュー 電気の契約は、供給電圧によって大きく3つに区分されています。 特別高圧は供給電圧が20,000ボルト以上で、全国の電力需要の約28%を占めています。 大規模工場や大規模ビルなどがこちらの契約に該当します。 高圧は供給電圧が6,000ボルトで、全国の供給電力量の約36%を占めます。 中規模工場や中規模ビル、商業系施設などがこちらに該当します。 最後に2016年4月に自由化された低圧ですが、供給電圧が100もしくは200ボルトで、全国の供給電力量の36%を占めています。 家庭、小規模店舗、町工場などがこちらに該当します。 なお小規模店舗、町工場では、1つの施設で2つの契約を結んでいる場合があります。 図2 特別高圧・高圧・低圧の違い 次に特別高圧・高圧・低圧には具体的に、地域の電力会社(小売部門)にどういったメニューがあるのか紹介します。 力率は85%を基準としてそれより力率の良いものは割引し、悪いものは割増します。 付帯契約や自家発補給契約の内容が記載されている場合があります。 図5 電気ご使用量のお知らせイメージ.

次の

電気料金のしくみと電気代の計算方法

電気料金 しくみ

電気料金のしくみ そもそも、電気料金とはどのようにして決まっていたのでしょうか? 自由化部門と規制部門 2016年4月に小売電力自由化が始まるまで、電力事業には自由化部門と規制部門の2部門がありました。 現在は電力自由化で規制部門はなくなってしまいましたが、電気料金のしくみを知るために、規制部門についても知っておきましょう。 従来の自由化部門は、工場やビルといった大口の需要家に対するものでした。 地域電力会社をはじめ、新電力など好きな電力会社と契約ができます。 一方の規制部門は、一般家庭など低圧の需要家に対するもの。 契約先も特定の電力会社(地域電力会社)のみとなっていました。 部門によって料金の決まり方は違う 電気料金は自由化部門と規制部門で、内訳や決まり方が異なっています。 自由化部門の場合は電力会社を自由に選べますが、電気料金は自由交渉によって決まります。 そのため、電気料金を安くすることも可能ですが、場合によっては電気料金が高くなることもあり得ます。 規制部門の場合は電力会社を選べませんが、法律により決められた料金設定となります。 この規制部門の料金設定は、 「総括原価方式」という方法が取られていました。 法律によって決められているので、競争原理が働くことはありませんが、理由もなく極端に高くなるということもありませんでした。 総括原価方式とは では、総括原価方式とはどんなものでしょう。 資源エネルギー庁のホームページには、 「最大限の経営効率化を踏まえた上で、電気を安定的に供給するために必要な費用(総原価)と電気料金による収入が等しくなるように、料金を設定すること」 とあります。 電気を安定的に供給するために必要な費用にはどういったものがあるのでしょうか。 まず、燃料費や減価償却費、人件費といった 営業費用があります。 そして、発電所や送電線など、電力設備運用のための資金調達によって発生する支払利息や配当などの、 事業報酬があります。 この営業費用と事業報酬を合計したものから、他社に販売した電力量など電気料金以外で得られる収入を引いた分が「総原価」。 安定供給に必要な費用です。 この総原価と電気料金による収入が等しくなるように、料金は決められていました。 総括原価方式のメリット・デメリット 総括原価方式が採用されているのは、電気料金だけではありません。 水道料金やガス料金など、公共性の高いサービスに適用されています。 そのメリットとしては、必要な費用に一定の利益分を乗せているため、長期的・安定的な事業計画が立てられるという点。 公共性の高いサービスだからこそ、安定的に事業を行うことは大事なことですよね。 一方のデメリットは、事前に利益が確保されてしまっている点。 一般企業ではコストを下げるなどの企業努力をもって、利益を確保します。 しかし、総括原価方式では既に一定の利益が確保されているんです。 「安定供給」のために「既に一定の利益が上乗せされた料金」を「電気料金」として私たちは支払っていたというわけです。 規制部門がなくなった今、電気料金はどうなる? 2016年4月に電力自由化がスタートし、電力事業における規制部門は全てなくなりました。 電気料金はこれからどうなっていくのでしょうか。 今後、規制は撤廃される見込み 総括原価方式を採用していた規制部門では、電気料金が法律などにより規制されていて、競争原理が働かない状態でした。 しかし、電力自由化により電力会社間での競争も起こります。 この競争を促進し、健全な状態での競争が行われているという状況になれば、規制は撤廃される見込みです。 規制が撤廃されれば自由競争が起こりますが、過度に電気料金が高騰しないよう、国としては適切に市場の監視を行うこととしています。 これにより、電気料金が最大限抑制される効果があると考えられています。 大口の需要家によっては電気代削減の実績も 以前から既に自由化されていた大口の需要家の中には、新電力から電力を供給することで、電気代が削減できたという実績も。 少し前(2011年)の話になりますが、東京都立川市では立川競輪場の電気購入先を東京電力から新電力に変更。 その結果、電気料金は東京電力を利用していた場合と比較して、26. これは「立川モデル」と呼ばれ、その後、自治体が新電力を利用するきっかけにもなっています。 電気料金が規制によって決められたものではなく、自由競争によって決まるしくみだったからこそ、削減できたと言えるでしょう。 海外では値上がりも 一方で、既に電力自由化が進んでいた海外では、電気料金が値上がりしたというところもあります。 例えば、電力自由化で注目されているドイツやイギリス。 これらの国では、電気料金は自由化以前と比べて高くなっています。 発電用の燃料を輸入に頼るなど、電気料金が燃料費に左右される状態だと、電力価格も安定しません。 燃料費が高騰すると、電気料金も上昇する結果になってしまいます。 日本も資源が乏しい国なので、火力発電などの燃料はほとんどが輸入に頼っている状況。 燃料費は上昇傾向にあるため、ドイツやイギリスのようになる可能性も十分考えられます。 電力自由化では競争原理が働くので、電気料金は下がると考えるのが一般的だと思います。 しかし、海外の事例などからも、必ずしも下がると言えないのが実際のところのようです。 2020年までは規制料金が残る 2016年4月から電力自由化はスタートしましたが、 少なくとも2020年までは自由化以前の規制料金メニューも残る予定です。 これは、私たち消費者を保護するため。 そのため、当面の間は電気料金が急に上昇したりすることはないでしょう。 本当の意味での電力自由化は、この経過措置が終了してから。 その頃の発電方法が今と同じ火力発電メインで燃料費が高騰していれば、電気料金もぐっと高くなる可能性も。 逆に、輸入に頼らない発電方法の割合が増えれば、電気料金は今と変わらないか、下がることも十分考えられます。 今後の電気料金のカギを握っているのは、発電方法といっても過言ではないでしょう。

次の

北陸電力株式会社 電気料金のしくみ(特別高圧・高圧)

電気料金 しくみ

目次:• 一般的な料金プラン:従量電灯 大手電力会社の提供する電気料金プランには、いくつか種類がありますが、最も一般的で多くの人が契約しているのが「従量電灯」と呼ばれるプランです。 ご自宅がでない限り、まずほとんどの場合はこのを契約していると考えて間違いないでしょう。 そのため、ここでは、この 従量電灯プランを使って電気料金の計算方法を確認してみることにしてみます。 もし、オール電化向けのプランを契約している方がいても大枠での電気料金の計算方法は変わりませんので、ここで電気料金の計算方法が理解出来たらあとは他のプランでも計算方法をスムーズに理解することができると思います。 現在契約中の電気料金プランが必ず記載されていますので、簡単に確認が可能ですよ。 今契約している電気料金プランは? 「一般的な電気料金プランはで、実際ほとんどの人が契約してるプランです。 」とご紹介をしました。 「アンペア制」を採用している電力会社としては、以下の表にもあるように、、、、、、が該当します。 これらの電力会社で従量電灯プランを契約中の方は、によって基本料金が変わるタイプのプランを契約していることになります。 「最低料金制」をとっている電力会社としては、、、、が該当します。 ちなみに、同地域で電気の販売をしている新電力も、大手電力会社にならってアンペア容量を選ぶ電気料金プランを提供していることが多いようです。 今契約している電気料金プランが何か確認したい方は、各電力会社から発行されている「検針票(電気使用のお知らせ)」等を確認しましょう。 電気料金の計算方法 - 従量電灯プランの中身 1. 基本料金• 契約によって基本料金が決まります。 (10Aから60Aまで)• 電気の使用量に関わらず毎月必ずかかる料金です。 電力量料金• 電気の使用量()に対してかかる料金です。 「1kWhあたりいくら」という料金単価になっています。 その他• 発電の燃料費の変動を電気料金に反映するための料金。 プラスになることもマイナスになることもあります。 再生可能エネルギーで発電された電気を買い取る際に生じたコストを負担するための税金。 基本料金 基本料金は、によって異なります。 従量電灯(アンペア制の場合は)が上がると基本料金もあがるしくみとなっています。 以下の具体的な料金表()で確認をしてみましょう。 アンペア容量が増えるごとに基本料金もあがっていることが分かりますね。 ここでは、東京電力の場合を掲載しましたが、もちろん他の電力会社で同じようにアンペア容量があがると基本料金もあがるしくみとなっています。 具体的な料金は、各電力会社の料金表のページからご確認下さい。 東京電力 従量電灯プラン : 基本料金 - アンペア制(税込) 契約アンペア容量 基本料金• アンペア容量が増えると基本料金があがる。 東京電力以外の基本料金は以下でチェック。 10A 286. 00円 15A 429. 00円 20A 572. 00円 30A 858. 00円 40A 1144. 00円 50A 1430. 00円 60A 1716. 00円 基本料金の部分は、電気の使用量とは関わらず必ずかかる固定の料金ですから、必要以上に高いアンペア容量を契約している場合はする、アンペア容量の高い人はやのように基本料金が0円の電気料金プランに切り替えるといった方法で効果的に電気料金を安くすることができます。 2.電力量料金 電気料金を実際に計算すると節約のポイントが見えます。 従量電灯は、に対してかかる料金です。 電気の使用量が多い月は、この「電力量料金」の料金の部分が増え、トータルの請求額もあがります。 電力量料金(従量料金)は、どこの大手電力会社でもになっています。 このためこの項目は計算方法がやや複雑です。 このだと、毎月の電気消費量が少なくても確実に安くなるなりますね。 今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しならば、セレクトラまでご相談ください。 ここでは、 具体的にどのように電気料金を計算するのか1つずつ見ていきましょう。 基本料金がいくらかチェック まずは、基本料金を確認します。 仮に、30を契約しているとします。 の場合は、30Aの場合の「基本料金」は、858. 00円かかることが料金表から読み取れます。 ちなみに、やのようにアンペア容量に関わらず 基本料金が0円のプランもあります。 電力量料金がいくらか計算 電気料金の計算を1つずつ確認していきます。 次に、 「電力量料金」を計算しましょう。 ここでは仮に今月360kWh(キロワットアワー)を消費したとしましょう。 まずは、1段階目、120kWhに1段階目の1kWhあたりの料金単価19. 88円を掛けます。 48円を掛けます。 57円を掛けます。 これを全部足したものが、「電力量料金の合計」です。 360kWh使用したなら、段階別に3回計算する必要があります。 1段階目(120kWhまで)を計算... 120kWhに1kWhあたりの料金単価をかける• 2段階目(120kWhから300kWhまで使用分)を計算... 180kWh(300-120)に1kWhあたりの料金単価をかける• 1段階目(300kWh以上の使用分)を計算... 60kWh(360-300)に1kWhあたりの料金単価をかける おさらい:電力量料金の確かめ方 今月は、何キロワットアワー kWh の電気を使用しましたか?電気の使用量に合わせて、それぞれの段階の1kWhあたりの料金を掛けて金額を出します もし仮に一か月の電力消費量が120kWh未満だったならば1段階目だけを、300kWh未満だったならば1段階目と2段階目だけを計算します。 そして 「基本料金」とこの「電力量料金の合計」を足して電気料金は計算されます。 基本料金 (ごとに決まった金額)• 電力量料金(1段階目を計算、2段階目を計算、3段階目を計算) 電気料金の計算方法 - 従量電灯プランの中身 1. 最低料金• 毎月必ずかかる固定料金です。 最低料金の中には、一定の電気の使用分()が含まれています。 電力量料金• 「最低料金」で含まれている分を超過した、電気の使用量()に対してかかる料金です。 「1kWhあたりいくら」という料金単価が設定されています。 その他• 発電の燃料費の変動を電気料金に反映するための料金。 プラスになることもマイナスになることもあります。 再生可能エネルギーで発電された電気を買い取る際に生じたコストを負担するための税金。 最低料金 この「最低料金」は、文字通り、その月の最終的な電気の使用量に関わらず支払うべき料金です。 ただし、この最低料金の中には一定の電気の使用量が含まています。 以下に具体的にの料金表をみながら確認してみます。 最低料金の部分に15分の使用量が含まれてることをご確認ください。 電力量料金 「最低料金制」の場合、電気料金の計算方法がやや複雑です。 電力量料金は、実際の電気の使用量に対して計算される部分です。 「電力量料金」の部分では、その月のトータルの電気の使用量(kWh)から、「最低料金」に含まれていたkWh分を引いて計算をします。 例えば関西電力では、最低料金の部分に15kWh(キロワットアワー)までの電気の使用量が含まれていますから、その月に使ったトータルの電気の使用量から15kWhをマイナスした分がここで計算されます。 以下の料金表でも確認できる通り、アンペア制と同じく電気の使用量(kWh)によって3段階制になっています。 関西電力 - 従量電灯A(税込) 1. 最低料金 15kWhの使用まで 341. 02 円 2. 電力量料金(1kWhあたりの料金単価) 電力量消費量 15 - 120kWh 20. 32円 120 - 300kWh 25. 80円 300kWh以上 29. 29円 電気料金は基本的に、上記までで紹介した「最低料金」と「電力量料金」を計算して合計したものがその月の請求額になります。 以下では具体的な計算方法をより詳しくチェックしていきます。 実際に電気料金を計算してみよう 従量電灯プラン(最低料金制)の電気料金の中身を、料金表を実際に見ながら確認してきました。 料金構成は理解できましたので、具体的にどのように計算をするのか見てみましょう。 「最低料金」分をまずはカウント まずは、最低料金分をカウントしましょう。 「最低料金の部分」はとっても簡単ですね。 各電力会社の従量電灯Aプランの「最低料金」の金額を加えるだけで完了です。 次の項目「電力量料金」を計算し、加えていきます。 「電力量料金」がいくらか計算 「最低料金」プラス「電力量料金」で電気料金は計算される。 ただし、「電力量料金」の部分はちょっとややこしいので解説をよく読んで。 次に、従量電灯プランの2つめの項目 「電力量料金」を計算してみましょう。 仮に今月は、415kWh(キロワットアワー)を電気を消費したとしましょう。 もちろん電気の使用量は、ご家庭によって、また月によっても異なりますから、ご自身で計算をしてみる場合は、「検針票」で今月の電気の使用量を確認してみてくださいね。 まずは、この仮に設定した415kWhから「最低料金」でカバーされている15kWh分を引きます。 つまり「電力量料金」では400kWh分だけ計算をすることになります。 上記の電気料金表を見てください。 「電力量料金」の部分が使用量によって3段階に分かれていますから、3回に分けて料金を計算をする必要があります。 ここでは、の料金表を使って計算していますが、、、でも同じく電力量料金の部分は3段階になっていますので同じように計算をします。 (金額は異なります。 ) さっそく1段階目を計算します。 この105kWhに1段回目の料金単価20. 32円を掛けます。 80円を掛けます。 29円を掛けます。 使用量にごとに3回掛け算をし、これを全部足したものが、「電力量料金の合計」になります。 「電力量料金」の部分の計算のポイント 1. 合計の電力使用量から、最低料金部分で含まれている分を引くの忘れずに。 1kWhあたりの料金単価が電気の使用量によって3段階になっていますから、分けて計算をする必要があります。 今回は、415kWh(キロワットアワー)の電力を使用したと仮の設定をしたため、3段階計算をしました。 しかし、もし120kWhしか電気を使用をしなかった場合は、もちろん1段階目のみを計算します。 あとは 「最低料金」とこの「電力量料金の合計」を足して電気料金は計算は完了です。 最低料金• 電力量料金(1段階目を計算、2段階目を計算、3段階目を計算) 「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは? 電気料金には、上記以外にも「燃料調整額」と「」も必ずかかります。 どこの電力会社のどの電気料金プランを契約していても2つは必ずかかかります。 もし、より正確に毎月の電気料金を計算したいならば、これらも計算に含める必要があります。 燃料費調整は、電力会社により異なり、しかも3カ月ごとに異なります。 マイナスになったりプラスになることもあります。 一方、は、税金のようなもので、日本全国どこの電力会社を契約していても、一律同じ金額がかかります。 今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しならば、セレクトラまでご相談ください。 電気料金の計算方法を「従量電灯プラン」を例に具体的に紹介しました。 もし、電気料金を安くしたいとお考えならば、電気料金のうち「基本料金」もしくは「最低料金」および「電力量料金」が大手電力会社よりも安くなっている電力会社を選べば当然、電気の消費量は同じでも毎月の請求額は下がることになります。 の電気料金には、「基本料金」および「最低料金」を特に安くしているところ、「電力量料金」を特に安く設定しているところなど、料金設定が特徴豊かです。 どこも大手電力よりも電気料金が安く設定はされていてるもの、「いくら安くなるか」は各契約者のの電気の使用量によって異なります。 例えば、やような基本料金および最低料金が0円のプランであれば、現在契約しているアンペア容量が小さい人よりも大きい人の方が毎月安くなる額が大きくなります。 ここまでで確認した 電気料金の計算方法を使用して、ご自身でどれくらい安くなるか計算してみると良いでしょう。 とりあえず、どのくらい安くなるのか知りたい場合は書く新電力の公式ページでシュミレーションをしてみるという方法もアリですね。

次の