ジャグラー 差枚数。 ジャグラー 台選び 差枚数

<ジャグの波ってエグい>差枚数管理機能つきジャグラー!?こんな荒波、常人にはキツすぎるよ・・・。

ジャグラー 差枚数

もちろん可能です。 それも余裕で。 基盤のプログラムをそう出玉推移するように変えてしまえば終わりなので、基本的なパチスロのプログラムを知っている方なら楽勝です。 同様に連荘、ハマりも、そのプログラムを作る人の思いのままですので、3号機まで、4号機も中期ごろまでは割と普通に改造された台が設置され、稼働していました。 当時そういった作業をする人は「カバン屋」といわれ、ホールから依頼があるとその依頼内容に沿ってプログラムを変える作業をしていました。 もちろん犯罪行為ですから目立った感じではなく、普通にアパートの一室とかで作業していたみたいですね。 なお、4号機中期以降この違法改造機、いわゆる裏モノが減っていったには理由があります。 それはストック機やAT機などの台頭です。 これまで適合しない(検定に通らない)ようなスペックを違法改造により実現していたわけですが、それが「合法」で、裏モノを上回る出玉が出るようになってしまったんです。 このため、摘発されるリスクを冒してまで裏モノを設置する理由が全く無くなってしまったんですよね。 で、今って5号機じゃないですか? 法律が変わったきっかけは表向き射幸性を抑えるという目的だったのはご存知かもしれませんが、もう一つの目的はこの「違法機の完全排除」が目的だったんです。 当時既に設置数はかなり減っていたものの、やはり完全にはなくなってませんでしたからね。 この時の教訓をいかし、5号機では部品ひとつ交換するのもきちんと届け出をしなくてはならいほど厳しくなりました。 実際法律が施行されたばかりのころ、それまではどこも普通にやっていたような軽微な修理も、届出をせずに取れたボタンを直したとか、そんなレベルで営業停止を食らったホールも当時ありました。 現在もこの犯罪行為への取り締まりは非常に厳しく、さらには2011年の広告表現規制の影響もあり、少なくとも私が知る限り2015年現在、この犯罪行為を犯しているという話は全く聞かなくなりました。 業界としても迷惑みたいです。 一部は上場しようと、そして実際上場したホールもあるように、大分健全な産業になってきていると思いますが、こういった犯罪行為を行うような業界というイメージ持たれてしまうと、ますますユーザー離れ起こしますからね。 …何の話でしたっけ? そうそう、この手の話はいつもなくなりませんが、歴史を見ると見えてくるものたくさんあるんで書きました。 草々 Aタイプは設定変更時設定の高さ低さに相応した出玉を推移しやすい ジャグ/ハナが今はメインだが、低設定の場合、BIGストックを全放出するかの様にハマらず連チャンしやすい。 差枚数の絡みがあるので、出過ぎの場合(おそらく内部ではBIGのフラグが無くなっている)REGが当り易くなる(低設定はREGも少ない)が、BIGもREGも当たらなくなる大ハマリになってしまう。 中間設定でも、出過ぎた場合起こる現象だ。 翌日、設定あげは無いと分かり低稼働。 3日目以降、REG確率がアップしてくる BIG20 REG20 どうあがいても、REGが多いとBIGがサクッと30回超えてくれない。 (8000回回せば超えるが、別問題) 設定3を同じようにすると、変更後、BIGのロケットスタートする台が出てくる。 設定が1つ高い分5000回転くらいまで合算を良く維持出来る台が出る。 設定4、5、6になると、右肩上がりの台が多くなる。 不発の台は翌日以降必ずでる。 呆れるくらいのBIG連で差枚数を一気に上げる。 ハナハナの設定4で3000枚当たり前(出なかったらそんな日もある) ジャグラーの設定4も3000枚当たり前(出なかったらそんな日もある) 機械割が違うのは上げる時の上げ幅がハナハナの方が大きいからではないかな。 毎ゲームの引きっていうのはありません。 吸い込んだら内部であるポイントから上げる様に出来ているだけです。 しかし、それの前兆的な事象が起きるから経験から分かる人がいる。 だから探る様に回す羽目になる。

次の

ジャグラー 台選び 差枚数

ジャグラー 差枚数

いつもはマイジャグなんかもかなり客付きが良いんですが、今日は半分といったところでした。 というワケで今日の記事は以上です。 それでは。 111ビュー• 85ビュー• 64ビュー• 63ビュー• 52ビュー 最近のコメント• に りょうた より• に 転生 より• に りょうた より• に りょうた より• に りょうた より アーカイブ• 3 カテゴリー• 固定ページ• ブログ村ランキング.

次の

ジャグラーの差枚数を計算する方法をご紹介!【差枚数からブドウ確率もわかる】

ジャグラー 差枚数

もちろん可能です。 それも余裕で。 基盤のプログラムをそう出玉推移するように変えてしまえば終わりなので、基本的なパチスロのプログラムを知っている方なら楽勝です。 同様に連荘、ハマりも、そのプログラムを作る人の思いのままですので、3号機まで、4号機も中期ごろまでは割と普通に改造された台が設置され、稼働していました。 当時そういった作業をする人は「カバン屋」といわれ、ホールから依頼があるとその依頼内容に沿ってプログラムを変える作業をしていました。 もちろん犯罪行為ですから目立った感じではなく、普通にアパートの一室とかで作業していたみたいですね。 なお、4号機中期以降この違法改造機、いわゆる裏モノが減っていったには理由があります。 それはストック機やAT機などの台頭です。 これまで適合しない(検定に通らない)ようなスペックを違法改造により実現していたわけですが、それが「合法」で、裏モノを上回る出玉が出るようになってしまったんです。 このため、摘発されるリスクを冒してまで裏モノを設置する理由が全く無くなってしまったんですよね。 で、今って5号機じゃないですか? 法律が変わったきっかけは表向き射幸性を抑えるという目的だったのはご存知かもしれませんが、もう一つの目的はこの「違法機の完全排除」が目的だったんです。 当時既に設置数はかなり減っていたものの、やはり完全にはなくなってませんでしたからね。 この時の教訓をいかし、5号機では部品ひとつ交換するのもきちんと届け出をしなくてはならいほど厳しくなりました。 実際法律が施行されたばかりのころ、それまではどこも普通にやっていたような軽微な修理も、届出をせずに取れたボタンを直したとか、そんなレベルで営業停止を食らったホールも当時ありました。 現在もこの犯罪行為への取り締まりは非常に厳しく、さらには2011年の広告表現規制の影響もあり、少なくとも私が知る限り2015年現在、この犯罪行為を犯しているという話は全く聞かなくなりました。 業界としても迷惑みたいです。 一部は上場しようと、そして実際上場したホールもあるように、大分健全な産業になってきていると思いますが、こういった犯罪行為を行うような業界というイメージ持たれてしまうと、ますますユーザー離れ起こしますからね。 …何の話でしたっけ? そうそう、この手の話はいつもなくなりませんが、歴史を見ると見えてくるものたくさんあるんで書きました。 草々 Aタイプは設定変更時設定の高さ低さに相応した出玉を推移しやすい ジャグ/ハナが今はメインだが、低設定の場合、BIGストックを全放出するかの様にハマらず連チャンしやすい。 差枚数の絡みがあるので、出過ぎの場合(おそらく内部ではBIGのフラグが無くなっている)REGが当り易くなる(低設定はREGも少ない)が、BIGもREGも当たらなくなる大ハマリになってしまう。 中間設定でも、出過ぎた場合起こる現象だ。 翌日、設定あげは無いと分かり低稼働。 3日目以降、REG確率がアップしてくる BIG20 REG20 どうあがいても、REGが多いとBIGがサクッと30回超えてくれない。 (8000回回せば超えるが、別問題) 設定3を同じようにすると、変更後、BIGのロケットスタートする台が出てくる。 設定が1つ高い分5000回転くらいまで合算を良く維持出来る台が出る。 設定4、5、6になると、右肩上がりの台が多くなる。 不発の台は翌日以降必ずでる。 呆れるくらいのBIG連で差枚数を一気に上げる。 ハナハナの設定4で3000枚当たり前(出なかったらそんな日もある) ジャグラーの設定4も3000枚当たり前(出なかったらそんな日もある) 機械割が違うのは上げる時の上げ幅がハナハナの方が大きいからではないかな。 毎ゲームの引きっていうのはありません。 吸い込んだら内部であるポイントから上げる様に出来ているだけです。 しかし、それの前兆的な事象が起きるから経験から分かる人がいる。 だから探る様に回す羽目になる。

次の