ソフトバンク光 電話 問い合わせ。 SoftBank光の電話番号やメールの問い合わせ先は?サポート窓口一覧も!

【ソフトバンク光】工事の所用時間と日程変更や中止の連絡先電話番号

ソフトバンク光 電話 問い合わせ

ソフトバンク光の新規申し込みで 3. 3万円の限定キャッシュバック それでは、具体的に調べた内容をご紹介していきます。 【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるメリット まず、 NTT固定電話はソフトバンクの『光電話』で代用可能です。 さらに、変えるべき理由やメリットを4つご紹介します。 1.光回線の方が電話代が安い まず、シンプルに電話代が安くなります。 これは、 『月額基本料』と『通話代』の両方です。 月額料金は実質無料(おうち割光セット時) 理由は、 おうち割光セットでオプション代が割り引きになるためです。 ソフトバンク光で光電話を利用するためには、『ホワイト光電話』と『光BBユニット』のオプションに加入する必要があります。 しかし、ソフトバンクのスマホユーザーは、おうち割光セットに加入することで割引になります。 【オプションの割引】 オプション ソフトバンクスマホ なし あり 光BBユニットレンタル 467円 500円 ホワイト光電話 467円 Wi-Fiマルチパック 990円 合計 1924円 この通り、オプション代が500円ですが、おうち割によりスマホ代が1,000円割引になります。 つまり、月額基本料が実質無料で、電話が使えます。 なお、 NTT固定電話は月額1,600円(プッシュ回線時)かかっているはずなので、その支払いが不要になりますね。 通話料も8円/分になりお得 続いて、通話料もお得です。 電話先により通話料がちがいますが、 ざっと半額以下になるはずです。 【通話料比較】 電話先 NTT固定電話 光電話 固定電話 近距離 20円/90秒 7. 5円/分 ソフトバンク 17. 2.電話の機能もそのまま使える かけ方も通常の固定電話と同じで、電話のもほとんど使えます。 また、FAXも使えるので、通常の電話機能として困ることはないと思います。 3.番号ポータビリティで電話番号そのまま NTT固定電話から光電話は、番号そのままで乗り換えできます。 番号ポータビリティ(LNP:Local Number Portability)の制度があるためです。 手続きなどはソフトバンク光が実施するので、ユーザーの手間はありません。 なお、今のNTTアナログ電話回線は2025年を目処に終了なので、いずれはIP電話に切り替わります。 家計の節約になるのが、最大のメリット。 他にも、メリットは多いですね。 【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるデメリット 光電話には、もちろんデメリットもあります。 メリットに続いて、デメリットを2つご紹介します。 1.一部かけられなくなる電話番号がある 伝言ダイヤルなど、一部かけられなくなる電話番号があります。 具体的にかけられる番号と、かけられない番号をまとめました。 2.停電の時は使えない 光回線は、ONU(光回線終端装置)やWi-Fiルーター(光BBユニット)を通じて通話します。 また、これら2つの機器は、電源があって動きます。 つまり、停電時はつかえません。 停電時の連絡には、スマホを使って通話しましょう。 ソフトバンク光の新規申し込みで 3. 3万円の限定キャッシュバック ソフトバンク光電話とNTT固定電話の機能比較【一覧】 最後に、改めてソフトバンク光の光電話とNTT固定電話の一覧を比較しておきます。 99円/3分(固定) 17. ソフトバンク光の光電話のよくある質問・注意点 最後に、ソフトバンク光の光電話へ乗り換える注意点をご紹介します。 NTT固定電話の乗り換え方法は? 乗り換え方法はかんたん、 申し込み時に「固定電話番号をそのまま引き継ぎたい」と伝えるだけです。 つまり、 からソフトバンク光の申し込みが終わると、工事日程やキャンペーン内容の確認のため、折り返しの電話があります。 その際に、「今の電話番号を引き継ぎたい」と伝えてください。 後は、ソフトバンク側で手続きしてくれます。 初期費用(手数料)は2,000円 番号の移管はソフトバンクが実施しますが、手数料がかかります。 引き継ぎ費用は2,000円です。 (新規番号取得は1,000円) NTT固定電話で1,600円/月払っていると考えると、元はすぐに取れますが、覚えておきましょう。 接続方法が分からないときは? まず、接続ガイドが機器に同梱されています。 どうしても分からないときは、サポートセンターへ電話しましょう。 (ソフトバンク公式)に問い合わせすれば、対応してもらえます。

次の

ソフトバンク光の解約<電話編>

ソフトバンク光 電話 問い合わせ

ソフトバンク光の新規申し込みで 3. 3万円の限定キャッシュバック それでは、具体的に調べた内容をご紹介していきます。 【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるメリット まず、 NTT固定電話はソフトバンクの『光電話』で代用可能です。 さらに、変えるべき理由やメリットを4つご紹介します。 1.光回線の方が電話代が安い まず、シンプルに電話代が安くなります。 これは、 『月額基本料』と『通話代』の両方です。 月額料金は実質無料(おうち割光セット時) 理由は、 おうち割光セットでオプション代が割り引きになるためです。 ソフトバンク光で光電話を利用するためには、『ホワイト光電話』と『光BBユニット』のオプションに加入する必要があります。 しかし、ソフトバンクのスマホユーザーは、おうち割光セットに加入することで割引になります。 【オプションの割引】 オプション ソフトバンクスマホ なし あり 光BBユニットレンタル 467円 500円 ホワイト光電話 467円 Wi-Fiマルチパック 990円 合計 1924円 この通り、オプション代が500円ですが、おうち割によりスマホ代が1,000円割引になります。 つまり、月額基本料が実質無料で、電話が使えます。 なお、 NTT固定電話は月額1,600円(プッシュ回線時)かかっているはずなので、その支払いが不要になりますね。 通話料も8円/分になりお得 続いて、通話料もお得です。 電話先により通話料がちがいますが、 ざっと半額以下になるはずです。 【通話料比較】 電話先 NTT固定電話 光電話 固定電話 近距離 20円/90秒 7. 5円/分 ソフトバンク 17. 2.電話の機能もそのまま使える かけ方も通常の固定電話と同じで、電話のもほとんど使えます。 また、FAXも使えるので、通常の電話機能として困ることはないと思います。 3.番号ポータビリティで電話番号そのまま NTT固定電話から光電話は、番号そのままで乗り換えできます。 番号ポータビリティ(LNP:Local Number Portability)の制度があるためです。 手続きなどはソフトバンク光が実施するので、ユーザーの手間はありません。 なお、今のNTTアナログ電話回線は2025年を目処に終了なので、いずれはIP電話に切り替わります。 家計の節約になるのが、最大のメリット。 他にも、メリットは多いですね。 【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるデメリット 光電話には、もちろんデメリットもあります。 メリットに続いて、デメリットを2つご紹介します。 1.一部かけられなくなる電話番号がある 伝言ダイヤルなど、一部かけられなくなる電話番号があります。 具体的にかけられる番号と、かけられない番号をまとめました。 2.停電の時は使えない 光回線は、ONU(光回線終端装置)やWi-Fiルーター(光BBユニット)を通じて通話します。 また、これら2つの機器は、電源があって動きます。 つまり、停電時はつかえません。 停電時の連絡には、スマホを使って通話しましょう。 ソフトバンク光の新規申し込みで 3. 3万円の限定キャッシュバック ソフトバンク光電話とNTT固定電話の機能比較【一覧】 最後に、改めてソフトバンク光の光電話とNTT固定電話の一覧を比較しておきます。 99円/3分(固定) 17. ソフトバンク光の光電話のよくある質問・注意点 最後に、ソフトバンク光の光電話へ乗り換える注意点をご紹介します。 NTT固定電話の乗り換え方法は? 乗り換え方法はかんたん、 申し込み時に「固定電話番号をそのまま引き継ぎたい」と伝えるだけです。 つまり、 からソフトバンク光の申し込みが終わると、工事日程やキャンペーン内容の確認のため、折り返しの電話があります。 その際に、「今の電話番号を引き継ぎたい」と伝えてください。 後は、ソフトバンク側で手続きしてくれます。 初期費用(手数料)は2,000円 番号の移管はソフトバンクが実施しますが、手数料がかかります。 引き継ぎ費用は2,000円です。 (新規番号取得は1,000円) NTT固定電話で1,600円/月払っていると考えると、元はすぐに取れますが、覚えておきましょう。 接続方法が分からないときは? まず、接続ガイドが機器に同梱されています。 どうしても分からないときは、サポートセンターへ電話しましょう。 (ソフトバンク公式)に問い合わせすれば、対応してもらえます。

次の

ソフトバンク光の問い合わせ方法まとめ|電話/メール/チャット/店舗/My SoftBank

ソフトバンク光 電話 問い合わせ

ソフトバンク光の新規申し込みで 3. 3万円の限定キャッシュバック それでは、具体的に調べた内容をご紹介していきます。 【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるメリット まず、 NTT固定電話はソフトバンクの『光電話』で代用可能です。 さらに、変えるべき理由やメリットを4つご紹介します。 1.光回線の方が電話代が安い まず、シンプルに電話代が安くなります。 これは、 『月額基本料』と『通話代』の両方です。 月額料金は実質無料(おうち割光セット時) 理由は、 おうち割光セットでオプション代が割り引きになるためです。 ソフトバンク光で光電話を利用するためには、『ホワイト光電話』と『光BBユニット』のオプションに加入する必要があります。 しかし、ソフトバンクのスマホユーザーは、おうち割光セットに加入することで割引になります。 【オプションの割引】 オプション ソフトバンクスマホ なし あり 光BBユニットレンタル 467円 500円 ホワイト光電話 467円 Wi-Fiマルチパック 990円 合計 1924円 この通り、オプション代が500円ですが、おうち割によりスマホ代が1,000円割引になります。 つまり、月額基本料が実質無料で、電話が使えます。 なお、 NTT固定電話は月額1,600円(プッシュ回線時)かかっているはずなので、その支払いが不要になりますね。 通話料も8円/分になりお得 続いて、通話料もお得です。 電話先により通話料がちがいますが、 ざっと半額以下になるはずです。 【通話料比較】 電話先 NTT固定電話 光電話 固定電話 近距離 20円/90秒 7. 5円/分 ソフトバンク 17. 2.電話の機能もそのまま使える かけ方も通常の固定電話と同じで、電話のもほとんど使えます。 また、FAXも使えるので、通常の電話機能として困ることはないと思います。 3.番号ポータビリティで電話番号そのまま NTT固定電話から光電話は、番号そのままで乗り換えできます。 番号ポータビリティ(LNP:Local Number Portability)の制度があるためです。 手続きなどはソフトバンク光が実施するので、ユーザーの手間はありません。 なお、今のNTTアナログ電話回線は2025年を目処に終了なので、いずれはIP電話に切り替わります。 家計の節約になるのが、最大のメリット。 他にも、メリットは多いですね。 【ソフトバンク光】NTT固定電話から乗り換えるデメリット 光電話には、もちろんデメリットもあります。 メリットに続いて、デメリットを2つご紹介します。 1.一部かけられなくなる電話番号がある 伝言ダイヤルなど、一部かけられなくなる電話番号があります。 具体的にかけられる番号と、かけられない番号をまとめました。 2.停電の時は使えない 光回線は、ONU(光回線終端装置)やWi-Fiルーター(光BBユニット)を通じて通話します。 また、これら2つの機器は、電源があって動きます。 つまり、停電時はつかえません。 停電時の連絡には、スマホを使って通話しましょう。 ソフトバンク光の新規申し込みで 3. 3万円の限定キャッシュバック ソフトバンク光電話とNTT固定電話の機能比較【一覧】 最後に、改めてソフトバンク光の光電話とNTT固定電話の一覧を比較しておきます。 99円/3分(固定) 17. ソフトバンク光の光電話のよくある質問・注意点 最後に、ソフトバンク光の光電話へ乗り換える注意点をご紹介します。 NTT固定電話の乗り換え方法は? 乗り換え方法はかんたん、 申し込み時に「固定電話番号をそのまま引き継ぎたい」と伝えるだけです。 つまり、 からソフトバンク光の申し込みが終わると、工事日程やキャンペーン内容の確認のため、折り返しの電話があります。 その際に、「今の電話番号を引き継ぎたい」と伝えてください。 後は、ソフトバンク側で手続きしてくれます。 初期費用(手数料)は2,000円 番号の移管はソフトバンクが実施しますが、手数料がかかります。 引き継ぎ費用は2,000円です。 (新規番号取得は1,000円) NTT固定電話で1,600円/月払っていると考えると、元はすぐに取れますが、覚えておきましょう。 接続方法が分からないときは? まず、接続ガイドが機器に同梱されています。 どうしても分からないときは、サポートセンターへ電話しましょう。 (ソフトバンク公式)に問い合わせすれば、対応してもらえます。

次の