ジェイド 利き手。 アニメ、『テイルズオブジアビス』の最終話についてです。最終話でジ...

ジェイド・リーチ (じぇいどりーち)とは【ピクシブ百科事典】

ジェイド 利き手

Lvアップ1 どう?オレ、いい感じになった? Lvアップ2 テンション上がるー、ねえ、もっとぉ Lvアップ3 楽しいねー小エビちゃん Lvアップ 最大時 エピソードLvアップ 小エビちゃんと一緒にいると面白いことばっかで飽きないなぁ。 これからもいーっぱい楽しいことしようねぇ 魔法Lvアップ えぇー今魔法見せる気分じゃねえんだけど。 あとにしてくんね? 限界突破 限界って何?オレがどのくらいやれんのかオレも知りたいなぁ グルーヴィー あはっ超いい気分。 なんか楽しいことしたくなってきたかも! 授業選択1 オレも今日は小エビちゃんと同じ授業にしよーっと。 どれにすんの? 授業選択2 オレがどの授業受けたいか当ててみて ジェイドなら絶対当てるよ 授業選択3 ふぁ~……。 テンション上がらないから昼寝できるヤツがいい~ 授業開始 はじめよっかー 授業終了 真面目に勉強して俺えらーい バトル開始 オレに絞められたいの? バトル勝利 なぁんで勝てると思ったの? SSR(寮服) 召喚獲得演出 難しい悩みがある? オレたちが力になってあげようか……ふふふ あはは。 そんなに怖がらなくていーよ。 優しくぎゅーってしてあげる。 グルーヴィー演出 オレがオクタヴィネルのルールを 教えてあげる。 シンセツだろ? ホーム設定 悩み事があるなら、いつでもアズールを紹介するよ? ホーム遷移1 ちゃんと対価を払うヤツをギュ〜ッと 締めたりしないよ。 払わないヤツは……容赦しないけどぉ ふふっ ホーム遷移2 客に出す前の料理、つまみ食いして怒られちゃった。 だって美味そうだったんだもん ホーム遷移3 まーたストールがどっかいった。 ジェイドの勝手に持ってきたけど すぐにバレるよなあ ホーム遷移(ログイン直後) オレたちの寮に遊びに来たい? いーよ、案内したげる ホーム遷移(グルーヴィー) モストロラウンジにオレの考えた 裏メニューがあるの知ってた? いつでも食べにきていーよ ホームタップ1 ボウタイって首が窮屈で苦しくね? ジェイドたち、よくキッチリ 締めてられんなぁ ホームタップ2 見て見て、この靴下。 タコちゃんの柄なんだー。 海の魔女みたいで可愛いでしょ? ホームタップ3 靴っていいよね。 すげぇ嫌い ホームタップ(グルーヴィー) オンボロ寮のゴーストって クラゲみたい。 話してみたいから 今度小エビちゃんのとこに泊めてよ SR(実験着) 召喚獲得演出 結果が分かってることって、やる気になんない。 もっと面白いことしよ? グルーヴィー演出 オレ特製の魔法薬、小エビちゃんも試してみる? ホーム設定 勉強だって楽しくないとイヤだ ホーム遷移1 レシピに合わせて材料混ぜたら成功するに決まってんじゃん?つまんねーってかんじ ホーム遷移2 課題が終わんないならアズールに相談すれば?対価を支払えばなんでも教えてくれるよ ホーム遷移3 レポートって何でしないといけねんだろ。 報告とか確認とか、めんどくてやだー ホーム遷移(ログイン直後) ホーム遷移(グルーヴィー) さっき作った魔法薬小エビちゃんにあげる。 え、効果?知るわけないじゃん ホームタップ1 さっき授業でできた石をアズールにあげたら、めちゃくちゃ喜んでた。 高く売れるヤツだったかもね ホームタップ2 あはは。 実験着のヤツらが並んでるとイカの群れみたい ホームタップ3 実験着の洗濯し忘れてたから今日はジェイドの借りてんだー ホームタップ4 あははっ!くすぐってぇ!オレもやりかえす~! ホームタップ5 アズールにあだ名はつけないのかって?だって、アズールはアズールじゃん ホームタップ(グルーヴィー) はい。 オレが適当に材料を混ぜて作ったクッキー。 小エビちゃんなら美味しく食べてくれるよね? SR(式典服) 召喚獲得演出 ナイトレイブンカレッジのルール、オレが教えてやろーか? グルーヴィー演出 じーっと並んでると飽きるよねぇ 小エビちゃん、一緒に楽しいことしない? ホーム設定 みーんな同じ黒い格好。 シャチの群れみたい ホーム遷移1 黒い馬車、海ん中にもちゃんと迎えにきたよ。 アレ、いいよねー。 水陸両用・魔法の馬車 ホーム遷移2 オレが式典サボってもジェイドもアズールも怒らないよ。 慣れてんでしょ ホーム遷移3 式典服ってでかいヒレがたくさんついている深海魚になった気分 ホーム遷移(ログイン直後) 式典でじっとしてるだけなんて暇すぎ。 そうだ、小エビちゃんに着いていこ~っと ホーム遷移(グルーヴィー) はー、やることなくて暇。 フジツボってこんな気分かな〜。 式典服ってカーテンみたいだと思わね? ホームタップ2 オレ、黒い服って好き。 だって、汚れが飛び散っても目立たないじゃん ホームタップ3 オレ、珊瑚の海の演奏会ってちょーキライだったんだよねぇ。 似たような曲ばっかりで、退屈でさ ホームタップ4 先生や偉い人が集まる式典ってアズールがすげぇ猫かぶりして張り切るから「おもしれっ」てなる ホームタップ5 小エビちゃんって面白いよねぇ。 オレのことつつき回して仕返しされるの怖くねぇの? ホームタップ(グルーヴィー) おや、どうしました?……どぉ、ジェイドの真似。 似てる?もっと近くでよおく見てよ R(制服) 召喚獲得演出 魔日楽しくなきゃ、陸に上がってきた意味ないじゃん。 グルーヴィー演出 ホーム設定 今日は何したい?付き合ったげてもいいよ、飽きるまでね ホーム遷移1 グループワークってヤダ。 他人に合わせなきゃいけないのってだるいじゃん ホーム遷移2 ジェイドが横にいないと変な感じ。 なんで別のクラスなんだろ。 ずっと同じ授業ならいーのに。 ホーム遷移3 またトレインに怒られた……萎える。 アイツ、なんかオレのこと目の敵にすんだよね~ ホーム遷移(ログイン直後) ホームタップ1 アズールがシャツにアイロンがけしろってうるさいんだー。 着れればいーじゃん ホームタップ2 海の中ではどんな授業を受けてたのかって?気になるなら連れてったげよーか。 ふふっ ホームタップ3 テストで100点取っても授業サボると怒られんの、意味わかんね。 100点ならいーじゃん ホームタップ4 金魚ちゃんはねぇ、赤くて小さくて食べるとこなさそうだから、金魚。 怒ると真っ赤になるし、あはっ ホームタップ5 あはは。 あんまりしつことぎゅーってしちゃうかもよ? R(運動着) 召喚獲得演出 オレのプレー、見たい?いいよ、楽しみにしてて グルーヴィー演出 今日はけっこーやる気あるよぉ 試してみる? ホーム設定 体力勝負なら負けるきしねぇけど。 あは ホーム遷移1 人間って、歩く時に2本も足を同時に動かしてて忙しいよねー ホーム遷移2 運動しすぎると背が伸びないんだってさ。 オレも成長期だし気をつけよーっと。 あは ホーム遷移3 ってぇ……また飛行術の授業で箒から落ちた。 あはは。 オレだっせぇ〜 ホーム遷移(ログイン直後) ホームタップ1 オレ、ちょー体が柔らかいんだよね。 ん、見たいの?見せてあげよーか? ホームタップ2 なんかぁ、今すぐ小魚とかカニとか追いかけ回して蹴散らしたい気分 ホームタップ3 空は邪魔なヤツが少ないとこ好き。 海の中って割とウザいヤツらが多くてさぁ…… ホームタップ4 バスケ部に入った理由?んー、あの日はそういう気分だっただけ。 今日なら軽音部入ってたかも ホームタップ5 鬼ごっこしたいの?いいよーオレが鬼ね。 ほらほら早く逃げて• 性格等。 楽しいことが好きで、つまんないことはしたくない。 人に言われて何かをするのが嫌い。 テンションの振れ幅が酷いうえに、どんなことも機嫌のスイッチが入れ替わるきっかけになり得る。 問題の有無や好き嫌いは関係ないらしい。 ジェイド曰く天才気質だが、ムラっけが酷い。 たまにひどく落ち込むときがある。 先生を驚かせるような魔法が使える時もあれば、こっぴどく怒られるほど結果が出ない時もある。 窮屈で嫌だからとボウタイをすぐにほどいてしまう• 今は体動かすのが一番楽しいとのこと。 右と左が時々分からなくなるが、尾びれが2つあるのが面白いのだそうだ。 NRCで• ジェイド・フロイド・アズールはヴィルが認めるほどに綺麗な肌をしている。 化粧水の素材として雑巾のように絞られた時は1週間ほど歩けなかった 空気に触れるのすら辛かった。 人魚は人間ほど数が多くないこともあり、ジェイド、フロイド、アズールはエレメンタリースクールからずっと同じクラスだった。 ミドルスクールの頃、アズールの実家であるリストランテでカルパッチョを食べた。 ミドルスクールの頃、フロイドがドラム、アズールがピアノ、ジェイドがベースの3人で演奏していた。 聞いてしまうだけで身体が動いてしまうリズムだと珊瑚の海でも評判だったが、肝心の本人まで途中で踊りだしてしまう。 ジェイドと共にパーティに参加したことがある おそらく珊瑚の海で。 ピアノとかの大人しい音楽が流れている、挨拶ばかりの立食会だったらしい。

次の

クエスト333 妖魔のまなざし事件

ジェイド 利き手

アビス最終回見ました~。 メガネ…外してクルクルしましたね  ̄ー ̄ ニヤリ。 なんであの場でエナジーブラストだったのか…。 生きて帰って下さい。 …いえ、そう望みます。 」 と言うジェイドの想いが…ちょっと泣きそうになった…。 少し声がかすれ気味なのもまた切なさ倍増でした。 2年後のタタル渓谷で 「夜の渓谷は危険。 途中、展開が速すぎてついていけなかったり 中だるみした感は否めないけど 毎週動くジェイドが見れて幸せでした。 もっと戦闘シーン見たかったし 見たいイベントもあったし もっともっとアビス見ていたかったです。 ジェイドはとても素敵で魅力的なキャラでした。 子安さんお疲れ様でした。 そしてありがとうございました。

次の

第106話 ジェイドの過去

ジェイド 利き手

「……エメリアさんから聞いたところによるとジェイドは学生時代に一度だけ女性と交際したことがあるようなんです。 入学してすぐのことだったそうです。 同じ学校の子ですごく魔法の勉強に熱心な子だったと。 それでジェイドは優秀な学生で、アゼルさんやエメリアさんに比べると話しかけやすかったみたいでいつもジェイドのところにきてたって」 予想していたけれどもあまり良い結末にはなりそうにない。 ミーナちゃんの言葉は重苦しく、まるで言葉を発するごとに痛みを伴っているようだ。 「それで一緒に魔法を勉強していたある日、彼女は気付いてしまうんです。 ジェイドと魔法の話をしているときに幸せを感じる、と。 もっと一緒にいたい、と。 これが恋なんだ、と。 それに気付いた彼女は距離を置くのではなく、勇気を出してもっと近づいたんです」 ミーナちゃんの言葉からは敬意が感じられた。 それは恐らく積極的に好意を向ける難しさや、いかに勇気がいることかを知っているからだろう。 「そしてひと夏を過ごしたあと、彼女は遂に告白したそうです。 ジェイドはあんなんですから案の定困惑したそうです。 でも彼女はそんなジェイドをなんとか説得して、交際が始まったそうです」 私はその一言一句を聞き逃さないよう、静かにミーナちゃんの声に耳を傾ける。 「でも、長くは続きませんでした。 始まりはジェイドへのイジメでした。 それはSクラスという三席しかない最上位クラスにいることへの嫉妬でした。 アゼルさんとエメリアさんは高位の貴族で、見た目も華やか。 標的は自ずと平民で目立つのが嫌いなジェイドです。 それでもアゼルさんとエメリアさんはジェイドの味方をし続け、一旦はイジメや嫌がらせは減ったんです。 なぜ、努力の果てに為し得た地位や立場を認められないのか。 なぜそんな卑怯なことをしている暇があって、努力をしないのか。 私の価値観では到底理解できないものであった。 だけど、何千年も生きていれば、そう言った人間を多く見てきたのも事実だ。 世の中には無数の悪意が存在している。 それは変えられぬ事実なのだ。 「……はい。 だけどジェイドに手を出せばアゼルさんとエメリアさんに目をつけられる。 ならばどうするか。 ジェイドは友達も少なかった。 ……代わりに標的にされてしまったのは彼女でした。 でも、彼女は聡く、強かった。 ジェイドの代わりにイジメられているのが分かっていたし、これで少しでもジェイドが救われるならと誰にも言わずに耐えた。 次に続いた言葉は凄惨極まりない言葉だ。 確かこの世界の人間の構造は体内にある魔力器官を通じて外魔力を内魔力に変換し魔力回路を通して発動させるというものだ。 「彼女の利き手は……」 「……右でした」 それは致命的。 簡単な魔法なら使えるようになるかも知れない。 だが魔法師としての未来は絶たれたも同然だ。 「もちろん、ジェイドは何があったか尋ねました。 ですが彼女はそれでも頑なに言いませんでした。 そして、いつかこのことがジェイドにバレてしまえば、彼の一生を縛る重荷になってしまうと考え、ジェイドに別れを告げて、退学していきました。 ジェイドは鈍感ですがバカではありません。 自分が原因だと気付いていたのでしょう。 それからは実力を隠し、目立たず、人と深く関わるのはやめ、特に女性に対しては一定の距離を取るようになったそうです」 「………………」 すっかり冷め切った紅茶を一口啜る。 なんと悲しい話だろう。 恐らくジェイくんはこの記憶と一緒に女性への関心というものに蓋をしてしまっている。 だが、これに蓋をして閉じこめていることが彼女への贖罪になるだろうか。 それを望んでいるだろうか。 「おかしいわ。 こんな悲しい結末はおかしい。 ジェイくんが死ぬまで女性を遠ざけてることが正しいなんてまったく思えない! 彼女はジェイくんのことが好きだったから、幸せになってほしかったから身を引いたのにこんなのまるで彼女が報われない。 ミーナちゃん。 いいの、アナタは彼を好きでいていいし、彼もアナタを好きになっていいの」 私はつい感情的に言葉をぶつけてしまう。 だけどその言葉に訂正するところは一つもない。 私はジッとミーナちゃんを見つめる。 「……なんだか、私だけジェイドと幸せになっちゃうのはダメかなって。 ズルイかなって……」 「バカッ! そんなことあるわけないじゃない!」 私はガタリと椅子を立ち、気弱にそんなことを言うミーナちゃんの肩を抱く。 「いいの。 アナタもジェイくんも恋していいのよ。 ね? お姉さんも手伝ってあげるからジェイくんの心の蓋を少しずつ開けてあげましょ? うん、こんな素敵な子を放っておくなんて許せないから絶対にそうしましょ」 私はお節介だとは思っていても曲げる気はないと伝える。 「……フローネさん。 ……ありがとうございます」 私の腕の中で小さくミーナちゃんは鼻をすすり、お礼を言ってきた。

次の