リカちゃん電話 ホラー。 五十嵐貴久「リカ」

呪いのリカちゃん人形の怖い話を考察!三本足のリカちゃんの都市伝説がやばい | マジマジ情報局

リカちゃん電話 ホラー

リカの第1部、 小池徹平さんの最終回は、 原作に比べてかなりマイルドでした。 原作はかなりグロいので、 さすがに、テレビ放送ではできないのかもしれません。 なので、第2部の 大谷亮平さんの結末も、原作に比べ、 かなりソフトになると思います。 ここでは、 原作をもとに、 これまでドラマで分かっている範囲を反映させて、 書いていきます。 Sponsored Link リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ!原作ホラーより リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー 坂井の失敗 リカ 高岡早紀 に恐怖心を覚えるようになった 本間 大谷亮平。 アシスタントプロデューサーの坂井(内田健司)に相談する。 坂井は、探偵映画の監修をしていた、 原田 柏原収史 という探偵を本間に紹介する。 少しほっとした本間。 しかし、そんな折、 リカを見つけた坂井が、 ストーカー行為をやめさせようと、リカに近づいてしまった。 彼はリカの怖さを知らなかったのだ。 そして、 坂井は階段から落ちて亡くなる。 リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー リカの身元 探偵の原田は調査を進める。 そして、リカの身元が判明した。 勤める病院を転々と変えていた。 3年前に勤めていた病院では、 リカが来てから、不幸な事故が立て続いた。 そして、その頃、 リカはある医者に熱を上げていた。 その医者とは、 副院長の大矢昌史(小池徹平) だった。 最後に、 病院の火事という形で、 副院長の大矢を含む、病院関係者5人が亡くなった。 そして、花山病院は廃院となった。 本間はゾッとした。 やったのは、リカでは…. ? Sponsored Link リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー 探偵の原田 ある夜、 自宅の外から物音を聞いた本間 ドアスコープを覗くと、リカが笑っている。 思い切って、ドアを開けた。 が、リカは消えた。 次の日、リカが電話してきた。 「どうしてあの人を雇ったの?」と言う。 恐ろしくなった本間、 原田に電話をする。 が、留守電だった。 それから数日経ったが、原田と連絡がつかない。 すると、 警察から電話がかかってきた。 原田の知人、菅原刑事だ。 原田は亡くなった。 遺体はバラバラにされた後、もう一度、並べ直されていた。 耳や鼻など、顔のパーツもだ。 リカから電話がかかってきた。 自首を勧める本間。 が、リカはとぼける。 リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー 娘の亜矢 ある日、 本間の娘、亜矢が学校から戻ってこないと言う。 必死で探す本間と妻の葉子。 亜矢は放課後友達と学校の砂場で遊んでいたが、 知らないおばちゃんが来て、亜矢とだけ遊び始めた。 つまらなくなった友達は帰ってしまったのだという。 リカだ!! その時、 「亜矢を保護している」と近所の病院から連絡が入る。 物置に、裸で倒れていたのだという。 亜矢は麻酔薬で眠らされていた。 イタズラされた形跡や、怪我はない。 だが、 背中に赤いペンキで十字架が書かれていた。 そして、 何かの恐怖でショックを受け、口がきけなくなっていた。 リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー 本間の反撃 とうとう 決意を決めた本間。 どんなことをしても、リカを警察に連れて行く。 菅原刑事に連絡を入れておこうと、 警視庁に電話をしたが留守だった。 伝言を残し、携帯に留守電も入れておいた。 「会いたい」と言ってリカを呼び出した本間。 待ち合わせ場所は、閉園後の遊園地の駐車場だ。 本間はゴルフクラブを構えて、 自首するために車に乗れ、 とリカに命令する。 しかし、 リカは体当たりしてきた。 本間は ゴルフクラブでリカを叩きのめした。 気絶した リカを、車の助手席に乗せ、エンジンをかけた。 その時、本間の首に注射の針が刺さった。 リカが注射器を持っている。 「私が運転するね…. 」 体が動かない。 意識が遠ざかっていく…. リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー リカの本領 気づくと 広いリビングルームにいた。 本間は椅子に拘束されている。 リカと本間は、お揃いの色違いのパジャマを着ている。 本間の 目の周りには、ガムテープが貼られ瞬きができない。 リカが、うれしそうに黒いビニール袋から「道具」を取り出す。 「痛くさせるつもりはないの」と優しく微笑む。 注射器が迫ってくる。 目だ! リカは目に注射をしようとしているのだ! 本間は絶叫した。 ぼやける….. 「武器を捨てろ!」 菅原刑事だった。 自動車ナンバー読取装置からの情報で、 居場所を突き止めたのだ。 リカはメスを持ち、菅原刑事に飛びかかる。 菅原刑事が発砲した。 リカが立ち上がる。 血が流れている。 が、 手にはまだメスを握っている。 「どうして邪魔するの?隆雄さんが好きなだけなのに」 リカが、飛びかかってくる。 リカの体が、もう一度、後ろに吹っ飛んだ。 「隆雄さん、どうして…. そのままリカは目を閉じた。 リカは病院に搬送された。 「おそらく助からないだろう」と菅原刑事は言った。 リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー 終わりではない 4時間後、本間は自宅に戻っていた。 リカから解放された安堵感に、ホッとする本間。 「あの女は、もういない」 コーヒーを沸かしていると、 菅原刑事から電話が入る。 「今、警官がそっちに向かっている 」 その時、 チャイムが鳴った。 「遅かったようです…」 本間は電話を切り、キッチンから包丁を取り出した。 ガチャリと玄関の鍵が回る音がする。 リカ ドラマ 第二部・大谷亮平の結末!最終回ネタバレ ー 結末 廃院となっている花山病院の前に、 パトカーの赤い光が満ちている。 病院の手術台にあったのは、 本間の手足や、耳や鼻や舌などの顔のパーツ。 それらは、きれいに並べられていた。 だが、 本間の頭と胴体はない。 そして、残されていたパーツには、 生体反応が残っていた。 つまり、本間は生きているのだ。 リカは 頭と胴体だけになった、 生きている本間を連れ去ったのだ。 菅原刑事は、見てしまったその光景と、 麻酔が切れ、意識を取り戻した時の本間のことを考えると、 恐ろしさで、気が狂いそうだった。 Sponsored Link.

次の

呪いのリカちゃん人形の怖い話を考察!三本足のリカちゃんの都市伝説がやばい | マジマジ情報局

リカちゃん電話 ホラー

リカちゃんでんわ リカちゃんでん わ 「『彼方』からの声」 「リカちゃんでんわ」とは、タカラの着せ替え人形「リカ ちゃん」をキャラクターに冠したオモチャの電話機……ではありません(そういう商品もあったけど)。 ある電話番号にかけると、ちゃんと「香山リカ」(「リカ ちゃん」のフルネーム)につながり、彼女とひとときのおしゃべり(ごっこ)が楽しめる……という一種のテレフォンサービスです。 サービスの開始は1968年。 あるときに小さな女の子が 「リカちゃん、いますか?」とタカラ本社に電話をかけてきたことが企画のヒントとなったそうです(素晴らしい話である)。 「リカちゃん」の声は現在までに4人の声優が務めていますが、多くの世代が親しんだのは初代の杉山佳寿子さん。 サービス開始から30年間も担当していた 方です。 小学校低学年のとき、当初は女の子たちの間だけに流布して いた「リカちゃんでんわ」の「秘密の電話番号」が男子たちにも漏洩しました。 これによって男の子たちの間にも「リカちゃん電話」がプチブームとなったんで す。 僕も最初はクラスの女子から番号を教えてもらって、面白半 分にかけてみました。 「もしもし、あたし、リカよ。 今ね、お友達とお家でパー ティーをしているの」 みたいな感じの「一方通行トーク」。 「なーんだ」と思いま した。 「こんなのを聞いて、女の子たちはおもしろがってるのか」と。 が、それ以降、なんとなく家で退屈したときなど、親に内緒 で「リカちゃん」に電話をしてみるようになりました。 うろ覚えですが、定期的に内容が更新され、なかには「リカちゃんトリオ」の歌が流れたりすることも あったような気がします。 ある日も、いつものように退屈しのぎに「リカちゃん」に電 話をしてみました。 「も しもし、あたし、リカよ。 あなたは今、なにしてるの?」 なんだか知らないけど、急にぞわぞわと全身に鳥肌が立っ て、慌てて受話器を置いてしまいました。 どういうわけか、恐くなっちゃったんです。 小学生とはいえ、受話器のむこうではテープが回っているだ けだということは知っています。 ただ、「この声は、いったいどこから聞こえてくるのだろう?」みたいなことを、ふと考えてしまったのだと思います。 なにか こう、電話という道具の本質的な「気味悪さ」みたいなものに、ほんの一瞬だけ触れてしまったんです。 受話器の向こうは決して見えない。 たとえ親しい友人と話し ていたとしても、その友人が「本当」に受話器の向こう側にいるかどうかはわからない。 電話回線という不可思議なシステムが、どこか別の、自分の知り得ない 遠い「世界」と混線してしまうことがないとは限らないじゃないか??? 「リカちゃん電話」の「恐い感じ」は多くの人が共有してい るようで、後にはこれをネタにしたいくつかの怪談話や都市伝説が子どもたちの間にひろまりました。 電話というものは、人間の感覚とはどかで相容れない非現実 的な「恐い機械」なのだと思います。 携帯電話によって、電話は僕たちの子ども時代よりもずっと身近なものになりましたが、それでも、というか、それだからこそ、今も携帯電話ネタのホラー映 画は定期的につくられ続けています。 「携帯を使った詐欺にご注意」という警察やメディアからの執拗な呼びかけも、「電話は恐ろしい」という原始的な違和感 によるところが大きいのか知れません。 「リカちゃん電話」全盛期、タカラは男の向けに「GI ジョー」「変身サイボーグ1号」のテレフォンサービスも展開していました。 こちらはやけに派手で、「戦闘指令!」「緊急出動!」みたいな非現実的な内容 だったと思います。 「リカちゃん」に感じたような恐怖感はまるでなく、むしろ「のんびり」聞くことができました。 「もしもし、あたし、リカよ……」 このなにげない「リカちゃん」の第一声にこそ、現実と非現 実の「はざま」を見せてしまう不思議な力があったんだと思います。 「あなたは、なにしてるの? リカは今、あなたの後にいるわ……」 (2009. 16) う れしいことに、「リカちゃんでんわ」は現在もサービス続行中。 「リカちゃん」が「旅先で起こった楽しいできごと」を話してくれるらしい。

次の

呪いのリカちゃん人形の怖い話を考察!三本足のリカちゃんの都市伝説がやばい | マジマジ情報局

リカちゃん電話 ホラー

今回はけっこう昔から伝わっているリカちゃん人形にまつわる都市伝説の一つ リカちゃん電話についてご紹介いたします。 リカちゃん電話は、女の子に人気で古くから親しまれている 「リカちゃん人形」のメーカー、タカラがサービスで開設している専用回線のことで、 そこに電話をかけるとテープに録音されているリカちゃんからの メッセージを聞くことができるものです。 これは、そのリカちゃん電話に電話をかけたある少女が体験したお話。 その小さな女の子が、家で一人で留守番をしていた。 退屈をもてあましていた彼女は「リカちゃん電話」の存在を思いだして 電話をかけてみることにした。 リカちゃん電話のことは知っていたが、実際に電話をかけるのはこれが初めて。 彼女はわくわくしながらリカちゃん人形の箱を引っ張り出し、 そこに書かれた番号へと電話をかけた。 「もしもし、わたしリカちゃん。 お電話ありがとう。 今、おうちにいるの。 これからお出かけするところなのよ」 これで話は終わり。 彼女は「これだけなのかな、つまらないな。 もう少し話が聞きたいのに」と思い、 もう一度同じ番号に電話をかけた。 「もしもし、わたしリカちゃん。 お電話ありがとう。 今ね、お出かけ中なの」 話が変わるんだ! 少女は面白がって、もう一度だけリカちゃんに電話をかけてみることにした。 すると・・・ 「もしもし、わたしリカちゃん。 お電話ありがとう。 今ね、あなたの家の前よ」 少女ははっと驚き、急いで電話を切った。 今の電話は何だったんだろう、聞き間違いか?それともまさか・・・ 彼女は青ざめた顔でのろのろと立ち上がると、 恐る恐る玄関へと向かい、扉をほんの少しだけ開けて表の様子を窺がった。 ・・・大丈夫。 そこには「何も」いない。 ほっとした彼女はきっと自分の聞き間違いだったのだろうと思い、部屋の中へ帰っていった。 ところが彼女が部屋に入ると、まるでそれをを待ち構えていたかのようなタイミングで 突然電話のベルがけたたましく鳴り出したのだ。 彼女は一瞬凍りついたが、すぐに自分の中の恐怖を追い払う。 「何を私はびくついてるの。 怖がることはないわ、きっとママからよ」 そう自分に言い聞かせた彼女は、ゆっくりと受話器を握った。 しかし、電話口から聞こえてきたのはママの声ではなく、 すっかり耳に焼き付いてしまっているあの人形の声・・・ 「もしもし、わたしリカちゃん。 今、あなたの後ろよ・・・」 以上がリカちゃん電話の都市伝説です。 お気づきの方もいらっしゃると思いますが これは海外から伝わったメリーさんの人形、私メリーさん、メリーさんの怪談が 日本で一番メジャーだったリカちゃん人形に置き換わったものです。 メリーさんの場合は拾った人形を家に持ち帰ったら、親に誰の持ち物かもわからないものだから 元の場所に置いてきなさいといわれて、しぶしぶ置いてきたら、その夜から メリーさん人形からの恐怖の電話が・・・・という形になります。 ちなみに昔バービーちゃんの電話というものが実在していて、こちらはテープではなく 実際の女性がバービーちゃんの役で、電話してくれた人とお話してくれるというサービスでした。 このサービスは電話代がかからなかったらしく、子供からのかわいい質問にまぎれて、 変なオッサンがエロ電話がわりに利用して「バービーちゃんのスリーサイズは?」 「パンツの色は何色?」「初体験はいつですか?」「初潮はいつはじまりましたか?」などの アレな質問があっても真面目に答えなければならなかったらしく、このバービーちゃん電話は いつのまにかなくなっていたそうです。

次の